山口 小夜子。 山口小夜子(モデル)輝かしい経歴と影響を受けた冨永愛【爆報!THEフライデー】

パリコレ界で最も愛されたモデル・山口小夜子の生涯や経歴、謎の死について【爆報!THEフライデー】

山口 小夜子

経歴・来歴 [ ] パリコレデビュー 〜 資生堂専属モデル契約 [ ] 、杉野学園ドレスメーカー女学院に通い、卒業後 、にのモデルとしてデビューし 、やのショーで注目を集める。 1959年に ()に見い出されてアジア系モデルとして初めてに起用された松田和子、1960年にに見い出された ()に続き、にパリコレクションに起用され 、次いでにも出演した。 彼女は1960年代にパリコレクションで活躍した松田和子や松本弘子のような大きな目でキュートな顔立ちのモデルとは違い、切れ長の目と黒髪ので登場し日本人ブームを起こした。 白い肌に切れ長の目の美しさを作り出す繊細なアイライン、高い位置のチーク、くっきり縁取った赤いリップによる彼女のエキゾチックな顔は、で熱狂的に支持され、「SAYOKO マネキン」というが欧米のブティックを席巻した。 なお現在でもニューヨーク店で使用されている。 1973年から1986年まで、資生堂のモデルとして専属契約を結び「美」の普遍的イメージを国内外に発信していくことになる。 1973年の『シフォネット』のポスターは、ハーフモデル全盛の時代に、黒髪おかっぱのいかにも「日本人らしい」モデルの登場を鮮烈に印象づけ、時代の転換点を体現した。 モデルとして活動しながら、ファッションデザインや服飾品のプロデュースも幾度となく担当。 には、雑誌『』の「世界のトップモデル6人」にアジア人で初めて選ばれた。 舞台・映画・ダンス・デザイン [ ] モデルとしての活動の傍ら、舞台および映画女優としての活動も開始。 演出の『中国の不思議な役人』(1977年)の稽古でのメソッドに触れ、飛躍的に表現の幅を広げた後、同年に映画『杳子』、1981年には重信浩演出による半自叙伝的舞台『小夜子:山口小夜子の世界』(1980年)で主演を務める。 その他、演出家 の舞台『忘れな草』(1986年)、国際エミー賞ほかを受賞したNHK音楽ファンタジー『カルメン』(1989年)、江戸時代から続く糸あやつり人形劇団 の人形たちと共演した『ペレアスとメリザンド』(1992年)など多くの舞台に出演する。 一方で、舞踏やダンスの分野にも活動の場を拡げていく。 1986年には ()を拠点として活動する舞踏グループ からメソッドを学び、の撮影による写真集『月 小夜子/山海塾』で共演。 1987年には、/KARASとのコラボレーションを始め、以後ダンサーとして、1996年頃まで世界ツアーも含めて彼らと活動をともにする。 また、音楽や舞、ファッションショーが一体化した壮麗な舞台の出演者としても、、山本寛斎、和田勉、毛利臣男、天児牛大らとのコラボレーションを行った数多くの仕事がある。 さらに、クリエイターとしても舞台の衣装を数多く担当。 自らも出演した演出のオペラ『青ひげ公の城』(1997年)で、衣装デザインを担当したほか、フランス・で初演された、同じく演出のオペラ『三人姉妹』(1988年)の衣装デザイン、2004年の佐藤信演出のふたつの舞台『リア王の悲劇』の衣装デザイン、公演『夢の浮橋~人形たちとの<源氏物語>』の人形デザインおよび人形遣いのスタイリングも手がける。 ウェアリスト(着る人) [ ] をまとい、たおやかな理想の女性を演じる一方で、小夜子は、例えば1977年の時点で、の動向やについて中西俊夫らと雑誌で情報交換するなど、新しいもの、オルタナティヴなものに対する強い感受性を持っていた。 2000年代に入った晩年の数年は、彼女のそうした側面が遺憾なく発揮された、最も自由な時間だった。 クラブカルチャーを舞台に様々な表現を始め、DJとしての活動、また多くの表現者と様々な表現に挑戦していた。 2002年、(CDJ、ミキサー、FX担当)、(VJ担当)と『SUNZU』を結成。 音楽活動としては、後にラッパーのA. PRODUCTION とも電子音楽ライブを行っている(小夜子は、DJ・ミキサー・声を担当)。 2003年、映像作家、VJとして活躍していた生西康典 、掛川康典と、舞、ファッション、音楽、映像、朗読などが一体化したパフォーマンスを展開。 山川冬樹 ら若い世代のパフォーマーたちとも積極的に共演する。 これは晩年「ウェアリスト(着る人)」を名乗った彼女の、映像や音楽、空間を「纏う」という独自の表現の完成を示していた。 2007年には、生西康典、掛川康典と自身の主演映画を共同監督する予定だったが、この計画は彼女の突然の逝去で断たれることになる。 一方、2005年から写真家 高木由利子 と雑誌、およびWebサイトで連載した『』は、彼女が興味を持つ世代を超えた表現者たちにインタビューしていくもので、諸文化の混合した現在の日本を、自らのありのままの出自として受け止める人々の連帯がここに示されている。 かつてナショナリスティックな「日本」イメージのアイコンであった小夜子。 しかし彼女自身は、早くから中国や朝鮮半島も含めた各種の身体表現、衣装やメークを通して、日本だけでなく東アジア人であることと内側から向き合おうとしてきたのであり、「日本なるもの」を再定義するようなこのプロジェクトはその集大成とも言えるものであった。 (Webサイト『蒙古斑革命』はサーバーダウンにより全データが消失し、しばらく閲覧できない状態だったが、2017年から「The Salvage Project of 蒙古斑革命」 として、サイトの復元が行われている。 ) 急逝 [ ] 小夜子は2007年8月14日、急性肺炎のため死去した。 小夜子の葬儀は親族だけで執り行われ、9月19日にお別れの会が開かれた。 小夜子は生前、最後の出演映画となった『馬頭琴夜想曲』にて、その1週間ほど前に会ったばかりだったという、同作の木村威夫監督は小夜子について「体調が悪い様子はなかった」と語っている事から、いかに急逝だったかが伺える。 2015年、にて小夜子の生涯と携わった作品群を回顧する「山口小夜子 未来を着る人」が開催された。 当時、小夜子は既に死後8年を経過しようという時の開催だったが、『山口小夜子』を知らなかったはずの世代にも熱狂的に受け入れられ、小夜子が体現したような「纏う」ということ、現在のファッションとアートの交錯を先駆するような存在となった小夜子をフィーチャーした本展は、現在にも通ずるファッションの本質についての再考としても受け入れられたのか、入場者数は5万5千人。 最終日だけでも3000人を動員し、大盛況のうちに幕を閉じた。 著書 [ ]• 『小夜子の魅力学』 3月 主な出演 [ ] 映画 [ ]• ( 本人役)• (1976年)• (1977年)• (1989年 役)• (2002年)• (「山口さよこ」名義)• (2015年 追悼作品) テレビ [ ]• - 「ヴォラーレ」でダンサーとして。 『』「・の少女の瞳」 旅人・山口小夜子(モデル・)、語り・、。 (12月28日・11月16日の各日にで再放送)• 『』 11月 - 横浜市立元街小学校を訪問• NHK衛星第2(2003年10月)[シネマナビゲーション/フランス映画特集コメンテーター] その他 [ ]• 発売ののアルバム『』のカバーをつとめた 写真:。 関連人物 [ ]• - 彼女の名に因んだ「サヨコスカッティ」という曲を出している。 - 彼女のチーフマネージャー。 その後イベントプロデューサーに転身。 1996年死去。

次の

山口小夜子の孤独死、死因や晩年に最期の写真。

山口 小夜子

山口小夜子の晩年は? 山口小夜子さんの私生活は最期まで謎のままでしたが、晩年は若いアーティストたちと、音楽や映像、朗読、ファッション、ダンスなどを組み合わせたパフォーマンス活動を行っていました。 また、モデル以外にも女優として映画「利休」(1989年)や「ピストルオペラ」(2001年)のなど多数の舞台に出演。 死後3日たち発見された孤独死でした。 急性肺炎で死亡するケースは、免疫機能が低下し肺炎の症状の悪化、治療薬の副作用、感染症などをきっかけで急激に病状が悪化することがあり死に至ることもあるようです。 そのため、死因も肺炎としながらもエイズや感染症など色々な噂が飛び交い、謎の多い人生でした。 山口小夜子のモデル経歴 ファッションモデルの山口小夜子さんがデビューしたのは1970年代。 この頃のモデルは、背が高くスタイル抜群の西洋風モデルの全盛期でしたが、山口小夜子さんはアジアンビューティースタイルを貫き、切れ長の瞳におかっぱの黒髪姿で登場します。 人はみな山口小夜子様を.. — 籠島雫 aka Mapeto Why30399884 そのため、オーディションに落ちてばかりで、これでダメならもうモデルはあきらめようとお母さんに髪をおかっぱにカットしてもらい、臨んだ山本寛斎のオーディション。 そこで、山本寛斎に魅入られオーディションに合格、気鋭の新人デザイナーとして世界に名を馳せていた山本寛斎のショーは大成功し、山口小夜子さんの名は世界に知られるようになったのです。 そんな中、資生堂が1973年よりCMの専属モデルに抜擢。 モデル山口小夜子の名は、日本のお茶の間にも浸透していきました。 昨日からなんとなく山口小夜子を思い出している。 ミステリアスなイメージが先行し過ぎて、実際は良く喋る社交的な人だと知ったのは随分後。 — gurucchi gurucchi 1977年にはニューズウィーク誌の「世界のモデルトップ6」にアジア人として初選出され、東洋の伝説的モデルとしての地位も掴みます。 「着る、という意味では、地球上に存在するあらゆるものを着こなす自信がある」と断言していた山口小夜子さん。 1998年にNHKで放送されたインタビューの中では、自分の美に対する信条を「意図を排除して自分を無にすることから、本質に触れる」と表現しており、プロ意識の高いモデルとして右にでるものがいないほどの実力がありました。 そんな山口小夜子さんですが、モデルとしてのキッカケとなった山本寛斎さんとの噂は有名です。 Sponsored Link 山口小夜子は山本寛斎と愛人だった? 山口小夜子さんは、山本寛斎さんについてこう語っています。 「私は寛斎さんに拾われたの。 寛斎さんのオーディションに行っていなかったら、私はモデルを辞めていた」と。 また、山本寛斎と山口小夜子さんは公私ともにパートナーとして長い付き合いがあり、愛人とささやかれることもよくあったのです。 事実、長年パートナーを組み仕事をしてきた仲で、パートナー以上の関係があったのでは?との噂も流れましたが確証はありません。 山口小夜子さんは、山本寛斎さんと何もなかったのか、あるいは関係があったのかは、今でも謎のままです。 山口小夜子は結婚して夫がいる? 山口小夜子さんは、結婚しておらず独身を貫きました。 死亡した時も発見が遅れたのは、独身だったからです。 そして、生涯独身を貫いた理由は、山本寛斎が既婚者だったため不倫関係が長引いた、愛人として愛を貫いたからといわれています。 山本寛斎さんは、幼少の頃父親が女性にだらしなく離婚、父親に引き取られましたが、何度も育児放棄され児童相談所に収容された経験があります。 そのため、山本寛斎さんは「父のような男にはならない。 結婚したら妻と子供を命懸けで守る。 」と決めていました。 その意志を知り関係を極秘にしていたか、ずっと片思いだったかで、独身のままだったのかも知れません。 Sponsored Link 山口小夜子のすっぴん画像 山口小夜子さんのメイクといえば、アジアンビューティーの切れ長な目ですが、すっぴんも同じ様な雰囲気なのでしょうか? すっぴんの画像をみて頂くと、実は切れ長な目ではなく、どちらかといえば丸い感じの目です。 ここからメイクでアジアンビューティーに変身するのですから、メイクってスゴイですね^^ 山口小夜子、この人素顔の目は丸くて可愛い風。 お化粧マジックとプロ意識凄い。 — gurucchi gurucchi 目をライナーで囲った切れ長な目は、アジアンビューティーを感じさせる美を感じます。 その美しさを知り、それを貫き通した山口小夜子さん。 悲しい最後でしたが、それも含めて山口小夜子さんの魅力なのかも知れません。

次の

山口小夜子の若い頃のすっぴん画像が衝撃?マツコも絶賛・影響も?

山口 小夜子

山口小夜子プロフィール 氏名 山口小夜子(やまぐち さよこ) 生年月日 1949年9月19日 享年57歳 2007年8月14日 出身地 神奈川県 身長 170㎝ 職業 モデル 最終学歴 杉野学院ドレスメーカー女学院 山口小夜子に夫は居ない! 今もファッション界で活躍するデザイナー山本寛斎が 見い出した日本発の パリコレモデルとして一世を 風靡したスーパーモデルの山口小夜子さん。 当時センセーショナルにパリコレでデビューした 山口小夜子さんは、アジア特有の魅力を世界に認め させた第一人者でもあります。 華やかな世界で認知された彼女は日本に帰国 してもバブル一色だった当時の世相から一躍時代の 寵児となり資生堂では12年もの長きに渡り専属モデル として契約を結んだ独りです。 それ程までに華やかな世界で活躍した山口小夜子さん はスリムな高身長にエキゾチックで妖艶なメイク が美しい彼女に、意外な事に 夫は居ませんでした。 生涯独身だった彼女ですが何故、結婚を されなかったのか、少し不思議ですよね? 山口小夜子が生涯独身だった意外な噂 日本を誇るモデルとして活躍した山口小夜子さん ですが、その57歳というあまりに短命な生涯に 人生の伴侶が居なかった理由は意外な理由だった のです。 華やかな世界に生きてモデルの第一人者だった 彼女ですが当時から彼女には 同性愛の噂もあった そうです。 勿論、その噂だけが独身だった全ての理由とは 限りませんが噂の真相が本当であるならば夫を 持たなかった理由にも納得できます。 現代では全く珍しくない同性愛は当時の世相を 考えたら今よりもっとカミングアウトしにくく 特に有名人だった山口さんにも例外ではなかった 事でしょう。 Sponsored Link 山口小夜子と山本寛斎の愛人説も? 冒頭でも説明したように当時からデザイナーとして 飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍した 山本寛斎氏に見初め られてパリコレデビューした山口小夜子さん。 山本寛斎氏を皮切りにケンゾーやゴルチェ、サンローラン と次々トップデザイナーがこぞって山口小夜子さんに モデルのオファーを出したと言われています。 モデルとデザイナーとしても深い親交があった 山口小夜子さんと山本寛斎氏ですが、その関係は 公私にわたり 愛人関係だったともいわれています。 山口小夜子さん自身も自身がトップモデルとして 活躍するきっかけとなった人物として 山本寛斎氏に 拾われた事によってモデルで成功することが出来た。 とのコメントを生前残されています。 お道化た顔した山本寛斎氏と一瞬メグミかと思った山口さん… 山本寛斎氏と言えば、デザイナでありながら個性の 強いキャラクターと見た目もなかなかの男前。 モデルとして惚れ込んだ山口小夜子と当時まだ 若かった山本寛斎。 今も健在なら山口小夜子さん69歳に山本寛斎氏が 75歳。 世界の舞台で活躍する二人がモデルとデザイナーと して長きに渡った愛人関係だったと言われても何ら 何ら不思議ではありません。 個人的には冒頭でお話しした同性愛者の噂より こちらの方が信憑性が高そうと思えてしまいます。 魅力的な女と魅力的な男が運命を左右するほどの 出会いがあったとしたら必然的に惹かれ合うのは もはや自然の法則です。 山口小夜子さん亡き今はいずこな話ですが東洋の神秘 と言われた山口小夜子さんらしい謎に包まれた関係 だったのかもしれませんね。 だって当時の山口小夜子さんも当然素敵ですが 山本寛斎氏も正直俳優になっても良かったんじゃない? と思うレベルの男前です。 山口小夜子のすっぴんは別人レベル? 日本人特有のアジア人としての魅力を世界に 認識させた第一人者だった山口小夜子さん。 今見てもまったく古臭くないけど当時は、物凄い 目立ったかもしれないビジュアルかも… 黒髪のストレートボブをアイコンとして切れ長の 目にキャットラインのような目の周りを黒いアイ ラインでぐるりと囲んだメイクは当時とても オリエンタルな美しさでした。 現代風のナチュラルメイクとは真逆の完璧な フルメイクに目力メイクが定番だった山口小夜子さん。 そのメイクはまるで、 すっぴんさえ想像も 付かないレベルのフルメイクです。 本当のすっぴんかどうかは定かではありませんが モデルとしてデビューする前の彼女なのでメイクで 作られたお顔ではないようです。 確かに、冒頭のメイクを決めた顔と比べると かなり違っては見えますね。 そんな彼女のすっぴんは別人レベルで可愛く 可憐な少女を連想させる美しさだったとか。 クールでセクシーな眼差しのイメージが強烈な 彼女のすっぴんは、世間に見せてきたイメージ とは全く異なる一面をメイクの下に持っていたと 言えるでしょう。 Sponsored Link 山口小夜子の晩年と早すぎる死 2007年8月14日に、わずか 57歳の若さで独り この世を去った山口小夜子さん。 その最後は独り東京の自宅でひっそりと息を 引き取ると言う孤独死だったと言われています。 死因は 急性肺炎だったようで細菌などのウィルス 感染が原因で発見された時には既に 死後3日を経過 した状態だったそうです。 彼女と交流のあった人物によると死後数日前から 体調不良を訴えていた状態で健康状態は良好では なかったそうです。 ただ、そんな状況だったからこそ家族やパートナー との誰かしらと一緒に暮らしていたのであれば 現代の医学を持ってすれば命は救われたのでは~と 想えると尚更いたたまれない気持ちになります。 お盆のさなかの真夏の盛りに、独り彼女は何を 思って息を引き取ったのでしょう… 僅か57歳の短すぎる生涯をひっそりと幕を閉じた 山口小夜子さん。 生前のファンらを集めて死後交流があった人達が その死を惜しんで築地本願寺でお別れ会が開催 されたそうです。 日本を代表するモデルとして活躍した山口小夜子さん。 知らない人が居ないレベルの活躍ぶりだっただけに あまりにあっけない最後に、どうしようもない人間 の孤独を感じざる得ません。 おわりに 昭和を代表するモデルで経済成長著しく日本の古き良き時代の寵児としてモデルの第一人者だった山口小夜子さん。 その短くも太い生きざまは現在に続く日本のモデルたちのアイコンとして今も憧れの対象として存在しています。 表舞台から消えた晩年と最期までがミステリアスな存在として活躍した彼女らしく、もしかしたら孤独だったのかもしれない、と連想させる寂しさもありますが、でも敢えて彼女はそうした最後を望んだのかもしれない、とも思えるのです。 やっぱり唯一無二の存在だからこそ消えるように静かにこの世を去っていっただけで孤独ではなかった。 永遠に東洋の神秘として存在するのだから。 安らかに~お眠りください….

次の