ポラス アフター メンテナンス。 ポラス(POLUS)の評判・口コミって?失敗・後悔しない家づくりの為に知りたい評価と坪単価2020

ポラス リフォームの評判@費用や口コミなど調べてみた

ポラス アフター メンテナンス

これが独自の「直営責任一貫施工体制」。 大工を訓練する訓練校を設立。 そこで培った高い技術力と正しい施工力で、ポラスの家づくりに貢献します。 業界屈指の研究所や実験施設を活用し、安心・信頼・快適な家を作るための研究・開発を進めています。 3万件を超える地盤データをもとに現地調査を行い、地盤状況を徹底的に調査。 最適な地盤改良を実施します。 設計と構造計算の担当が連携をとりながら、責任を持って担当。 地震に強い家づくりを実現しています。 ポラスの家を支える木材は、日本トップの加工技術・生産量を誇る自社のプレカット工場で生産されています。 ベタ基礎や湿気対策など、耐震抵抗力を高めるためにさまざまな手を施し、家を支える強固な基礎をつくります。• 自社の構造を理解した社員現場監督と大工が知識と技術をフル活用し、質の高い家を施工・管理していきます。 よりよい資材や設備を世界中から調達。 内外装工事からエクステリアまで、優秀な現場監督と職人が担当します。 基礎工事から外構完了まで独自の検査を実施。 検査専門部門の社員も交えて、入念に品質をチェックします。 地域密着型のメンテナンス体制を整備。 問題が発生した場合でも、専門社員が迅速に対応します。 お住まいに関する総合窓口。 どこに相談すればと悩んだ時など、お気軽にご相談ください。

次の

ポラス(POLUS)評判と口コミまとめ

ポラス アフター メンテナンス

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。 北辰工務店 営業の加藤です 2016年も早いもので9月になってしまいましたね。 新学期も始まり、気持ち改め新スタートといきましょう! さて今回のブログでお話しさせていただくのは、 ポラスの「アフターメンテナンス」 についてです^^ 皆さま現在お家づくりを考える上で、 どれくらいご入居された後のことを考えていらっしゃるでしょうか? ポラスグループでは、家を建てて売るというだけではダメだ! お客様がご入居してからが本当の始まり。 実際ご入居された後のお客様のご不便に向き合うのもポラスの責任と考えております。 ユーザーが本当に必要なサービスを考え抜き、 「家づくりはもちろん、建てたあとにまで責任を持つ」直営責任一貫施工体制を構築。 アフターサポート・メンテナンス部門として「住宅品質保証株式会社」を設立。 建てるまではもちろん、建てた後も、すべての工程において、下請け会社だけでなく、 自社で責任を持つべきだというこの理念は、私たちの基礎になっています。 ポラスのアフターサポート専属社員がご自宅に伺って厳しい目で徹底チェックを行い、 「一生愛せる住まい」を実現するために、定期点検のほか、 修理相談や長期保証のご提案などを行っています。 その理由は水漏れなど急を要するトラブルに迅速に対応させていただくためです。 些細なトラブルだと思えても、お客様にとっては大切なお住まいの一大事。 常にお客様の目線での対応を心掛けています。 訪問対応だけで金銭を請求させる業者が一般的の中、 ポラスでは現場へ駆けつけるのは全て無料で対応しています。 ポラスのカスタマーセンター宛にいただいたメンテナンスに関するお問合せも、 両部門が連携することでスムーズに対応できるようになっています。 毎日生活するお住まいだからこそ、プ口の目で、定期的に状態をチェックし、 本来の性能を維持するための処置を早期に行うことが肝心です。 自動車には「車検」という定期点検・整備があります。 これは法律で定められているだけでなく、車の性能維持、故障箇所の早期発見には、 欠かせないもの。 同じように、家もきちんと定期的にメンテナンスしていくことが 重要なのです。 ポラスでは、万が一売却することになってもメンテナンスの保証制度は引き継がれます。 更に建築及び維持保全に関する住宅履歴情報を管理し、 資産価値を維持する取り組み をしています。 現状は不具合がないと思っていても、家のどこかは、必ず傷んできています。 本格的な不具合が起きてからだと、想像よりも修理費は高くつき、 資産価値も下がってしまいます。 リスクを分散する意味でも、定期的にメンテナンスをすることが重要です。 40:キーワード別分類• 99:その他キーワード• 一条工務店 坪単価•

次の

アフターメンテナンスを甘く見ていた!?防蟻工事&排水管洗浄体験記 (注文住宅 HaScasa(ハスカーサ) 営業スタッフ ブログ)

ポラス アフター メンテナンス

メンテナンスの重要性をとくポラスには安心できる ポラスでは、アフターメンテナンスも同じ会社が行ってくれます。 ですが、メンテナンスを行うのはそこの専門分野に長けている社員です。 一括して家をプランニングするところからアフターサービスまで請け負ってくれるのは、話が通じやすくていざという時に便利ですよね。 地域密着型なのも、困った時にすぐ解決しやすいようにという意味合いもあるのだとか。 ポラスでは家のメンテナンスの重要性をサイトに記載しており、メンテナンスフリーを自慢するような会社ではありませんでした。 メンテナンスをしないと家は必ずどこか傷むこと、それを放置することが危険につながることについて書かれており、下手にメンテナンスが不要なくらいすごい家だぞとアピールするより好感が持てました。 こういう時、地域密着型のハウスメーカーというのは安心できますね。 メンテナンスの評判はまずまず?ポラスのアフターサービス 家は長く住むところですからメンテナンスは必要不可欠になってきますが、ポラスのメンテナンスの評判はどうなのでしょうか。 ネットで口コミを拾っていくと、家を建ててから1年目の時も2年目の時も丁寧な点検だったから得に不満はないですよというものがありました。 また、もし仮に不備が見つかっても点検時に業者に相談できるから安心だという高評価も。 家を建てる際には営業マンの対応が悪いという評判がありましたが、メンテナンスに関しては結構満足度が高いのではないかと思いました。 家を建てるとなると長い付き合いになりますが、メンテナンスはそこまで長い時間がかからないからもめごとは起きづらいというのもあるかもしれませんが。 とりあえずは、点検やメンテナンスには忘れずに来てくれる体制が整っているように思えます。 ポラスのアフターメンテナンスは本当に充実しているのか ポラスにはアフターメンテナンスというものがあります。 これには定期点検と保証延長工事があり、前者はその名の通り定期的に家の点検をしてくれます。 引っ越し後、3か月、1年、2年、5年と点検が入り、傷むであろう箇所を重点的に見てくれるのだとか。 傷んでくるとわかっている場所であるならば最初から強いものにしてほしいというわがままがありますが、それは難しいのでしょうね。 一方、保証延長工事ですが、これは満9年になる家を工事することによって、保証期間を倍の20年まで延長できるというサービスです。 個人的には、10年で家は傷んでくるという前提はちょっと早いなと思います。 また、保証は60年というハウスメーカーもあることを思うと、保証期間が倍になるとはいえそこまで特筆すべき内容なのかと思ってしまいます。 ポレスの家は10年が節目!アフターメンテナンスの上手な活用法 ポラスで家を建てたなら、家を建ててから10年目になるまでに工事をすれば、保証期間が倍の20年にまで延長できます。 これはポラスのアフターメンテナンスのシステムの1つです。 家ができてから3か月後、1年後、2年後、5年後と定期点検がありますが、これがアフターメンテナンスのもう1つのシステムです。 この2つによってアフターサービスが成り立っているという形ですね。 他のハウスメーカーはメンテナンスフリーなのかという誤解を招きかねない表現をしているところもあるので、ポラスのメンテナンスの必要性をはっきりと伝える主張はわかりやすいです。 しかし、10年で家は傷んでくるという言葉は少しひっかかり、そんなに早く老朽化してしまうのかという不安もあります。 その家の保証が延長されて20年なら、短いと感じざるを得ません。

次の