急なお願い。 勝手なお願いをする際のビジネスメールの例文は?わがまま/身勝手

急なお願い後のお礼メール|ビジネスで使える2フレーズ&活用例文

急なお願い

ビジネスでも連絡手段として活用されているメールで、何かをお願いする場合はどのような敬語表現を使えばいいのでしょうか。 以下で主なフレーズと使用例をご紹介していきます。 ・「何卒お願い申し上げます」 ご協力のほど、何卒お願い申し上げます。 ご確認のほど、何卒お願い申し上げます。 ・「していただけませんでしょうか」 人事課とお話しいただき、対処していただけませんでしょうか。 〇日のプレゼンを確認していただけませんでしょうか。 ・「急なお願いで」 急なお願いで恐縮ですが、〇月〇日までにお返事くださいますようお願いいたします。 急なお願いで申し訳ありませんが、お送りいただいた資料を再送願いませんでしょうか。 どちらに伺ったらよいか、お心当たりがございましたらお教えください。 お願いするときの手紙での敬語表現 日本語で「もしよろしければ~してくださいませんか」という敬語表現は、英語ではWould it be too much trouble for you to~?という表現で、直訳すると「ご負担にならなければ~しておただけませんか」という意味になります。 具体的には以下のとおりです。 ・Would it be too much trouble for you to take a look at this presentation? もしよろしければ、このプレゼンテーションに目を通していただけませんか? ・Would it be too much trouble for you to take a look at this handout? もしよろしければ、この資料に目を通していただけませんか?.

次の

依頼文の書き方!お願いの手紙を書くときのポイント(文例付き) [手紙の書き方・文例] All About

急なお願い

ご無理を聞いていただき... こちらの難しい要求を相手が聞いてくれた時のお礼の言葉。 この度は、スケジュールの件でご無理なお願いをお聞き届けくださいまして、本当にありがとうございます。 予定を変更頂き、助かりました。 当方の無理な条件をお聞き届けいただき、ありがとうございました。 ご迷惑をおかけして恐縮ですが、今回に限りよろしくお願いいたします。 短い納期もかかわらず、製品の仕様変更の件でご無理なお願いをお聞き届けくださいましてありがとうございました。 弊社の勝手なお願いをお聞き届けいただき、恐縮しております。 今後ともよろしくお願いいたします。 ご無理をお聞き届けいただき、まことに恐縮に存じます。 当方からのご無理なお願いをお聞き届けくださり、ありがとうございました。 納期や予算の件で、当方からの無理難題をお聞き届けくださり、ありがたくお礼申し上げます。 次回からは早めに予算計画をたててご提案申し上げます。 その節は、当方の身勝手なお願いをお聞き届けくださいまして、本当にありがとうございました。 今後もご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 ご無理なお願いをご承諾頂き... 難題を相手が受け入れてくれた時のお礼の言葉。 この度は、弊社のご無理なお願いをご承諾頂き、ありがとうございます。 企画案の訂正についてご承諾いただき、感謝いたしております。 納期短縮の件、ご無理なお願いにもかかわらず、御社にてご承諾くださいましてありがとうございます。 ご予算の件、当方からのご無理な希望金額をご承諾頂き、ありがとうございました。 次回は埋め合わせをさせていただきます。 来月に私的な用事でお休みをいただく件、部長にご承諾いただき感謝申し上げます。 仕事の段取りはしっかり行いますので、ご安心ください。 商品の発注ミスの件、当方の不手際にもかかわらず、御社にご承諾いただき深謝いたします。 お力添えいただきありがとうございました。 急な内容変更につきまして、ご無理なお願いをご承諾をいただき心より感謝申し上げます。 電話でぶしつけなお願いを申し上げましたところ、快くご承諾くださいまして感謝しております。 ありがとうございました。 この度は、弊社のご無理なお願いをお聞き届けくださいまして、本当にありがとうございます。 ご無理を申し上げたにも関わらず... 難しい条件であるにもかかわらず相手が引き受けてくれた時のお礼の言葉。 この度はご無理を申し上げたにも関わらず、お値引きのご承諾をいただき、誠にありがとうございます。 ご無理を申し上げたにも関わらず、弊社の参加を承認していただきまして、ありがとうございます。 機器の異常の件、深夜でご無理申し上げたにも関わらず施設内を点検していただき、大変恐縮です。 急なお願いでご無理申し上げたにも関わらず、早速面談のお時間をいただけるとのこと、ありがとうございます。 お客様からのクレームがあった件、既にサポート期間を過ぎており、ご無理申し上げたにも関わらず、迅速にお取り計らいいただき、ありがとうございました。

次の

依頼のフレーズ

急なお願い

お願いしづらい内容やイレギュラーな頼みごとを、相手に伝えるのはむずかしいもの。 それがメールともなれば、さらに難易度はアップしますよね。 そのようなとき、相手が快く引き受けてくれるような「お願い表現」を知っていると、相手のYESを引き出しやすくなりますよ。 効果的な「お願いメール」に欠かせない3つのポイント 顔の見えない相手にメールでお願いを聞いてもらうためには、ぜひ文中に盛り込みたい3つのポイントがあります。 自分が普段送っているメールの文面を思い返しながら、読み進めてくださいね。 依頼理由や依頼内容を具体的に書く 相手が依頼を受けるかどうかをスムーズに判断できるよう、お願いする内容や相手へのリクエストはできるだけ具体的に示す必要があります。 依頼内容では「何を」「いつまでに」「どうしてほしいのか」をモレなく書きましょう。 お願いする内容が多い場合はリスト化するなど、読みやすい工夫をするのもオススメです。 誠意が伝わる言葉を選ぶ 対面のコミュニケーションでは、表情や声のトーンなどで思いや誠意を表すこともできますが、メールの場合は表現が文字のみに制限されています。 そのため、相手にお願いを聞いてもらうには、依頼者の真面目で謙虚な姿勢が大切です。 丁寧なメール文面を心がけ、初めての相手にメールする場合などは「はじめてご連絡させていただきます。 」といった言葉を添えて、相手への誠意を表しましょう。 相手の承認欲求を満たす 人にお願いごとをするときは「ぜひ、〇〇さんにお願いしたい!」という動機をしっかりと伝えることが大切です。 人は「自分は必要とされている」「人から認められたい」という気持ち=「承認欲求」が満たされると、前向きな検討をしやすくなります。 「気づかい表現」を組み合わせて、相手のYESを引き出そう 上記3つのポイントに、相手への配慮を表す「気づかい表現」を組み合わせることで、より相手のYESを引き出しやすくなります。 シーン別に使える表現をいくつかご紹介しましょう。 頼みごとをするとき:「折り入ってのご相談がございます」• 文末の表現:「~いただけましたら幸いです」「~いただくことは可能でしょうか」• 急なお願いをするとき:「突然のお願いで恐縮ですが」「急なご依頼となり申し訳ございませんが」• 期限を書き添えるとき:「たいへん勝手ではございますが」「ご多用中のところ誠に恐縮ですが」• 自分がお願いされる立場になって、どちらのメールならYESと言いたくなるか考えてみてください。 このたび、社内の自動販売機利用に関するアンケート調査を実施することとなりました。 皆様からの回答結果をもとに、今後の参考にさせていただきます。 どうぞよろしくお願いいたします。 突然のご連絡、失礼いたします。 このたび総務部では、より良いオフィス環境作りを目指し、 社内の自動販売機利用に関するアンケート調査を実施することとなりました。 皆様からの回答結果をもとに、今後の参考にさせていただきます。 忙しい中、お手数をおかけしますが、ご協力いただけますと幸いです。 どうぞよろしくお願いいたします。 【A】 最低限の気づかい言葉は盛り込まれているものの、これでは不十分ですよね。 相手に依頼をする場合は、まずメールを送った経緯を説明し、「突然のご連絡、失礼いたします。 」などの気遣い言葉を添えるとよいでしょう。 【B】 依頼理由や依頼内容(期日や欲しいもの)が具体的に書かれており、「突然のご連絡、失礼いたします」「急なお願いで申し訳ありませんが」などの気づかい表現も盛り込まれています。 さらに、アンケートに回答することで、職場環境が良くなるといった相手のメリットになる情報が書かれているのもポイントです。 まとめ 依頼メールを作成した後は、必ず送信前に「自分ならこのお願いを引き受けるだろうか」という観点でメールを読み返してみましょう。 また、今回ご紹介した内容は、電話をかけるときにも応用できます。 顔の見えない相手とよい関係を築くためのコミュニケーションスキルを磨いていきましょう。 関連記事•

次の