与える 類語。 「与える」の用例一覧 例文検索 使い方:類語・類義語(同義語)辞典

「与える」の類義語や言い換え

与える 類語

「与える」の類語は? では、「与える」の主な類語を 4つ見ていきます。 「あげる」の意味は、 「金品などを相手に与えること」です。 「あげる」は元々は謙譲語として 使われてきたのですが、 最近は丁寧語として 親しい相手や目下の人に 物を与える時に使います。 ついでに言うと 目上の人に金品が渡る場合、 謙譲語として「差し上げる」 と言う言葉を使います。 例えば、「子供にお小遣いをあげる」 のような使い方をします。 「人にものを渡す」と言う点は 「与える」と同じなのですが、 「授ける」は「大層なもの」が 「目上の人から目下の人に渡る」 ことを意味しています。 例えば、 「勲章を授ける」のような使い方があり、 「子宝を授かる」のように 受け身で使うこともよくあります。 「与える」では気持ちは関係なく、 「金品を人に与えること」を意味します。 これに対して、 「恵む」には与える側の人の 「相手を可愛そうに思う気持ち」 「哀れみの気持ち」が込められています。 例えば、 「親切な人が貧しい子供たちに パンを恵んでくれた。 」 のような使い方ができます。 「スポンサーとなる広告主が、 番組を視聴者に公開すること」 の意味もあります。 例えば、 「便利なサービスを提供する」 「番組を提供してくれる スポンサーを募集する」 のような使い方があります。 どうでしたか? 「与える」が簡単な言葉であるだけに、 「分かりそうで答えられない。 」 と言う方も多かったのではないでしょうか。 これを機会に身近な言葉を勉強してみると 会話や文章の力が増えるかもしれませんね。

次の

教える(おしえる)の類語・言い換え

与える 類語

「与える」という言葉は、日常的にも、仕事や公の場でも、使用されることが多い言葉の1つです。 そのため、身近な言葉だと感じている方も、少なくないでしょう。 しかし、「与える」という言葉の類語と言われると、すぐには思いつかない人や、「与える」という言葉が上から目線の言葉なのかどうか聞かれても、よくわからないという人も、少なくないと考えられます。 「与える」という言葉は、上記でも述べたように、身近な言葉であるからこそ、深く理解していない方も多い言葉だと言えるでしょう。 そこで今回は、「与える」という言葉をテーマにして、類語・対義語や熟語、「与える」の使い方などについて、考察・ご紹介していきます。 「与える」の類語 早速、「与える」の類語について、考察していきます。 類語とは、特定の言葉と似ている意味やニュアンスを含んでいる言葉のことです。 ですから、「与える」の類語は、「与える」と似た意味を含んだ言葉ということになります。 類語を学ぶことで、「与える」という言葉の意味や使い方への理解が、深まる可能性もあるでしょう。 また、類語は時に、言い換え表現として使用できる可能性もあります。 そのため、類語を覚えておくと、表現の幅が広がる可能性もあるでしょう。 類語1:譲渡 「与える」という言葉の類語の1つとして、「譲渡」という言葉が挙げられます。 「goo辞書」では、「譲渡」の意味について、以下の引用のように述べています。 引用した内容から、「譲渡」とは、有償・無償に限らず、自分が持っている物や権利などを、他人に譲り渡すことを意味する言葉であると、読み取ることができそうです。 権利・財産、法律上の地位などを、他人にゆずりわたすこと。 有償・無償は問わない。 類語2:贈与 「贈与」という言葉もまた、「与える」の類語の1つだと言えます。 「贈与」がどにような意味を持っており、「与える」の類語と言われているのか、意味をもとに確認していきましょう。 「贈与」の意味について、「goo辞書」では以下の引用のように述べており、「贈与」には2種類の意味があると読み取ることが可能です。 「贈与」の1つ目の意味は、金品を他人に贈ることだとされています。 そして2つ目の意味は、自分の財産を無償で相手に与えることを意思表示し、相手もそれを受諾して成り立つ、契約を意味するものだと言われています。 上記では、「与える」と似ている意味を持つ、類語をご紹介しました。 続いては、類語からは少し離れて、「与える」を使用した熟語やことわざをご紹介していきます。 熟語やことわざを覚えることで、「与える」という言葉への理解や言い回しのバリエーションの幅が、さらに広がる可能性もあるでしょう。 天は二物を与えず 「与える」という言葉や、それに関連する言葉を使用した熟語の1つとして、「天は二物を与えず」ということわざが挙げられます。 「天は二物を与えず」の意味を確認していくにあたり、今回は「故事ことわざ辞典」に掲載されている解説を参考にしていきます。 引用から、「天は二物を与えず」とは、1人の人に対して、神様は良い点や長所をいくつも与えることはないということを、表現することわざだと読み取ることが可能です。 天の神様は一人の人間だけに、いくつもの美点を与えることはしないから、よいところばかり揃った完璧な人間などいない。 異なる二つの天賦の才を持つことは有り得ず、人にはそれぞれに長所も短所もあるということ。 上記では、「与える」の類語をご紹介しました。 続いては、類語とは正反対と言える、「与える」の対義語をご紹介していきます。 対義語とは、「与える」と対称的な意味を持つ言葉だとされています。 対義語を学ぶことで、ボキャブラリーの向上に繋がる可能性もあるので、この機会にぜひ、「与える」の対義語も覚えておきましょう。 奪う 「与える」という言葉の対義語の中でも、最もシンプルかつメジャーな言葉の1つとして、 「奪う」という言葉が挙げられます。 「奪う」の意味については、「weblio辞書」にて、以下の引用のように説明されています。 引用した内容から、「奪う」には、複数の意味が存在していると読み取ることが可能です。 「奪う」という言葉には、他人の所有物を、無理矢理取り上げることや、相手の気持ちを強く引き付けること、スポーツなどの競技で得点などを得ることなどを表現する意味があると言われています。 ㋐ 力ずくで他人のものを自分のものにする。 ㋑ ある人のもっていた権利などを失わせる。 ㋒ ある行為によって相手がそれを持っていない状態にする。 「 ㋓ ある地位にいる人をやめさせ、かわって自分がその地位につく。 気持ちをとらえてしまう。 また、タイトルなどを獲得する。 強奪 「強奪」という言葉もまた、「与える」の対義語の1つだと言えるでしょう。 「goo辞書」では、「強奪」の意味について、以下の引用のように説明しています。 引用の内容から「強奪」とは、暴力などによって、相手から物などを無理矢理奪い取ることを表現する言葉だと、読み取れそうです。 いかがでしたでしょうか。 今回は、「与える」という言葉をテーマにして、同じような意味を持つ類語や熟語、例文や「与える」は上から目線なのかどうか、読み方や対義語などを、考察・ご紹介しました。 「与える」という言葉には、類語や言い換え表現も多く、非常に幅広い使い方ができる言葉でもあります。 会話や文章でも使われることが多く、身近な言葉だと言えそうです。 「与える」という言葉に関連した熟語やことわざなども、多数存在しており、使いこなせれば、便利な言葉だと言えるでしょう。 ですから、この機会にぜひ、「与える」の類語や使い方、対義語や熟語などを覚えておくことをおすすめします。 そして、会話や文章などで、正しく使えるようにしておきましょう。 ドライバーの仕事情報を探す 現在転職先にトラックドライバーを考えている方は豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスへ!.

次の

与えるの類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

与える 類語

「与える」の意味とは? 「与える」の読み方• 「与える」の英語 解釈• 「与える」の対義語• 「与える」の言葉の使い方• 「与える」を使った言葉・慣用句や熟語・関連• 「与える」を使った例文や短文など 意味を解釈• 「与える」の類語や類義表現• 「与える」と「あげる」の違い 「与える」の意味とは? 与えるとは、 「自分の所有しているものを相手に渡し、相手の所有とする」ことです。 こう書くと難しいですが、要は何かを 「あてがう」だと解釈してください。 この言葉は基本的に自分の方が立場が上 もしくは、目上 だという状態で使うものです。 よって、 「ペットにエサを与える」のような使い方になります。 対等の立場では使わない言葉の為、 「友達に本を与える」とは言わず、大勢の人に対して主催者側などの 名目上では上と言える 立場から使う場合もあります。

次の