かくしごと 最終回。 「かくしごと」未来編のあらすじネタバレ!最終回・結末で可久士は死亡するかについても

【漫画】かくしごと最終回12巻ネタバレやお得に読む方法

かくしごと 最終回

姫は隠し子って台詞にはかなり驚いた…!来週最終回!どんな結末になるのか凄く楽しみです!! — PN. 18歳編のみとなった最終回は鎌倉の家でのある人物の登場から始まります。 かくしごと最終回12話の感想 姫ちゃんが書いてた漫画、アニメOPの構図に似てるやん!!!! — Gou 趣味垢 Gou051225 今回は、今まで引っ張ってきたことの総ネタばらしという感じで、怒涛の展開だったような気がします。 まずは、ずっと謎だったかくしのその後が意外すぎました。 行方不明の奥さんを探しているというのが美談になり、ギャグを書いても笑ってもらえなくなって、漫画家をやめたというのは、皮肉だなと思いました。 最終回本当に良かったです! 記憶が戻る所は感動しました。 — 白竜 玄都 NfyOyHPbn2UqJEI そして、漫画家を辞めて、違う仕事につき、そこで漫画の雪崩に押しつぶされて、意識不明の状態になっているというのは、奇想天外すぎると思いました。 しかし、最悪亡くなっているかなと思っていたので、生きていて本当に良かったと思いました。 そして、かくしが奇跡的に意識を取り戻しますが、記憶喪失ということで、姫ちゃんにも気づかないというのは驚きの展開だと思いました。 かくしにそっけない態度で「君は誰」と言われるのは、相当つらかっただろうなと思いました。 しかしその後、姫ちゃんの作戦で記憶を取り戻すことが出来て、本当に良かったです。 記憶が戻った時のかくしの慌てぶりが最高だと思いました。 そして、最終回で終わってしまったのが、何より悲しいです。 出来れば姫ちゃんも漫画家という設定で、お互いに隠し事があるという設定の続編が見たいと思いました。 かくしごと最終回最終回12話まとめ 12話 終 不穏な伏線を重ねてきた未来part、全てが明らかになる最終話 姫が走り父の記憶を取り戻しにいくシーンに思わず涙😢 再びペンを握り思い出した描く楽しさ。 もうかくしごとではないけれど、きっと大丈夫 『お父さん 私18歳になりました! 』夢を持ち目が輝く姫。 最高のHappy End! 目上の人よりは突然でも異母弟の方が姫としても話しやすかったのはあると思います。 漫画家を辞めてからの可久士がどう過ごしていたのかもはっきりと解明されぼやけた内容だった18歳編はここでようやくつながります。 姫の小学生時代からの友人達が心配で見守ってくれていたのも心温まる展開です。 意識不明の状態から可久士が目を覚ましそこからの流れはギャグテイストが混じっていましたが、目が離せない内容となりました。 姫の事を溺愛する父の姿は変わりないのですが、なんとも微妙な雰囲気にもどかしさを感じました。 ただ歳月は流れましたが、以前と変わらない人間関係にはほっこりします。 12話 終 ここまでの全伏線を回収、怒涛の展開だった💦 最後だけシリアス全振りで、異様さがより引き立つ かくしごとから明かされる父の想い、姫の行動 漫画から当時の思い出が甦る場面に感動😢 何はともあれ、姫ちゃんが幸せなのが何より😊 親子愛、仕事愛に溢れるいい作品でした👍 — イタッチ アニメ itacchi11 アシスタント達はなんだかんだで可久士のことを尊敬していたのが分かった事は良かったです。 そして姫と彼女の友人達との作戦が見事に嵌った時のシーンはこのアニメの最高のシーンとなりました。 もっと混乱するかと思いましたが目の前の事実を自然と可久士が受け入れた事でこの作品はうまく完結できました。 10歳編と18歳編の仕掛けが、すごく感動を呼ぶ流れになるとは全く予想していませんでしたがすごく見事な作りです。 全編を通しての完成度の高さも相まってもう一度始めから見たくなるような作品だと感じます。 かくしごと最終回まとめ かくしごと最終話、アニメで久しぶりに泣いた…… — まりこ marimaliko かくしごと最終回良かったですね。 かくしごとをを見逃した場合は、こちらで無料で動画視聴することが出来ます。

次の

アニメ『かくしごと』第12号(最終回)「ひめごと」感想・作品情報│Hi.アニ!

かくしごと 最終回

2020年4月より放送されたアニメ『かくしごと』が最終回を迎えた。 いままでのコミカルなテイストとは裏腹なしっとりとしたラストに、視聴者からは「感動した」「泣いてしまった」などの声が溢れている。 なぜ、最終回で多くのファンの感動を呼び反響になったのか。 いま一度作品の魅力である父娘愛やコメディ要素、アニメ制作にあたって盛り込まれた工夫、そして原作者について迫ってみた。 作者は『さよなら絶望先生』、『かってに改蔵』などでも知られている久米田康治だ。 物語の主人公、ちょっと下品なマンガを描いているマンガ家・後藤可久士は、一人娘の小学4年生の姫に自分の仕事を隠していた。 登場人物の名前も、「後藤可久士(隠しごと)」「後藤姫(秘めごと)」など、ほぼダジャレになっている。 元々の作品を描くきっかけは編集からの「マンガ家もの」の提案だった。 だが、同誌ではすでに「マンガ家もの」の作品がヒットしてたことや、自身のマンガ家としての熱いエピソードがなかったため「自分にとってマンガ家は隠すもの」と答えたところ、「じゃあそれで」と決定したという。 可久士のモデルは、同じく過去に下ネタマンガ家として定着していた作者自身のように見えるが、共通するのはその点のみで性格は真逆だと語っている。 漫豪「不二多勝日郎」など実在しそうなマンガ家も登場するほか、「〆切前の現実逃避で餃子をつくる」「マンガ家は休みに必ず風邪を引く」など現場のリアリティが伝わってくるエピソードは、読み手側からするとなかなか興味深いものだ。 姫は犬を飼いたいとねだったり、家が貧乏だと思い込み節約してみたりと、等身大の小学生として映し出されている。 純粋無垢な彼女の行動を見ていると、「こんなことを不思議に思ったり考えたりしたときもあったなぁ」と懐かしい気持ちを思い出してしまう。 また、縁側で並んで歯磨きをしたり、2人で誕生日をお祝いしたりして、父と仲良く過ごしている姿も微笑ましい。 最終話では、18歳に成長した姫を中心に展開。 同時に、可久士は意識を失い入院していた。 意識を取り戻すも記憶喪失状態で、いつもとは違うシリアスな展開に、視聴者もこれまでとのギャップに驚いたことだろう。 姫が成長した話は、原作コミックスではカラー8ページにわたって毎回描き下ろしで追加されていたもの。 アニメでは第1話より18歳の姫がちらちらと登場しながら伏線も散りばめられており、最後は伏線が回収され感動の大団円で幕を閉じた。 なお、前述の『さよなら絶望先生』、『かってに改蔵』などのラストでも「隠された事実」が明かされ、ギャグマンガでありながら秀逸な展開を迎えた共通点がある。 監督は、自身も小学生の頃から久米田先生のファンである村野佑太が務めた。 可久士を演じたのは、『さよなら絶望先生』で主人公・糸色望を演じた神谷だ。 久米田作品を知り尽くしていることもあり、一度は製作委員会で名前が挙がったものの、村野監督はそういった理由で決めることに抵抗を感じ、「神谷さんに対しても失礼ではないか」と考えてオーディションをする運びとなった。 その結果あらためて神谷が選ばれ、監督は「神谷さんが完璧に自分の中の可久士像を捉えてくださった」と話している。 一方、娘の姫役も10歳と18歳を演じ分けなければいけない難しい役どころ。 姫役を演じることになった高橋は、ときにかわいく、ときに大人っぽく見事な演じ分けを披露した。 そのほかにも、キャラクターデザインや美術などのスタッフについては、「久米田先生の世界観を忠実に再現することに意欲を持てる人」、音響やシリーズ構成に対しては、「ギャグを上品にまとめあげられる構成力を持っていること」が求められ、そうした素養のあるクリエイター陣が集結。 また、作品の大きなポイントになる楽曲。 OPテーマはflumpoolによる「ちいさな日々」。 爽やかに歌い上げられた楽曲に対して、久米田作品のイメージとのギャップを感じた視聴者も多かったのではないだろうか。 だが、映像は「久米田先生らしさ」を意識してつくられており、原作を読んでいるような構図が取り入れられている。 EDテーマは80年代にリリースされた名曲「君は天然色」を大滝詠一の原曲そのままに使用。 映像はコミックスの表紙のタッチに似た80年代アートのようなコントラスト高めの配色で鮮やかに仕上げられている。 第1話放送時には、曲が懐かしいという声のほか、映像がきれいなどと評判になった。 ギャグとシリアスがとてもいい塩梅で、そして畳み掛けるように訪れるラストの見せ方には、多くの視聴者が深く印象を残されたことだろう。 アニメ化決定当初、久米田先生から「僕の最後のアニメ化作品になると思う」とコメントされていたが、ぜひ次なる作品を隠していることを期待したい。 (C)久米田康治・講談社/かくしごと製作委員会 アニメ!アニメ! 木路辺 柊.

次の

【かくしごと】最終回はいつ?アニメと漫画は、同時完結なの?

かくしごと 最終回

アニメ「かくしごと」とは? 「かくしごと」は 「さよなら絶望先生」で有名な 久米田康治先生による漫画作品です。 2015年から月刊少年マガジンによって連載されています。 娘の 後藤姫に漫画家であることを隠す父親の 後藤可久士が、娘との日常や漫画家のネタを交えたハートフルコメディです。 ただのギャグ漫画だと思いきや、この「隠し事」は 「未来編」によってとても惹きつけられる作品となっています。 未来編は、姫が 10才で可久士が漫画家というのを隠している時の話ではなく、 姫が 18才になった時の話です。 未来編では父親の後藤先生の姿が消え不穏な雰囲気が醸し出されていた。 8年の歳月の間に先生の身に一体何が起きてしまったのか、最終話までいいようにジラされヤキモキさせられたわ。 ストーリー展開があまりに秀逸!! 姫はなんで隠してたんだろう?と思います。 羅砂は、後藤先生は自分が世界一読者に嫌われているって思ってた節があったけど 何か決定的に否定されたトラウマがあるんじゃないのかなと言います。 姫もお父さんは読者に嫌われてたのかな?と思うとたくさんの手紙を見つけます。 それを見ると 後藤先生頑張ってくださいと書かれたファンレターがたくさんありました。 姫は案外愛されてたんじゃんと思います。 そして姫は鎌倉の家で隠し事を知ったけど、あることに気づきます。 それは、 本当は父親が隠していたのではなく、私が知ろうとしていなかったんだと。 多分知るのが怖かった、父の仕事を知ることで他の知りたくないこともいっぱい知ってしまい父との幸せな生活が壊れてしまうと思ったようです。 一方、姫の近くには、仲が良かった 同級生3人も来ていました。 そして姫を心配していました。 そして姫は家の中の押入れを開けると、そこには 17才から20才までの箱があり、中目黒の家の箱の続きがありました。 もしそうじゃないとしたら17才箱が未開封で17才で鎌倉に来てもらうのが18才にずれたことを踏まえると17才までは可久士は姫と一緒だったのかな。 しかも、 記憶喪失(姫ちゃんが10歳の頃のに戻っている)で18歳の姫ちゃんが「誰なのかわからない」 ストーリーとしてとても高評価でした。 ただ母が姫ちゃんに残した歳の箱の経緯で、母は海難事故で死んだと伏線回収しています。 でもやはり死期を悟った母が娘に残した箱であって欲しかったなと少し残念でした… が、まぁそれを差し引いても、良作なのは間違いないですし、またおススメできる作品が一つ増えました。 【すごく綺麗なアニメでした】 ハズレの無い久米田作品。 今作も終始綺麗で清らかなアニメに仕上がっていた。 (言うて自分は久米田先生の漫画は数作しか見たことないけど) 作画・演出も原作者の雰囲気を完全に再現するハイクオリティな出来映えに。 ただ、あまりに綺麗すぎて何か物足りない気がしたので判定としては名作一歩手前くらいに留めておく。 第11話まで視聴した時点ではてっきり結末は原作で(もしくは2期で)ってオチかと思っていたのに、これはまさかの嬉しい誤算 😛 詳しい内容はここには書かないけれど、最終話は非常に秀逸なシナリオだった。 終わりよければすべて良しというが今作もまさにそんな感じ。 前期アニメが良かったので「かくしごと」原作コミックを既刊分11巻全購入しましたw 7巻辺りからアニメ未放送の話が多くなります。 原作はまだ最終回を迎えてないのでアニメと変えて来るかも気になります。 キャラでは姫ちゃんが大好きですが他に羅砂ちゃんも好きなので羅砂ちゃんのドギツイ一言を1つw — KEITEL KEITEL1234 『かくしごと』 各話毎のタイトルも面白くて いぬほしき・いぬやしき やりくりサーカス・からくりサーカス 最終回平気彼女・最終兵器彼女 とか色々他作品をもじったタイトルなんだよね。 やりくりサーカスに関しては漫豪こと藤田先生も勝日郎として登場するし。 遊び心がとってもいい。 — ヤサイマン aninekoyasai アニメ「かくしごと」を観了。 原作を読んだ後と思ったが間に合わないため、アニメの感想のみ。 脇キャラまで丁寧に拾いあげ、しかも的のシンを貫いた最終回は充実していた。 立体的構成演出(独善的造語です、失礼)が、久米田作品のエンタメ性を強調する。 それにしても打切り誤解の回は身につまされた! — 辻 真先 mtsujiji 「かくしごと」連載最終回を読了。 アニメでは描かれなかったお母さん関連をアニメのED曲を絡めつつ本編モノクロの日本の漫画ならではの手法で描いたエピローグが素晴らしかったです。 これまでのコミックス表紙への意味付けも泣けました。 お父さんの記憶が7年前に戻ったことに衝撃を受けましたが、それと同時にその頃が1番楽しかった時期という表れでもあって少し安心しました。 ラストの記憶が戻った瞬間に主題歌が流れる展開はベタでありながらも1番感動しました。 アニラジも計画していたそうですが、コロナの影響で実施が難しくなり今回の YouTubeにて「カクシゴトーク」をアップしてくれています。 「かくしごと」最終回 後藤かくし・姫の父娘愛コメディ 感動の結末【アニメ】 まとめ マンガ連載終了とアニメ最終回の時期をきちんと合わせた今作品「かくしごと」。 第二期希望!!と様々なコメントが挙がっていますが、作者のコメントからそれはなさそう・・・。 しかし、ちょっとした希望ががあります。 「カクシゴトーク」で 主役を演じていた神谷さんが 今回の作品のクオリティーを絶賛!特に最終回のストーリー展開とマンガ連載の最終話から 「ひめごと」で次作作れそうな予感 と太鼓判を押していたのが印象的でした!.

次の