アコギ 定番曲。 アコギ中級者のおすすめ曲をポイント解説しながら紹介する【男女別で計10曲】

【アコギ弾き語り】初心者でも簡単に弾ける曲・楽譜まとめ5選【2020年版】

アコギ 定番曲

曲や弾くときのポイントなども書いて行こうと思いますので演奏の参考にしてみてください。 Everyday I have the blues 定番中の定番曲ですね。 12小節の7thブルースです。 ブレイクやキメも出てこないのでブルース進行を知っていれば誰でも参加できる曲です。 ブルースセッションに初めて行かれる方なんかはこの曲から始めてみるといいのではないでしょうか。 Sweet home Chicago これもよくセッションで出てきます。 先ほどのEveryday I have the bluesと同じ12小節の7thブルースですが、こちらの曲は途中でキメとしてブレイクが出てきます。 その為ブレイクの位置を事前に把握しておくようにしましょう。 Key=Eでおこなうことが多いのでギタリストにはうれしい曲ですね。 こちらはオバマ氏が歌っています。 大統領まで歌える曲。 それくらいメジャーな曲ということでしょう。 Stormy monday とも呼ばれるこの曲。 コード進行が特殊な曲でもあり、コード進行を知らないとどうにも対応できない曲です。 色んなバージョンが存在しますが一番セッションで使用されるのはAllman Brothers Bandのものでしょう。 Key=Gでおこなうことが殆んどです。 ディミニッシュも出てくるので今までディミニッシュなんて使ったことない、と言う方はこの曲で覚えてしまいましょう。 コツとしてはディミニッシュの辺りはブルーノートを多めに使用してフレージングすると上手くまとまるはずです。 Hoochie Coochie Man いつものコードだけの曲と違いリフが登場します。 その為、リフもしっかりと覚えてから参加したい曲ですね。 リフの都合もあり、Key=Aでおこなうことが殆んどです。 Rock Me Baby イントロのメロディが印象的な楽曲です。 コード進行自体は通常の12小節の7thブルースなのですが、イントロのメロディだけはしっかり弾けるようになっておきたいですね。 Key=Gでおこなうことが殆んどです。 Thrill Is Gone 今回紹介し中で唯一のマイナーブルースです。 まとめ 今回紹介した曲はブルースセッションではよく演奏される曲ばかりです。 まだまだたくさんの曲がありますが先ずはこれくらい覚えておくといいでしょう。 突然、「この曲やります!! 」と言われた時にイヤな汗をかかなくて済むよう少しづつ覚えてみましょう。 そして、セッションによってはボーカルさんの選んだKeyで弾かなくてはいけなくなることも多々あります。 できれば、色んなKeyで弾けるようになっておくと完璧ですね!! 最後に、著者が主催しているセッションイベントが奇数月の第三金曜に定期開催しています。 このセッションでも今回紹介した曲は度々演奏するのでお近くの方は曲を覚えて参加してみてください。

次の

【ロック好きな方へ】簡単!アコギで弾けるおすすめロック曲!

アコギ 定番曲

バレーコードへのコードチェンジがスムーズにできる• レパートリーが10曲以上ある• アコギで頻出するコードのフォームは覚えている 一言で言うと、 基本的なことが一通りできたら中級者という基準です。 本記事の曲紹介についても、上記の3項目は満たしている人向けに課題曲を紹介していきます。 ちなみに初級者・中級者の基準は人によって、ほんとに全然違うので普段は気にする必要はありません。 僕のように基本ができたら中級者という人もいれば、アドリブで一通り弾けたら中級者…というような人もいたりします。 市販楽譜における中級者の基準 ぷりんと楽譜をはじめ、市販の楽譜には演奏レベルが基準付けされてることがあります。 この基準もかなり曖昧なのですが、僕が色々見てる感じではギター弾き語りついては下記のような分かれ方です。 ひまわりの約束 秦基博 秦基博さんの楽曲は初心者から中級者向けものが多くて、アコギ課題曲にはしやすいアーティストです。 その中でひまわりの約束は比較的難しい部類に入ります。 弾き語りは全編アルペジオですが、カポ5のFメジャーキーで演奏されています。 イントロのフレーズもシンプルなようでバレーコードを抑えながらのハンマリングを活用します。 他の指の押弦をちゃんとキープしつつハンマリングって慣れないときついんですよね。 Cメジャー、Gメジャといったアルペジオ定番のキーと比べて難易度が高いですが、コードをしっかり押さえるための課題曲としては最適です。 譜面や楽曲はを参考にしましょう。 ひまわりの約束以外にもシングル曲が多数収録されているので、持っておくと課題曲に不便しません。 ギタースコア• 指をしっかり立てないと開放弦が鳴らないフォームが多い• コードチェンジが細かくてフォームも面倒• 途中でリズムが変わる 星野源さんの楽曲全体的に言えるのが、 コードチェンジが細かい上にフォームが面倒なこと。 チェンジが一瞬なのでコード間の距離がやたら遠いことも多いです。 なので、スムーズなコードチェンジをするためにかなりの練習が必要です。 ただ、 難しいテクニックはあまりなくてアコギ弾きの基礎体力的なものがシビアに求められる楽曲ばかりです。 しんどいですが、左手の修行をするには非常に良いアーティストです。 弾き語りについては弾き語りのライブDVDとそのライブDVDから採譜したギタースコアがあるので、セットで買うと良いです。 フィルム以外も「くだらないの中に」「夢の外へ」「化け物」などの曲も収録されており、課題としても最適です。 ギタースコア 右手のチャっと叩くリズムですが、弦を叩いてすぐに16分で音が鳴ってます。 この叩いてすぐの16分を鳴らしながら歌えるようになるまでは結構大変です。 逆に鳴らさなければ格段に難易度が下がりますが、リズムが出てる感じは一気に薄れます。 叩いてすぐに音を鳴らすというテクニックは大石昌良さんなど他のアーティストも活用されているので、覚えると幅は出しやすいです。 大変ですけど、頑張る価値はあるテクニックですね。 譜面は山崎まさよしさんの弾き語りライブを採譜したがおすすめ。 セロリ以外にもブルース色の強い楽曲がたくさん採譜されているため、1冊ちゃんとやればかなりの引き出しを増やすことができます。 ギタースコア• 関連記事 Black Bird ビートルズ アコースティックギターが映える名曲と言えば、ザ・ビートルズのBlack Bird。 タモリ倶楽部で放送された 「楽器売り場の試奏で演奏される楽曲ランキング」のアコギ部門で第1位でした(笑)。 イントロのフレーズからアコギの魅力たっぷり。 アコギ弾きなら、とりあえず弾けるようになっておいて損はない楽曲です。 」 コードチェンジが忙しい上にコード間の距離が長く、やってみると意外と難しいです。 ただ、アコースティックギターの魅力を引き出してくれる伴奏になっているので弾いていて心地良いです。 弾けるようになったら、病みつきになる1曲ですね。 ギタースコア 音源• CHE. RY YUI 爽やかな恋愛ソング、YUIさんのCHE. RYです。 初心者向けにも紹介されることが多い楽曲なのですが、 本人演奏通りにやるとバレーコードだらけです。 本人演奏ではカポタストをつけずにFメジャーキーでやってるので、サビはほぼバレーコードで意外と面倒です。 ご本人もテレビでバレーコードが多くて、難しいとおっしゃってました。 ただ、カポ1で演奏するとEメジャーキーなので普通の難易度になります。 ご本人も弾き語りではカポ1で演奏していることが多かった記憶があります。 カポ無しでストロークも左手ミュートを活かしてリズムを出すと、中級者向けの演奏になります。 バレーコードと左手ミュートを活かしたストロークができると色んな楽曲で使えるので、練習曲にはちょうど良いですね。 ギタースコア(カポ無し) 音源• 関連記事 リブート miwa ザクザクしたアコギのストロークが印象的なmiwaさんのリブート。 バレーコードで押さえて左手で細かいミュートを入れて、ロックギターっぽいテイストに仕上げてます。 YUIさんのCHE. RYとはまた違ったストロークパターンですね。 弾き語りのアクセントとしてリブートのような左手ミュートを絡めたストロークは重要ですが、慣れないとリズムキープが難しいです。 ただ、できるようになると全体的にストロークの切れ味がよくなるはず。 アコギ 1本で聴かせるにはボーカルとアコギの両方が協力して、アタック感を出さないとなので難しい曲です。 その分、勉強になりそうな楽曲でもありますね。 ギタースコア 楽曲• 関連記事 春の歌 藤原さくら 藤原さくらさんが映画の主題歌で、SPITZの春の歌をカバーしたバージョンですね。 緩い感じのギターのイントロから始まっており、アルペジオからストロークへ切り替わっていきます。 アルペジオではベースでちょっとしたフレーズがあったり、コード間の移動距離が長かったりするのでやや難しいです。 普通のアルペジオに慣れてきた人がステップアップで練習するのに適した楽曲です。 春の歌のアルペジオをヒントに他の楽曲でもベースを繋げたり、フレーズを組んだりなども考えられるようになります。 何のコードをどんなフォームで押さえているか?などを確認しながら練習しましょう。 ギタースコア すごく簡単な曲とすごく難しい曲以外は全部中級者向けだからね。 ただ、何か一癖ある曲をやったほうが勉強になることが多いね 中級者向けの弾き語り課題曲でした。 アコギの弾き語りはコード覚えて、ストローク・アルペジオの基本形を覚えると大半の曲が弾けちゃうんですよね。 その代わり、演奏がワンパターン化しやすくて成長が止まっちゃう人がすごく多いです。 なので、今回紹介した楽曲のように 印象的なフレーズや特徴ある奏法を活用している曲をいかにコピーしていくかが重要になってきます。 課題曲を決めるときも、新しいことにチャレンジし続けられるのが理想ですね。 好きな曲をやりながら、定期的にあんまり自分が知らないジャンルの曲を盛り込むと良いですね。 そのためにも、日頃から色んなアーティストを聞くことも大事です。

次の

アコギ超定番曲大全集

アコギ 定番曲

アコギで弾き語り!選曲のポイント アコギで弾き語りにオススメの曲を 男女別アーティストでそれぞれ 3曲ずつ計6曲を紹介していきます。 オススメする基準としては 以下の3つの条件を満たしているからです。 ・基本的なコードが多い。 ・テンポが一定。 ・曲に知名度がある。 この3点です。 基本的なコードで 構成されている曲であれば 弾き間違える事も少ないですし 初心者から上級者まで どのレベルであっても 弾き語りが出来ます。 また、テンポが一定であれば 弾き語りがしやすいですし 聴き手も手拍子などが やりやすいです。 最後に曲の知名度です。 曲に知名度があれば聴き手が過去に 聴いたことがある可能性が高いです。 聞き覚えのある曲であれば その場が盛り上がりますし 歌う側からしても 聴き手がノリノリだと 歌いやすく感じます。 そのため、 ある程度知名度がある曲の方が オススメです。 2.アコギで弾き語りにおススメの曲【男性】 まずは男性ボーカルの中で 弾き語りにオススメの曲を 3曲紹介していきたいと思います。 秦基博さんが歌われている曲で 映画『ドラえもん スタンドバイミー』で 主題歌となった曲です。 アコギの伴奏はシンプルで弾きやすいですし テンポも一定のまま進みます。 伴奏がシンプルな分、 歌うことに集中できるので 弾き語り曲としてオススメです。 コード自体は5種類で 弾くことが出来るので 初心者でも安心です。 少々テンポが速い曲となっています。 ただ、逆に言えばテンポの速いコード進行の 良い練習になる1曲とも言えます。 この曲でコード進行の技術を磨いておくと 様々な曲にも応用する事が出来ます。 そういった意味でも 弾き語り曲として オススメ出来る1曲です。 ただ、一つだけ壁があります。 それはFコードが登場することです。 Fコードというのは ギター初心者の登竜門として有名で ここで挫折する方も多いです。 チェリーで使わえるコードは ほとんどが基本コードなのですが Fコードも登場します。 ここを弾けるかどうかが 1つのポイントです。 逆にFコードが弾ければ その他の部分でつまづく可能性は低いので Fコードの練習曲として チャレンジしてみて下さい。 基礎的なコードで弾けるため 弾き語りがやりやすく 知名度もある程度あるので オススメさせて頂きました。 多くの名曲を作り出してきました。 その中で『Namidairo』という曲は 『Em』『C』『Am』 など、基礎的なコードが多く使われているため 非常に弾きやすい曲となっています。 カポタストを5フレットに付けることで 難しいバレーコードを避けて 演奏することが出来ます。 慣れてきたらカポタストを外し バレーコードにチャレンジするのもアリです。 弾き語りに使うアコギの選び方 アコースティック・ギターの事を 通称でアコギと表現するのですが アコギには4種類に分類されます。 あなたがどのような 演奏をしたいのかによって オススメするアコギが変わってきます。 まずはアコギの種類について 詳しくお伝えしていきます。 ボディがコンパクトで 高音の伸びが良いです。 繊細でシャープな音色のものが多く アルペジオを使い 「ポロロ~ン」 と、しんみりとした曲を 弾きたい人にオススメのギターです。 ボディが大きいため 音も迫力があり、 ジャカジャカと弾きたい方や ロックっぽく弾きたい人にオススメです。 アンプに繋ぎ大音量で楽しみたい。 という方にピッタリの曲です。 ライブハウスでアコギを使い方は こちらのタイプがオススメです。 どういう方にオススメかと言うと マンションや夜中に練習する方です。 アコギの音は大きいので どうしても人が密集している マンションなどでは騒音が気になり 練習が行いにくいです。 サイレントギターであれば そういった音に関する心配を 払拭させる事が出来るのでオススメです。 あくまで音を気にせずに 練習するためのギターなので 本番用のアコギとは別に 練習用として持つのに オススメ出来ます。 5.まとめ いかがでしたでしょうか? アコギの弾き語りは とても様になりカッコいいです。 今回お伝えした男女別の曲を 弾き語りで歌うことで 周囲の注目を集めることが出来ます。 また、難易度を見てみても そこまで高くない曲なので どのレベルの方であっても 取り組みやすいかと思います。 もし、まだアコギをお持ちでなければ 今回お伝えした4種類の中から あなたの環境に合わせて アコギを購入してみて下さい。 種類によって価格が変わってきますが 楽器屋の店員に相談することで 予算内であなたにピッタリの1本を 提案してくれると思います。

次の