きっと今ここで やりとげられること どんなことも力に変わる。 地球のプロジェクト

投資生活 : 2016年11月

きっと今ここで やりとげられること どんなことも力に変わる

いつもそばにいてくれた 支えてくれた つらくても笑顔絶やさなかった それでわかった 俺に大切なのは君の事 そんなくさい言葉も 溜めた涙も君のためだと この場所で誓いたい 誓い合いたい 今 君と僕の幸せを ここから先は一人ではない 涙する時は俺の胸に つまづいたらつかまりなこの腕に いつでも君のそばに 最高の男でないけど 君を想う気持ち誰にも負けない 何を君にしてあげられると考える時 幸せになれる 幸せは手を広げて求めるものでなく つないだ手の中に生まれる この先何があるかわからないが 君を離さない その笑顔絶やさない 今までの涙させたことが 謝る俺を大人にした 君の前誓う愛を 神の前 今 誓いたい 「幸せをぁりがとぅ」ヶツメィシ 目を覚ましな 何が大事か 親の見栄より 子供の夢は? 子は勝手に育つと昔は できた事 今 親が学びな かつて親も子供 金や物が無い頃 あの思いをさせないようにと 授かったわが子に買うなんでも すると覚えるよ欲しい物は手に入ると 我慢ができない親に怒られない くじけても一人では立ち直れない いつまでも 一人食事 テレビこれで幸せかい 親の愛は足りているのかい 「明日の少年」ヶツメィシ 溢れた感情は単純にこぼれる涙 止めずに泣いて枯れるまで 溢れた感情は単純に疲れた君を そっと包んで忘れるため 忘れない もう隠さない 泣いても最後にまた笑いたい これから生きていけば涙するもの それこそが君が今生きること 今は何も言わなくていい 涙を流すそれだけでいい 「涙」ヶッメィシ 昨日も今日も明日もあさっても ずっと一緒に過ごしたい 生まれ変わっても君の隣で 永遠の道を歩きたい 涙も痛みもこの腕に分けあいたい 夜空に浮かんだ2つの星が幻という名の殻を破り 幾千もの時を重ねて今 光にとけ合い一つになった 終わらない愛を確かめてこの手を離さない 「ふたつ星」I WiSH もう自分はダメなんて絶対思わないで 今このときを越えればもうすぐ笑えるから 人は弱いものね 守りたいものが守れなくて でも生きることは強い 自分にしかできない 人前では見せない涙はきれいだから うまくはいかなくても人生にルールはない あなたらしく歩けばいいよ 未来に向かって もし世界が終わってもあなたの手にある花は きっと咲きつづける それだけ忘れないでいて 「Flower II」I WiSH まるで自分のものみたいに 僕を呼ぶ君が好きだった その瞬間だけは 僕の、 僕だけの君みたいで... 愛するゆえに寂しくなって ツカエテは 苦しくなって こんな風でしか君を愛せなくて 本当に、ごめんね 君が僕にくれたように 僕もまた誰かを 深く愛せますように、と 愛するゆえに気遣い合って サグッテは 悲しくなって 傷つけあえる程に愛せたなら 変わることあったかな 不器用ながらも愛した日々が かすんでしまっても 消えることなんてないから 「ソラァィ」Every Little Thing いたずらに笑う 仕草も、口癖も全部 君らしいと思う程、好きになった 恥ずかしくてまだまだ言えそうにはない けど... 君が思うよりもきっと、君を 大事に想うから 平凡な「当たり前」を ずっと大事に出来たらイイネ 君がいて 僕がいれる 相も変わらず今日も愛してる 「また あした」で終わる今日 ずっと一緒にいれたらイイネ 「また明日」Every Little Thing 君と好きな人が 百年続きますように 僕から気持ちは重すぎて 一緒にわたるには きっと船が沈んじゃう どうぞゆきなさい お先にゆきなさい 「ハナミズキ」一青窈 誰かの願いが叶うころ あの子が泣いてるよ 私の涙が乾くころ あの子が泣いてるよ このまま僕らの地面は乾かない さな地球が回るほど 優しさが身に付くよ もう一度あなたを抱き締めたい できるだけそっと 「誰ヵの願ぃが叶ぅ頃」宇多田ヒカル 花のように儚いのなら 君の元で咲き誇るでしょう 鳥のようにはばたけるなら 君の元へ飛んでいくでしょう 風のように流れるのなら 君の側に辿り着くでしょう 月のように輝けるなら 君を照らし続けるでしょう 君がもうこれ以上 二度とこわいものを 見なくてすむのなら 僕は何にでもなろう 「Moments」浜崎ぁゅみ 遠くから見ている恋なら あきらめられる 問題は 僕のすぐそばに 君がいること 愛しさを伝えられないまま 友達でいた イッショウケンメイ 君が好きだ 片思いでも構わないさ 今日まで過ごした関係を 僕は こわせないよ 恋しさに息を止め 淋しさで胸が膨らむ 君までも巻き込んでしまえば いつもの2人じゃない イッショウケンメイ 君のために 僕は何を守るのだろう それは きっと 永遠の愛なんだって思う 昨日と同じ僕でいよう いつかは目が覚める夢よりも 何も始まらずに・・・・・・ 「イッショウケンメイ。 」ネプチューン キミと出会えた。 それが素晴らしい 信じ合える。 「君ならできるさ!」 簡単に誰かは言うけど 「自分ならできる!」 といつも乗り越えて来た。 Carry On 遠く 果てしなく続く空 雨の日も どんな日も 「夢」だけは 捨てちゃいけない! 「Carry On」EXILE 友達以上になれない関係のまま 友達のフリして悩みなんて聞けない 言葉が君の心を傷つけたならば 身体で君の心を癒してあげる 「BLUE~云ぇずにぃる」EXILE チャンスは何度でも 訪れてくれるはず 彼だけが 男じゃないことに気付いて 人生はあなたが思うほど悪くない 早く元気出して あの笑顔を見せて 「元気を出して」島谷ひとみ だからお願い 僕のそばにいてくれないか 君が好きだから この思いが君に届くように 願いが叶いますように 君と見る 海、山、川、道は いつもと違ってマジ新鮮だ いつまでも二人で歩いていこう なんて言えるはずない 君がそばにいるだけで 僕はまた進むことが出来て また新たな力を手に入れるんだ 「AM11;00」HY 不器用だから うまく言えない あなたにただ スキと言って欲しいだけなのに 不安にもなり悲しくもなり 恋は楽しいばかりじゃない けれど私はあなたとだから ここまで来れたありがとう 分かってる分かってる二人はきっと愛し合ってる 恥ずかしがり屋のあなただから きっとうまく言えないんだよね この歌はこの歌は永遠に愛するあなたに 捧げる歌なの 聞いてる? 伝わってる? 私があなたに対する愛を 「ぁなた」HY 3つの世界で僕らは生きている 大嫌いになったり 大好きになったり この世界で君しかできない事 必ずあるさ だってこの世に君は一人なんだもん! あー 君は一人ぼっちじゃ 泣かないでね 大好きな仲間と大切な今を 「くも」HY どんなに遠く離れていても 僕たちはつながってる 夜空を見上げてみればほら 同じ星輝いてる 僕らはいつでも一緒だから どんな夜も越えられる 信じる気持ちを止めないで きっと夢は叶うから 「流星」FLOW くじけそうな日々に孤独を感じてても 「がんばれ!」って背中を叩く友がいる いつまででもずっと 君は僕の力 信じる気持ちが勇気に変わるから so fly 何度でも立ち上がれ 未来へと向かって 「メロス」FLOW 涙はつらいときじゃなくて いつか 幸せになる日のために あるんだよね 自分じゃなくても いいのかな? って思うんだ こんな私だって がんばれるって言ってくれた みんなを思い出してるんだ いつも さよならじゃないね おとなになっても これから先も 友達だよ ずっと 「friends」shela.

次の

Best Friendの歌詞

きっと今ここで やりとげられること どんなことも力に変わる

地球のプロジェクトは、人類の最大の危機を 最大のチャンスにするプロジェクトです。 このまま放置すれば、 現在の労働人口8,000万人の約半分、 4,000万人近くの人々が、 職業に就くことができなくなるということです。 日本の人口は減って行きますが、 これは比率の問題ですから、 労働人口の約49%の人々が、 職業に就くことができない という状況は変わりません。 これは、日本の話ですが、 当然世界も同じ道を辿るのです。 このまま放置すれば、 この世界に生まれた人の半分は、 仕事を持つことができないで、 その生涯を閉じることになります。 人類は、今最大の危機に直面しているのです。 この世界の最大の問題は、 人間が人間として生きて行くこと ができないことです。 この問題は、失業の問題です。 仕事を持つことができない人 がいるという問題です。 職業に就くことができない人々が 存在するという問題です。 あなたも仕事を持つこと ができなくなるという問題です。 あなたが愛する人々も 職業に就くことができない という問題です。 この世界の最大の問題は、 人間として生きて行けない人がいることです。 それは、仕事を持つことができない 人々が存在することです。 この世界の最大の問題は、 仕事を持つことができない人々が 世界の半分になることです。 36億人の人々が 仕事を持つことができない 世界が来ることです。 36億人の人々が 人間として、 人間らしく生きることができない 世界が来ることです。 人生の最大の悲劇は、 仕事を持つことができないことです。 人間にとっては、仕事を持って、 生きる糧を得ることが、 生きものとしての生命活動だからです。 重度な障害などで、 仕事を持つことができない人々は、 手厚く保護されなければなりません。 それは、いかなる障害であれ、 突き詰めれば、 必ずこの世界の人々の活動と 因果関係があるからです。 しかし、健康で働く意欲のある人々が、 仕事を持つことができないことは、 最大の悲劇です。 社会福祉制度で、 最低限の衣食住が保障されれば 済む問題ではありません。 仕事の場、 生きる糧を得る営みの場は、 人と人との絆を築き、 様々なことを学び、人間として、 成長する場でもあります。 仕事を通して、 様々な人々と出会い、 結ばれ命を継いで行くのが、 生きものとしての人間の在り方です。 今日本で、結婚しない人や 子供を持たない人が増えているのは、 十分な収入が長期間に亘って 得ることができない状況 が影響しているのです。 人間という生きものとして、 必要な収入、 子を育て、教育することに 十分な収入を永続的に得ること ができる社会であれば、 結婚して子供を作り、 養うことができます。 このようなことが、 ささやかですが、 生きものとしての 希望を生み出すのです。 AI、IT、ロボットその他の技術の進歩が、 失業というこの世界の最大の問題を 作り出しているのです。 実は、この問題は、今始まった問題ではありません。 最初の産業革命から始まっているのです。 フォードの作った流れ作業の生産ラインから、 この問題は急激に大きくなったのです。 そして、戦後のオートメーションの発達で この問題は、急速に進展しました。 そして、コンピューターが普及すると同時に 工場には、ロボットが活動し始めたのです。 この技術の蓄積で、 多くの人々が仕事を失い、 仕事を持った人も、 その収入が減少して行ったのです。 仕事よりも、職を求める人が多ければ、 労働の対価は下がるのです。 この労働が機械に置き換わるプロセスで、 この世界の人間の貧富の格差が 蓄積されていったのです。 超富豪62人の資産は、 下から36億人分の資産と同じだそうです。 62人ではなく、8人とも言われています。 また、上位1%の富裕層が握る資産額は、 残り99%の資産額を上回る水準にあります。 この格差の問題が、実は、 世界の紛争と混乱を招いているのです。 あらゆる紛争の問題の原因は、 本質的には経済的な問題です。 経済的な問題とは、 生命体の存続本能の問題です。 生命の存続と繁栄は、 生命の存在目的です。 貧困という経済的な問題で、 生命の存続の可能性が奪われれば、 生きる糧を得るために、 命を懸けて戦うのが、生命なのです。 この世界の人間の貧富の格差が、 世界の紛争と混乱を招いているのです。 そして、世界の人間の貧富の 格差を作り出しているのが、 労働を機械に置き換える生産技術の進歩なのです。 労働を機械に置き換える生産技術の進歩が、 失業者を作り、労働の対価を下げ、 貧富の格差を作り出しているのです。 労働を機械に置き換える生産技術の進歩が、 世界の多くの人々を、 悲惨な状況に追い遣っているのです。 そして、今の危機は、 労働を機械に置き換える生産技術の進歩が、 工場などの生産現場だけでなく、 事務所にも、流通業にも、物流業にも、 サービス業等幅広い分野に広がって行くことです。 このまま放置すれば、この世界に生まれた人の半分、 36億人の人々が、 生涯、仕事を持つことができない 世界が目の前に迫っているのです。 AI、IT、ロボットその他の技術の進歩が、 失業というこの世界の最大の問題を 作り出しているのです。 労働を機械に置き換える生産技術の進歩が、 36億人を、悲惨な状況に追い遣るのです。 技術の進歩が、世界の人々の希望を奪い、 不幸にしているのです。 スピードも規模も今までとは比べものになりません。 このまま放置すれば、あっと言う間に、 地球の半分の人々が仕事を失うでしょう。 地球の半分の人々が仕事を失い、 不幸になった悲惨な世界で、 仕事を持った半分の人々が、 希望を持てるでしょうか。 誰も希望など持つことはできません。 仕事を失う恐れと不安で、 自分の仕事を守ることしか 考えることができないでしょう。 幸福な人など、誰もいなくなるということです。 数人の大富豪ですら、決して、 幸福になることはできません。 36億人の仕事がない人々と 73億人の希望を持つことができない人々の世界で、 幸福になれる人がいる筈がないのです。 正に、人類が遭遇する最大の危機が 目に前に迫っている状況です。 しかし、危機はチャンスです。 最大の危機は、最大のチャンスなのです。 私たちには、今すぐに、 しなければならないことがあります。 私たちには、今すぐ できることがあります。 この真実をすべての人々と共に確認して、 深く認識して、共有することです。 ただ、この真実を深く認識して、共有することとは、 AI技術、ロボット技術、IT技術、 全ての研究や生産を否定することではありません。 また、無条件で肯定することでもありません。 それらの技術が人間に、 この世界に、生きものたちに、 そしてこの星地球に、 どのような結果を齎すのかを、 冷静に見極めることです。 全ての人が新しい技術の持つ意味について、 生涯学習しなければならない時代に入ったのです。 全ての人が新しい技術の持つ意味について、 学習するだけでは、 この人類最大の危機を 最大のチャンスに替えることはできません。 能動的な供給者としての認識を持つためには、 何等かの形で、供給者の立場に立たなければなりません。 仕事を自分で作る時代に入ったのです。 私たちの仕事を、仲間と一緒に作る時代に入ったのです。 AI技術、ロボット技術、IT技術、 全ての新しい研究や技術を、 仲間と共に学び、 仲間と共に仕事を作るために 学んだ技術や知識を 使う時代に入ったのです。 生きる喜びを与えるものは、 生命の真実の姿です。 かたわら。 また、そばにいる人。 かたわら。 また、そばにいる人。 かたわら。 また、そばにいる人。 かたわら。 また、そばにいる人。 人と人との心が通い、信頼が生まれ、愛が育つのです。 人と人との心が通い、 信頼が生まれ、愛が育つのです。 このことは、決して難しいことではありません。 これは、生命の真実の姿です。 人類も、100年位前までは、 何万年もそうして生きてきたのです。 地球のプロジェクトは、人類の最大の危機を 最大のチャンスにするプロジェクトです。

次の

地球のプロジェクト

きっと今ここで やりとげられること どんなことも力に変わる

地球のプロジェクトは、人類の最大の危機を 最大のチャンスにするプロジェクトです。 このまま放置すれば、 現在の労働人口8,000万人の約半分、 4,000万人近くの人々が、 職業に就くことができなくなるということです。 日本の人口は減って行きますが、 これは比率の問題ですから、 労働人口の約49%の人々が、 職業に就くことができない という状況は変わりません。 これは、日本の話ですが、 当然世界も同じ道を辿るのです。 このまま放置すれば、 この世界に生まれた人の半分は、 仕事を持つことができないで、 その生涯を閉じることになります。 人類は、今最大の危機に直面しているのです。 この世界の最大の問題は、 人間が人間として生きて行くこと ができないことです。 この問題は、失業の問題です。 仕事を持つことができない人 がいるという問題です。 職業に就くことができない人々が 存在するという問題です。 あなたも仕事を持つこと ができなくなるという問題です。 あなたが愛する人々も 職業に就くことができない という問題です。 この世界の最大の問題は、 人間として生きて行けない人がいることです。 それは、仕事を持つことができない 人々が存在することです。 この世界の最大の問題は、 仕事を持つことができない人々が 世界の半分になることです。 36億人の人々が 仕事を持つことができない 世界が来ることです。 36億人の人々が 人間として、 人間らしく生きることができない 世界が来ることです。 人生の最大の悲劇は、 仕事を持つことができないことです。 人間にとっては、仕事を持って、 生きる糧を得ることが、 生きものとしての生命活動だからです。 重度な障害などで、 仕事を持つことができない人々は、 手厚く保護されなければなりません。 それは、いかなる障害であれ、 突き詰めれば、 必ずこの世界の人々の活動と 因果関係があるからです。 しかし、健康で働く意欲のある人々が、 仕事を持つことができないことは、 最大の悲劇です。 社会福祉制度で、 最低限の衣食住が保障されれば 済む問題ではありません。 仕事の場、 生きる糧を得る営みの場は、 人と人との絆を築き、 様々なことを学び、人間として、 成長する場でもあります。 仕事を通して、 様々な人々と出会い、 結ばれ命を継いで行くのが、 生きものとしての人間の在り方です。 今日本で、結婚しない人や 子供を持たない人が増えているのは、 十分な収入が長期間に亘って 得ることができない状況 が影響しているのです。 人間という生きものとして、 必要な収入、 子を育て、教育することに 十分な収入を永続的に得ること ができる社会であれば、 結婚して子供を作り、 養うことができます。 このようなことが、 ささやかですが、 生きものとしての 希望を生み出すのです。 AI、IT、ロボットその他の技術の進歩が、 失業というこの世界の最大の問題を 作り出しているのです。 実は、この問題は、今始まった問題ではありません。 最初の産業革命から始まっているのです。 フォードの作った流れ作業の生産ラインから、 この問題は急激に大きくなったのです。 そして、戦後のオートメーションの発達で この問題は、急速に進展しました。 そして、コンピューターが普及すると同時に 工場には、ロボットが活動し始めたのです。 この技術の蓄積で、 多くの人々が仕事を失い、 仕事を持った人も、 その収入が減少して行ったのです。 仕事よりも、職を求める人が多ければ、 労働の対価は下がるのです。 この労働が機械に置き換わるプロセスで、 この世界の人間の貧富の格差が 蓄積されていったのです。 超富豪62人の資産は、 下から36億人分の資産と同じだそうです。 62人ではなく、8人とも言われています。 また、上位1%の富裕層が握る資産額は、 残り99%の資産額を上回る水準にあります。 この格差の問題が、実は、 世界の紛争と混乱を招いているのです。 あらゆる紛争の問題の原因は、 本質的には経済的な問題です。 経済的な問題とは、 生命体の存続本能の問題です。 生命の存続と繁栄は、 生命の存在目的です。 貧困という経済的な問題で、 生命の存続の可能性が奪われれば、 生きる糧を得るために、 命を懸けて戦うのが、生命なのです。 この世界の人間の貧富の格差が、 世界の紛争と混乱を招いているのです。 そして、世界の人間の貧富の 格差を作り出しているのが、 労働を機械に置き換える生産技術の進歩なのです。 労働を機械に置き換える生産技術の進歩が、 失業者を作り、労働の対価を下げ、 貧富の格差を作り出しているのです。 労働を機械に置き換える生産技術の進歩が、 世界の多くの人々を、 悲惨な状況に追い遣っているのです。 そして、今の危機は、 労働を機械に置き換える生産技術の進歩が、 工場などの生産現場だけでなく、 事務所にも、流通業にも、物流業にも、 サービス業等幅広い分野に広がって行くことです。 このまま放置すれば、この世界に生まれた人の半分、 36億人の人々が、 生涯、仕事を持つことができない 世界が目の前に迫っているのです。 AI、IT、ロボットその他の技術の進歩が、 失業というこの世界の最大の問題を 作り出しているのです。 労働を機械に置き換える生産技術の進歩が、 36億人を、悲惨な状況に追い遣るのです。 技術の進歩が、世界の人々の希望を奪い、 不幸にしているのです。 スピードも規模も今までとは比べものになりません。 このまま放置すれば、あっと言う間に、 地球の半分の人々が仕事を失うでしょう。 地球の半分の人々が仕事を失い、 不幸になった悲惨な世界で、 仕事を持った半分の人々が、 希望を持てるでしょうか。 誰も希望など持つことはできません。 仕事を失う恐れと不安で、 自分の仕事を守ることしか 考えることができないでしょう。 幸福な人など、誰もいなくなるということです。 数人の大富豪ですら、決して、 幸福になることはできません。 36億人の仕事がない人々と 73億人の希望を持つことができない人々の世界で、 幸福になれる人がいる筈がないのです。 正に、人類が遭遇する最大の危機が 目に前に迫っている状況です。 しかし、危機はチャンスです。 最大の危機は、最大のチャンスなのです。 私たちには、今すぐに、 しなければならないことがあります。 私たちには、今すぐ できることがあります。 この真実をすべての人々と共に確認して、 深く認識して、共有することです。 ただ、この真実を深く認識して、共有することとは、 AI技術、ロボット技術、IT技術、 全ての研究や生産を否定することではありません。 また、無条件で肯定することでもありません。 それらの技術が人間に、 この世界に、生きものたちに、 そしてこの星地球に、 どのような結果を齎すのかを、 冷静に見極めることです。 全ての人が新しい技術の持つ意味について、 生涯学習しなければならない時代に入ったのです。 全ての人が新しい技術の持つ意味について、 学習するだけでは、 この人類最大の危機を 最大のチャンスに替えることはできません。 能動的な供給者としての認識を持つためには、 何等かの形で、供給者の立場に立たなければなりません。 仕事を自分で作る時代に入ったのです。 私たちの仕事を、仲間と一緒に作る時代に入ったのです。 AI技術、ロボット技術、IT技術、 全ての新しい研究や技術を、 仲間と共に学び、 仲間と共に仕事を作るために 学んだ技術や知識を 使う時代に入ったのです。 生きる喜びを与えるものは、 生命の真実の姿です。 かたわら。 また、そばにいる人。 かたわら。 また、そばにいる人。 かたわら。 また、そばにいる人。 かたわら。 また、そばにいる人。 人と人との心が通い、信頼が生まれ、愛が育つのです。 人と人との心が通い、 信頼が生まれ、愛が育つのです。 このことは、決して難しいことではありません。 これは、生命の真実の姿です。 人類も、100年位前までは、 何万年もそうして生きてきたのです。 地球のプロジェクトは、人類の最大の危機を 最大のチャンスにするプロジェクトです。

次の