地震 予言.com。 地震予知2020予言まとめ!5月11日の地震の噂やtwitterも|スピリチュアルたまてばこ☆

【2020年】南海トラフ地震の予言がヤバすぎる件!【都市伝説】

地震 予言.com

それはたいてい雨です。 今年の夏は、雨が多くなりそうです。 亜熱帯の気候になりつつあるのでしょうか? あまりに極貧なので、noteを活用しようかと考えてます。 私が書くものはこれまで、プロの質はなかったのです。 世間の相場では料金をとってよいほどのものです。 それなら飯の種になるのではといろいろ考えました。 なんと、首都直下地震の危機は8月にありませんでした。 私はかねがね大地震は秋か冬と考えてました。 これから、次の首都直下地震の危険日をまた透視します。 最近は、日が当たるようですから、確度が高いものがわかるでしょう。 今年は大阪で地震があるという話をよく聞きます。 それがあるかも。 ジュセリーノの予言 6月21日に東海地方で大地震 下の記事でそんな予言があることを知りました。 『6月21日巨大地震予言、再び! 世紀の大予言者・ジュセリーノが発表「東海地方に注意、強い地震が…」不気味な予兆も』 ジュセリーノは過去の人と思っている人いませんか? 彼が予言した証拠『公正証書』は登録後も書き換えられる 実際に書き換えたかは不明なのに ことが知られてから、日本で彼の人気は落ちました。 が、今も毎年予知をしていて、彼は健在です。 記事では予言の内容がわかりませんので、私が調べました。 6月21日の予言とは? を開くと、『今月、6月21日 場所は東海地方、巨大地震の夢を見た』という文字がデカデカと絵の中に書かれています。 そこから来ています。 彼の「」には、『5. 強い地震が日本を襲い、損傷と破壊を引き起こす可能性があります。 』とも。 彼の2022年までの次の地震として 『名古屋周辺では大変なことになっています! とある地震の予言に周囲は騒然としています。 スーパーやホームセンターでは軒並み、非常食や防災グッズが売れているそうだ。 真剣に対策を考えて行動している人が結構いるようです。 周囲でもかなりの動揺が広がっています。 』 これが『』にあります。 彼は日時を指定してませんが、ネットの噂では9月13日の午前3時のようです。 私は首都直下地震のあと、神奈川、大阪、そして名古屋であると予知しています。 その名古屋地震と似てます。 これは6月21日の地震とは違うようです。 なぜなら、まだ愛知は騒然としていませんから。 予言は当たりそうか? 6月の最大地震は、私が予知した6月14日のM6. 3 奄美大島北西沖です。 もう6月は日本にありません。 21日の東海は外れるでしょう。 世界的な予言者は今、そう目立つのはいません。 過去にはいましたが、今地震、世界の災害などをぴたっと当てるのは、姿をみせません。 そういうのが現れたら盛り上がります。 今はこの業界は不作です。 そこでM4-6 日本 - 北海道の地電流グラフに、12時に大きな波。 北海道か千島でM5 『迫りくる巨大地震 新たな解析に成功 防災に活用(静岡県)』 カリフォルニアの地震前に起きた自然現象から、地震予知のこつをつかんだという話です。 3 M6. 6 奄美大島北西沖 6月26-29日 M6-7 サンタクルーズ諸島 26日 6月29-30日 M5-6 中国青海省 29日 私の予知は皆様のご支援に支えられています。 私は月の収入が4000円未満です。 ご寄付があれば助かります。 よろしくお願いします。 M6がありうる 世界の地磁気異常 13時にアラスカで南をさす。 NZで北をさす。 環太平洋でM5-6 ペルーでよく波打つ。 そこでM4-6 大気電子TECでは、八丈島で電子の増加と減少のエリアが隣接する 茨城県の地磁気は.

次の

2020年完全版!予言者たちの内容を検証すると驚くべきことが見えてきた(災害編)|チエタビ

地震 予言.com

東日本大震災を当てたと言われる松原照子氏 松原さんは、2011年3月11日起こった 東日本大震災を予言したと言われています。 具体的には、地震が起こる前、 太平洋側が動くという胸騒ぎを感じていると話し、岩手・秋田・山形・宮城・福島・茨城の県名を上げ、具体的に 陸前高田と 釜石の名前を上げていたそうです。 では、その松原さんが、今後、日本にどのようなことが起こると予言しているのでしょうか。 富士山の噴火 松原照子さんは、富士山が噴火するのは、 2014年~2016年 どんなに待っても2021年より先はないと話しています。 また、富士山が、 世界文化遺産に登録されたことを危惧しており、人がたくさん足を踏み入れるようになり、噴火時期が早まっていると指摘しています。 さらに噴火の予兆として、 河口湖の水位が下がる 伊豆半島周辺でアサリが不漁になる 貝が移動するため 伊豆半島の紅葉がハッキリしない。 という現象を上げています。 実際に起こっているようです 日本列島が切断される魔の水曜日!? かなりショッキングな予言ですが、 伊豆半島付近で発生するM6級の地震が発端となり、南海トラフ地震と糸魚川-静岡構造線を連動する巨大地震が起こり、「 日本列島切断」が起きると予言しています。 その悲劇は、水曜日 祝日だそうです になるであろうということで、 魔の水曜日と松原さんは呼んでいるそうですが・・・ さらに、松原さんは、 関東大地震 南海トラフ地震 富士山の噴火 この3つが、一緒にやってくると思えて仕方ないという表現もしています。 タイミング的には、どれがいつ来ても、おかしくはない状態なので、そういった意味で、不気味な予言ではあります。 2020年の東京オリンピックは中止 2020年の東京オリンピックは行われない、すなわち中止になると松原さんは予言しています。 一つの考え方としては、上記のような大地震が、2020年までに起こった場合、日本は、東京オリンピックどころではなくなるという見方があります。 そして、もう一つの考え方は、 韓国や中国との関係悪化という見方です。 松原さんは、 尖閣諸島や竹島が日本から名前を消す気がする なにかとてつもないことに日本が巻き込まれるかもしれない 韓国や中国に目を向けて欲しい という話もしています。 もし、韓国や中国との関係が、これからさらに悪化して、最悪、武力衝突や戦争という形になった場合、平和の祭典であるオリンピックを開催するのは、到底不可能になってしまうでしょう。 地震の予言・予知をどう捉えるべきか? これからの予言や予知を見ると、本当に起こってしまったら、マジでヤバいなあという感じですね・・・ ただ、私も、今まで、いろいろな地震の予言や予知を見てきましたが、 基本的には、当たらないことの方が多いです。 ただ、 富士山の噴火や南海トラフの地震は、科学的にもある程度予測されていることなので、そこが気になるところです。 もちろんこういった地震の予知や予言を過度に信じて、ビクビクする必要はないと思います。 でも、今は、何が起こるか分からない時代ではあるので、どんなことが起こっても対応できる準備は、いろいろしておいた方が良いとは思います。 やはり、備えあれば憂いなしですからね。

次の

日本の未来の予言9つ!地震や災害などの恐ろしい予言まとめ

地震 予言.com

トカナオリジナルのババ・ヴァンガTシャツ。 ご ブルガリアの予言者 ババ・ヴァンガは、85%以上という驚異の予言的中率を誇る。 彼女は12歳の時に竜巻に巻き込まれて失明している。 しかし光を失った代わりに、彼女は予言という不思議な力を得た。 そしてこれまでに、「第2次世界大戦の勃発」、「ダイアナ妃の死」、「9. 11テロ」など、歴史的な大事件を次々と予言的中させてきた。 1996年に85歳で亡くなったババ・ヴァンガだが、5079年までの予言を公開している。 彼女の予言は死後も注目され続けており、さまざまな角度から研究をしている研究者もいるほどだ。 このほど 「2020年のババ・ヴァンガの大予言」が発表された。 2019年に引き続き、大地震、経済崩壊などを警告しているが、世界情勢の変化などからまた違った解釈がなされるであろう。 今回は、予言研究家である筆者・白神じゅりこが、気になった「2020年のババ・ヴァンガの大予言」の内容を独自の視点で詳しく解説しよう。 画像は「」より引用 1,日本に巨大地震と津波が襲う ババ・ヴァンガによれば、さまざまな国で複数の地震が発生するという。 津波はパキスタン、インド、中国の一部、日本、インドネシアを席巻するという。 東日本大震災以降、日本でも巨大地震がいつ起きてもおかしくないと言われている。 南海トラフ巨大地震は今後、30年以内に80%以上の確率で起こると言われており、今日明日来てもおかしくない状態だ。 国では南海トラフ巨大地震が起きると、沿岸部には最大30メートルの津波が押し寄せ、死者は32万人を超え、経済被害も220兆円を超えると想定しているという。 また、2013年に発表した中央防災会議による関東大震災型のM8級の地震被害の想定では、死者7万人、経済被害160兆円と試算した。 2020年の東京オリンピック開催時に、関東大震災型のM8級の直下型地震が起きたら……。 中央防災会議が発表した地震被害の想定をはるかに上回るのではなかろうか?.

次の