木村 拓哉 教場。 教場│木村拓哉の剣道の腕前がヤバい!道着姿もイケメンすぎ!画像・動画

木村拓哉「教場」のヘアカラーは、ホワイトブリーチなの!それとも・・・・!?

木村 拓哉 教場

本日1月5日に放送されるフジテレビ開局60周年特別企画スペシャルドラマ『教場』後編に、三浦貴大、伊藤健太郎、上白石萌歌、佐久間由衣、嘉島陸の5名が新たに出演する。 長岡弘樹による同名警察小説を映像化した本作は、主人公の冷徹な教官・風間公親を木村拓哉が演じ、警察学校を舞台に繰り広げられる様々な人間模様を描く。 前編では、木村演じる風間が受け持つことになったクラスの生徒役として、工藤阿須加、川口春奈、林遣都、葵わかな、井之脇海、西畑大吾、富田望生、味方良介、村井良大、大島優子、三浦翔平が出演した。 木村との共演は映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』(2010年)以来の三浦は、本作の木村の印象を「現場に立っている木村さんの存在感は変わらず、キャスト・スタッフ含め全ての人を引っ張っていってくれるような、そんなオーラがありました」とコメント。 木村とは初共演となる伊藤は、一番好きなドラマが『プライド』で、その作品の演出を手掛けた中江功監督と主演の木村との共演を「お二人と一緒という事で本当に夢のようでした」と語った。 バラエティー番組では共演があるが、芝居では初共演となる上白石は、木村の印象を「風 間教官として教壇に佇むお姿はあまりに厳格で、殺気を感じてしまうほど」だったと言い、「木村さんの目の奥に宿る炎のようなものを間近で感じ、終始ヒリヒリしていました」と表現。 木村とは初共演となる佐久間は、「今でも全ての瞬間を思い出して鳥肌が蘇るほど、決して忘れる事が出来ない経験」と撮影を振り返った。 同じく木村とは初共演となった嘉島は、小さな頃から憧れていたという木村との共演を「感慨深く光栄」と表現しながら、「役に対する真摯な向き合い方がとても印象に残っていて勉強になりました」と話し、役者として学ぶことも多かったようだ。 前編では3名が退校となり、27名となった風間教場。 一方、宮坂らと距離を置く都築(味方良介)は、風間の過去について調べ、強行犯の刑事で切れ者と呼ばれていた事実にたどり着くが、右目の義眼についてはまだ真実にたどり着けないでいた。 また、対照的でありながらもいつも仲の良かった羽津希(川口春奈)と佑奈(富田望生)にも変化がおとずれる。 そして、風間への態度について宮坂と都築が口論になり、掴みあいになる騒動が起きる。 最後の特別授業として、山奥に連れていかれる生徒たちは、そこで課せられる課題をクリアしなければ卒業証書はもらえないと告げられ、それぞれの一夜を過ごす。 果たして、最後までふるい落とされずに生き残り、何人の生徒が卒業証書を手にすることができるのか。 コメント 三浦貴大 木村さんとの久々の共演、大変うれしかったです。 前回は数年前になりますが、現場に立っている木村さんの存在感は変わらず、キャスト・スタッフ含め全ての人を引っ張っていってくれるような、そんなオーラがありました。 私が出演させていただいた場面は、独特の雰囲気で普段の撮影現場とはまた違う緊張感があり、最初に足を踏み入れたそこは、まさに『教場』でした。 あれが撮影だったのかどうかも曖昧になる程、不思議な体験でした。 伊藤健太郎 今回『教場』に出演させていただきました伊藤健太郎です。 幼い頃よりずっと憧れの存在である木村さんとご一緒させていただけるという事でこのお話をいただいた時は、心の底からうれしかったのを覚えています。 実際の撮影では木村さんのアドリブで芝居場を作っていただき夢のような時間を過ごさせていただきました。 また中江監督は僕の一番好きなドラマを作られた方でもあるので、お二人と一緒という事で本当に夢のようでした。 そんな作品が僕自身、とても楽しみです。 皆さんも是非楽しみにしていただけたらと思います。 上白石萌歌 『教場』は情報が解禁された時から一視聴者として注目していた作品だったので、お話をいただいた時はとても驚きました。 いつかはと願っていた中江監督の作品に、こんなにも早く携わらせていただけるとは夢のようです。 木村拓哉さんとはBISTRO SMAPに出演させていただいた際にお会いしましたが、お芝居の現場でご一緒するのは初めてでした。 風間教官として教壇に佇むお姿はあまりに厳格で、殺気を感じてしまうほど。 でもその裏にある愛情も、同じくらい受け取りました。 木村さんの目の奥に宿る炎のようなものを間近で感じ、終始ヒリヒリしていました。 出演にあたり、敬礼の練習を実際にさせていただいたことも印象深いです。 周りのみなさんと息をそろえることや、まっすぐな背筋、精神を保つことの大変さを実感しました。 木村さんはじめ、すべてのキャスト、スタッフのみなさんで一つのものに同じ熱を注いでいる様が眩しかったです。 今回の出演でこれだけ多くのことを学ばせてくださったことに感謝しています。 佐久間由衣 木村拓哉さんと共演させていただくのは、今回が初めてになります。 その現場が『教場』という作品だった事、とても光栄に思います。 控え室で凄くご丁寧に挨拶して下さり、いざ現場に入られたら、そこには指先から足先まで圧倒的な風間教官のお姿がありました。 凍りつくような張り詰めた緊張感と、今でも全ての瞬間を思い出して鳥肌が蘇るほど、決して忘れる事が出来ない経験をさせていただきました。 木村拓哉さんの存在に打ちのめされ、何日もその感触が抜けない日々が続きました。 今回、オーディションに参加させていただきたい。 中江さんにお会いしたい。 と強くお願いして出演が叶ったので、念願の撮影でした。 皆様がもう既に作り上げられた世界観の中に、飛び込む緊張感はとてもリアルで面白かったです。 ここは日本なのか?と疑うほどの緊迫した空気の中で、一人楽しそうにニコニコしている中江監督のお姿が、とても印象的でした。 中江さんのアドバイスがあり、普段自分が求められる事が多い役柄とは少し違った女性になったかと思いますので、そこも楽しんで頂けましたら幸いです。 嘉島陸 『教場』の撮影現場は、木村拓哉さんをはじめ大先輩ばかりなので、貴重な現場に少しでも参加できたことがとてもうれしかったです。 連続ドラマの「HERO」を見てからカッコいい検事役をされていた木村さんに憧れを持っていたので、木村さんの作品に参加できたことは感慨深く光栄でした。 主演の木村さんは、撮影の合間も警察監修の方と打ち合わせをされていて、役に対する真摯(しんし)な向き合い方がとても印象に残っていて勉強になりました。 現場での木村さんは、教官として存在されていたので、常に緊張感をもった状態でいることができました。 中江監督とも初めてご一緒させていただきました。 短い時間でしたが監督から声をかけていただき、一人一人をしっかり見てくださっていることを実感できて、さらに身の引き締まる思いでした。 )、富田望生、味方良介、村井良大、佐藤仁美、和田正人、石田明(NON STYLE)、高橋ひとみ、三浦貴大、伊藤健太郎、上白石萌歌、佐久間由依、嘉島陸、筧利夫、光石研(友情出演)、大島優子、三浦翔平、小日向文世ほか 原作:長岡弘樹『教場』シリーズ(小学館) 脚本:君塚良一 演出:中江功 プロデュース:中江功、西坂瑞城、高石明彦(The icon) 制作協力:The icon 制作著作:フジテレビ c フジテレビ 公式サイト:.

次の

木村拓哉『教場』続編内定も…恩人Pが43歳でまさかの急死

木村 拓哉 教場

1月4日、5日の二夜連続で放送されたドラマ『教場』(フジテレビ系)は、主演の木村拓哉はもちろんのこと、テレビドラマの今後を占う上でも、とても重要な作品だった。 タイトルの教場とは警察学校におけるクラスのこと。 物語は、臨時指導官となった風間公親(木村拓哉)と彼が受け持つことになった生徒たちに焦点を当てた群像劇となっている。 原作は長岡弘樹の連作短編集で、警察学校を舞台にしたミステリー小説。 刑事ドラマと学園ミステリーを組み合わせたような作りなので、一話完結の連続ドラマにしても十分成立しただろうが、あえて2時間オーバーのSPドラマに圧縮して、二夜連続で放送したことが、本作の成功要因だろう。 木村拓哉の方向性とフジテレビの大人向け路線へのシフト 今年の年末年始は、働き方改革の影響もあってか、過去にヒットした連続ドラマの続編をSPドラマで放送するというケースが多かった。 過去に放送された名作ドラマの一挙再放送も多く、特にTBSでは『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』『義母と娘のブルース』といった作品を放送し、SNSで話題となった。 良く言えば手堅い采配、悪く言えば保守的なラインナップだったが、そんな中で『教場』が異彩を放っていたのは、本作が新しいことに挑戦する攻めの作りだったからだ。 もちろん主演が木村拓哉だという時点で、ある程度の視聴者は獲得できるという勝算はあったのだろう。 しかし今の時代、キャスティングだけで視聴者がドラマを観るということはありえない。 むしろ木村拓哉を看板に掲げたからこそ、絶対に失敗できないというプレッシャーの方が強かったと思う。 そんな中、本作は今までの若々しい青年とは違う、白髪で片目が義眼の厳しい鬼教官という役を木村に与えた。 鋭い観察眼を持つ風間は、疑念を感じた生徒に退校届を突きつけて「書け」と迫る。 行動の真意がわからずに生徒たちは混乱するが、実はそこに風間の隠れた意図があったとわかることが、本作のミステリー的な面白さだ。 多くを語らず生徒に厳しく接する風間は、今の時代に似合わない古臭い男である。 先日まで放送されていたドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)もそうだったが、近年の木村は、若者のオピニオンリーダー的な新しい青年像から脱却し、時代に取り残された古風な男へとシフトしようとしている。 そんな木村の方向性と近年のフジテレビの大人向け路線へのシフトがうまく噛み合った結果、『教場』という傑作は生まれたのだろう。 面白いのはこの路線変更が、先行するテレビ朝日ほど徹底できていないことだ。 つまりキムタクもフジテレビも、老けようとしながらも老けきれない青臭さがまだまだあるのだが、このおじさんになろうと無理している背伸び感が、作品はもちろん、俳優・木村拓哉に色気と緊張感を与えているのだ。 この手触りは、クリント・イーストウッドに通じるものがある。 キムタクには日本のイーストウッドになってほしいと常々、思っていたのだが、今作の老けきれない感じは『ダーティハリー』第一作に出演していた70年代のイーストウッドを見ているかのようで、好感が持てる。

次の

木村拓哉『教場』続編内定も…恩人Pが43歳でまさかの急死

木村 拓哉 教場

「娘さんたちが作ってくれる手料理の量が思いのほか多いんだそうです(笑)。 でも『BG』に備えて体形は維持しないといけない。 自宅のトレーニングルームで筋肉がつきすぎない程度にトレーニングをする日々だったといいます」 テレビ局関係者がそう語るのは、木村拓哉(47)の自粛生活の様子。 「今年1月に放送された木村さんのドラマ『教場』を担当したフジテレビの男性プロデューサーが急死したんです。 43歳という若さでした。 自宅で過ごしていた木村さんは、知らせを聞いて言葉を失ったそうです」(フジテレビ関係者) 『教場』は年始に2夜連続で放送されたスペシャルドラマだ。 「冷徹で鬼のような警察学校のカリスマ教官を、木村さんが白髪に義眼というビジュアルで熱演。 視聴率も15%台をマークしています」(テレビ誌ライター) 本作の現場は「待ち時間に椅子の背もたれを使う出演者がいなくなった」と、木村自身が話すほどの緊張感だったという。 「クランクイン前に警察学校の生徒役キャストが集められた訓練では、木村さんが『(警察)ごっこじゃねーんだよ!』と活を入れるなど、役さながらに心を鬼にして、厳しく振る舞ったこともありました。 一方で撮影中は、ふたまわりほど年下の出演者がたくさんいるなかで、分け隔てなくコミュニケーションをとっていました。 結束力のあるいい現場でした」(前出・フジテレビ関係者、以下同) その現場を率いた亡くなったプロデューサーは、福山雅治主演『ガリレオ』の演出も手掛けた人物だ。 「心不全だったそうです。 持病もなかったようですし、亡くなる前日もいつもと変わらない様子でした。 朝、亡くなっているのを奥さんが見つけて……。 物腰の柔らかい、人当たりのよい人でしたね」 コロナ禍のなか弔問客への影響も考慮され、葬儀・告別式は近親者のみで行われたという。 「木村さんも最期のお別れができなかった。 実は、今夏から秋にかけて『教場2』が撮影されることが内定しているという。 「プロデューサーが亡くなったことを、スタッフも出演者もみんな悲しんでいます。 「女性自身」2020年6月16日号 掲載.

次の