堂々としている 類語。 堂々巡りの意味や読み方!使い方の例文・由来・類義語・英語表記も!|Tips報道局

「貫禄」の意味と使い方、類語、英語、使用上の注意点とは?

堂々としている 類語

「こなす」の意味 「こなす」という言葉には様々な意味がありますが、 一般的には「課された物事などを適切に処理する」といった意味合いで使われることが多くなっています。 また、漢字で表記する場合には「熟す」とされており、 一般的に最もよく見かける代表的な使われ方としては「仕事をこなす」という形が広く知られています。 「こなす」の正しい使い方 「こなす」という言葉自体に「物事をうまく処理する」という意味合いがある為、 基本的に自分の行動を表現する言葉としての使い方はあまり好ましくありません。 自分の行動に対して使う場合、別の言葉を使った方が自然に収まることが多いからです。 例えば下記の例のように「こなす = 処理する」という形で変換してみると、 自分以外の第三者の行動を表現する使い方のほうが自然な形と言えます。 POINT!• ですが、相手方に若干の違和感を感じさせてしまう可能性がある為、 仕事などのビジネスシーンにおいては他者の行動を表現する言葉として使うのが無難と言えます。 こういったことから、話し相手に出来るだけ違和感を感じさせない使い方としては、他者の行動を表現する際の言葉として考えておくのがいいでしょう。 「こなす」の具体例と例文 ここまで「こなす」という言葉についての意味や使い方を理解してきたうえで、 実際に日常で使うイメージがしやすいように具体的な例をいくつか挙げてみます。 仕事をしながら家事や育児も こなしている人は立派だと思う• 圧倒的な数の仕事を こなすことで、初めて仕事の本質的を理解することが出来る• 職人は気が遠くなるくらい細かい作業をひたすら こなしていく• 分刻みのスケジュールを こなすには入念な準備が必要だ• アスリートは常人では考えられない量の練習メニューを こなしている• 忙しくても複数の仕事を同時進行で こなせる人に憧れてしまう• 難しい課題ではあったが何とか こなすことが出来た• 日常生活の中で自然に「こなす」という言葉を使いたい場合には、やはりこのような他者の行動を表現する形を推奨します。 また、1つ前の項目でご紹介した例文でも試したように、「こなす = 処理する」という形で変換していただいても、ほとんど意味が通るつくりになっているのがお分かり頂けると思います。 「こなす」の類語 「こなす」の類語を理解しておくと、場面に応じて適切な言葉を選ぶことや文章作成時の重複を避けることが出来るため、非常に重宝します。 ここでは「こなす」の類語をいくつか挙げていきますが、1つ前の具体例の項目で使った例文に以下の類語を当てはめてみても、綺麗に文章を構成できるのが分かりますね。

次の

「威風堂々」とは?意味と使い方の例文、英語や類語表現をご紹介

堂々としている 類語

「こなす」の意味 「こなす」という言葉には様々な意味がありますが、 一般的には「課された物事などを適切に処理する」といった意味合いで使われることが多くなっています。 また、漢字で表記する場合には「熟す」とされており、 一般的に最もよく見かける代表的な使われ方としては「仕事をこなす」という形が広く知られています。 「こなす」の正しい使い方 「こなす」という言葉自体に「物事をうまく処理する」という意味合いがある為、 基本的に自分の行動を表現する言葉としての使い方はあまり好ましくありません。 自分の行動に対して使う場合、別の言葉を使った方が自然に収まることが多いからです。 例えば下記の例のように「こなす = 処理する」という形で変換してみると、 自分以外の第三者の行動を表現する使い方のほうが自然な形と言えます。 POINT!• ですが、相手方に若干の違和感を感じさせてしまう可能性がある為、 仕事などのビジネスシーンにおいては他者の行動を表現する言葉として使うのが無難と言えます。 こういったことから、話し相手に出来るだけ違和感を感じさせない使い方としては、他者の行動を表現する際の言葉として考えておくのがいいでしょう。 「こなす」の具体例と例文 ここまで「こなす」という言葉についての意味や使い方を理解してきたうえで、 実際に日常で使うイメージがしやすいように具体的な例をいくつか挙げてみます。 仕事をしながら家事や育児も こなしている人は立派だと思う• 圧倒的な数の仕事を こなすことで、初めて仕事の本質的を理解することが出来る• 職人は気が遠くなるくらい細かい作業をひたすら こなしていく• 分刻みのスケジュールを こなすには入念な準備が必要だ• アスリートは常人では考えられない量の練習メニューを こなしている• 忙しくても複数の仕事を同時進行で こなせる人に憧れてしまう• 難しい課題ではあったが何とか こなすことが出来た• 日常生活の中で自然に「こなす」という言葉を使いたい場合には、やはりこのような他者の行動を表現する形を推奨します。 また、1つ前の項目でご紹介した例文でも試したように、「こなす = 処理する」という形で変換していただいても、ほとんど意味が通るつくりになっているのがお分かり頂けると思います。 「こなす」の類語 「こなす」の類語を理解しておくと、場面に応じて適切な言葉を選ぶことや文章作成時の重複を避けることが出来るため、非常に重宝します。 ここでは「こなす」の類語をいくつか挙げていきますが、1つ前の具体例の項目で使った例文に以下の類語を当てはめてみても、綺麗に文章を構成できるのが分かりますね。

次の

「敵に塩を送る」のはなぜ?由来は?意味と使い方、類語、対義語を例文付きで解説

堂々としている 類語

「威風堂々」の読み方、意味や語源とは いくら有名な曲とはいえ、「今まで曲は知っていたけれどどうやって読むのかわからなかったんだよね!」という場合もありますよね。 「威風堂々」の基礎知識から学んでいきましょう。 まずは読み方からですが、「威風堂々」は 「いふうどうどう」と読みます。 威風堂々の意味 「威風堂々」とは 「非常に立派な風貌であること」「威厳があって、厳かなさま」という意味です。 冒頭でご紹介したエルガーという人の曲の1つ「威風堂々」も、まさにそのような雰囲気が如実に現れた曲したよね。 威風堂々の語源 それでは「威風堂々」の語源について、二語に分けてご紹介していきます。 威風 まず、 「威」という漢字だけで 「人を従わせるような勢い」「強い勢力」という意味があります。 「風」という漢字は、 「様子」という意味があります。 例えば「トマトパスタ ヨーロッパ風」というと、ヨーロッパの様子を感じさせる、つまり本格的なパスタが出てくるように思いますよね。 このように、私たちは日常生活の中の様々なシチュエーションで「風=様子」という使われ方を目にしています。 堂々(堂堂) 次に「堂々(堂堂)」です。 「々」という記号(実は漢字ではないのです)は「直前のものを繰り返すときに使うマーク」なのです。 だから「堂々」と書いても「堂堂」と書いても、どちらも正解です。 「堂々(堂堂)」という言葉には、 「立派なさま」「何も包み隠す部分がなく、りりしいさま」という意味があります。 元々、「堂」という漢字は表御殿、つまり最も主となる建物のことを示しています。 本殿、とでもいいましょうか。 メインで使われる一番立派な建物なので、大事なお客様を迎えたり何かの儀式を執り行ったりする場所だったので、その建物の立派さから「堂々」という言葉が生まれたといわれています。 「威風堂々」の英語・類義語表現 次に、「威風堂々」と同じような意味を持っている英語や類義語を学んでいきましょう。 「威風堂々」の英語 まず知っておいて欲しい「威風堂々」の英訳は次の言葉です。 pomp and Circumstances 実は「オセロ」という儀曲の中に出てくる一節から引用された言葉で、最初に動画で紹介した曲のタイトルにも採用されているんです。 元々「pomp」が「華麗さ・壮麗さ」、「Circumstanceには「儀式ばること、ものものしさ」という意味があります。 つまり直訳すると「華麗で儀式的な様子」となりますが、これをわかりやすい日本語にかみ砕いて「威風堂々」と訳したのですね。 その他にもの 以下の二つには威厳があって深刻なさまという意味があり、• sedateness• solemness 「 regal person 」には、「堂々とした人」という意味があります。 時と場合によって使い分けてみましょう。 「威風堂々」の類義語 同じような意味を持っている四字熟語も多いので、ご紹介しておくと以下のようなものがあります。 威風凛々(いふうりんりん)• 楊武楊威(ようぶようい)• 英姿颯爽(えいしさっそう) 字面を見るだけでも、いかにも威風堂々と同じような意味を持っている ことが分かりますよね。 日常会話で耳にすることは少ないかもしれませんが、一緒に覚えているとふと目に入った時にも慌てずに済みますね。 「英姿颯爽」については、こちらの記事に詳しく書いています。 「威風堂々」の使い方 それでは、最後に「威風堂々」の例文をご紹介してます。 【例文】• 「男たるもの、いつでも威風堂々としていなければならない。 人前で泣くなどもってのほかだ」• 「やはり優勝チームは表彰式でも威風堂々としていて憧れるなあ」• 「祖父は何歳になっても威風堂々としていて老いを感じさせない」• 「威風堂々とした歩き方を練習しなさい。 まずその猫背から治していこう」• 「うちの校長先生は威風堂々としていながらも自分に厳しく他人には優しい。 私も校長先生のような大人になりたい」 例文のように、「〇〇として~」と使うのが一般的ですね。 最初こそ難しそうに見えたかもしれませんが、「威風堂々」の意味を知れば案外日常会話の中でも使える四字熟語と言えます。

次の