アメリカ に 負け なかっ た 男 バカヤロー 総理 吉田 茂。 アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~

吉田茂ドラマのキャスト出演者情報「アメリカに負けなかった男」出演者の代表作や来歴

アメリカ に 負け なかっ た 男 バカヤロー 総理 吉田 茂

・見放題動画 130,000 本、動画レンタル 20,000 本を配信!! 一部(レンタル対象商品など)課金作品があり ・ビデオ見放題サービス1,990 円を31 日間無料でお試し可能 ・600円分のU-NEXTポイントを貰える ・ポイントでレンタル動画や電子書籍がレンタルできる!! 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 U-NEXTは、とにかく見放題作品が130,000 本もあるので、無料期間中に他の好きな作品をお試しで無料で視聴できるというのが魅力的ですね。 アメリカに負けなかった男あらすじネタバレ内容 終戦後の日本から物語は始まり、英国大使だった吉田茂が帰国して、外務大臣となり、腹心の白洲次郎と一緒にGHQを相手に渡り合います。 戦災で疲弊した国内をまとめるため、GHQの政策に啖呵を切りながら、援助や制度を引き出していきます。 そんな中、戦後の鳩山内閣が組閣されますが、首相がGHQの都合で公職追放されてしまい、日本自由党の後任総裁となり、遂に「総理大臣・吉田茂」が誕生します。 その頃、政府役人は多くが公職追放を受けており、吉田は人材集めに奔走する。 そんな中で、佐藤栄作・池田勇人・田中角栄と言った昭和を代表する首相たちを見出し、「吉田学校」と呼ばれる派閥となりました。 翌年の選挙では、「国会議員より首相を選出する」という日本国憲法のため、廃止された貴族院議員だった吉田茂は初めて選挙戦に出馬する。 結果、所属する日本自民党は第2政党となってしまい、総理職を辞してしまう。 ところがその後の政権は、短期政権が続く。 吉田は、このままでは日本はいつまでも独立できない、と感じ政権奪取を決意する。 GHQ職員のスキャンダルから内閣解散が行われたことで、ようやく首相職に返り咲くことができた。 「吉田学校」のメンバーを入閣させ、GHQの戦後処理政策に対抗する吉田内閣だったが、既に世界情勢は大きく変わり、GHQは日本にアジアの共産化を止める力として再軍備を要請する。 日本が再び戦火に巻き込まれるのを避けるため、再軍備を認められない吉田は、この状況を打破し、日本の独立を得る奇策として、直接アメリカ本土へ池田勇人と白洲次郎を送り込み、平和条約による独立と安保条約によるアメリカ軍の駐留を打診した。 折から朝鮮戦争が勃発し、内外の講話ムードが高まった1951年、遂に吉田内閣は「サンフランシスコ講和条約」と「日米安全保障条約」を締結することとなる。 サンフランシスコに赴いた吉田は、日本の条約への所感を英語でスピーチする予定であったが、白洲次郎の「日本の国の独立の日になぜ日本語で話さないのか」と言う言葉に動かされ、スピーチ分は直前に日本語に書き直される。 戦後の日本の「平和」への願いを託した講和条約の締結に、吉田は万感の思いで挑む。 最初の吉田茂と白洲次郎が、GHQに啖呵を切るシーンが本当に強い意志があって感動しました。 中盤からは、昭和の怪物総理達のオンパレードがもう可笑しくて可笑しくて。 癖の強い方たちを、役者さんたちが再現しているのですが、とても特徴を捉えていらっしゃる。 吉田首相も白洲さんも、写真から出てきた様にそっくりでしたが、「吉田学校」チームも負けていません。 皆で熱く議論を戦わせているところなんかは、昭和の雰囲気が醸し出されて、激しい時代だったんだと感慨深かったです。 組んだ予算をGHQにこき降ろされて、癇癪起こす可愛いところもあります。 エリートな白洲さんは苦手だけど、命がけで一緒に頑張れるし、最後は「親父さんは任せろ」と、吉田茂の右腕役までかっ攫ってしまう男です。 本当に、戦後の日本の情熱が詰まったような人だったのだと思いました。 秘書の宮沢喜一とのコンビが楽しくて、こうやって後輩を可愛がる上司だったのかな、と色んな面を見せてもらいました。 学校では駆け足で習う辺りですが、今の日本の根幹になっている出来事ばかりですし、おじいちゃんおばあちゃんの世代の出来事だと思うので、臨場感を持って楽しんでもらえるドラマじゃないかと思います。 教科書の知識だけじゃなくて、戦争から今に続く時間の中に、自分の家族もいて、ドラマに出てくる政治家の人達に投票してたんだ、という現実も感じてもらえると思います。

次の

アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~|テレビ東京開局55周年特別企画 スペシャルドラマ|出演:笑福亭鶴瓶 生田斗真|テレビ東京

アメリカ に 負け なかっ た 男 バカヤロー 総理 吉田 茂

新型コロナ感染拡大の影響で、各テレビ局では過去の番組の再放送や再編集版、傑作選などが多く放送されている。 きょう5月31日、テレビ東京で「日曜ビッグ ドラマ アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理吉田茂~」が放送された。 令和初の天皇誕生日の振替休日だった2月24日、テレビ東京開局55周年記念企画としてオンエアされたスペシャルドラマで、笑福亭鶴瓶、生田斗真ほか豪華キャストによる熱き人間ドラマが話題となった。 エキレビ!で本放送時に掲載した、近藤正高氏によるレビューを再掲する(日付などは当時のまま掲載)。 主人公の吉田茂を演じたのは笑福亭鶴瓶。 じつは私は鶴瓶が吉田茂を演じる日を心待ちにしていた(5年ぐらい前にツイッターでそれを希望するツイートもしている)。 単に風貌が似ているというだけでなく、おなじみの鶴瓶スマイルは「目が笑っていない」とも言われるだけに、交渉相手に対し、ときに表面では服従するように見せかけて内心では反抗する面従腹背の態度でのぞんだ吉田のイメージが重なったのだ。 吉田茂を演じた俳優たち 鶴瓶以前にもいろんな俳優が吉田茂を演じてきた。 たとえば、森繁久彌が映画「小説吉田学校」(1983年)で演じた吉田は堂々たるものだった。 森繁だけでなく、吉田の宿命のライバル・鳩山一郎役の芦田伸介も、吉田の愛弟子である池田勇人と佐藤栄作にそれぞれ扮した高橋悦史と竹脇無我も、保守勢力を結集させて自民党の誕生に陰で尽力した三木武吉役の若山富三郎もことごとく似ていて、そっくりさん大会の様相を呈していた。 なお、「小説吉田学校」で宮澤喜一を演じた角野卓造は後年、三谷幸喜脚本のドラマ「わが家の歴史」(フジテレビ/2010年)で三谷のたっての希望で吉田に扮している。 このほか、吉田茂の登場する映像作品をあげれば、NHK特集「日本の戦後」では松村達雄、城山三郎の小説『落日燃ゆ』がNET〜テレビ朝日で1976年、2009年とドラマ化されたときにはそれぞれフランキー堺と津川雅彦(なお、津川は吉田以外にも東条英機、佐藤栄作、田中角栄と歴代首相を演じた経験を持つ)、近いところだと、「負けて、勝つ〜戦後を創った男・吉田茂〜」(2012年)では渡辺謙、「経世済民の男 鬼と呼ばれた男〜松永安左ェ門〜」(2015年)では伊東四朗、「どこにもない国」(2018年/以上3作ともNHKドラマ)では萩原健一が吉田を演じた。

次の

アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~|テレビ東京開局55周年特別企画 スペシャルドラマ|出演:笑福亭鶴瓶 生田斗真|テレビ東京

アメリカ に 負け なかっ た 男 バカヤロー 総理 吉田 茂

テレビ東京では明日5月31日(日)夜7時54分から、笑福亭鶴瓶主演、松嶋菜々子、生田斗真、新木優子など豪華キャストで送るスペシャルドラマ「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」を再放送!番組公式サイトおよびYoutubeにて予告動画が視聴できる。 「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」は、戦後75年、混乱を極めた敗戦後に政治家・吉田茂の生きざまを描くヒューマンドラマ。 今年2月24日(月、祝)にスペシャルドラマとして放送された。 吉田茂役には笑福亭鶴瓶、吉田茂をささえたこりん役に松嶋菜々子、親交の深かった白洲次郎に生田斗真、実質のファーストレディであった三女の和子を新木優子。 他にも佐々木蔵之介、安田顕、矢本悠馬、新木優子、前野朋哉、勝地涼ら実力ある俳優の面々が脇を固めた。 これまで多くのドラマや映画で取り上げられた吉田茂。 フランキー堺 「落日燃ゆ」1976年 NET(現、朝日テレビ) 、森繁久彌(『小説吉田学校』1983年 東宝&フジテレビ)、原田芳雄(「ドラマスペシャル・白洲次郎」2009年、NHK)をはじめ、津川雅彦、渡辺謙、萩原健一とそうそうたる俳優が演じてきた。 チーフプロデューサーである中川順平は、鶴瓶の起用について、吉田茂と外見も似ていることやユーモアを愛する所や、おちゃめで人たらしの面でも、吉田本人を彷彿させると絶賛している。 なるほどキャラクターとしては、本業の落語家やテレビタレントのみならず俳優としても活躍する鶴瓶のキャスティングはぴったりはまる。 視聴後の感想としては「関西弁のイントネーションでのバカヤローはあり得ない」という手厳しい声もあったが、「鶴瓶師匠の迫力演技凄い!」「スゴク勉強にもなったし、近代日本を作った人たちの熱量を知ることができた」「鶴瓶師匠と松嶋菜々子さんのやり取りが面白く、雰囲気が出て素晴らしかった。 」等と多くの反響があった、 また、吉田を支える白洲次郎は人気実力を兼ね備えた生田斗真が起用された。 白洲は自らの信念を徹底して貫き、当時、圧倒的権力を持ったGHQに対しても一歩も怯まず、日本で初めてジーンズをはいたとも言われるファッションセンスと合わせ、「カッコいい日本人」の代名詞的人物。 内面も外見も日本人のスケールを超えた白洲を取り上げた作品としては、原田芳雄が吉田を演じた「ドラマスペシャル・白洲次郎」では伊勢谷友介をはじめ、谷原章介(「負けて、勝つ 〜戦後を創った男・吉田茂〜」(2012年NHK)、そして宝塚歌劇団・宙組(そらぐみ)が、2008年(平成20年)に「黎明の風」という題名で白洲の波乱の生涯を扱い轟悠が演じている。 「カッコいい日本人」と言われた白洲らしいキャスティングで、生田斗真はまさに適役。 視聴者からも「生田斗真演じる白洲次郎、迫真の演技で痺れる…!」「冒頭の白洲 生田斗真 の英語でのやり取りに胸のすく思いをした」「憧れの白洲次郎、いやーカッコいい!」と大好評を得た。 コロナ禍に国内外が混迷の度合いを増している中、「日本は絶対立ち直る!」というメッセージを伝える本作は、ぜひとも今もう一度みたい作品だ。 時を同じくして、世界各国を飛び回っていた白洲次郎(生田斗真)も、世界情勢の機微を敏感に感じとっていた。 白洲と親交の深い吉田は、娘・和子(新木優子)らが見守る中、戦争回避に向けて動くが、その甲斐も虚しく、日本は第二次世界大戦に踏み切った。 1945年、終戦。 総司令部GHQと向き合う外務大臣のなり手が誰も見つからない中、先の大戦に猛反対し投獄された過去を持つ吉田に、白羽の矢が立つ。 かくして吉田は、外務大臣として、のちに総理大臣として、日本の独立と復興を担うことになる……。 吉田は白洲を参謀に据え、最高司令官マッカーサーらと必死の交渉をする。 過度な内政干渉など、幾度も緊迫した事態に陥るが、和子や麻生太賀吉(矢本悠馬)、のちに総理大臣となる「吉田学校」の池田勇人(佐々木蔵之介)、佐藤栄作(安田顕)、田中角栄(前野朋哉)、宮澤喜一(勝地涼)らの助け、内縁の妻こりん(松嶋菜々子)の献身的な支えを受け、日本の独立に向け尽力していく。 敗戦後の日本を支えた男たちの熱い魂の物語は、テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)にて5月31日(日)、夜7時54分~10時18分に放送。 出演:笑福亭鶴瓶/生田斗真/新木優子/矢本悠馬/前野朋哉/安田顕(特別出演)/勝地涼/佐々木蔵之介/松嶋菜々子ほか。 原案:麻生和子『父 吉田茂』(新潮文庫刊)。 PR動画は番組公式サイトにて公開中。

次の