カブドットコム スマホ。 カブドットコム証券のシストレFXは評判の高い自動売買ツールが魅力的!サービス内容や口コミを徹底解説します

kabuステーション(auカブコム証券)の評判・評価と使い方/i

カブドットコム スマホ

カブドットコム証券は99年創業の会社をルーツとする、ネット証券業界創世時から営業を続けてきた 大手ネット証券の1社です。 ネット証券だけあって 株式の手数料は割安ですね。 中でも注力しているのが 信用取引の手数料で、こちらは上記の通り、他のネット証券と比較してもお得な水準です。 手数料だけでなく、売買可能な銘柄も約2,300銘柄と、ネット証券の中では 最多です。 信用取引をご検討の方は利用してみてもいいかもしれませんね。 さらにカブドットコム証券の特徴をご案内するとすれば、やはり 三菱UFJグループの完全子会社という点が挙げられます。 他のネット証券と比較してもその 信用力はダントツに高い、ということになります。 会社の信用力が気になる方にはオススメのネット証券です。 実際に利用してみると、豊富な発注機能や幅広い投資情報を網羅した高機能トレーディングツールである kabustationが用意されているのは好印象です。 超高速次世代型ツールであり、信用取引の日計りも、フル板発注におまかせです。 また、 スマートフォンの取引も楽にできます。 専用のカブボードフラッシュ、板フラッシュ、テクニカルチャート、会社四季報など、取引をサポートする投資情報が用意されており、チャート画像、気配値なども鮮明に見ることができます。 こちらも当然、 口座管理手数料はかかりませんので、ご興味がある方は口座開設を検討されてはいかがでしょうか。 もっと連携を深めてほしい。 残高制限とかあったら即座に解約。 IPO一覧みたいなのがあると分かりやすくていいです。 たくさんの銘柄を登録できるので一覧性に優れています。 使ってみないと分からないですね。 今はちょっともったいないのではないでしょうか。 大手だと思うのですが最近存在感が全くないです。 やはり三菱傘下だとこんな感じになってしまうのですね。 ネット証券の中では楽天かSBIかになってしまうと思います。 試しに過去の例を見たら確かにどれも上昇していて投資してみたくなりました。 当たるのは難しそうですが当たらなくても困らないので挑戦してみようと思います。 安心して利用できそうです。 どういう人選なのでしょうか。 40代あたりを狙っているのでしょうか。 広告はともかくアプリは充実していると思いました。 以前何度かいい思いをしているので二匹目、三匹目のドジョウを狙いたい。 じぶん銀行や三菱東京UFJはグループ会社なのだからATM手数料や振り込みを優遇するなど充実させてほしい。 見識を疑います。 たまに今このタイミングで買いたい!ということがあるのでその時のことを考えると使いやすいというか使い慣れていることは重要。 たぶん、変な売り方もしなさそうと感じた。 株ステーションは便利。 まだネット証券上位に位置しているのでしょうか。 口座がまだ生きていれば久しぶりに使ってみよう。 どんどん三菱化が進んでいるんだろうね。 利用者からすればその方が安心できるかな。 前も出ていなかったか?内部体制がかなりずさんなんだろう。 証券破綻を経験したものとしては信用力も大切。 とくに利食い・損切の際にいろいろな注文が選べるので朝、発注しておいて昼休みや夕方などにゆったりチェックすることができます。 私のようにポジションを持っているとそわそわしてしまう人には向いています。 本屋で買ったネット取引の本がカブドットを見本に解説されていたためその流れで口座開設しました。 若い人なら直感的に利用できるのかもしれませんが、私のようなシニアには本があるのはとても心強いです。 手数料は安くはないと思いますが、小額の取引なら気にならない程度です。 それより株価の動きの方がよっぽど損益に影響します。 じぶん銀行の口座を持っている人はちょっとしたお小遣い稼ぎになる。 あくまで感覚的なものでしたが、従来の証券会社と比べれば手数料がグっと下がり満足です。 コンテンツ・インデックス ネット証券口コミ一覧•

次の

ネット証券の“総合病院化”へ カブドットコム証券が見据える金融体験の未来

カブドットコム スマホ

カブドットコム証券は3つのFXサービスが利用できる! カブドットコム証券は、1999年に設立された日本オンライン証券株式会社とeウィング証券が合併し、2001年にカブドットコム証券としてスタートした証券会社です。 三菱UFJフィナンシャル・グループのネット証券会社ですので、基盤は安定的で安心。 このカブドットコム証券はFX取引では• 店頭FX• シストレFX• くりっく365 上記3つのサービスがあり、様々な角度からあらゆるテクニックでFX取引を進められるメリットがあります。 シストレFXは自動売買で取り引きでき、カブドットコム証券においては店頭FXより有利なスプレッド設定になっています。 カブドットコム証券はこのようにFXと一口に言ってもいろいろな手法で取り引きできますので、飽きずに、またいろいろな戦略が思いつく環境になっています。 スプレッドや注文方法など、サービス内容を知ることは非常に大切です。 他の業者と比較ができ、自分に合った業者か判断しやすくなります。 ここでは、カブドットコム証券の取引概要・サービス内容について見ていきましょう。 スプレッド カブドットコム証券のスプレッドは正直に言って「可もなく不可もなく」という印象です。 下記がスプレッドになります。 0pips 他社の設定と比べるとかなり広めです。 スプレッドの面で言えば、正直カブドットコム証券は魅力が薄いです。 約定スピード、成行約定率 カブドットコム証券は、ホームページ上で約定力や約定率については触れていません。 しかし、ユーザーの口コミ・評判を見る限り、大幅なスリッページの発生もなく、約定力や約定率への不満も少ないです。 スワップポイント カブドットコム証券のスワップポイントは、業界トップクラスの水準ではありませんが、スワップポイント狙いで利益を出すことは十分可能でしょう。 以下の3つの通貨ペアはスワップポイントも高くおすすめです。 米ドル円53円(1万通貨)• NZドル円30円(1万通貨)• 南アフリカランド円200円(10万通貨) 取引単位 カブドットコム証券のFX取引における取引通貨単位は各サービスによって違います。 まず、一般的な店頭FXの場合、取引通貨単位は1万通貨になります。 1回の取り引きの上限は500万通貨まで、成行注文では200万通貨までになります。 取引単位はやや大きいので、証拠金の用意が多めに必要になってしまいます。 取引手数料 カブドットコム証券ではFX取引において基本的に取引手数料などの売買経費が不要です。 口座開設費 無料 口座維持費 口座管理費 取引手数料 取引経費としてはスプレッドが挙げられるくらいで、ほかには費用はかかりません。 通貨ペア数 カブドットコム証券のFX取引で売買できる通貨ペアを紹介します。 まず店頭FXでは全10通貨が用意され、組み合わせによって以下の12ペアで取り引きが可能です。 注文方法 カブドットコム証券の店頭FXで利用できる注文方法がFX取引における基本的な取り引きの方法になります。 ちゃんと理解できていれば、どんな相場においても利益を得ることができるようになります。 入出金体系 最低初回入金額など カブドットコム証券のFX取引ではまずカブドットコム証券自体に証券口座を開設する必要があります。 あるいは同時にFXの口座を開設し、預入金をFX口座に振り替えすることで取り引きが始まります。 入金 カブドットコム証券では取り引きは株式や投資信託が中心で、FX取引はどちらかというとおまけの方に近いと考えてください。 ですので、証券口座を中心にしなければならないのです。 これはロスカットや利益獲得チャンスの増資などが非常に面倒になるので、スピードに欠けることになります。 銀行で振り込みをしてもFXの口座に反映されるのが数営業日後であることも考えられます。 証拠金はかなり余裕を持っていなければなりません。 クイック入金 カブドットコム証券ではクイック入金を「リアルタイム口座振替」と呼びます。 これはリアルタイムに会員の証券口座に資金を入金するサービスで、付随していくつものサービスも用意されています。 トレーダーはマイページなどから入金額を指定すれば、それが即時反映されるのです。 会員同士が会話して問題解決することが可能な「教えて! kabu. com」というナレッジコミュニティもあります。 情報コンテンツ、マーケット情報 閲覧できる為替ニュースなど カブドットコム証券は総合的な金融取引証券会社ですので、FXだけでなく金融全般的なニュースやマーケット情報、情報コンテンツを提供しています。 ロイターマーケットレポート ニューヨーク株式市場の大引け直後にその日のマーケット概況をロイター社が提供。 kabuレター カブドットコム証券の会員だけに配信。 相場の考え方や売買戦略のヒントを紹介。 投資情報室 有名アナリストなどによる投資手法や最新の金融情報を提。 kabu. com投資情報室レポート テーマごとに分析を行う。 初心者にもわかりやすい解説を見る事が可能。 他にもセミナーも開催していて、オンラインセミナーだけでなく、会場を借りて講師が解説を行うセミナーも頻繁に開催。 しかも、いずれも無料になっています。 信託保全 カブドットコム証券ではFX取引用にトレーダーが預けた証拠金は、しっかりと分別管理した信託保全で守っています。 日本の金融関係の法令で決まっていますので、他社同様にカブドットコム証券も不安を感じることなく、証拠金に確定した損益などを加味した金額が保全されています。 これは店頭FX、シストレFXにおいて共通の対応です。 ロスカット・メール配信 カブドットコム証券の店頭FXは2. 5万円~100万円の、証拠金のレベルでコースが異なります。 コースが違うことでレバレッジやリスクが変わるのですが、同時にロスカットの執行レベルも変わってきます。 他社では証拠金維持率などが設定され、それに合わせてロスカットが執行されますが、カブドットコム証券の場合、証拠金金額が決まっているので「レートが何円下がったら執行される」というのがあらかじめわかっていて、管理がしやすくなっています。 以下がコースごとの自動ロスカット値幅になります。 (通常) 米ドル円0. 3銭 (ミニ)• 米ドル円 1. ユーロ円 1. ポンド円 2. 豪ドル円 1. スイスフラン円 4. カナダドル円 3. NZドル円 2. 南アフリカランド円 3. ユーロ米ドル 1. 8pips• ポンド米ドル 2. 8pips• 豪ドル米ドル 2. 8pips 1,000通貨単位で取引ができるミニ通貨ペアもスプレッドが縮小されるなど、非常にお得なキャンペーンです。 多くが0. 5銭以上も縮小されているため、特に短期トレードをする人は利益の拡大が期待できます。 そして無事口座開設手続きが完了したあとはIDとパスワードが登録上の住所に郵送されます。 あとは送られてきたID・パスワードでマイページにログインし、口座に資金を振込み、あるいは取引ツールからクイック入金すれば取り引きを始められます。 マイナンバー確認書類 マイナンバー個人番号カードがあれば、他の本人確認書類は不要です。 もしマイナンバー通知カードの場合は運転免許証や住民基本台帳カード、パスポート、福祉手帳などのいずれかの本人確認書類を合わせて送ります。 通知カードに顔写真がない場合は住民票の写しか記載事項の証明書、健康保険証、年金手帳、印鑑登録証のいずれか2点を合わせて郵送します。 上記は個人口座です。 法人口座もネットで申し込みをし、履歴事項全部証明書や印鑑証明書、取引責任者の本人確認書類を郵送します。 その際、マイナンバーに当たる法人番号がなければ法人口座開設はできません。 カブドットコム証券でFXを始めることの大きなメリット カブドットコム証券でFXをするメリットは、次の3つです。 自動売買システムで24時間いつでも取引ができる• 高機能ツールで外出先からでも本格的な取引ができる• 投資情報が豊富なため分析がしやすい シストレであれば、全自動なので外出中も寝ている間も利益が狙えますし、難しいプログラミング言語の知識も一切必要ありません。 操作性・カスタマイズ性に優れたツール「シストレFXナビゲーター」とアプリ「シストレFX」があるため、外出先からでも本格的な分析・取引ができます。 また、アナリストレポートやセミナー・勉強会など、投資情報も充実しているため、初心者〜上級者まで安心して取引が可能です。 関連記事• 米ドル-円、中国元-円など全20通貨ペアが、業• 詳細情報 取引ツール「FX PRO」 プレミアム チャート スマホ版アプリ iPad版アプリ 24時間体制の顧客サポートなど、DMMグループの充実したFXサービスが特徴! 今までにないFXシステムが外為ジャパンにはある!• 外為どっとコムがお届けする、進化するFX 少額からの取引が可能、長期投資も短期トレードも、投資スタイルに合わせた口座管理ができ• シストレ24 インヴァスト証• 詳細情報 はっちゅう君FX iClickFX iPhoneアプリ FXroid Androidアプリ プラチナチャート FXチャートGOLD 取引高7年連続で世界第1位!! (ファイナンス・マグネイト社調べ2012年1.

次の

カブドットコム証券の評判は?特徴からメリット・デメリット、口座開設の流れまで解説

カブドットコム スマホ

カブドットコム証券の取引ツール、アプリの種類と特徴 カブドットコム証券の取引ツールとは カブドットコム証券の主な取引ツールは、 kabuステーションです。 現物株式だけでなく信用取引、先物・オプション取引にも対応しているため 取引の種類を問わず利用できます。 その他にFXやくりっく365などには、 専用の取引ツールが用意されています。 kabuステーション 現物株式、信用取引、先物・オプション取引に対応する取引ツールです。 インストール型でスムーズな接続ができます。 銘柄登録リストは 2,000銘柄に対応し、銘柄情報も詳細に確認が可能です。 注文方法はフル板発注、クイック注文、プリセット注文リスト発注、バスケット発注に対応しています。 フル板発注では20銘柄が登録可能で、板に直接数量を入力できます。 クイック注文は情報画面から直接クリックのみで発注画面に遷移し、スムーズな注文が可能です。 株価以外の情報を事前にセットしておくプリセット注文や、セットした複数注文を一括発注できるリスト発注、バスケットに登録した注文を一括で発注できるバスケット発注も便利です。 チャートはローソク、ライン、一目均衡表、新値足、P&Fがあり、足種別は12種類です。 アドオンチャート8種類、サイドサブチャート19種類と、都合に合わせたチャート選びができます。 取扱ニュースはロイター、フィスコなどのメジャーなものから、日経QUICKニュース、株式新聞ニュース、みんかぶ、投資情報室と種類も豊富です。 有料ツールですが、初回申込の一定期間やカブドットコムでの 取引が毎月1回以上あるかたは無料で利用できます。 信用口座開設済のかたは 無条件で無料です。 店頭FXナビゲーター インストール型の 店頭FX取引ツールです。 店頭FX口座を開設しているかたは 無料で利用でき、スーパークイックモードなどワンクリック発注にも対応しています。 事前にテクニカル分析の条件を設定しておくと、売買シグナルの発生が通知され 売買の機会を逃しません。 ツール内では国内外のニュースを配信するニュースヘッドラインがあり、最新のマーケット情報をチェックできます。 レイアウトも自由に設定でき、見やすいカラーで取引が可能です。 シストレFXナビゲーター カブドットコム証券では店頭FXだけでなく、 シストレFXも取り扱っています。 シストレFXに対応したシストレFXナビゲーターは、新規注文やポジション照会、決済注文などの取引だけでなく投資情報のチェックも可能です。 ロイターやフィスコが提供するニュースの確認ができ、 細かいチャート機能も揃っています。 シストレFX全自動取引シグナルチャート シストレFXナビゲーター内の取引ツールで、 全自動取引をしたいかたに適しています。 時間をかけず発注ができますが、取引コストは通常取引と同じです。 低コストにこだわるかたにも向いています。 365FXナビゲーター くりっく365取引専用の インストール型ツールです。 取引やニュースチェック、レイアウト変更など 使い勝手の良いシステムが魅力です。 チャートはローソク足、バーチャート、ラインチャート、P&F、新値足、カギ足、逆ウォッチ、平均足に対応しています。 様々な指標から相場を確認でき、チャート発注機能で スピーディーな注文にも対応可能です。 365CFDナビゲーター 株365取引専用の インストール型ツールです。 取引やニュースチェック、チャートの確認などに対応しています。 取引設定や通貨ペア設定なども自由にでき、 使いやすい内容に切替できます。 カブドットコム証券のアプリとは カブドットコム証券はスマートフォンからの取引にも力を入れています。 アプリで取引できる内容は多く、 大半の取引がスマートフォンに対応しています。 PCで利用できるkabuステーションはアプリにもなっており、スマートフォンから同様の機能を利用できます。 取引だけでなく 銘柄検索に特化したアプリも展開しています。 スマート口座開設アプリ カブドットコム証券の 口座開設専用のアプリです。 通常、オンライン口座開設はPCからの手続きが必要ですが、スマート口座開設アプリを使うと証明書のアップロードも スマホから簡単にできます。 スマホからの手続きでスムーズに口座開設をしたいかたにぴったりで、ダウンロードも無料です。 取引関連のスマホアプリ kabuステーションはPC版と連携が可能で、スマホからも詳細なチャートやニュースの確認をしたいかたに適しています。 kabu smartは銘柄検索と注文機能がセットになったアプリで、カブドットコム証券の口座開設をしていないかたも利用可能です。 kabu. comアプリにはAndroid版、iOS版、au版があり、au版は現物株式の手数料が1%割引になるメリットもあります。 現物株式、信用取引、投資信託、外貨建MMF、プチ株、先物・オプション取引、くりっく365、取引所CFDに対応しているため、ほとんどの取引がkabu. comアプリ内で利用可能です。 シストレFXと店頭FXはkabu. comアプリ内からもアプリ起動ができますが、別途アプリのダウンロードが必要です。 銘柄検索系のスマホアプリ PICK UP!チャートはテクニカル分析から売買に適した銘柄を抽出する銘柄検索アプリです。 売買シグナルから銘柄検索ができるだけでなく、銘柄ごとにシグナルをチェックできます。 PICK UP!株テーマは話題のテーマから銘柄を検索できるアプリで、トレンドに合わせて銘柄選びが可能です。 ランキングに表示されているテーマはお気に入りに登録できるため、気になったテーマは後からじっくり検討や確認ができます。 テーマ解説機能がついていることも特徴で、テーマを見ただけで内容が分からない場合でも最新の話題やテーマについて勉強できます。 PICK UP!株主優待は株主優待に特化しており、該当月の株主優待や優待内容から銘柄を検索するなど、気になる株主優待について検索が可能です。 IPO LabはIPO銘柄の検索をしたいかた向けのアプリで、新規上場企業の情報が揃っています。 東京IPOのコンテンツを活用しているため、サイトにアクセスせずアプリで手軽に企業情報をチェックできます。 投資の見直しや確認をしたいかた向けのアプリ FUND MEは投資信託のシミュレーションができるアプリです。 簡単な質問に答えることで、顧客に合わせたポートフォリオを提案します。 これから投資信託を購入しようと考えているかたや、 現在の投資スタイルの見直しを考えているかたに役立ちます。 まとめ ここまでカブドットコム証券の取引ツールやアプリについて見てきました。 内容を簡単にまとめておきましょう。 カブドットコム証券の主な取引ツールはkabuステーション• FXやくりっく365には専用取引ツールが用意されている• アプリで取引や銘柄検索、口座開設も可能 カブドットコム証券には 多くの取引ツールやアプリが用意されています。 Webサイトやスマートフォンサイト以外で取引したいかたや、アプリで銘柄検索をしたいかたにもおすすめです。 カブドットコム証券の口座開設が必須のツールもありますが、 誰でも利用できる無料アプリも多く使い勝手は良好です。 kabuステーションでは多くの取引が可能でPC版とスマホ版が提供されているため、 自宅でも外出先でも自由に取引ができます。 FXやくりっく365などの取引には専用ツールが利用でき、無料でインストールできるので便利です。 カブドットコム証券の利用を考えている場合は取引ツールやアプリを活用して、手軽に取引を進めましょう。 当サイトおすすめネット証券.

次の