チャーシュー の 作り方。 大勝軒のレシピで自作チャーシュー|作り方簡単でプロの味!アレンジ方法も紹介

60分でトロトロ!本格チャーシューの作り方レシピ、7つの簡単ステップ

チャーシュー の 作り方

とろけるようなやわらかいチャーシューは家で作ることができます。 基本的な作り方は簡単なのですが、おいしいチャーシューを作るにはコツがあります。 そのコツを踏まえながら作ることが大事です。 おいしいチャーシューの作り方とコツを紹介します。 レシピ・作り方 中華料理店で食べたチャーシューがとてもおいしくてまた食べたい、と思ってもなかなか時間が取れないこともありますね。 おいしいチャーシューを食べたいと思っても、スーパーで買うチャーシューはちょっと硬かったり、甘すぎたりして、好みに合わないことも。 それなら自分でおいしいチャーシューを作ってみませんか? ネットや雑誌、料理の本にもたくさん作り方は掲載されていますが、作り方は簡単です。 調味料だってそれほど特別なものが必要なわけではありません。 おいしいチャーシューの作り方を紹介しますね。 材料は豚バラ肉、タコ糸、しょうが、にんにく、ネギの青い部分、酒、しょうゆ、砂糖、水です。 お肉さえ買ってくれば調味料は家にあるものでできるのですよ。 作り方は次の通りです。 豚バラ肉を丸めてタコ糸で縛ります。 タコ糸は100円ショップにも売っていますよ。 タコ糸でしっかり縛ることで丸いキレイなカタチになります。 また、味を染み込ませすぎないというメリットもあるようです。 フライパンで焦げ目がつくまで豚肉を焼きます。 豚バラ肉から脂が出るので、脂は必要ありませんよ。 鍋と豚肉としょうが、にんにく、ネギの青い部分を入れて、ひたひたになるまで水を入れます。 その鍋にペーパータオルで落とし蓋をします。 沸騰したら中~弱火にして2時間程度煮込みます。 2時間後、茹で汁を捨てて、同じ鍋で肉と酒、しょうゆ、砂糖、水を入れて火にかけます。 ペーパータオルで落とし蓋をするのを忘れずにしましょう。 時々煮汁を豚肉にかけてあげると、味が全体にしみこみやすくなりますよ。 中~弱火で1時間ほど煮込んだら火を止めます。 熱したフライパンで肉の表面をこんがりと焼き上げます。 さらに煮汁につけて、再度焼きます。 数回これを繰り返します。 その後煮汁に漬けて、冷まします。 豚肉が冷める時に味がしみこむので、しっかりと冷ましてからいただくといいですよ。 ゆっくりと弱火でトロトロと煮込むことで、お肉がやわらかくなります。 煮込む時間は短くはありませんが、放っておけばいいので簡単ですね。 調味料も家にあるものでできますし、作り方も簡単。 家でおいしいチャーシューを食べることができますよ。 一度にたくさんの量を作ることができますので、ラーメンのトッピングはもちろん、ネギを乗せておつまみにしたり、ご飯に乗せてチャーシュー丼にしたりすれば、子どもも大人もおいしくいただけますね。 いろいろなレシピを自分で考案してみてください。 おいしくなるコツと豆知識 ラーメン店などでとろけるようなおいしいチャーシューを食べて、すっかりチャーシューが好物になった、という人もいるのではないでしょうか? 口の中でとろけるようなおいしいチャーシューはさまざまな料理に使えて便利な食材でもあります。 家にあると、料理の幅も広がりますよ。 しかしせっかく作るならおいしいチャーシューを作りたいものですね。 いくら作り方は簡単だといっても、いつでも、誰でも100%おいしいチャーシューを作れるわけではありません。 そこで、失敗しない、チャーシューの作り方のコツを紹介しましょう。 おいしいチャーシューを作るコツの一つはお肉の選び方です。 やはりおいしいチャーシューはおいしいお肉選びが大切。 新鮮で、ピンク色の国産肉を選ぶといいですよ。 また、やわらかさにこだわるなら豚バラ肉を選ぶといいでしょう。 脂身が苦手、という場合は脂身を少し落とすか、豚肩ロースを選ぶといいです。 豚もも肉は慣れてくるまでは硬くなりやすいので、最初は避けた方がいようです。 しっかり味がついたチャーシューはおいしいですね。 豚肉全体にしっかりと味をしみこませるコツとしては、酒、砂糖、しょうゆ、にんにく、しょうがなどの調味料に一晩漬けこんでおくことです。 一晩と言わず、2~3晩程度つけこんでおくと、より味が肉全体にしみこんでしっかりした味になりますよ。 また、できあがったら肉をしっかりと冷ますことです。 食材は冷めるときに味が肉にしみこみやすくなるので、冷蔵庫でしっかり冷やしてからいただくようにしましょう。 さらに一晩寝かせることで、余分な脂肪がタレの表面に浮いて取り除きやすくなります。 そうすることで、肉汁が肉の中にしみこんでいくので、一晩寝かせる方がおいしいチャーシューができあがります。 チャーシューの味は調味料などによっても変わります。 コクのある本格的な味を目指すのであれば、紹興酒を使ったり、オイスターソースを使ったりするのがオススメです。 レシピにはさまざまな調味料が載っています。 どのようなチャーシューを作りたいかによっても、調味料を変えてみるといいでしょう。 何度も作っているうちに、好みの味を見つけることができますよ。 また、肉は味の濃いものと一緒に煮ると硬くなるという性質がありまます。 最初はしょうゆを入れずに煮込んで、肉がやわらかくなったら、しょうゆなど味の濃い調味料を入れて煮込むといいですよ。 このようなコツを踏まえて作ってみてください。 おいしいチャーシューができるはずです。

次の

チャーシュー(焼き豚)のレシピ・作り方【簡単人気ランキング】|楽天レシピ

チャーシュー の 作り方

とろけるようなやわらかいチャーシューは家で作ることができます。 基本的な作り方は簡単なのですが、おいしいチャーシューを作るにはコツがあります。 そのコツを踏まえながら作ることが大事です。 おいしいチャーシューの作り方とコツを紹介します。 レシピ・作り方 中華料理店で食べたチャーシューがとてもおいしくてまた食べたい、と思ってもなかなか時間が取れないこともありますね。 おいしいチャーシューを食べたいと思っても、スーパーで買うチャーシューはちょっと硬かったり、甘すぎたりして、好みに合わないことも。 それなら自分でおいしいチャーシューを作ってみませんか? ネットや雑誌、料理の本にもたくさん作り方は掲載されていますが、作り方は簡単です。 調味料だってそれほど特別なものが必要なわけではありません。 おいしいチャーシューの作り方を紹介しますね。 材料は豚バラ肉、タコ糸、しょうが、にんにく、ネギの青い部分、酒、しょうゆ、砂糖、水です。 お肉さえ買ってくれば調味料は家にあるものでできるのですよ。 作り方は次の通りです。 豚バラ肉を丸めてタコ糸で縛ります。 タコ糸は100円ショップにも売っていますよ。 タコ糸でしっかり縛ることで丸いキレイなカタチになります。 また、味を染み込ませすぎないというメリットもあるようです。 フライパンで焦げ目がつくまで豚肉を焼きます。 豚バラ肉から脂が出るので、脂は必要ありませんよ。 鍋と豚肉としょうが、にんにく、ネギの青い部分を入れて、ひたひたになるまで水を入れます。 その鍋にペーパータオルで落とし蓋をします。 沸騰したら中~弱火にして2時間程度煮込みます。 2時間後、茹で汁を捨てて、同じ鍋で肉と酒、しょうゆ、砂糖、水を入れて火にかけます。 ペーパータオルで落とし蓋をするのを忘れずにしましょう。 時々煮汁を豚肉にかけてあげると、味が全体にしみこみやすくなりますよ。 中~弱火で1時間ほど煮込んだら火を止めます。 熱したフライパンで肉の表面をこんがりと焼き上げます。 さらに煮汁につけて、再度焼きます。 数回これを繰り返します。 その後煮汁に漬けて、冷まします。 豚肉が冷める時に味がしみこむので、しっかりと冷ましてからいただくといいですよ。 ゆっくりと弱火でトロトロと煮込むことで、お肉がやわらかくなります。 煮込む時間は短くはありませんが、放っておけばいいので簡単ですね。 調味料も家にあるものでできますし、作り方も簡単。 家でおいしいチャーシューを食べることができますよ。 一度にたくさんの量を作ることができますので、ラーメンのトッピングはもちろん、ネギを乗せておつまみにしたり、ご飯に乗せてチャーシュー丼にしたりすれば、子どもも大人もおいしくいただけますね。 いろいろなレシピを自分で考案してみてください。 おいしくなるコツと豆知識 ラーメン店などでとろけるようなおいしいチャーシューを食べて、すっかりチャーシューが好物になった、という人もいるのではないでしょうか? 口の中でとろけるようなおいしいチャーシューはさまざまな料理に使えて便利な食材でもあります。 家にあると、料理の幅も広がりますよ。 しかしせっかく作るならおいしいチャーシューを作りたいものですね。 いくら作り方は簡単だといっても、いつでも、誰でも100%おいしいチャーシューを作れるわけではありません。 そこで、失敗しない、チャーシューの作り方のコツを紹介しましょう。 おいしいチャーシューを作るコツの一つはお肉の選び方です。 やはりおいしいチャーシューはおいしいお肉選びが大切。 新鮮で、ピンク色の国産肉を選ぶといいですよ。 また、やわらかさにこだわるなら豚バラ肉を選ぶといいでしょう。 脂身が苦手、という場合は脂身を少し落とすか、豚肩ロースを選ぶといいです。 豚もも肉は慣れてくるまでは硬くなりやすいので、最初は避けた方がいようです。 しっかり味がついたチャーシューはおいしいですね。 豚肉全体にしっかりと味をしみこませるコツとしては、酒、砂糖、しょうゆ、にんにく、しょうがなどの調味料に一晩漬けこんでおくことです。 一晩と言わず、2~3晩程度つけこんでおくと、より味が肉全体にしみこんでしっかりした味になりますよ。 また、できあがったら肉をしっかりと冷ますことです。 食材は冷めるときに味が肉にしみこみやすくなるので、冷蔵庫でしっかり冷やしてからいただくようにしましょう。 さらに一晩寝かせることで、余分な脂肪がタレの表面に浮いて取り除きやすくなります。 そうすることで、肉汁が肉の中にしみこんでいくので、一晩寝かせる方がおいしいチャーシューができあがります。 チャーシューの味は調味料などによっても変わります。 コクのある本格的な味を目指すのであれば、紹興酒を使ったり、オイスターソースを使ったりするのがオススメです。 レシピにはさまざまな調味料が載っています。 どのようなチャーシューを作りたいかによっても、調味料を変えてみるといいでしょう。 何度も作っているうちに、好みの味を見つけることができますよ。 また、肉は味の濃いものと一緒に煮ると硬くなるという性質がありまます。 最初はしょうゆを入れずに煮込んで、肉がやわらかくなったら、しょうゆなど味の濃い調味料を入れて煮込むといいですよ。 このようなコツを踏まえて作ってみてください。 おいしいチャーシューができるはずです。

次の

おいしいチャーシュー!作り方はラーメン屋に学ぼう

チャーシュー の 作り方

【料理人のまかないメシ】 自宅でおいしいチャーシューをつくるって、男の夢じゃないですか。 でも、チャーシューって難しそうだよなあ、って思っていたら、鍋ひとつあれば簡単にできるという情報を小耳にはさみました。 しかも、つけ麺で有名な大勝軒と同じチャーシューができるそうです。 本当でしょうか? 半信半疑でお店へ向かいました。 お茶の水の大勝軒に真偽を確かめに こちらがチャーシューのつくり方をお教えてくださる店主の 田内川真介さんです。 はい、大丈夫です。 材料はこちらになります。 【材料】• 豚バラ 500g• 醤油 1,300cc• 日本酒 200cc• しょうが 1片• そして、絶対に入れてはいけないものがあります。 それはみりんです。 みりんを入れると肉が硬くなるので絶対に入れないでください。 ちなみに、醤油と日本酒を合わせたものを「醤油タレ」というそうです。 醤油タレは肉の量の3倍と覚えておいてください。 今回、肉は500gなので、1,500ccつまり1. 5リットルです。 肉が300gなら900ccです。 はい、他の部位でもぜひ試してみてください。 それではさっそく、醤油タレを鍋に入れて、肉を入れます。 あとでひっくり返しますから。 そして、この工程は省いてもいいんですが、鍋に生姜とネギを入れます。 生姜はこんな感じで5枚ほどスライスします。 厚みは5ミリくらいですね。 ネギの青い部分を使います。 手で半分にちぎって、鍋に入れます。 ふたをして、強火で沸騰させます。 あくは取らなくていいんですか? あくを取る必要はありません。 沸騰したら、弱火にしてください。 ここから1時間ほど煮ますが、30分で肉をひっくり返します。 30分たったので肉をひっくり返します。 肉が全部浸っている場合ひっくり返さなくていいです。 これでもう30分煮ます。 30分経過したところです。 1時間ほど煮込みました。 ここがとても重要なのですが、 火を止めて10分ほどこのまま置いてください。 冷める間に肉に味が染み込みます。 10分経過しました。 引き上げています。 これで出来上がりなんですが、10分から15分くらい、冷ましてください。 熱いままだと切りにくいんですよ。 この醤油タレが重要なんです。 生姜とネギを取り出してください。 これを入れたままにすると、悪くなってしまうのが早いんです。 生姜とネギを取り除いてから、冷蔵庫に入れて保存しましょう。 それと、この醤油タレは、チャーハンや野菜炒めなどいろんな料理などにも使えますよ。 ダメですよ。 この醤油タレは何度も使えるのです。 また肉を入れてチャーシューをつくってください。 少なくなってきたら、醤油と日本酒を足せばいいんです。 そうです、使えば使うほど味がよくなります。 きょうは冷奴を用意しましたので、かけてみましょう。 醤油タレを応用して冷奴に ネギとかつお節がかかった普通の冷奴です。 見た目ではよくわかりません。 どれどれ、いただいてみましょう。 おおおお、なんだろう。 めちゃくちゃおいしいですね。 豆腐が何倍もおいしく感じますね。 そろそろ、お肉が冷めました。 色も少し落ち着いてきているでしょ。 すぐに食べないときはラップにくるんで、冷蔵庫に入れておけばいいんですよ。 これ、お店で使っているものは、ひと晩置いたものです。 ちなみに大勝軒で使っているものは、今回の部位とは違いますし、ゆで る時間も少し多いようです。 では、切ってみましょう。 お皿に盛りつけましょう、和カラシが合うんですよ。 まずは、お肉を醤油タレに入れて、沸騰までの時間。 これは、火力によって違ってきますね。 で、弱火で1時間。 火を止めて10分。 取り出して10分。 だいたい1時間半もあればできちゃいますね。 こんなに簡単に、しかも短時間でできるなんて、びっくりですよ。 ありがとうございました。 このチャーシューを使ったまかない飯があるんですよ。 それつくりますよ。 すぐにできますから。 まず、チャーシューをこのぐらいに切ります。 大勝軒のまかないチャーシュー丼のレシピ フライパンに油をひいて、強火でフライパンを炙ります。 そうなんですよ、野菜炒めなんか作るとき、家庭でもフライパンに肉がくっついちゃったりするでしょ、 あれは火の入れ方が足らないんです。 フライパンから煙が出てきたら、チャーシューを入れます。 さっと炒めて、刻んだネギを入れ、最後にごま油をちょっと入れます。 それをご飯にのっけて、真ん中に生卵を入れます。 そこへ、刻んだネギ、ゴマ、一味を入れます。 最後に先ほどの醤油タレをかけまわします。 うわぁ、これはうまそー! よく混ぜていただきましょう。 チャーシューの脂の部分が焼けて香ばしくなっていますね。 めちゃくちゃ、おいしいです。 いっきにかきこみました。 お店で出してもらえませんか? もう、出してますよ。 350円なんですね。 ごちそうさまでした。 具体的には以下部分です。 誤)醤油 1,500cc 正)醤油 1,300cc 読者のみなさまには、多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。 申し訳ございませんでした(2018年5月23日).

次の