リンチーリン 映画。 【2020最新】林志玲(リンチーリン)の歴代彼氏は合計9名!画像で全てまとめました!

リンチーリンとEXILEのAKIRA結婚!台湾人大ショックの美人女優

リンチーリン 映画

日本と台湾で人気のふたりが2019年6月6日に 電撃結婚を発表しましたね! EXILEのメンバー AKIRA さん(37)と台湾の人気女優 リン・チーリン さん(44)の 国際結婚です! つい先日は女優の蒼井優さん(33)と南海キャンディーズの山里亮太さん(42)が結婚というビッグニュースが飛び込んできたばかり。 結婚すると幸せになれる「ジューンブライド」の6月に入ってから、幸せな報告が続々と届いています。 ところでAKIRAさんと結婚したリン・チーリンさんは台湾では「第一美女」としてもの凄く有名でファンの多い人気女優さんですが、日本では知らなかったという方も多いのではないでしょうか? そこでこの記事では、日本のグループであるEXILEのAKIRAさんと、台湾の超有名女優リン・チーリンさんがどこで出会ったのかという 馴れ初めや、 婚姻届はどこに出したのかなどをリサーチしてみました!• リン・チーリン(林志玲)って誰?どんな人? 台湾では「超」が付くほど有名な リン・チーリン ( 林志玲 )さんですが、日本では今回のAKIRAさんとの結婚を聞くまで知らなかったという方も多いのでは? そこでまずは「台湾で最も美しい女性」とも言われるリン・チーリン(林志玲)さんはどんな方なのか、 プロフィールをチェックしてみましょう! AKIRAさんはご存知の方が多いかもしれませんが、奥さんになった リン・チーリンさんよりも 7歳年下であることにすぐ気づきましたでしょうか!? ということで、AKIRAさんの プロフィールもおさらいをしておきましょう! リン・チーリン(林志玲)のプロフィール• 名前|リン・チーリン(林 志玲)• 生年月日|1974年11月29日生まれ• 年齢|44歳• 出身|台湾・台北出身• 学歴|カナダ・トロント大学で西洋美術史と経済学の学士号を取得 2000年に日本に3ヵ月間短期留学• 経歴|2002年にモデルとしてデビューし、台湾のみならず中国でも活躍 「台湾第一名模」(台湾一有名なモデル)として有名 2008年に映画「レッドクリフ」(ジョン・ウー監督)で女優デビュー 2009年から日本でも活動を始め、モデルやテレビドラマ、CMなどで活躍 2011年の舞台「レッドクリフ~愛~」でAKIRAと共演• 言語|中国語と英語、日本語を操る EXILE AKIRA(アキラ)のプロフィール• 名前|AKIRA(アキラ)• 本名|黒澤 良平(くろさわ りょうへい)• 生年月日|1981(昭和56)年8月23日生まれ• 年齢|37歳• 出身地|静岡県• lin がシェアした投稿 — 2019年 6月月6日午前4時09分PDT リンチーリンさん最近立て続けにお仕事をキャンセルすることが多かったため「 妊娠しているのでは」という噂が台湾を中心に盛り上がっていましたが、現在 妊娠はしていないとのこと。 2016年10月に台湾で開かれたイベントの際には、同じ台湾の女優ルビー・リン(林心如)の妊娠を「うらやましい」と連呼していたほどですから、きっと子供を授かるのを望んでいるはず。 近いうちにAKIRAさんとリンチーリンさんの 妊娠が発表されるかもしれません! AKIRAさんとリンチーリンさんは普段どうやってコミュニケーションを取っているんだろうと気になって調べてみたところ、なんと 日本語 と 英語 と 中国語 の3ヵ国語でコミュニケーションを取っているとのこと! リンチーリンさんは日本のドラマやCMにも出演した経歴がありますし、日本に短期留学に来た経験もあるので、日本語での会話も多いのかもしれませんね。 出典:oricon. jp 交際期間は約半年間の電撃結婚 アキラさんとリンチーリンさんの 馴れ初めはおふたりが2011年に共演した舞台『 レッドクリフ ~愛~』だったとのこと。 舞台「レッド・クリフ~愛~」は三国志の赤壁の戦いを描く物語ですが、AKIRAさんは呉の軍師・周瑜を演じ、リンチーリンさんは絶世の美女とされる妻・小喬役を演じています。 まさに、 夫婦 としての役柄での共演が、現実になったわけですね! 共演したのが今年2019年からさかのぼると8年前ですから、 交際開始から結婚までお付き合いが長かったのかな?と思いきや、 交際自体は昨年2018年からのスタートで、 お付き合い期間は約半年間の 電撃結婚! アキラさんは所属事務所「LDH JAPAN」の公式サイトを通じて、結婚を意識するに至った経緯をこう説明しています。 8年前に共演した舞台『レッドクリフ ~愛~』をきっかけに、長い間、親しい友人としてお付き合いしていくなかでお互いに惹かれ合い、人生のパートナーとして共に歩んでいきたいと強く思い、昨年から交際に至り、これまで2人の仲を深め、向き合ってきました。 AKIRA所属事務所 公式HP 2011年の舞台『レッドクリフ ~愛~』での共演からは7年ほどの期間があったわけですから、長い友人期間を得てよく交際から結婚まで発展したなぁという印象を持ちますよね。 AKIRAさんは現在アメリカを拠点に活動をされているということで、おふたりが普段米国と台湾という異なる国・場所で活動していることを考えるとなおさらです。 AKIRAがリンチーリンとの結婚を決意した決め手は? 出典:ru. sputnik. kg おふたりの馴れ初めは舞台での共演とのことですが、文化も言葉も違う国際結婚ということで、AKIRAさんと林志玲さんが どういった部分に惹かれ合い結婚に至ったのかが気になりますよね! 台湾では台湾一の 美女として美貌や容姿に話題が集まるリンチーリンさんんですが、アキラさんは 彼女の 内面 に強く惹かれたようです。 多忙な日々の中、志玲さんはいつも自分のことよりも家族や仲間を大切にし、それ以上に、自分の活動を通してファンの皆様やアジアの多くの方々を大切にし、沢山の愛情や勇気を届けている姿を近くで見てきて、その責任感の強さと、愛に溢れる人柄に心惹かれました。 そして、どんな時も、ありのままの僕を笑顔で受け入れてくれる大きな優しさに、感謝の気持ちと共に、志玲さんを心から幸せにしたいと真摯に思いました。 AKIRA所属事務所 公式HP アキラさんは結婚の決め手となった部分について「 責任感の強さと、愛に溢れる人柄」と語っています。 リンチーリンさんのことを尊敬している気持ちが伝わってきて、聞いている方も惚れてしまうようなカッコいい理由ですね!笑.

次の

リンチーリンの出演作と経歴は?ドラマや映画の代表作と年収も!|こあらの散歩道

リンチーリン 映画

台湾の国民的スターといわれるモデル兼女優。 10代からファッションモデルとして活躍し、CMやTV番組に出演。 中国本土や香港でも人気を集める。 2008年、ジョン・ウー監督「レッドクリフ Part I」(08)でヒロイン・小喬役でスクリーンデビューを飾り、翌年の続編にも出演する。 日本には00年に短期留学で滞在した経験があり、CM出演を皮切りに09年から芸能活動をスタート。 TVドラマ「月の恋人」(10)では木村拓哉との共演で話題になった。 その後も日本の大ヒットドラマ「101回目のプロポーズ」(91)を日中合作でリメイクした映画「101回目のプロポーズ SAY YES」(13)や、アンディ・ラウと共演し、中国で大ヒットした映画「ゴールデン・スパイ」(13)などでヒロインを演じ、篠原哲雄監督による日中合作映画「スイートハート・チョコレート」(16)でも主演を務めた。 19年6月、過去の舞台共演をきっかけに知り合ったEXILE AKIRAと結婚し、再び日本でも話題となった。 関連作品(映画)• 1 2019年公開• 5 2018年公開• 3 2016年公開• 5 2013年公開• 7 2013年公開• 5 2009年公開 写真・画像.

次の

デヴィッド・リンチ

リンチーリン 映画

生い立ち [ ] 1946年、ミズーリで農務省研究員の父のもとに生まれる。 生後2か月でサンドポイント、2歳でに引っ越し、その後も、ボイジー、アレクサンドリアと引っ越しを繰り返す。 少年期はに所属し、最高位である「イーグルスカウト」まで昇格した。 友人の父がプロの画家だったため絵画やドローイングに興味を持ち、、付属美術学校に通う。 このときのピーター・ウルフとルームメイトだった。 しかし「ここには何も触発されるものがない」と、後にプロダクション・デザイナーになると共に欧州留学を計画する。 のもとで絵画を学ぼうとへ渡ったが、街があまりにも綺麗で自身の中での創作意欲が萎えてしまい、3年間滞在する予定であったが、わずか15日間でアメリカへ帰国することになる。 帰国するとに移り、フィスクとともに米国最古の芸術学校であるペンシルベニア芸術科学アカデミーに入学。 1967年、ここで知り合った妻ペギーが長女ジェニファーを妊娠し、この経験が後にデビュー作に結実する。 周囲は鉄道、工場など極めて悪い条件である、レンガ張りで何部屋もある一軒屋をわずか3000ドルほどで購入する。 治安の悪さをインスピレーションの一部として、地下室で絵画や映画制作に没頭する。 また収入を得るためのプリントを始めた。 キャリア [ ] 1967年、最初の短編映画『Six Men Getting Sick Six Times 』を制作。 翌年妻ペギーをモチーフに、アニメーションと実写を合わせた実験的な4分の短編『THE ALPHABET』を作り、の奨学金を得、に移る。 1971年に「AFI Conservatory」に入学し、1972年から4年の歳月をかけてとして有名になる『』を自主制作。 1976年に長編映画監督としてデビューする。 制作中の1974年、映画のストーリーと同じように、妻ペギーがリンチのもとを去った。 これを含めてリンチは3回の離婚と4回の結婚を経験している。 リンチはこの作品をに送ろうと考えたが周囲に止められ、ニューヨーク映画祭でも上映を拒否された。 そのため深夜上映のようなアンダーグラウンドな形で上映され、や、といった映画とともに、カルト的な人気を博した。 1980年の『』ではにおいてを含む8部門にノミネートされ、一躍知名度を上げた。 『イレイザーヘッド』のファンだったから『』の監督のオファーが来たが、これを断った。 1984年、SF大河小説の傑作である『』を映画化した『』を監督。 自身にとっては意欲作であったが、ファイナル・カットの権利を有していなかったため、配給会社により大幅にカットされてしまい、興行面と批評面の双方で失敗してしまう。 しかし、この経験から1986年の『』では大幅な予算カットの代わりにファイナル・カットの権利を手に入れ、自身の思い通りに制作することに成功。 本作は国内でな話題を呼び、賛否両論を巻き起こしたが、やなどの映画賞を受賞し、にも再びノミネートされ、復活を果たした。 一方で、本作で知り合った主演女優のとの交際が、二度目の離婚のきっかけとなる。 1990年、『』でのを受賞。 11年後には『』で同映画祭のを受賞し、三度目のノミネートを受けた。 2006年、にて映画人として長年にわたり多くの優れた作品を生み続けていることを称えるを受賞。 2007年にはカンヌ国際映画祭の第60回目を記念して制作されたオムニバス映画『』のうちの一つ『アブサーダ』を製作。 また同年には現代美術家としてにて個展を開催した。 同年11月にはデビューアルバム『クレイジー・クラウン・タイム』をよりリリースした。 2012年現在、リンチを追ったドキュメンタリー映画三部作『LYNCH three project』の三作目の資金調達のため、ファンから製作費の一部を募る活動が行われている。 なお本作でリンチ自身は製作には直接関与していない。 2019年10月27日、第11回においてが授与された。 に3度ノミネートされたリンチにとって初めての受賞となった。 授賞式ではや、とがスピーチに登壇した。 活動 [ ] 映画製作のほか、『Dumbland』などのアニメーションも手掛けている。 映画製作に関わっていない時間は、予算が関係ないという理由で絵を描いたりしている。 影響 [ ] 絵画においては 、映画においてはの町そのものに最も影響を受けた。 「アメリカ映画より欧州映画の方により大きな影響を受けた」とたびたび述べている。 好きな映画には『』と『』を挙げている。 作風 [ ]• をこよなく愛す。 1950年代のアメリカを愛しており、作品にはたびたび何らかの形でフィフティーズを象徴するもの(セットなどの美術、音楽など)が使用される。 アメリカの片田舎を舞台とする作品が多い。 作品 [ ] 長編映画 [ ]• - Eraserhead (1976年、監督・製作・脚本)• - The Elephant Man (1980年、監督・脚本)• - Twin Peaks: Fire Walk With Me (1992年、監督・脚本)• - Lost Highway (1997年、監督・脚本)• - Mulholland Dr. 6・メン・ゲッティング・シック - SIX MEN GETTING SICK(1967年、監督・製作・脚本)• アブサード・インカウンター・ウィズ・フィアー - Absurd Encounter with Fear (1967年)• フィクティシャス・アナシン・コマーシャル - Fictitious Anacin Commercial (1967年)• アルファベット - THE ALPHABET (1968年、監督・製作・脚本)• グランドマザー - THE GRANDMOTHER (1970年、監督・製作・脚本)• アンプティー - The Amputee 1974• インダストリアル・シンフォニー・No. 1:ザ・ドリーム・オブ・ザ・ブロークン・ハーティッド - Industrial Symphony No. 1: The Dream of the Broken Hearted (1990年• プレモニションズ・フォローイング・アン・イビル・ディード - Premonitions Following an Evil Deed (1995年)• ダークンド・ルーム - Darkened Room (2002年)• バレリーナ - Ballerina (2006年)• ボート - Boat (2007年)• バグ・クロールズ - Bug Crawls (2007年)• シザース - Scissors (2008年)• Fire (2015年)• ジャックは一体何をした? - What did jack do? - Nadja (1994年、製作総指揮・出演)• 三部作。 - My Son, My Son, What Have Ye Done (2009年、製作総指揮)• - Lucky (2017年、出演) テレビ作品・そのほか [ ]• の一作。 、、、とのオムニバス作品。 デビッド・リンチの ホテル・ルーム - Hotel Room (3話) (1993年)• ナイト・ピープル - Pretty As A Picture: The Art Of David Lynch (1997年、出演)• ダムランド バカの国 - Dumbland (2002年)• アウト・ヨンダー - Out Yonder (2002年)• インタビュー・プロジェクト - Interview Project (2009年)• : アンステージド - DURAN DURAN: Unstaged (2011年)• ケイムバック・ホーンテド - came back haunted (2013年 nine inch nailsのpv)• ツイン・ピークス - Twin Peaks 2017年、監督・製作総指揮・企画・出演 - シーズン3あるいはThe Return と呼ばれる ミュージック・ビデオ [ ]• - (1982年)• - (1990年)• - (1995年)• デヴィッド・リンチ - Thank You Judge (1999年)• - (2009年)• - I Touch A Red Button Man (2010年)• デヴィッド・リンチ - (2011年)• - (2013年) 音楽作品 [ ]• with (2001年)• Ghost of Love EP (2007年)• The Air is on Fire: Soundscape (2007年)• ダーク・ナイト・オブ・ザ・ソウル - (2010年)• This Train with Chrysta Bell (2011年)• クレイジー・クラウン・タイム - (2011年)• (2013年) 著書 [ ]• 1973年7月に、Transcendental Meditation(・TM)を学び、一日二回の瞑想を欠かさず行っている。 を愛煙している。 熱烈なコーヒー嗜好者であり、自ら豆を有機栽培して、それを自身のホームページで販売している。 1970年代の半ばから1980年代前半まで、ほぼ毎日でを食べながら思考していたという。 娘の一人ジェニファー・チェンバース・リンチの左腕のタトゥーは『HOLLYWOOD ALTERNATIVE』という文字であり、右腕のタトゥーの一部は漢字の『生現』という文字である。 が初めてリンチに会ったとき、リンチは人差し指を立て「トイレに行ってくる!」と言い、そのまま消えてしまったという。 脚注 [ ]• オーストリアから帰国したのは、「街が綺麗すぎるから」という以外に「が少なすぎるから」というものもある(『ワイルド・アット・ハート』劇場用パンフレットより)。 oops! 2010年11月30日• com. 2019年6月5日. 2019年10月30日閲覧。 海外ドラマboard. 2019-10 30. 2019年10月30日閲覧。 『ナイト・ピープル』より。 NHK『 恐ろしいのに美しい フランシス・ベーコン』 2013年5月3日• 『マルホランドドライブ』劇場用パンフレットより。 『ブルーベルベット』DVD特典映像のローラ・ダーンのインタビューより。 外部リンク [ ] で 「 デヴィッド・リンチ」に関する情報が検索できます。 コモンズで()• - (英語)• - チャンネル• - -• 1966• 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• 1973• 1974• 1975• 1976• 1977• 1978• 1980• 1981• 1982• 1983• 1984• 1985• 1986• 1987• 1988• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• 1997• 1998• 1999• 2000• 2001• 2002• 2003• 2004• 2005• 2006• 2007• 2008• 2009• 2010• 2011• 2012• 2013• 2014• 2015• 2016• 2017• 2018• 2019.

次の