何 も 咲か ない 寒い 日 は 下 へ 下 へ と 根 を 伸ばせ やがて 大きな 花 が 咲く。 後藤清一の名言

神崎のナナメ読み: 何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く〜マラソン高橋尚子さんの座右の銘

何 も 咲か ない 寒い 日 は 下 へ 下 へ と 根 を 伸ばせ やがて 大きな 花 が 咲く

45歳の時無職になった私は、しばらく家でインターネットを使って仕事をしていました。 朝から晩まで、ひたすらPCに向かう毎日。 時には夜中までも。 最初の1か月で複数運営するブログに200記事近く投稿し、徐々に収益が上がり始めました。 しかし、3か月目に思わぬ失敗。 やっとの思いで上げた見込み収益がゼロになり、絶望感に打ちひしがれました。 一瞬、もうやめようと思いましたが、ビジネスを教えてくれた先生に「 ここで感情に負けてはいけない」と励まされ、再起することにしました。 また同時に、やはり、不安定なインターネットの仕事を生活の柱にするのは時期尚早と判断。 就職活動を開始したのでした。 そして、10社受験したところで内定をいただき、ひとまず安定した仕事を得ることができました。 就職が決まり、気持ちの落ち着きを取り戻した私は、3か月間家にこもりっきりで落ちていた体力を戻そうと、散歩に出ることにしました。 季節は春。 無職になったのが真冬でしたから、それから3か月たち、すっかり暖かくなった春の空気に、気持ちが和み、前向きな力が湧いてくるように感じたものです。 菜の花は、冬の寒さに耐えてこそ春に花開く 春の野道で際立った存在感を出しているのは、あの鮮やかな黄色の菜の花でしょう。 菜の花は、今では菜種油を取ることも少なく、おそらく春の野を彩る花としての役割と存在感の方が大きいのではないでしょうか。 また、うちの方では「摘み菜」と言って、花が咲く前に後から後から生えてくる新芽を摘み、ゆでていただきます。 糖度が高く、すごく甘くて美味しいのです。 この「菜の花」または「摘み菜」は、春にあんなにも甘く美味しい菜に育ち、それを過ぎるとあんなに鮮やかな美しい黄色い花を咲かせるものですが、実は、この豊かな糖度や、鮮やかな黄色は、寒さに耐えてこそなのだそうです。 菜の花の種を蒔くのは、秋。 そして、冬の寒さの間に育つのです。 霜が降りても、雪が降っても、寒い風に吹かれても、育つ。 むしろ、 厳しい寒さを越えないと、しっかり育たないのだそうです。 春に実る甘さと、鮮やかな黄色は、寒さに負けず耐えてこそのもの。 そう考えると、私たちが、仮に今「真冬」と思えるような厳しい状況に置かれていても、それは春に甘く、鮮やかに、堂々と咲くための準備なんだとなぞらえることは、できないでしょうか? というか、ちゃっかりと、そんなふうに考えてみたらよいと思いませんか? あなたは今、どんな状況にいるのでしょうか? 何かに失敗して落ち込んでいますか? 仕事を失い、希望が持てずにいますか? 長い間、病に苦しみ、明るい希望が持てずにいるのでしょうか? 結婚生活が破綻して、独りぼっちになってしまったのでしょうか? どん底にいる、そんなふうに感じていませんか? もしあなたがそんな状況にいるならば、今はあなたにとって冬、つまり 力を蓄える時なのかもしれません。 何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。 やがて大きな花が咲く。 上の言葉は、シドニー五輪のマラソン金メダリスト高橋尚子さんの恩師中澤正仁先生の言葉だそうです。 マラソン選手になって3年、不調で結果を出せなかった高橋選手は、この言葉を胸に練習に励んだといわれます。 不遇、あるいは、結果が出せないときや、どん底と思う時は、下へ下へと根を伸ばしていく時なのでしょう。 人生は、悪いことばかりはつづきません。 逆に、良いことばかりも続きません。 人の幸不幸の量は総じて同量だともいわれます。 だから、あなたも、今どん底にいると思っても、その状況に負けず、下へ下へと根を張りましょう。 根がはれば、大きな木に育ちます。 大きな木には、沢山の葉が芽吹き、沢山の花が咲き、沢山の実がなることでしょう。 沢山の鳥たちが遊びに来ることでしょう。 ジャンプするにはかがまなければいけないように、春を迎えるには冬があることに意味があるのだと思います。

次の

何も咲かない 寒い日は

何 も 咲か ない 寒い 日 は 下 へ 下 へ と 根 を 伸ばせ やがて 大きな 花 が 咲く

昨日電車の乗っていた時の事 左前に20代のサラリーマンのお兄さんが座っていて 一つ席が空いていて、そこに子連れの母と子供がきて そしたら そのお兄さん お子さんに席を譲ったんです 親は遠慮するも 彼は譲りました さて ここでどうすべきでしょうか、この親子は? そうですよね 先ずはお礼を言わなければいけません しかし、その母親だけはお礼言ったのですが 子供はお礼を言わなかった おいらは それ違うだろーって思っていて 結構頭にきていてさ 笑 んで、おいらの隣の席が空いたのに彼座らないの あ なるほどねって思った このお方、俺と同じ事しているタイプの人だって思った 疲れていなければ自分は立つ んで、青山が私の目的地だったから 降りようとしたの 普通さ 降り際にお礼を言うべきだと思うんです でもその親子、何も言わないの・・・ もう私は激オコプンプンマル 笑 でも、その親子には何も言えず・・・ 降りた彼に追いかけて言おうとしたけど そんな勇気なし・・・ あと一歩・・・ 踏み出せない このブログをご愛読されている方なら もしかしたら見られている方もいらっしゃるかもしれません 新潟での子供と親とおじいちゃんのストーリー覚えていますか? 頻りに電車の中で座りたい座りたいとぐずる子供 親は我慢せいというが、一人の男性が席をゆずる 一安心と思ったら 今度は子供が 「景色が見える席に座りたい」と甘え始め 勿論親も我儘言うんじゃないというが とある一人の紳士が席を譲ろうとした そしたら、60代後半の紳士がこう言った 「いけん。 譲っちゃいけん」 紳士「おかあさん、どちらまで行かれますか?」 母「〇〇までです」 紳士「そしたら20分位ですね。 我慢出来るでしょう」 「あのね、今座っている人達は仕事帰りで皆疲れているんだ。 子供を甘やかしちゃいけない。 私が管理しているコミュが御座います。 ご興味ある分野御座いましたら是非来て下さい。 私が管理しているコミュが御座います。 ご興味ある分野御座いましたら是非来て下さい。 ママは毎日みのもんたのように人生相談を受けている お役目なんだろうなぁ おいらの前世の課題、そして今世の学びとはなんなんだろう 他人の気持ちをわかってあげられることかな? 人間関係をうまくやっていくことかな? 苗字を残すことかなぁ? 正直、わからないがいずれも成し遂げなければいけないことだ 退院して以来毎日外に出ていたが今日はとうとうひきこもりになってしまった 具合が悪い 倦怠感がある 体が思うように動かない 何もする気がおきない 私なりのルーチンワークすらままならない 夏で暑いからかな まぁ、生活も人生も山あり谷ありですからね ミクシィ やっています。 私が管理しているコミュが御座います。 ご興味ある分野御座いましたら是非来て下さい。 9日の名古屋国際女子マラソンで、北京五輪への夢をかけて8年ぶりに名古屋を走った高橋尚子選手(35)。 序盤で失速し、一時は完走さえ危ぶまれながら走り抜き、ゴールではいつもの笑顔も見せた。 レース後の会見では、昨夏ひざを手術していたことも明かし、現役続行を表明した。 トップと約18分遅れ。 苦しく厳しい42.195キロだったが、ゴール直後の高橋選手はサングラスを外して笑顔を見せた。 ファンが詰め掛けた瑞穂陸上競技場のスタンドに向かって深々と一礼、手を振った。 その表情からは、思わぬ惨敗の悔しさはうかがえなかった。 異変が起きたのは8キロ過ぎ。 突然ペースダウンし、30人余りの先頭集団からみるみる引き離されると、その後も1人また1人と後続に抜かれた。 父良明さん(66)は10キロ地点の沿道で、「ファイト 高橋尚子」の横断幕を掲げて応援した。 先頭集団から大きく遅れた高橋選手を見ると「顔色が悪い」と感じた。 思わず「尚子、水を! 水を!」と大声で給水するよう呼びかけた。 時々視線を下に落とす高橋選手の走りには、勢いが感じられない。 対照的だったのが、沿道を埋めた65万人(主催者発表)のファンの笑顔だった。 先頭集団が通過しても帰路に就く人はほとんどいない。 優勝争いから脱落した高橋選手を待ち続け、目の前を通ると「Qちゃん、頑張って!」と拍手や声援を送った。 小学生時代から高橋選手を知る、岐阜市芥見のすし店経営、佐伯年一さん(59)は33キロ地点の愛知県庁前で応援。 「体調を崩していたのかも」と27位の結果に肩を落としたが、「期待に応えようと最後まで走ったんだろうね」と笑顔も見せた。 高橋選手が県岐阜商高陸上部時代に顧問だった中沢正仁さん(40)=現市岐阜商高教諭=は、愛知県庁付近などで応援した。 高橋選手の座右の銘「何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。 やがて大きく花が咲く」を教えたのは中沢さん。 「特段優れた選手ではなかったが、絶えざる練習と努力の大切さを知っていた」。 序盤で失速する展開に「あんな姿は初めて見たけど、コンディションが悪い中、よく走り抜いた」とたたえた。 競技場のスタンドで声援を送った愛知県豊田市の会社員、岩崎栄美さん(31)は市民ランナー。 「走ることが好きなQちゃんは生涯走り続けると思う。 いつか同じレースで走りたい」とエール。 同県一宮市の会社員、早川正則さん(62)も「第一線で競技を続けるのは年齢的に難しいかもしれないが、経験を生かして頑張ってほしい」と話した。 北京も狙っていた今回の名古屋レースだったと思うが、それと一緒に前も言った諦めないことの重要性を走ることで皆さんにお見せして一人でも多くの人にそれが伝わればいい。 そういった気持ちも結構強かったんじゃないかな。 順位はともかくランナーとして、人間として、彼女は色んなものを見せてくれたり、教えてくれたと思う。 走り終えても笑顔 記者会見も万遍の笑み。 走るのが好きなんだ。 走ることで多くの人に伝えたいことがあるんだ。 勝負はただの勝ち負けだけではない。 勝負は正負とも書いていい。 チケットこそは失ったものの、正しい何かを伝えてくれたよ彼女は。 私は応援し続ける。 彼女が走り続ける限りずっと応援し続ける。 ミクシィ やっています。 私が管理しているコミュが御座います。 ご興味ある分野御座いましたら是非来て下さい。 191• 224• 236• 158• 341• 298• 307• 206• 122• 300• 165• 219•

次の

神崎のナナメ読み: 何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。やがて大きな花が咲く〜マラソン高橋尚子さんの座右の銘

何 も 咲か ない 寒い 日 は 下 へ 下 へ と 根 を 伸ばせ やがて 大きな 花 が 咲く

何も咲かない寒い日は、下へ下へと根を伸ばせ。 やがて大きな花が咲く。 — 昔に書いたブログ記事をツイートされたりなどで、自分の文章をふと読み返していました。 で、ふと今日、検索してみました。 どうやらマラソンの高橋尚子選手の座右の銘らしく、恩師からいただいたものというのがひとまずの着地点。 好きな言葉です。 好きという以上に、助けられています。 「駄目なときは、下へ下へと根を伸ばせ」 日々いろんな重荷や何やらがあって、精神的にもいい状態とそうでない状態があり、良くないときには「下へ下へと根を伸ばせ」と自分に言い聞かせていました。 いまもそうです。 ずいぶんこれで助けられました。 8月に、独立起業して5年目に入ります。 会社の期末は3月末で、法人としてはすでに3期目に入っていたり、その法人の設立は5月だったりと、他の会社の皆さんはどういった区切りを節目にしているのかよく知らないのですが、僕にとってはなんだかんだと個人として独立した8月が節目だったりします。 よくもまあ、4年間無事でいられたよなと思います。 独立して1年も経たないうちに東日本大震災が起き、続けて眼の手術で1週間入院したりと、そのときはなんとかなるよと思っていましたが、1年目2年目はなんだかんだと売上的にも不安定でした。 「根拠のない自信」だけで前に進んでいました。 それはいまも変わらず。 2006年に大阪から出てきたときも、2008年にデジパを退職したときも、「根拠のない自信」だけはなぜか持ち続けていました。 ある程度の根拠を元に提案をするという仕事をしていながら、すごく変な話ではありますが。 浮かれるほどのものは積み上げられていませんが、明日はまた変わらぬ新しい一日としてやってくるので、僕も変わらず上に下に少しずつ伸びようと思います。

次の