マジョルカ セビージャ。 サルバ・セビージャ(マジョルカ)プロフィール

【マジョルカ】サルバ・セビージャ vs ビジャレアル ラ・リーガ第29節

マジョルカ セビージャ

レアル・クルブ・デポルティーボ・マヨルカSAD S. (スペイン語: Real Club Deportivo Mallorca, S. バレアレス諸島に本拠地を置くサッカークラブの中でもっとも歴史が古い。 2019-20シーズンはリーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオン(1部)に所属。 RCDマジョルカと表記されることもある。 () 「マジョルカ久保建英」「マジョルカビジャレアル」「マジョルカサルバセビージャ」という言葉が話題です。 久保見てます? 今のところPK1本獲得したり、スルーパス出したりで結構いい感じ マジョルカはラゴと、ロドリゲスがPK決めて2-0でリード中 久保はセビージャおじさんいない方が活きるね笑笑 得点にも期待? — サッカー好きなオッサン sc11mania まじでなんでマジョルカごときに負けたんだよ。 ゆうた?? kusatarou10 2試合連続スタメン。 マイナス方向の報道も出始めてるから、そろそろマジで結果が欲しい。 — らんぷー?? fralamps マジョルカの口コミ.

次の

久保建英が所属するマジョルカが右SB補強。18位からの巻き返しなるか?

マジョルカ セビージャ

マジョルカは21日、ラ・リーガ第18節でセビージャと対戦し、0-2で敗れた。 なお、MF久保建英はフル出場している。 直近4試合を未勝利で17位に位置しているマジョルカ 勝ち点15。 前節、9試合ぶりの黒星を喫した3位・セビージャ(勝ち点31)をホームに迎えたなか、久保は7試合連続のスタメン出場を果たした。 開始早々から、その久保が3分にドリブルからチャンスメイク。 ボックス左外でボールを受けると、対峙したレギロンを抜き去り、ボックス右からグラウンダーのクロスを送る。 これをボックス中央のラゴ・ジュニオールがフリーで合わせたが、枠を外してしまう。 徐々にセビージャの圧が強まると20分、バネガの左CKからボックス中央のジエゴ・カルロスにヘディングシュートを許す。 これが、ゴール左に決まり、先制点を与えてしまう。 久保のドリブルから攻撃を組み立てるマジョルカだが、不運な判定もあり、なかなかアタッキングサードまで持ち込めない。 43分にはバイタルエリア左からルモルが低弾道のクロスを供給すると、ラゴ・ジュニオールがコースを変えて、ブディミルがゴールネットを揺らす。 だが、ビデオ・アシスタント・レフェリー VAR の介入でオフサイドの判定となった。 1点ビハインドで試合を折り返し、前半同様に久保の右サイドから攻撃を仕掛けるマジョルカ。 だが60分、セビージャの攻撃を受けると、イドリス・ババがボックス内でジョルダンの足を踏んでしまい、VAR判定の結果、PKを献上してしまう。 これをバネガに沈められ、2点ビハインドとなった。 苦しい展開となったマジョルカは68分、ボックス左でボールを受けた久保が、対峙したDFの股下を通してマイナスに折り返す。 最後はゴール前でフリーのフラン・ガメスが合わせるも、ミートしきれず。 さらに86分にも久保からのパスを受けたフラン・ガメスがボックス左から右足を振り抜くも、枠を捉えることはできない。 その後もマジョルカは、セビージャに一矢報うこともできず、0-2で敗戦。 5試合未勝利となっている。 今週末はラ・リーガ2部で岡崎慎司のウエスカと香川真司のサラゴサが直接対決! また「スペインサッカー スーペルコパ2020」WOWOWにて独占生中継決定!.

次の

久保マジョルカ、19年最終戦で最悪のセビージャ戦

マジョルカ セビージャ

歴史 [ ] その歴史はのサッカークラブで最も古く、1916年にエンジニアのアドルフォ・バスケスによって設立された。 最初期に使用したスタジアムはブエノス・アイレス Buenos Aires と呼ばれ、同年3月25日にとの間で行われた落成試合は0-8で敗れた。 1931年にに初参戦し、(当時3部)でプレーした。 1945年9月22日には新スタジアムのが落成した。 1959年には(2部)に初昇格し、1年後の1959-60シーズン終了後には(1部)初昇格を決めた。 1970年代半ばまではプリメーラ・ディビシオンとセグンダ・ディビシオンを行ったり来たりしたが、1970年代後半にはテルセーラ・ディビシオンや(現3部)に低迷した。 1980年代半ば以降は再びプリメーラ・ディビシオンやセグンダ・ディビシオンに定着し、1990-91シーズンのでは過去最高の準優勝という成績を残した。 1980年代後半や2000年代前半に在籍したはクラブ史上最多の255試合に出場している。 クラブの黄金期 [ ] 1996-97シーズンのセグンダ・ディビシオンを3位で終えてプリメーラ・ディビシオンに昇格すると、1997-98シーズンはコパ・デル・レイで準優勝、リーグ戦で5位となった。 1998年夏にはで優勝し、クラブ初となる主要なタイトルを獲得した。 監督が率いた1998-99シーズンはGKがを獲得するなど堅固な守備でリーグ戦3位となり、ではオランダのやクロアチアのやイングランドのなどを破って決勝に進出したが、決勝でイタリアのに1-2で敗れて優勝はならなかった。 以後はプリメーラ・ディビシオンの中位に定着し、2000-01シーズンは61得点でリーグ戦3位となった。 監督が率いた2002-03シーズンのコパ・デル・レイでは5シーズンぶりに決勝に進出して、で行われた決勝でに3-0で勝利し、スーペルコパや下部リーグでの優勝を除けばクラブ初となるタイトルを獲得した。 2004年夏にエースFWをに売却したため、2004-05シーズンは序盤から低迷し、セグンダ・ディビシオン降格の危機に瀕していた。 監督を解任し、クーペル監督にバトンタッチしたが、終盤戦まで降格圏内をさまよい続けた。 しかし、シーズン最終盤に驚異的なペースで勝ち点を積み上げ、最終節でプリメーラ残留を決めた。 この快挙をマヨルカ地元新聞紙は「マヨルカの奇跡」として称えた。 2005-06シーズンは序盤から失点を重ね、4勝7分12敗と降格が濃厚となったところでクーペル監督が辞任した。 後任のマンサーノ監督は6勝6分3敗と持ち直し、13位で残留を決めた。 2006-07シーズンはMFなどが仕掛けるサイド攻撃がはまり、12位で余裕の残留を果たした。 2007-08シーズンはDF、MFなどの新戦力が活躍したが、特にからやってきたFWは26節からの13試合で16得点と爆発してリーグ得点王()のタイトルを獲得。 チーム全体ではリーグ4位の69得点を記録し、出場権獲得にあと一歩に迫る7位に躍進した。 しかし、11月にはデヴィッドソンが資金不足から取引を完了させることができないことが明らかにされ、彼のクラブへの興味が売名以上のものかどうか疑問が持たれた。 同2008年夏にはグイサやMFなど主力を何人も売却したため、2009年2月にはリーグ最下位に低迷。 2009年1月15日、実業家のマテオ・アレマニーがマルティ=ミンガーロ一家から3年ぶりにクラブの経営権を取得すると 、頼れるベテランGKを獲得するなど、内外でポジティブなチーム作りを進め、後半戦19試合を11勝4分4敗と立て直し、13シーズン連続での残留を決めた。 2009-10シーズンはリーグ戦5位で出場権を獲得し、コパ・デル・レイでも3シーズン連続での準々決勝進出を果たした。 2010年5月下旬、RCDマヨルカは経営破綻を宣言し、4250万ポンドから5130万ポンドと見積もられる借入金の管理は必然的に裁判所の下に置かれた。 7月9日、かつての監督やプロテニス選手でマヨルカ出身のなどを含む団体がクラブの経営権を取得した。 しかし、クラブの不安定な財政状況を確認した UEFA は2010年7月22日、RCDマヨルカがUEFA主催の大会に出場する権利を剥奪し、UEFAヨーロッパリーグはに譲渡された。 ピッチ外でのごたごたや財政難にもかかわらず、監督に率いられた2010-11シーズンは安定した戦いで14シーズン連続のプリメーラ・ディビシオン残留を決めた。 しかし、2012-13シーズンに18位に終わり、2部降格。 その後は下部リーグでの闘いが続き、2016年1月、元プレイヤーのとオーナーのロバート・サーバーによって買収された。 だがその後も低迷は続き、2016-17シーズンには2部で20位に沈み1980-81シーズン以来となる(3部)降格が決定。 2017-18シーズンに1年で2部復帰を決めると、2018-19シーズンにとの1部昇格プレーオフを制し、2年連続昇格で7年ぶりにリーガ復帰を果たした。 クラブ名 [ ] 1916年の創設時はスペイン国王のに因んで フンタ・ディレクティーバ・デル・アルフォンソ13世FCB Junta Directiva del Alfonso XIII FBC と命名されたが、1917年には レアル・ソシエダ・アルフォンソ13世 Real Sociedad Alfonso XIII とクラブ名を変え、この名称は1931年に政治的な理由で クルブ・デポルティーボ・マヨルカ Club Deportivo Mallorca に改名するまで続いた。 1949年には国王の庇護を受けてクラブ名にレアル Real の単語が冠され、現在の レアル・クルブ・デポルティーボ・マヨルカ(RCDマヨルカ)となった。 ユニフォームの変遷 [ ] 2012- タイトル [ ] 国内タイトル [ ]• 優勝 : 1回 2002-03• 優勝 : 1回 1998• 優勝 : 2回 1959-60, 1964-65• 優勝 : 1回 1980-81 記録 [ ] クラブ [ ]• プリメーラ・ディビシオンでの最高位: 3位(1998-99シーズン、2000-01シーズン)• プリメーラ・ディビシオンでの最大得点差勝利: 7—1(2008年3月9日、ホームでの戦)• プリメーラ・ディビシオンでの最大得点差敗北: 7—0(1988年2月7日、アウェーでの戦)• 試合開始からの最短得点: 22秒 - (1999年2月21日、戦)• 1シーズン最多得点: 61得点(2000-01シーズン) 個人 [ ]• 通算最多出場: (255試合)• プリメーラ・ディビシオンでの通算最多得点: (54得点)• プリメーラ・ディビシオンでの1シーズン最多得点: - (27得点、2007-08シーズン) ピチーチ賞• 2007-08シーズン — 27得点 サモラ賞• 1998-99シーズン — 35試合29失点、失点率0. 83 過去の成績 [ ] シーズン ディビジョン 順位 1931-32 4位 1932-33 地域リーグ — 1933-34 地域リーグ — 1934-35 地域リーグ — 1935-36 地域リーグ — 1939-40 7位 1940-41 地域リーグ — 1941-42 地域リーグ — 1942-43 地域リーグ — 1943-44 1位 1944-45 11位 1945-46 8位 1946-47 5位 1947-48 13位 1948-49 3位 1949-50 11位 1950-51 12位 1951-52 6位 1952-53 8位 1953-54 16位 シーズン ディビジョン 順位 1954-55 1位 1955-56 2位 1956-57 1位 1957-58 1位 1958-59 1位 1959-60 1位 1960-61 9位 1961-62 11位 1962-63 13位 1963-64 3位 1964-65 1位 1965-66 15位 1966-67 5位 1967-68 4位 1968-69 3位 1969-70 15位 1970-71 9位 1971-72 12位 1972-73 10位 1973-74 11位 シーズン ディビジョン 順位 1974-75 17位 1975-76 9位 1976-77 3位 1977-78 18位 1978-79 13位 1979-80 1位 1980-81 1位 1981-82 6位 1982-83 3位 1983-84 17位 1984-85 7位 1985-86 3位 1986-87 6位 1987-88 18位 1988-89 4位 1989-90 10位 1990-91 15位 1991-92 20位 1992-93 4位 1993-94 5位 シーズン ディビジョン 順位 1994-95 12位 準々決勝敗退 1995-96 3位 2回戦敗退 1996-97 3位 2回戦敗退 1997-98 5位 準優勝 1998-99 3位 準々決勝敗退 1999-00 10位 2回戦敗退 2000-01 3位 準々決勝敗退 2001-02 16位 ラウンド16 2002-03 9位 優勝 2003-04 11位 3回戦敗退 2004-05 17位 3回戦敗退 2005-06 13位 3回戦敗退 2006-07 12位 ラウンド16 2007-08 7位 準々決勝敗退 2008-09 9位 準決勝敗退 2009-10 5位 準々決勝敗退 2010-11 17位 ラウンド16 2011-12 8位 準々決勝敗退 2012-13 18位 ラウンド16 2013-14 17位 2回戦敗退 シーズン ディビジョン 順位 2014-15 16位 2回戦敗退 2015-16 17位 2回戦敗退 2016-17 20位 3回戦敗退 2017-18 1位 2回戦敗退 2018-19 5位 ラウンド32 2019-20 位• 28シーズン -• 36シーズン -• 3シーズン -• 12シーズン -• 7シーズン - 地域リーグ 現所属メンバー [ ] 2020年6月16日現在 No. Pos. Pos. 歴代監督 [ ] 年 名前 2000-2001 2001 2001-2002 2002 2002-2003 2003 2003 暫定 2003-2004 2004 2004 暫定 2004-2006 2006-2010 2010-2011 2011 暫定 2011-2013 2013 2013-2014 2014 2014 暫定 2014 2014-2015 2015 2015 2015-2016 2016-2017 2017- 歴代所属選手 [ ] 詳細は「」を参照 GK [ ]• 1975-1976• 1991-1993• 1997-2002• 1999-2004• 2004-2005• 2004-2009• 2007-2011 DF [ ]• 1986-1991、1999-2005• 1997-1998• 1998-2000• 2005• 2005-2008• 2007-2008• 2008-2010• 2008-2011• 2019- MF [ ]• 1992-1995• 1995-1996• 1996-1997• 1997-1998• 1998-2003、2006-2008• 2000-2001、2003-2004• 2003-2004• 2004-2009• 2005-2006• 2005-2006• 2005-2008• 2006-2008• 2008-2009• 2010-2011• 2011. 1-2014. 2013-14、2014-15 FW [ ]• 1996-1997• 1997-1999、2000-2002• 1998• 1999-2000、2006-2007• 1999-2002、2007-2008• 2000-2004• 2004-2005• 2004-2005• 2005-2006• 2006-2007• 2008-2010• 2011-2014• 2019-• 2019- 脚注 [ ]• BBC Sport. 2008年7月22日. Diario AS 2009年1月15日. 2011年5月13日閲覧。 RCD マヨルカ公式サイト、2010年5月25日• RCDマヨルカ公式サイト、2010年6月28日• Hunter, Graham 2010年9月9日. ESPN. 2010年12月21日閲覧。 RCDマヨルカ公式サイト、2010年7月9日• UEFA. com 2010年7月22日. 2011年11月24日閲覧。 SPORTING NEWS 2019年8月30日. 2016年1月6日閲覧。 Qoly 2019年8月30日. 2017年6月5日閲覧。 超ワールドサッカー 2019年6月24日. 2019年6月24日閲覧。 外部リンク [ ]• (スペイン語) (カタルーニャ語)• (スペイン語)•

次の