ご 回答 いただけ ます と 幸い です。 「教えていただけないでしょうか」の敬語表現・使い方と例文

例文あり・うまい催促メールの書き方【ビジネスメール】

ご 回答 いただけ ます と 幸い です

A ベストアンサー このような場合には、急ぐ理由を明記するのが良いでしょう。 理由をはっきり書くと、相手も事情を察してくれるはずです。 たとえば、 「承知いたしました。 ただ、恐縮ですが、[社内の検討に時間がかかりそうなので]、可能な限り早めにご連絡いただきますと非常に助かります。 身勝手なお願いとは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます」 のようにします。 []の部分は適当に置き換えてください。 : 「仕事をしていることに関しては」察することができる、という意図で、「で」よりも「は」を使うほうが自然です。 「一生懸命仕事をしていることに関しては察することができるのだが、催促はしたい」という意図を表わすことができます。 「彼が貧乏なのは知っているが、わたしも金持ちではないので援助はできない」という表現と同じです。 また、「こと」が重複する場合、主格としての「こと」は「の」に置き換えることができます。 (重複してなくても置き換えることはできますが、「こと」のほうが自然な場合もあります) 「お母さんの手伝いをすることは良いことです」を、「お母さんの手伝いをするのは良いことです」とすると日本語らしい自然な表現になります。 2. >あまりにも催促するのは申し訳ないと思うのですが、気持ちとしては早いほうが希望だということを伝えたいと思います。 : 「あまりにも」は形容動詞扱いになるため「申し訳ない」に係ります。 「非常に申し訳ないと思う」という意味になってしまうので、おそらくですが意図した文意とは異なることでしょう。 「催促する」に係るためには、副詞として「あまり」を使う必要があります。 goo. 理由をはっきり書くと、相手も事情を察してくれるはずです。 たとえば、 「承知いたしました。 ただ、恐縮ですが、[社内の検討に時間がかかりそうなので]、可能な限り早めにご連絡いただきますと非常に助かります。 身勝手なお願いとは存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます」 のようにします。 []の部分は適当に置き換えてください。 Q 営業のアシスタント業務を行っています。 代理でメールを送信する場合について教えてください。 添付する見積書に 外出中の上司の承認をもらってから送信するのですが、上司が帰社する前に 担当営業が外出してしまうため、代理でメール送信することになりました。 今回は急いでいたため 自己判断で文章に加筆して送信してしまったのですが、今後のこともあるのでご教示いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。 いつも一生懸命、勉強頑張っておられますね。 >「教えていただければ幸いですが。 」と「教えていただければ幸いです。 」の区別は何でしょうか。 「語尾」のところの微妙な「が」はどうも理解できません。 日本語って、語尾に含める意味合いとか、難しいだろうと思います。 「教えていただければ幸いですが」の「が」には、 「(もし、ご都合よろしければ)教えていただければ幸いですが・・(教えていただけなくても、仕方がないですが、教えていただけるならばうれしいです)」 ・・・のような、ちょっと相手の都合とかを気にした、遠慮も入った、そんな意味が含まれていると思います。 それに対して 「教えていただければ幸いです」 というのは、できれば教えてください。 教えていただければうれしいです、 ということをストレートに表現していると思います。 >具体的な会話の場面を挙げていただけないでしょうか。 (例1) いつも忙しそうにしているAさんと、どうしても分からないことを教えてもらいたいBさんがいるとします。 Bさん「Aさん、すみません。 どうしてもここが分からないのです。 お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いです」 (教えてもらったら、うれしいです) Bさん「Aさん、すみません。 どうしてもここが分からないのです。 お忙しいとは存じますが、教えていただければ幸いですが・・・」 (お忙しいようですので、無理でしたらよろしいのですが、もしできれば教えていただきたいです・・・) といった感じでしょうか。 しかし、上の例の場合はあまり差はないと思ってもいいでしょう。 (例2) 息子の帰りを心配している母親に、近所の奥さんが話をしている。 近所の奥さん「息子さん、すぐに帰ってきますよ」 母親「そうだといいんですが・・・」 (そうだといいんだけれども、そうじゃなかったら、どうしよう) といった、心配な気持ちが「が・・」に表れています。 このように、文末の「が」には、いろいろな意味があると思います。 ご参考になればうれしいです。 (これも、ご参考になればうれしいのですが、とかの言い方もありますよね) ご参考になればうれしいのですが、だと、参考になればうれしいけれども、 もしも参考にならなかったらごめんなさいね、というちょっと遠慮した気持ちを表せます。 いつも一生懸命、勉強頑張っておられますね。 >「教えていただければ幸いですが。 」と「教えていただければ幸いです。 」の区別は何でしょうか。 「語尾」のところの微妙な「が」はどうも理解できません。 日本語って、語尾に含める意味合いとか、難しいだろうと思います。 「教えていただければ幸いですが」の「が」には、 「(もし、ご都合よろしければ)教えていただければ幸いですが・・(教えていただけなくても、仕方がないですが、教えていただけるならばうれしい... A ベストアンサー 使用例 要否=要否を問う 賛否=賛否両論、賛否を問う 是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。 可否= 可否(良し悪し)を論ずる。 可否(賛否)を問う。 当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、 是非と可否は同じ意味です。 当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。 二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。 類語として、否応(いやおう)があります。 意味は断ることと承知すること。 使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた).

次の

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

ご 回答 いただけ ます と 幸い です

公開日: 2018. 14 更新日: 2018. 14 「いただけます」と「いただきます」の違い、「いただけますでしょうか」は正しい敬語? 「いただけます」「いただきます」という言葉をご存知でしょうか。 「〜していただけますか」「〜していただきますようお願い申し上げます」などと依頼をする場面で使うことが多いです。 どちらも丁寧な言葉ですが、どう使い分けたら良いのでしょうか。 あまり違いはなさそうに思いますよね。 実際は、大きく異なる部分があるため、使い方を間違ってしまうと相手に失礼な印象を与えてしまいます。 そのようなことが起きないためにも、しっかりと使い分けられるようにしましょう。 そこで今回は「いただけます」と「いただきます」の違い、「頂けます」は正しいのかについて解説していきます。 依頼で使う「いただけます」と「いただきます」の違い 「いただけます」の意味と使い方 「いただけます」は、「もらう」の謙譲語「いただく」+可能を表す「〜ける・〜れる」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「いただけますか」の形で使うことが一番多いです。 より丁寧に言うならば、 ・.... していただけますようお願いいたします ・..... していただけますようお願い申し上げます ・.... していただければと存じます ・.... していただければ幸いです などとなります。 例えば、「ご連絡をいただけますか」と言った場合は「連絡をもらうことはできますか」ということを表します。 「いただきます」の意味と使い方 「いただきます」は、「もらう」の謙譲語「いただく」+丁寧語「ます」で成り立っています。 してもらいます」をより丁寧にした表現が「.... していただきます」です。 より丁寧に言うならば、 ・... していただきますようお願いいたします ・... していただきますようお願い申し上げます ・... していただきますと幸いです ・... していただきたく存じます などとなります。 例えば、「お返事をいただきたく存じます」と言った場合は「お返事をもらいたいと思います」ということを表します。 このように、「いただきます」はやや断定的な言い方となります。 「いただけます」の方が丁寧な表現 「いただけます(か)」の方が相手に可能かどうか問う文章なので、相手が依頼を実行することが可能であることを前提に依頼している「いただきます」より丁寧になります。 「いただけます」は可能、「いただきます」は断定と命令を表します。 「食べていただけます」だったら「食べることができますよ」という意味になり、「食べていただきます」だったら「食べてください」という意味になります。 一文字違うだけで、文の印象がかなり変わります。 「いただきます」も「いただけます」も目上の人に向けていて丁寧ですが、「いただけます」がよりへりくだった表現のためお客様や上司などにはこちらを使うのが良いでしょう。 「いただけます(か)」と「いただきます」の例文 「いただけます(か)」の例文 ・先ほどお送りした企画に関する資料の内容をご確認いただけますか。 ・申し訳ありませんが、お水を一杯いただけますか。 ・新プロジェクトに関しての、ご回答をいただけますか。 ・失礼ですが、お名前を教えていただけますか。 ・商品については、こちらの中からお選びいただければと存じます。 ・今週中までにご連絡いただければ幸いです。 「いただきます」の例文 ・お手数おかけしますが、書類をご確認していただきます。 ・お忙しい中、大変恐縮ですが、メールをご確認していただきますようお願いいたします。 ・次回のミーティングまでにこちらの企画書を読んでいただきたく存じます。 ・紙を一枚いただきたいのですが、よろしいでしょうか。 ・営業部がどこにあるか、教えていただきますようお願い申し上げます。 ・詳細につきましては、添付資料を読んでいただきたく存じます。 「いただけますでしょうか」は二重敬語 敬語には3種類あります。 尊敬語と謙譲語と丁寧語です。 二重敬語とは、同じ種類の敬語を1つの文章で2回以上使用することを指します。 逆にいったら、違う種類の敬語を同時に使っても二重敬語にはなりません。 例えば、尊敬語と尊敬語、謙譲語と謙譲語と使用していたら二重敬語ですが、尊敬語と丁寧語、謙譲語と尊敬語だったら二重敬語ではないです。 「いただけますでしょうか」は慣習的には結構使われているので、使用してもそこまで相手に違和感を与えることはありませんが、二重敬語は正しい日本語ではないので、使用を避けるようにしましょう。 本来、二重敬語は目上の人に対しても失礼にあたります。 上記でも紹介した通り、 「いただけますか」と使うのが正しいです。 「いただけます」と「頂けます」はどっちが正しい? 「いただきます」は漢字にすると 「頂きます」になります。 しかし「頂く」は実際に「物をもらう」ときに使います。 今回のように 補助動詞として、動詞を補助し謙譲のニュアンスを付け加えるだけの役割の場合は平仮名で使うのが正しい使い方になります。 補助動詞は平仮名が正しい日本語なのですが、補助動詞も漢字にしている人が本当に多くいます。 例えば、「よろしくお願い致します」も誤用です。 「致します」は「お願いする」の補助動詞なので「いたします」と平仮名にするのが正式な使い方です。 逆に「お願いを致します」と「お願い」を名詞扱いにして、「致す」を補助動詞ではなく本動詞として使うのであれば問題ありません。 例えば、 ・お待ちいただけますか? ・お待ちくださいますか? はどちらも、謙譲と尊敬の違いがありますが、正しい敬語表現になります。 どちらを使って相手に対して敬意を示すことが可能です。 どちらがより丁寧かと聞かれれば、 相手の視点で発音している尊敬表現である「くださいますか」になります。 謙譲表現は、あくまでも「自分」をへりくだった表現になりますが、尊敬表現には相手の視点しかありません。 よって、「いただけますか」と「くださいますか」はどちらも正しい敬語表現ですが、「くださいますか」の方がより丁寧、ということになります。

次の

「幸いです」は実は目上の人に使っちゃダメ? 【ビジネス用語】

ご 回答 いただけ ます と 幸い です

「幸いです」は相手にお願いするときに使う 「幸いです」は、主に相手に何かを依頼するときに用います。 しかし使うのは、軽いお願いのときに限られます。 何かを強くお願いするときには、「お願い申し上げます」などを用います。 また、贈り物を渡す際も同様に、「貰っていただければ嬉しいです」という意味を込めて、「幸いです」を多く使います。 必ずやってほしい時には幸いですを使わない 「幸いです」は、お願いする方がやってくれるとうれしいだけで、相手も幸せとは限りません。 先にも紹介しましたが、ビジネスシーンで必ずやってほしいことをお願いする時には、「幸いです」を使うのは避けるようにしましょう。 「幸いです」は目上の人には相応しくない 「幸いです」は、やわらかく丁寧な表現ですが、実は目上の人に対しては使わないのが無難です。 「幸いです」の言い切りに一方的な印象を持つ人もいるので、言い換えるのがいいでしょう。 謙譲の気持ちを込めて、「幸いに存じます」としたり、シンプルに「お願い申し上げます」などとできるでしょう。 「幸いです」の類語、代替できる言葉 「幸いです」の類語:「助かります」 「幸いです」のいい換え表現として「助かります」があります。 「助かります」は「幸いです」よりも砕けた表現です。 使用上の注意点として、 「助ける」には「本人が主体的にやっていることをお手伝いする」という意味があり、目上の人に「助かります」を使うことは失礼に当たります。 距離感の近い同僚、友人などに使うのがよいでしょう。 「幸いです」の類語:「幸甚です」 「幸甚 こうじん です」は「幸いです」よりも丁寧な表現です。 「幸甚です」は、「この上なく嬉しい・幸せだ」という意味を持ちます。 相手に対して敬意を払う表現であるため、目上の方にも使用できます。

次の