麻婆豆腐 日持ち。 常備菜レシピ12選|冷凍保存OK!日持ちする常備菜&人気簡単アレンジレシピを厳選

マルハニチロ「四川風麻婆丼」の賞味期限・消費期限・日持ちについて

麻婆豆腐 日持ち

そもそも麻婆豆腐は冷凍は可能なのか? 麻婆豆腐を冷凍って可能なの?と思う人も居ると思います。 調理して残ってしまった麻婆豆腐は冷凍保存が出来ます。 麻婆豆腐の冷凍保存は可能なんですが注意しなければならない事があります。 それは『麻婆豆腐の豆腐を抜く事』です。 豆腐を冷凍した事はありますか? ダイエット効果があると言われ豆腐を冷凍し解凍したのち水分を絞って焼くと言う物ですが高野豆腐の様になります。 硬めのスポンジの様な食感になってしまいますので 冷凍するなら豆腐を全て取り除いてから冷凍しましょう。 高野豆腐の様な食感でも気にしないなら、そのまま冷凍しても大丈夫ですが水分が出てくるので解凍したら味が薄くなってしまいます。 スポンサードリンク 冷凍の方法 本格的に作った麻婆豆腐や市販のレトルトでも、豆腐を取り除いて粗熱を取ってからタッパーやジップ付きの袋に入れて冷凍庫へ保存します。 ジップ付きの袋に入れるならなるべく空気を抜いて口を閉じましょう。 タッパーで冷凍するならラップを表面にかけて蓋をし保存しましょう。 麻婆豆腐だけに限らず冷凍する場合は隙間に霜が張って解凍した時に水分になってしまいますので水っぽくなってしまいます。 解凍の方法はタッパーが耐熱容器ならレンジで温めると大丈夫ですが、温めるとルーがトロトロしていない時があります。 その時は再度、ルーと豆腐をフライパンや鍋に入れて温めて、水溶き片栗粉を入れて味を調整しながらルーを固めてあげましょう。 冷凍した麻婆豆腐は1ヶ月程度は保ちますが長く保存すればするほど冷凍やけをします。 冷凍やけすると味が極端に落ちてしまいますので早めに食べる事を勧めます。 まとめ 麻婆豆腐は冷凍保存が可能です。 もし翌日に食べようかと考えているなら冷蔵庫に入れておくと良いですが翌週に食べようと考えているなら冷凍しておきましょう。 もし味が薄くなって麻婆豆腐として食べるにはキツイと思ったら春雨を入れたり、野菜炒めのソースにしたりアレンジをしても良いと思います。 check スポンサードリンク.

次の

作りおきもできる。麻婆豆腐のもと

麻婆豆腐 日持ち

この記事を流し読み• 麻婆豆腐は冷凍保存可能? 残ってしまった麻婆豆腐が後日食べるために冷凍保存をする事は可能です。 ですが、冷凍保存をする上での注意点がありますので、そのポイントをみていきましょう。 まず、豆腐を冷凍保存した経験はありますか? 豆腐を冷凍すると、豆腐の中の水分が凍って、解凍するときに蒸発してしまいます。 つまり、 豆腐に水分がない状態の高野豆腐のようになるのです。 麻婆豆腐も同様で、豆腐以外は問題ありませんが冷凍保存すると豆腐が高野豆腐のような食感になってしまいます。 こうなってしまうと、麻婆豆腐本来の風味ではなくなってしまうので、これが嫌ならば、豆腐だけ抜いて冷凍保存するか豆腐の形がほとんどなくなるぐらいぐちゃぐちゃにして冷凍保存のどちらかで冷凍保存をしてください。 麻婆豆腐の冷凍保存方法 冷凍保存するときは、タッパーかフリーザーバッグを用意しておきましょう。 そして、粗熱がとれた状態の麻婆豆腐の豆腐を抜くまたはつぶして混ぜたら、タッパーかフリーザーバッグにうつします。 フリーザーバッグの場合には空気を抜いておくのをお忘れなく。 また、解凍して食べる際にはタッパーやフリーザーバッグが耐熱の物ならばそのまま電子レンジでチン。 そうでない場合には、食べたいと思う日の前日から冷蔵庫へうつして自然解凍させておくようにしてくださいね。 おすすめは、自然解凍したものを鍋に移す時に新しいお豆腐を加えるという方法です。 冷凍保存期間 最後に冷凍保存した麻婆豆腐がどれくらいもつのかというお話ですが、 目安としては大体1か月程度です。 もちろん、1か月を超えてしまったから、すぐに食べられなくなるというわけではありません。 ですが、1か月を超えてしまうと、冷凍やけをしてしまうことも多く風味がかなり落ちてしまいます。 冷凍保存だとしても出来るだけ早く食べるにこしたことはありませんが、目安は1か月以内と覚えておいてくださいね。 まとめ 麻婆豆腐は冷凍保存が可能ですが、豆腐は冷凍すると高野豆腐のようになってしまうので、冷凍の際には豆腐を抜くまたはつぶすという作業をしてからフリーザーバックやタッパーで冷凍保存してください。 解凍はレンジでもいいですが、自然解凍した麻婆豆腐を鍋で温めながら新しい豆腐を入れた方がより美味しく食べられますよ。 冷凍保存した麻婆豆腐は1か月ぐらい保存できますが、それを超えると冷凍やけして美味しくなくなるので、1か月以内に食べきるようにしてくださいね。

次の

麻婆豆腐の保存方法と賞味期限まとめ

麻婆豆腐 日持ち

お味噌汁やサラダ、ハンバーグなど……日々の食卓に大活躍の「豆腐」。 ですが、メニューによっては一度に使いきれない場合もありますよね。 そんな時、みなさんは残った豆腐をどのように保存していますか。 「パックのまま保存しても大丈夫?」 「中に入っていたお水はどうする?」 「冷凍してしまっても良いの?パサパサにならない?」 など、いろいろ気になる点はあるけれど、なんとなく開封するまでは買ってきた状態のまま冷蔵庫に入れているという方も多いのではないかと思います。 パックのまま使うまで冷蔵庫で保存しているという方は、ぜひ今回の保存方法を参考にしてみてください! 安いからとついついたくさん買ってしまう豆腐、せっかくであればおいしさを損なわないよう、きちんと保存していただきましょう。 豆腐を購入する際に必ずと言っていいほどパックに入っている水。 あの正体は一体何なのでしょうか。 開封する際に、勢い余って水をこぼしてしまったという方も多いのではないかと思います。 実は、 あの水には2つの役割があります。 1つ目は、クッションの役割をするためのもの。 輸送時、豆腐のままで包装してしまうと運搬時の衝撃で形が崩れてしまう可能性があるため、パックの中に水を入れることで豆腐の形崩れを防いでいるそうなのです。 いくら味は同じと言われても、やはりぐちゃぐちゃに崩れた豆腐はあまりおいしそうに感じませんよね。 2つ目は、豆腐の水分を外に逃がさないためです。 豆腐はその80%が水分でできており、放っておくとどんどんと水分が抜け、あの豆腐ならではの滑らかな食感が損なわれ、スポンジのようになってしまうのだそうです。 ちなみに、この豆腐の水は料理に使ってもいいのか、栄養はあるのか、などインターネット上では様々な疑問があがっているようです。 メーカーなどによりますが、この水には保存料などの添加物が含まれている場合もあり、あくまでこれは 豆腐を守るための水ですので、そのまま飲んだり、料理に使うことはあまりおすすめできません。 ひとつ目は、 きれいな水に移し替えて保存することです。 先ほども少しご紹介したように、豆腐のパックに入っているあの水は、あくまで豆腐を輸送時などの衝撃から守るためのもの。 一度開封したものは、きれいな水に移し替えてから保存をしましょう。 以下に保存の手順をご紹介します。 豆腐のパックを開封し、水を捨てます。 きっちりと蓋をします。 冷蔵庫で保存します。 また、温度は低すぎても豆腐の食感を損なう原因となってしまいますので、凍るほど冷たい水は避けてくださいね。 水はそのままにしておくとアクがたまりやすく、豆腐が傷む原因となりますので、最低でも1日1回、夏場は1日2回ほど交換するのが理想です。 また、この方法で保存した豆腐は、極力2~3日で食べきるようにしましょう。 食べきれない場合は、一度加熱することをおすすめします。

次の