三月の転校生 ニコラ。 ニコプチ卒業生の進路予想

About

三月の転校生 ニコラ

ふりがな きよはら かや 生年月日 2002年1月30日 出身 大阪府 所属事務所 アミューズ ニコモになった経緯 顔みせ 加入学年 中2 加入時身長 158cm 初登場 2015年4月号 初表紙 2016年10月号 特記事項 ・ニコモになる前年、2014年に実施された「アミューズ オーディションフェス2014」の俳優・モデル部門に応募。 グランプリを獲得し芸能デビュー。 それまでは一般人 ・最初のお仕事は、グランプリ受賞の特典である「レピピのWEBモデル」。 のちにレピピのイメモになるのも何かの縁 ・編集部顔みせにより、2015年4月号からニコラ専属モデル。 中2直前の加入というのは、比較的遅いケース ・後発加入ながら、他の同学年モの低迷も手伝い、グングン人気が上昇し、2016年度のニコラ 副部長に就任。 プロダクション組による副部長就任は、2014年度の以来で、3年ぶり2人目 ・2016年度 レピピイメモ ・後輩モから、初対面のとき「カヤさんって顔が金魚に似てますね!」と満面の笑みで言われ、ちょっと傷つく ・ユニット「カヤヒナ」として、と仲良し ・2018年5月号をもってニコラ卒業。 最終的な表紙回数は7回。 うちピンは1回 ・2018年9月号よりセブンティーン専属モデル。 ニコラ副部長経験者によるST行きは、前年のに続き2年連続。 レピピイメモのニコラ行きは、、久間田に続き3年連続 ・なお、清原といえは「 ムービー事件」。 ネット検索で「清原果耶」と入れると、即座にその連想語として「もしかしてムービー事件?」と表示されるように、当時のニコ読の誰もが知る事件である。 では、いったいどんな事件であり、清原はどんな役割を果たしたのか。 以下、詳解する ムービー事件とは? ・ムービー事件とは、清原と香音との不仲が垣間見える動画が、公式サイトに掲載されたとされる事件であが、結論から言って、事件自体は完全なデマと断言できる。 まずは、一連の当該動画の流れを追ってみる 1 オフショット動画の撮影として、清原が久間田と香音にカメラを向ける 2 清原が久間田に何をしてるのか尋ねる 3 久間田は、読者プレゼント用の私物を選定しているところだと説明する 4 ここで、積極的にカメラ対応している久間田を残し、香音は後ずさりするように一歩下がりカメラから消える 5 これに入れ替わるように、鈴木が画面に入ってきて、それまで香音がいた場所で作業を始める 6 久間田が鈴木に話しかけ、仲良くコントのようなやりとりを始める 7 その後、鈴木が「みんなも?」と言って、清原にカメラを渡すよう要求する 8 すると、香音が画面外から声だけで「いやいや」と言って遠慮し、これにカメラを持つ清原も続いて「全く」と、鈴木の申し出を辞退する 9 それでも鈴木は、「カノンも?」と香音を、無理矢理カメラの前に呼ぼうとする 10 しかし、その後も香音がカメラに入り込むことは無く、そのまま清原が「ミウリン先輩でした~、バイバーイ」と、不自然なくらい突然に場を締める というのが一部始終である ・鈴木は、カメラから消えた香音に気を使って、香音にも映るよう促しつつ、同時に、引っ込み思案な後輩(清原&香音ほかその場にいた中学生メンバー)に対し「次はアンタらが何かしてみ」と要求したと解釈できる ・対して清原は、何度もカメラ対応を拒否してる香音が明らかに消極的な点、また、他の年下のニコモも遠慮してる空気だったので、逆に気を使って打ち切ったと解釈できる ・ようするに、清原は香音を嫌っている、無視しているなどという、一部ニコ読や「知ったか芸能ライター」の思い込みとは真逆で、真相はといえば、動画撮影に乗り気でない香音を慮って、あえて撮影を打ち切ったといえ、まさに 清原による香音への思いやりなのである スポンサーリンク.

次の

清原果耶

三月の転校生 ニコラ

で、小学生雑誌のモデルを卒業後、次は、中学生雑誌へと移籍するのが出世コース。 ということで、毎年この時期、それらニコプチ卒業生の中から、誰がニコラへ行くか、そして誰がピチレに来るかといった進路について、注目が集まることになります。 そこで今日は、過去の移籍データを基に、今年のニコプチ卒業生7人について、三月の転校生独自の視点から、ズバリ移籍先の予想をやってみたいと思います。 かなり長文となりますが、ピチ読の人はもちろん、ニコラ読者の人も、春休みだし、ぜひぜひじっくり読んでみてください。 ニコプチとは、中学生雑誌ニコラの姉妹誌で、ニコラと同じ 新潮社が発行する、小学生向けファッション誌。 創刊は2006年ということで、比較的新しい雑誌ではありますが、発行部数は早くも13万部前後で安定的に推移超しており、数字的には ピチレモンを上回っていることから、その人気の高さが分かります。 創刊時のニコプチは、季刊誌で、春号・夏号・秋号・冬号の年4回発行だったところ、2007年より隔月化。 現在も、2月号、4月号、6月号、8月号、10月号、12月号と、偶数月に年6回発行されています。 その理由は、専属モデルの卒業後の進路にあります。 モデルたちは、それぞれ新中2となる6月号にて、一斉に卒業となるわけでが、この時期は、まさにちょうどニコラをはじめとする中学生雑誌へと移籍するピッタリのシーズン。 実際、ニコプチで、数年間の専属モデル経験があれば、新しい雑誌でもすぐに活躍できる上、知名度やニコプチ時代のファンもいるわけで、各中学生雑誌の編集部としても、とにかく使いやすいわけです。 また、なによりその中学生雑誌で活躍できれば、モデル本人の将来にもつながります。 というわけでニコプチは、以下の一覧表の通り、初代の卒業生を送り出した2008年以来、一貫して毎年2人〜4人を中学生雑誌へと移籍させています。 となると、私たち中学生雑誌の読者としては、もう確実に卒業生の誰かが入って来るというのであれば、今年は誰が来るか、誰に来て欲しいか注目ぜずにはいられないわけです。 第1期卒業生となる2008年以降、中学生雑誌へ移籍した全員分について、その年次別に「所属事務所」と「移籍先誌名」をまとめてあります。 姉妹誌のニコラは、「毎年必ず1人だけ採用」というパターンを、キレイに守っています。 これまでの卒業生が5世代ですので、引き受けたのはそのまま5人となります。 一方の他誌勢はどうでしょうか。 初期は ラブベリーと ハナチューが交互に1人ずつ引き受けているのに対し、後期は、両誌が休刊したことで情勢は一変。 代わって、ピチレが参入し、まとめて数人を引き受けるようになりました。 さらには、休刊した両誌が取った井之上史織ちゃん&森高愛ちゃんまでも、その後ピチレが引き取ったため、ますます卒業生のピチレ率が上昇し、現在では、一気にニコラと同数の5人にまでなりました。 なお、西野実見ちゃん&三吉彩花ちゃんの、セブンティーン移籍組に関しては、正式に「 ミスセブンティーン2010」オーディションを経てのものであり、顔みせによる移籍や、事務所による斡旋ではありません。 まず、「ニコラにエースが行く」というウワサの検証です。 確かに、姉妹誌であるニコラに、毎年エース級が行ってはいますが、必ずしもそれが各期のナンバーワンというわけではありません。 直近2012年では、卒業特集の集合写真でセンター、かつ、特集の1ページ目に掲載されたのは、田尻あやめちゃんでした。 あやめちゃんは通算表紙回数も同期1位であり、沖縄ロケも経験。 人気も実績も、確実に2012年卒業組のトップでした。 また、2010年卒業組を見ても、エースは セブンティーンに受かった2人、実見ちゃん&彩花ちゃんのツートップということになります。 こうしてみると、ニコラには、確実に同期の上位が行きますが、それが必ずエースであり、同期ナンバーワンであるとは限らないということです。 とくに、ニコラ移籍組について注目して、縦に見ていくと、すごく面白いことが分かります。 初代伊藤夏帆ちゃんがスターダスト。 2期 中島愛蘭ちゃんがエイベックス。 3期奏音ちゃんがスターダスト。 4期飯豊まりえちゃんがエイベックス。 そして5期澤田汐音ちゃんがスターダスト。 もう、一見して気づくとおり、キレイに「スターダスト&エイベックス」の交互採用になっているのです。 そう考えると、2012年で当時のエースあやめちゃん(ヴィジョン所属)が、ニコラではなく、ピチレに来た理由も、なんとなく見えてくるのではないでしょうか。 ちなみに、このパターンが今年も踏襲されるとすると、まさに予想する上で、最大の重要ポイントとなります。 ズバリ今年は、エイベックス所属の卒業生がニコラに行く番なのです。 このことは、専属モデル発表の時期からも明らかです。 2012年、汐音ちゃんのニコラ移籍が発表されたのは、なんと卒業号であるニコプチ6月号の誌上にて。 卒業特集の中で「6月1日発売のニコラに登場します」とアナウンス。 で、その通り、さっそくニコラ7月号から、新 ニコモとして登場しました。 対してピチレは、あやめちゃん&五十嵐ありさちゃんともども、ニコプチ卒業号での移籍発表は一切ありませんでした。 そして、汐音ちゃんのニコラ登場から1ヶ月遅れで、同年8月号のピチレが初登場となりました。 ちなみに、あやめちゃんは、3月にあった最後のニコプチ撮影から、ピチレ決定までの2ヶ月ちょっとの空白期間について、自身のオフィシャルブログにて「ニコプチを卒業して次の雑誌が決まるか不安な時もありました…」と心境を語っています。 さらに、もっと顕著なのが2011年。 卒業発表号のニコプチが4月22日発売のところ、なんと飯豊まりえちゃんは、直後の4月30日発売されたニコラ6月号に、そのまま初登場しています。 実に、その間隔は8日間。 まさにニコラへ直行・直通といえます。 もちろん、ほぼ同時期に両誌の撮影をしていたのはいうまでもありません。 対して、2011年のピチレ移籍組は関紫優ちゃんなわけですが、こちらは、8月1日発売の9月号から初登場。 その間隔は、4ヶ月弱といったところです。 まりえちゃんの8日と比べ、いかに長いか分かります。 以上をまとめると、まずは優先枠としてニコラが1枠、選り取り見取り選んだ後、ちょっと言葉は悪いですが、ピチレは、その「残り物」から選ぶ格好。 もちろん、エースが残っていれば、迷わず取るといった感じです。 なおその際、ヴィジョンやアミューズ、 インセントなどなど、これまで1人もピチモ実績のない事務所からも積極的に採用しているように、ピチレはニコラと違って事務所にこだわりがないのもポイントです。 いったい今年は誰がニコラに行くか、誰がピチレに来るか、実際に予想していきます。 そこで作ってみたのが、第6期となる今年のニコプチ卒業生7人の一覧表です。 ポイントとなる「表紙実績」「事務所」「身長」などがまとめてあります。 以下、ニコラとピチレのケースにつき、この表を基に詳しく検討します。 - モデル名 表紙経験 所属事務所 身長 モデル外の活動• ピチレやニコラへ移籍するためには、あるていどの人気&実績&事務所の力が必要です。 具体的には、上記項目中の「表紙実績」と「事務所」と「モデル外活動」。 少なくとも、これら条件を満たしていない場合、予想の対象から外します。 ということで、表紙経験のある阿部紗英ちゃん&永野芽郁ちゃん&金泉杏美ちゃんに加え、表紙経験は無いものの、「天てれ」の田代ひかりちゃん、さらには、エイベックスの戸川栞那ちゃんまで、この5人を対象に予想をしてみます。 そして、「エイベックス&スターダスト交互の原則」から行くと、今年はエイベックスの番となります。 また、エースもしくは2番手であることも必須です。 さらには、ある程度の身長もあったほうがいいでしょう。 そう考えると、事務所の面からは栞那ちゃんなんですが、過去、表紙経験ゼロの卒業生をニコラが取った実績はありません。 いくらエイベックス所属といっても、さすがにちょっと厳しいといえそうです。 そこでやっぱり、伝統的にエース、もしくは2番手が来ると考えるのが自然なところ。 ここは順当に、紗英ちゃん&芽郁ちゃんの2人を予想しみます。 ただし、芽郁ちゃんだとすると、去年の汐音ちゃんと同事務所となり、スターダストが2年連続となってしまうので、これがどう出るかといったところ。 なお、紗英ちゃんの所属事務所ですが、ファンレターのあて先が「ニコプチ編集部」となっているように、現時点で未定。 となると、これで、もし紗英ちゃんが、これからエイベックスに入るとしたら、ほぼ確定といえます。 杏美ちゃんは、 LDHということで、山口乃々華ちゃんの事務所の後輩にあたります。 かつ、身長153cmということで、まさにピチレ編集部の大好きな「小柄&妹系」。 田代ひかりちゃんも、芽郁ちゃん同様スターダスト。 この3人の中で、ニコラが選ばなそうなのが、「天てれ」のひかりちゃんと、身長153cmの杏美ちゃん。 よって、ここは、 ののちゃんつながりで、ニコプチでも表紙経験のある杏美ちゃんを、とりあえずの本命としてみます。 そしてピチレが杏美ちゃんという予想になります。 もちろんピチレとしては、紗英ちゃん&芽郁ちゃんのうちで、ニコラが選ばなかった方も有力だし、去年同様に2人採用もあるかもしれません。 とにかく、結論としては、見た目小柄で、可愛くて、最もピチレの雰囲気に合うであろう杏美ちゃんに、ぜひぜひピチモになって欲しいと思います。 GYOPI.

次の

三月の転校生

三月の転校生 ニコラ

About Us WYS was born with a sense of making sustainable fashion work wears. Work wears, that are specially designed for Indian women, looking at their comfort, style and fitting. We choose minimal details while choosing fabric and designs for them. WYS offers you to curate your wardrobe with time-less, elegant, quality outfits with a great fit. Why us? Why WEAR YOUR STYLE, because we promise you fashion which is sustainable yet trendsetter. we promise you a better fit with utmost comfort. We dont just focus on making great work-wears, but we try to add value to it. Our outfits are curated with functional detailing and high end fabrics, with best tailored body fittings. we provide effortless, stylish work-wears to the women who love to express themselves through clothing. About WYS was born with a sense of making sustainable fashion work wears. Work wears, that are specially designed for Indian women, looking at their comfort, style and fitting. We choose minimal details while choosing fabric and designs for them. WYS offers you to curate your wardrobe with time-less, elegant, quality outfits with a great fit.

次の