香典 御霊前 違い。 香典袋 種類》黄色・銀色・水引・色・金額・金額別・蓮・法事・一周忌・御仏前

お通夜で持っていくのは御霊前?御香典?どっち?違いは何?

香典 御霊前 違い

四十九日法要は「御霊前」と「御仏前」のどちらを使う? 四十九日法要では「御仏前」を使う 仏教の教えでは霊として存在している間は7日ごとに7回、成仏できるかどうかのお裁きがあるとされており、遺族は故人が成仏できるように7日ごとに追善法要を営みます。 7回目の追善法要である四十九日法要は最後のお裁きの日であり、このときに成仏が許されると霊から仏になります。 四十九日法要で成仏するとされていますから、 四十九日法要での、香典の表書きは原則として「御仏前」を使います。 ただし、どのタイミングで成仏するかについては、「法要のあと、自宅の仏壇に本位牌を納めたときに仏になる」とする考え方もあります。 仏教の御霊前と御仏前の使い分け 通夜・葬儀・初七日 四十九日・初盆・一周忌・三回忌 仏教の場合 御霊前 御仏前 四十九日法要が繰り上げられた場合 四十九日法要は亡くなって49日目に営むのが本来のしきたりですが、法要に招く方の都合を考慮し、49日以前の土日に営むこともありまです。 また、49日ではなく35日に忌明け法要を営むこともあります。 このように亡くなって49日が経っていないときは「御霊前」か「御仏前」か迷うこともあります。 大体の場合は、法要の日に成仏したとされますので、49日以前であっても「御仏前」を使うのがよいでしょう。 宗派による「御霊前」と「御仏前」の使い分け 浄土真宗、真宗、曹洞宗、日蓮宗などは葬儀・通夜から「御仏前」 仏教にはさまざまな宗派があり、宗派によって死生観も異なります。 例えば、浄土真宗や真宗では「霊」の観念がなく、人は臨終と同時に成仏すると考えられています。 そのため、四十九日法要はもちろん通夜や葬儀の際も、香典の表書きは「御仏前」とするのが正式な書き方とされています。 また、浄土真宗とは考え方が異なりますが、曹洞宗や日蓮宗などでも葬儀や四十九日法要の香典の表書きは、「御仏前」を使う場合が多いようです。 仏教 浄土真宗・真宗の場合 通夜・葬儀・初七日 四十九日・初盆・一周忌・三回忌 仏教 浄土真宗・真宗の場合 御仏前 仏式で宗派がわからないときは「御香典」も使える 四十九日までは御霊前が一般的といっても、御仏前を使う宗派もあります。 宗派が確認できる場合はよいのですが、そうでない場合は「御香典」を使う方法もあります。 御香典は「お香やお花の代わりに供えるもの」という意味ですので、仏式の葬儀であれば宗派に関係なく使えます。 ただし、仏式以外の神式やキリスト教式では使えませんので注意しましょう。

次の

これで間違えない!「御仏前」と「御霊前」の違い

香典 御霊前 違い

「御香典」と「御仏前」と「御霊前」との違い 葬儀に参列する際には香典を持って行きますが、いざお店に行くと「御香典」「御霊前」「御仏前」が並んでいるのでどれにするのか悩む事はありませんか? まずは文字や言葉の意味を確認しましょう。 「御香典」(おこうでん) 故人へ線香や花の代わりに金品を供える。 (典は略字であり、正式には「奠」を使います。 また御霊に供える金品。 香典の表書きの1つ。 「御仏前」(ごうつぜん) 故人が成仏(じょうぶつ)した仏様の前。 また、御仏に供える金品。 供物の表書きの1つ。 (仏は略字であり、正式には「佛」を使います。 この3つの意味を確認すると、細かい部分での違いはあるものの、ほぼ同じ意味を成しています。 通常、葬儀に持参する金品といえば「香典」というのですが、不祝儀袋で持参する表書きが、宗教の違いにより「御霊前」「御仏前」などを使い分けます。 そこで、宗教による違いについて説明します。 仏教 仏教では一般的に葬儀の不祝儀袋は「御霊前」を使い四十九日法要を過ぎたら「御仏前」を使います。 ですが、真宗(浄土真宗や真宗大谷派など)では、葬儀の時から「御仏前」を使います。 この違いは、霊の考え方に基づきます。 一般的な仏教は、人が亡くなると霊になり、その後四十九日法要を終えると、成仏して極楽浄土に行くという考え方です。 納骨が四十九日法要の際に行うのも、成仏したいという考えからです。 ですが、真宗(浄土真宗や真宗各派)では、霊という考え方はなく、「人は亡くなったらすぐに浄土に還り成仏する」という考え方なのです。 なので御霊前は使いません。 神道 神道の場合は、「御玉串料」「御神前」などを使います。 「成仏(仏になる)」ではないので「御仏前」は使いません。 ですが、葬儀の際に「御霊前」は使っても問題はありません。 ただし、蓮の花が印刷してある不祝儀袋は、仏教専用なので避けましょう。 これは、神道の考え方では、亡くなったら御霊となり、その家の守護神となり子孫を守るとされているからです。 キリスト教 キリスト教は「お花料」ですが、「御霊前」(蓮の花の印刷以外)は問題ないとされています。 これは、キリスト教の考え方では、亡くなったら霊魂となって神に召されるとされているからです。 宗教宗派により不祝儀袋の選び方が異なり覚えにくいですが、 ・仏教は葬儀の不祝儀袋は「御霊前」、四十九日法要を過ぎたら「御仏前」 ・仏教でも、真宗であれば最初から「御仏前」 ・神道、キリスト教なら正式なものは他にあるけれど「御霊前」でもOK(蓮の花模様はNG) ・仏教だけど真宗か不明な場合は「御香典」 と覚えておけば失敗はないでしょう。

次の

御香料の意味と金額相場。御香典との違いやお札の入れ方は?

香典 御霊前 違い

地域によってはお布施を包む際にも用いられることがあります。 また、神道の場合の香典(玉串料、榊料、御神前など)を包む際にも用いられることがありますが、仏教の四十九日に相当する五十日祭、一年祭まで用い、それ以降は使えません。 関西エリアで、一周忌以降の法事・法要の香典を包むほか、お布施を包む際にも用いられることがあります。 ) また、神道の場合の香典(玉串料、榊料、御神前など)を包む際にも用いられることがあります。 用途 見本画像 通夜、葬儀、法事・法要の香典を包む際に用います。 地域によってはお布施や戒名料を包む際にも用いられることがあります。 比較的包む金額が多い際に用いられます。 また、神道の場合の香典(玉串料、榊料、御神前など)を包む際にも用いられることがあります。 香典袋の種類と金額(つづき) 多当折り水引かけ(多当折りの形。 外側から水引をかけたもの) 包む香典の金額 見本画像 10,000円以上 中袋がついている。 神道の場合の香典(玉串料、榊料、御神前など)を包む際にも用いられることがありますが、仏教の四十九日に相当する五十日祭、一年祭まで用い、それ以降は使えません。 10,000円以上。 中袋がついている。 関西エリアで、一周忌以降の法事・法要の香典を包むほか、お布施を包む際にも用いられることがあります。 ) また、神道の場合の香典(玉串料、榊料、御神前など)を包む際にも用いられることがあります。 30,000円以上。 中袋がついている。 また、神道の場合の香典(玉串料、榊料、御神前など)を包む際にも用いられることがあります。 [多当折りとは](=たとうおり) 多当折りとは、「たとうし」の折り方のこと。 たとうしは、「畳紙」(たたみがみ、から変化した「たとうし」)からきている。 「畳紙」は懐紙の一つでもあると同時に、帖紙として、献上品や大切なものを包むのに使われた紙で、これを折りたたむ折り方が、たとう折り。 現代では「多当折り」という字を用いるようになっている。 多当折りの折り畳み方は各種あるが、一般的な市販品は、水引を抜き取り上包みを開いて中央に中袋を置き、おもて側の正面からみて左、右の順に中袋の上に折りかぶせるタイプが多い。 裏面は下記の見本のようになっている。 水引きは、上から下に畳んだのちにかける。 ・濃い墨で書きます。 左記は「御仏前」の香典袋への書き方例です。 表書きは「御玉串料」「御榊料」「御神前」などです。 ・濃い墨で書きます。 左記は「御仏前」の香典袋への書き方例です。 表書きは「御玉串料」「御榊料」「御神前」などです。 一年祭は黒白、黃白いずれも使いますがそれ以降は黃白になります。

次の