特定 高圧 ガス 取扱 主任 者。 資格のキャンパス » Blog Archive » 特定高圧ガス取扱主任者

特定高圧ガス取扱主任者の難易度・合格率と試験概要

特定 高圧 ガス 取扱 主任 者

ガス主任技術者の試験の合格率や過去問からみる難易度をご紹介します。 ガス主任技術者とは、 ガス工作物の工事・維持・運用を行う保安監督の国家資格です。 ガスの取り扱いを間違えると爆発や火災事故になる危険性があるため、ガス主任技術者資格が必要です。 ガス主任技術者には 甲種・乙種・丙種があり、業務の範囲が変わります。 ガス事業者はガス主任技術者を配置しなければならず、 就職や転職にも有利な資格です。 この記事では、• ガス主任技術者とは?• ガス主任技術者の合格率からみる難易度• 合格基準からみる難易度• 過去問からみる難易度• ガス主任技術者の試験概要• 合格のための勉強方法や勉強時間• ガス主任技術者の仕事内容• ガス主任技術者の関連資格と難易度比較 などをご紹介します。 ガス主任技術者とは? ガス主任技術者とは ガス工作物の工事・維持・保守運用をする保安監督の国家資格です。 一般家庭の燃料ガス製造から供給までできる資格です。 ガス事業者はガス事業法に基づきガス主任技術者を選任する義務があるため、需要のある資格です。 また、ガス工作物の工事・維持・保守運用はガス主任技術者の 独占業務のため、手に職のつく資格といえます。 ガス主任技術者には 甲種・乙種・丙種があり、取り扱いが異なります。 甲種 ガス工作物の工事、維持及び運用 乙種 最高使用圧力が中圧及び低圧のガス工作物の工事、維持及び運用 特定ガス工作物及び当該特定ガス工作物に係るガス工作物の工事、維持及び運用 丙種 特定ガス工作物及び当該特定ガス工作物に係るガス工作物の工事、維持及び運用 参考:一般財団法人日本ガス機器検査協会「ガス主任技術者試験 試験情報」 ガス主任技術者試験に合格して免状の交付を受けたあとに都道府県に申請すれば 「特定第1種圧力容器取扱作業主任者免許」を試験なしで取得することができます。 ガス主任技術者の試験は一般財団法人日本ガス機器検査協会がおこなっています。 ガス主任技術者の甲種・乙種・丙種の合格率からみる難易度 近年のガス主任技術者の 甲種・乙種・丙種ごとの合格率を見てみましょう。 甲種・乙種・丙種ごとに合格率が違います。 甲種の合格率からみる難易度 まずは 甲種の合格率から見てみましょう。 年度 合格率 2013年 13. 乙種の合格率からみる難易度 つづいて 乙種の合格率です。 年度 合格率 2013年 16. 丙種の合格率からみる難易度 最後に 丙種の合格率です。 年度 合格率 2013年 22. 丙種は ガス主任技術者の中ではもっとも難易度が低いといえます。 ガス主任技術者の甲種・乙種・丙種の全体の合格率 ちなみに、 ガス主任技術者の甲種・乙種・丙種の全体の合格率は22. 10人中7~8人は不合格になるため、 難易度高めの資格です。 参考:一般財団法人日本ガス機器検査協会「ガス主任技術者試験 合格者の発表」 ガス主任技術者の試験内容 ガス主任技術者の試験は、• マークシート方式 午前中の試験• 論述・記述問題 午後の試験 があります。 甲種・乙種・丙種ともに、午前中のマークシート方式の試験の内容は、• 法令:16問にすべて解答 五肢択一• 基礎:15問中10問を選択して解答 五肢択一• ガス技術:27問中20問を選択して解答 五肢択一 となっており、法令・基礎・ガス技術合わせて試験時間は2時間です。 午前中のマークシート方式の試験科目は、• ガス事業関係法令(保安に関するものに限る)• ガスに関する物理および化学理論• ガス工作物の工事、維持および運用に関する技術• ガス工作物の構造および機能• ガスの成分分析および熱量等の測定• ガス器具の構造および機能 です。 午後の論述・記述式の試験内容は、• 法令:必須問題• ガス技術:製造・供給・消費問題の3問中から1問を選択して解答 となっており、試験時間は1時間です。 参考:一般財団法人日本ガス機器検査協会「ガス主任技術者試験の問題と解答」 合格基準からみる難易度!足切りラインに要注意 ガス主任技術者の合格基準は、• マークシート問題と論述問題の合計得点が180点以上 満点は300点• マークシート問題の法令科目が25点以上 満点は80点• マークシート問題の基礎科目が15点以上 満点は50点• マークシート問題のガス技術科目が30点以上 満点は100点• 論述問題が20点以上 満点は70点 となっています。 試験全体で 6割以上の正答で合格です。 反対にいうと、 4割は不正解でも良いため合格基準からみる難易度は低めです。 ただし、マークシートの法令・基礎・ガス技術と論述問題すべてで 3割以上の正答が必要です。 足切りラインがあるため、まんべんなく正答する必要があります。 例えば、総合得点で200点でも、 どれか1つの科目で最低合格基準を下回れば不合格となります。 不得意科目がないように勉強しなければいけません。 ガス主任技術者の過去問からみる難易度 ガス主任技術者の過去問を見てみましょう。 法令で規定されている用語の定義に関する次の記述のうち、正しいものはいくつあるか。 イ 「託送供給」とは、一般の需要に応じ導管によりガスを供給すること 特定ガス発生設備においてガスを発生させ、導管によりこれを供給するものにあっては、一の団地内におけるガスの供給地点の数が70以上のものに限る。 をいう。 ロ 「一般ガス導管事業」には、最終保障供給を行う事業 ガス製造事業に該当する部分を除く。 を含む。 ハ 「ガス小売り事業者」とは、ガス小売事業を営もうとして、経済産業大臣の登録を受けた者をいう。 二 「特定ガス導管事業者」とは、特定ガス導管事業を営もうとして、経済産業大臣の登録をうけた者をいう。 ホ 「ガス製造事業者」とは、ガス製造事業を営もうとして、経済産業大臣の許可を受けた者をいう。 1MPa、体積600㎥のプロパンの質量 kg として、最も近い値はどれか。 1 1060 2 1080 3 1100 4 1120 5 1140 都市ガスの製造において使用される流量計に関する次の記述のうち、誤っているものはいくつあるか。 イ オリフィス式流量計は、カルマン渦式流量計よりも圧力損失が大きく、レンジアビリティが小さい。 ロ カルマン渦式流量計は、タービン式流量計よりレンジアビリティが大きく、圧力損失も大きい。 ハ オリフィス式流量計、超音波式流量計、電磁式流量計は、いずれも可動部がない。 二 オリフィス式流量計は直管部を設ける必要があるが、タービン式流量計は直管部を設ける必要がない。 ホ 電磁式流量計は導電性の液体しか測定できないが、カルマン渦式流量計は非導電性の液体でも測定できる。 引用元:一般財団法人日本ガス機器検査協会「」 甲種の試験問題はかなり難しいです。 「正しいものはいくつあるか」「誤っているものはいくつあるか」など、正誤の数を問う問題が多いです。 よくある「正しいものはどれか」「誤っているものはどれか」というタイプではないため 難易度が高いです。 続いて、 甲種の論述・記述式の過去問を見てみましょう。 ちなみに、 甲種と乙種の論述・記述式の問題は同じです。 以下の2点について、それぞれ要点を述べよ。 引用元:一般財団法人日本ガス機器検査協会「」 論述・記述式の問題は 文章の書き方も勉強しておく必要があります。 知識はあっても わかりにくい文章だと減点されてしまいます。 また、 論点やキーワードなどを盛り込んだ文章にしないと点がもらえません。 文章を書くという点でも練習がいるため、 難易度が高いです。 乙種の過去問 つづいて、 乙種のマークシート問題の過去問を見てみましょう。 一般ガス導管事業者が託送供給するガスに係る事故に関する次の記述のうち、法令に基づき一般ガス導管事業者が事故報告をしなければならないものはいくつあるか。 5Lにしたときの圧力 kPa として、最も近い値はどれか。 1 50 2 83 3 100 4 120 5 144 起点圧力2. 1kPa、末端圧力2. 0kPaである低圧導管において、流量を2倍にすることになった。 このとき、起点圧力を2. 1kPaのままとする場合の末端圧力 kPa の値として最も近いものはどれか。 1 2. 0 2 1. 9 3 1. 8 4 1. 7 5 1. 6 引用元:一般財団法人日本ガス機器検査協会「」 計算問題も多いため、計算式をしっかり勉強しておきましょう。 また、 「正しい組み合わせはどれか」「誤っている組合せはどれか」など選択肢の組合せを問う問題も多いです。 乙種の問題も難易度が高いです。 丙種の過去問 つづいて、 丙種のマークシート問題の過去問を見てみましょう。 法令で規定されている用語の定義に関する次の記述のうち、正しいものの組合せはどれか。 イ 「ガス小売事業」とは、小売供給を行う事業 一般ガス導管事業、簡易ガス事業及びガス製造事業に該当する部分を除く。 をいう。 ロ 「低圧」とは、ガスによる圧力であって、10kPa未満の圧力をいう。 ハ 「小売供給」とは、一般の需要に応じ導管によりガスを供給すること 特定ガス発生設備においてガスを発生させ、導管によりこれを供給するものにあっては、一の団地内におけるガスの供給地点の数が70以上のものに限る。 をいう。 二 「特定導管」とは、特定ガス発生設備から供給される導管をいう。 ホ 「ガス用品」とは、主として一般消費者等がガスを消費する場合に用いられる機械、器具又は材料であって、政令で定めるものをいう。 1MPa における体積が最も大きいものはどれか。 1 二酸化炭素 2 酸素 3 メタン 4 ブタン 5 水素 特定ガス発生設備の自然気化方式と強制気化方式の特徴に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。 1 自然気化方式は、気化器や動力等が不要である。 2 強制気化方式は、設置面積が少なく、ガス発生能力の増強が比較的容易である。 3 自然気化方式は、ピーク時のガス発生能力を常に確保できるよう、十分な容器本数が必要である。 4 強制気化方式は、需要量が比較的多い場合に多く採用されている。 5 自然気化方式のガス発生能力は、外気温に左右されない。 引用元:一般財団法人日本ガス機器検査協会「」 丙種は合格率がもっとも高いだけあって 「誤っているものはどれか」など答えやすい問題もあります。 丙種は 簡易ガスの問題が多いため簡単です。 ただ、計算問題や選択肢の組合せを選ぶ問題もあるため、しっかりと勉強が必要です。 続いて、 丙種の論述・記述式の過去問を見てみましょう。 自然気化方式における自動切替式調整器に関して、以下の2点について述べよ。 引用元:一般財団法人日本ガス機器検査協会「」 丙種も 論点やキーワードを盛り込んだ文章を書きましょう。 全体的に見ると、 丙種の試験問題の難易度は低めです。 ガス主任技術者の試験概要 ガス主任技術者の試験概要をご紹介します。 願書申込期間 5月下旬~6月上旬 試験日程 9月下旬 合格発表日 12月下旬 試験地 北海道、宮城県、東京都、愛知県、富山県、 大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県 受験料 12700円 非課税 受験資格 誰でも受験できる ちなみに、 合格発表は一般財団法人日本ガス機器検査協会のホームページに掲載されます。 受験資格がないので誰でも受けられる点では門戸の広い資格です。 ただし、 試験は年1回しかないため不合格になると1年待たなければいけません。 参考:一般財団法人日本ガス機器検査協会「ガス主任技術者試験 試験情報」 ガス主任技術者に合格するための勉強法や勉強時間 ガス主任技術者の試験に合格するために、もっとも効果的な勉強方法は 「過去問を繰り返し解く」です。 過去5年分の過去問を勉強しておけば合格が見えてきます。 ガス主任技術者の試験問題は、 過去問にのっていない新しい問題は毎年出題されます。 「過去問意味ないじゃん!」と思うかもしれませんが安心してください。 毎年新しい問題が出題されるといっても、 出題の多くは過去問と似ている問題です。 ガス主任技術者の合格基準は全体で6割以上の正答なので、 過去問を勉強することでも合格できます。 「満点をとる」となると過去問だけでは難しいですが、あくまでも目指すのは合格のため過去問を勉強しましょう。 仕事をしながら受験する人も多いので、効率よく勉強するためにも 過去問がおすすめです。 参考書・テキストは読むだけで大丈夫です。 隅から隅まで理解しようとすると時間がかかるので、• まずは参考書・テキストを読む• 過去問を繰り返し解く の順序で勉強しましょう。 特に重点を置いて勉強すべきは 法令科目と基礎科目です。 理由は 「過去問から出題されやすいから」です。 法令科目のマークシート試験の勉強法 法令科目は 8割近くが過去問から出題されるため、過去問中心で勉強しましょう。 丸暗記で点数を稼げるため、過去問をしっかり覚えましょう。 法令は全体の総得点を上げるのに役立つので、しっかり点数をとれるようにしておいてください。 基礎科目のマークシート試験の勉強法 基礎科目も過去問から多く出題されるので、過去問中心で勉強しましょう。 基礎科目は暗記系の問題だけでなく 計算問題があります。 計算問題は基本公式がわからないと解けないため、参考書・テキストで基礎公式を覚えてから過去問を繰り返し解きましょう。 ガス技術科目のマークシート試験の勉強法 法令科目や基礎科目に比べると ガス技術科目は難易度が高いです。 理由は、 ガス技術科目は新しい問題が出題されやすく過去問の勉強の成果を発揮しにくいからです。 ガス技術科目は製造・供給・消費問題の3テーマがあり選択して解答しますが、難易度が高い順に並べると、• 消費問題• 製造 です。 つまり、 製造を勉強するのが合格には効率的です。 ガス技術科目は高得点をとるのが難しい科目なので、 ある程度捨ててかかる勇気も大切です。 ガス技術科目のマークシート試験は100点満点中30点以上が合格ラインなので、 高得点を狙うより30点以上とることを目標にして勉強することをおすすめします。 法令科目の論述試験の勉強法 午後は 論述試験で法令科目とガス技術科目があります。 法令科目の論述試験は 必須科目なので、しっかり対策しましょう。 法令科目の論述試験も過去問で勉強しましょう。 ガス主任技術者制度• ガス事業法における保安管理体制• 保安規定• 消費機器の使用に伴う事故防止 の4分野をおさえておけば文章を書けます。 ガス技術科目の論述よりも法令科目の方が書きやすく、点数を稼ぎやすいので落とさないようにしてください。 ガス技術科目の論述試験の勉強法 ガス技術科目の論述も 過去問にない問題が出されるときがあるので注意が必要です。 とはいえ、勉強は過去問をするしかありません。 製造はガスの保全方式、品質管理、地震などの災害対策を中心に勉強しましょう。 共有は工事での事故防止、経年管、地震などの災害対策の勉強が良いです。 消費機器は事故防止について勉強しましょう。 午後の論述試験も 70点中20点以上の足切りラインがあるため、きちんと得点できるように勉強しましょう。 論述試験は時間との闘い 論述試験最大の難関は 時間です。 試験時間は 1時間しかありません。 問題文を読んで、解答の構成を作って、文章を書くのを1時間でやりきるのは大変です。 論述試験は知識の勉強と 「文章を書く練習」をしておいてください。 文字数は 800~1000文字が適当なので、何度も練習しておきましょう。 自分が文章を書くのにかかる時間も事前に計っておくと本番で焦りません。 合格するための勉強時間や勉強期間 ガス主任技術者の合格に必要な 勉強時間は80~100時間くらいです。 1日1時間勉強するなら3ヶ月前から 6月下旬くらいから 勉強を始めましょう。 1日2時間勉強できるなら1ヶ月半~2ヶ月前から 7月下旬~8月上旬から 勉強を始めましょう。 ガス主任技術者の勉強におすすめの過去問題集・テキスト・参考書 ガス主任技術者の勉強に おすすめの過去問題集・テキスト・参考書をご紹介します。 などがおすすめです。 また、過去問集やテキストではありませんが eラーニングもおすすめです。 などが良いでしょう。 i-netschoolでは 模擬試験もやっているため、試験本番前に模試を受けるのも良いでしょう。 ガス主任技術者の仕事内容 ガス主任技術者は主にガス事業者で ガス工作物の工事・維持・運用を行う保安監督を行います。 ガス事業者はガス主任技術者を選任しなければならず、ガス工作物の工事・維持・運用はガス主任技術者の 独占業務です。 ガス事業者は事業を営むにあたり ガス主任技術者が必要不可欠です。 そのため、ガス主任技術者資格を取得すると 昇給や昇格になる会社も多いです。 また、ガス主任技術者を取得することで 転職にも有利になります。 受験資格がないため学生の取得者も多く、 就職活動に役立つ資格でもあります。 今後もガス技術やガス関連設備の技術開発は進むため、 ガス主任技術者は将来性のある資格といえます。 また、ガス自由化もあるため需要は伸びています。 ガス業界で働くなら必ず取得しておきたい資格です。 ガス事業者の規模にもよりますが、ガス主任技術者の 平均年収は600万~800万円くらいです。 ただし、ガス主任技術者には 独立という概念はありません。 あくまでもガス事業者の社員として活躍するイメージです。 ガス主任技術者の試験に合格したら、免状の交付を受けるためには免状交付申請書を申請しましょう。 免状の申請に必要は書類は、• 免状交付申請書• 合格通知書のコピー• 免状交付手数料の振込受付証明書 が必要です。 ちなみにガス主任技術者の資格を得ると、• 社会保険労務士の受験資格• 消防設備士甲種第4類の受験資格 も与えられます。 ガス主任技術者の関連資格と難易度比較 ガス主任技術者の関連資格と試験の難易度を比較してご紹介します。 ガス主任技術者の合格率:22. 細かくいうと、• ガス主任技術者の方が論述試験が難しい• ガス主任技術者の方が細かい質問が多い などもあげられます。 ガス主任技術者の合格率:22. ガス主任技術者と電気主任技術者 電験 の難易度比較 ガス主任技術者と電気主任技術者 電験 なら、 電気主任技術者の方が難易度が高いです。 ガス主任技術者の合格率:22. 電気主任技術者は 電気系資格の中でも最難関の資格です。 もっとも下の第三種電気主任技術者でも5~10%の合格率しかなく、 第一種の問題は超難問です。 試験問題はガス主任技術者の方が難しい• 受験資格は給水装置主任技術者の方が難関 という感じです。 ガス主任技術者は誰でも受験できますが、 給水装置主任技術者は3年以上の実務経験が必要です。 ガス主任技術者とボイラー技士の難易度比較 ガス主任技術者とボイラー技士の合格率を比較すると、• ガス主任技術者の合格率:22. つまり、一級・二級ボイラー技士はガス主任技術者よりも難易度は低いですが、特級ボイラー技士はガス主任技術者と同じくらいに難易度といえます。 特定高圧ガス取扱主任者は講習と修了考査だけで取得できるからです。 ガス取扱主任者と簡易内管施工士の難易度比較 ガス取扱主任者と簡易内管施工士なら、 圧倒的にガス主任技術者の方が難易度が高いです。 簡易内管施工士は3日間の講習を受けて、最終日に学科と実技の試験があります。 試験はテキストを見て解答できるため、合格率は9割以上です。 ガス主任技術者と管工事施工管理技士の難易度比較 ガス主任技術者と管工事施工管理技士の難易度を比較すると、• 試験問題はガス主任技術者の方が難しい• 受験資格は管工事施工管理技士の方が難関 という感じです。 管工事施工管理技士は実務経験が必要なので、誰でも受験できる試験ではありません。 第1種圧力容器取扱作業主任者は講習と修了考査だけで取得できるからです。 まとめ ガス主任技術者は試験の 合格率は20%くらいなので難易度は高いです。 甲種・乙種・丙種がありますが、特に 甲種は難易度が高いと思ってください。 法令科目と基礎科目は過去問で対策できますが、 ガス技術科目は過去問では通用しないこともあります。 また、論述試験もあるため文章を書く練習をしておきましょう。 今後はガス設備の技術発展がさらに進むため、 ガス主任技術者は需要のある資格です。 就職や転職にも有利になるため取得しておくことをおすすめします。 試験の3ヶ月前から勉強を始めると安心です。

次の

特定高圧ガス取扱主任者講習

特定 高圧 ガス 取扱 主任 者

特定高圧ガス取扱主任者(液化酸素) 概要 根拠法等 一般則 第73条 第2号 液石則 第71条 第2号 受講対象者 次に掲げる種類の高圧ガスを一定数量以上貯蔵して消費(導管による消費を含む。 )する事業所において特定高圧ガス取扱主任者に選任される方で、講習によりその資格を得たい方です。 (製造保安責任者免状 冷凍以外 又は第一種販売主任者免状をお持ちの方は必要ありません。 (ただし、LPガスにあっては第一種販売主任者免状を除きます。 所感 8月24日、25日に高圧ガス保安協会 福岡支部にて 「特定高圧ガス取扱主任者講習(液化酸素)」を受講し、 9月17日に検定試験を受けました。 そして、本日15:00に同協会ホームページにて合格者の番号が発表されました。 おかげ様で合格させていただきました。 病院で使われる酸素は医薬品です。 そして危険な高圧ガスの状態から供給されます。 大きな病院では酸素を液化させた状態で保管し、それから患者さんへ供給されます。 高圧ガスは「高圧ガス保安法」という法律で規制されています。 この高圧ガスを取り扱うには国家資格が必要です。 私の会社はこの酸素を含む医療ガス配管設備機器のメーカーですから、色々と高圧ガス関連の 資格・知識が必要です。 特に医療ガスの中でも基本で重要度の高い液化酸素は特定高圧ガスに指定されており、別途取扱主任者という資格もあります。 今回のその資格ゲットに挑みました。 特定高圧ガスを取り扱う事業所で貯蔵量が既定以上のなる場合、事業所ごとに、経済産業省令で定めるところにより、特定高圧ガス取扱主任者を選任することを義務付けているからです。 講習は 法令・・・3時間 学識と保安管理技術・・・8時間 内容は主に消費に必要な学識と保安管理技術と法令です。 合格の目安は60点です。 難しくはありませんが、酸素も高圧ガスになると大変危険なものとなります。 病院・医療に携わる者として必修の知識と思われます。 この業界に携わる者として今後も様々な知識を忘れることなく、さらに理解を深め、高圧ガスと付き合ってゆこうと思います。 ありがとうございました。

次の

特定高圧ガス取扱主任者

特定 高圧 ガス 取扱 主任 者

のメニューに戻る 1 保安統括者等選任基準 (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) 2 3 4 1 保安統括者等選任基準 (1) ア 選任の要否 必要 第一種製造者又は第二種製造者(冷凍則適用事業所を除く。 )であって下の「不要」の欄に掲げる場合以外の場合 不要• 第一種製造者であって次に掲げる場合 (ア) (7)保安監督者の選任「必要」の欄の設備により高圧ガスを製造する場合 (イ) 容積が10m 3以下の空気又は窒素ガスを使用するダイキャスト機、水圧蓄圧機又はアキュムレータを使用する場合• 第二種製造者であって次に掲げる場合 (ア) 処理能力(不活性ガス又は空気については、その処理能力に3分の1を乗じて得た容積とする。 ) (イ) 認定指定設備を設置する場合 イ 選任の形態 (2) ア 選任の要否 必要 保安統括者を選任する必要のある場合のうち、下の「不要」の欄に掲げる場合以外の場合 不要• 保安技術管理者の被選任者の資格を有する保安統括者を選任する場合• 移動式製造設備により高圧ガスを製造する場合• 処理能力が25万m 3/日未満の一般則適用事業所で次の場合 (ア) 専ら気化器又は減圧弁により可燃性ガス又は毒性ガスを製造する場合 (イ) 専ら消費(燃焼以外の反応により消費する場合を除く。 )をする目的で可燃性 ガスを製造する場合 (ウ) 専ら可燃性ガス及び毒性ガス以外の高圧ガスを製造する場合• 処理能力が50万m 3/日未満の液石則適用事業所で次の場合 (ア) 専ら消費(燃焼以外の反応により消費する場合を除く。 )をする目的で液化石油ガスを製造する場合 (イ) 専ら液化石油ガスを容器又は貯槽に充てんする場合• 処理能力が25万m 3/日未満のコンビ則適用事業所で次の場合 (ア) 専ら気化器又は減圧弁により可燃性ガス(特定液化石油ガスを除く。 )又は毒性ガスを製造する場合 (イ) 専ら消費(燃焼以外の反応により消費する場合を除く。 )をする目的で可燃性ガスを製造する場合 (ウ) 専ら特定液化石油ガスを容器又は貯槽に充てんする場合 (エ) 専ら圧縮天然ガスを燃料として使用する車両に固定された容器に当該ガス充てんする場合 (オ) 専ら可燃性ガス及び毒性ガス以外の高圧ガスを製造する場合 イ 選任の形態• 高圧ガスの製造施設区分(一般則第66条第1項又はコンビ則第25条第1項)に掲げる製造施設又は液化石油ガスの製造施設ごと(一般則第66条第5項~第8項、液石則第64条第4項又はコンビ則第25条第5項~第8項の規定に該当する場合を除く。 )に保安係員及び保安係員の代理者各1名以上選任• 同一の製造施設区分に属する一の製造施設が同一の計器室で制御されない二以上の系列に形成されているときは、当該系列ごとに保安係員及び保安係員の代理者各1名以上選任• 一の製造施設につき従業員の交替制をとっているときは、当該交替制のために編成された従業員の単位ごとに保安係員及び保安係員の代理者各1名以上選任• 試験研究のために製造設備を使用する試験研究機関(一般則又はコンビ則適用のものに限る。 )において、経済産業大臣が認める場合に限り、経済産業大臣が認めた基準により選任 ウ 被選任者の資格・経験 高圧ガスの製造施設区分(一般則第66条第1項又はコンビ則第25条第1項)に掲げる製造施設又は液化石油ガスの製造施設ごと(一般則第66条第5項~第8項、液石則第64条第4項又はコンビ則第25条第5項~第8項の規定に該当する場合を除く。 (ウ) 圧縮機の高圧側の圧力が許容圧力を超えたときに圧縮機の運転を停止する高圧遮断装置のほか、次のaからgまでに掲げる必要な自動制御装置を設けるものであること。 a 開放型圧縮機には、低圧側の圧力が常用の圧力より著しく低下したときに圧縮機の運転を停止する低圧遮断装置を設けること。 b 強制潤滑装置を有する開放型圧縮機には、潤滑油圧力が運転に支障をきたす状態に至る圧力まで低下したときに圧縮機を停止する装置を設けること。 ただし、作用する油圧が0. 1MPa以下である場合には省略することができる。 c 圧縮機を駆動する動力装置には、過負荷保護装置を設けること。 d 液体冷却器には液体の凍結防止装置を設けること。 e 水冷式凝縮器には、冷却水断水保護装置(冷却水ポンプが運転されなければ圧縮機が稼働しない機械的又は電気的連動機構を有する装置を含む。 )を設けること。 f 空冷式凝縮器及び蒸発式凝縮器には、当該凝縮器用送風機が運転されなければ圧縮機が稼働しないことを確保する装置を設けること。 ただし、当該凝縮器が許容圧力以下の安定的な状態を維持する凝縮温度制御機構を有する場合であって、当該凝縮器用送風機が運転されることにより凝縮温度を適切に維持することができないときには、当該装置を解除することができる。 g 暖房用電熱器を内蔵するエアコンディショナ又はこれに類する電熱器を内蔵する冷凍設備には、加熱防止装置を設けること。 (エ) 製造設備がアンモニアを冷媒ガスとするものである製造施設にあっては、ウに掲げるところによるほか、次のaからcまでに掲げる自動制御装置を設けるとともに、次のdからhまでに掲げるところにより必要な自動制御装置を設けるものであること。 a ガス漏えい検知警報設備連動して作動し、かつ、専用機械室又はケーシング外において遠隔から手動により操作できるスクラバー式又は散水式の除外設備を設けること。 b 感震器と連動して作動し、かつ、手動により復帰する緊急停止装置を設けること。 c ガス漏えい検知警報設備が通電されなければ冷凍設備が稼働しないことを確保する装置(停電時には、当該検知警報設備の電源を自動的に蓄電池又は発電機等の非常用電源に切り替えることができる機構を有するものに限る。 )を設けること。 d 専用機械室又はケーシング内の漏えいしたガスが滞留しやすい場所に、検出端部と連動して作動するガス漏えい検知警報設備を設けること。 e 圧縮機又は発生器に、ガス漏えい検知警報設備と連動して作動し、かつ、専用機械室又はケーシング外において遠隔から手動により操作できる緊急停止装置を設けること。 f 受液器又は凝縮器の出口配管の当該受液器又は凝縮器のいずれか一方の近傍に、ガス漏えい検知警報設備と連動して作動し、かつ、専用機械室又はケーシング外において遠隔から手動により操作できる緊急遮断装置を設けること。 g 容積圧縮式圧縮機には、吐出される冷媒ガス温度が設定温度以上になった場合に当該圧縮機の運転を停止する高温遮断装置を設けること。 h 吸収式冷凍設備であって直焚式発生器を有するものには、発生器内の溶液が設定温度以上になった場合に当該発生器の運転を停止する溶液高温遮断装置を設けること。 (オ) 冷凍設備の1日の冷凍能力が、可燃性ガス及び毒性ガス以外のガスを冷媒ガスとするものについては300トン未満、アンモニアを冷媒ガスとするものについては60トン未満のものであること。 (カ) 冷凍設備の使用に当たり、冷媒ガスの止め弁の操作を必要としないものであること。 (キ) 製造設備が使用場所に分割して搬入される製造施設にあっては、冷媒設備に溶接又は切断を伴う工事を施すことなしに再組立てをすることができ、かつ、直ちに冷凍の用に供することができるものであること。 高圧ガス保安法において保安監督者という定義はありませんが、同法27条の2第1項第1号の経済産業省令で定める者については保安統括者等の選任義務免除という規定があります。 これは、ウの表の「製造設備の区分」ごとにそれぞれ同表の「資格者の区分」の資格を有するものを選任し、製造にかかる保安について監督させる場合は、保安統括者の選任を不要とする規定です。 ここでいう保安について監督させる者を「保安監督者」といいます。 なお、保安監督者については法律上定義されていないので、選任・解任の届出は、不要ですが、各事業所において確実に選任される体制が求められます。 イ 選任の形態 事業所ごとに保安監督者1名以上選任 ウ 被選任者の資格 製造設備の区分 資格者の区分• 移動式製造設備により六フッ化硫黄ガス、空気、液化酸素、液化窒素、液化アルゴン、液化ヘリウム、液化フルオロカーボン又は液化炭酸ガスを製造する場合• 気化器又は減圧弁により酸素ガス、窒素ガス、アルゴンガス又はヘリウムガスを製造する場合• 気化器又は減圧弁又はこれらと同様の機能を有するバルブ(以下「気化器等」という。 )により炭酸ガスを製造する場合(1日の冷凍能力が10トン未満の冷凍設備を使用して気化器等に付属する液化炭酸ガスの貯蔵設備内の当該ガスを冷却する場合を含む。 空気、液化酸素、液化窒素、液化アルゴン、液化ヘリウム、液化フルオロカーボン又は液化炭酸ガスの製造又は販売に関し6月以上の経験を有する者• 学校教育法による大学又は高等専門学校おいて理学若しくは工学に関する課程を修めて卒業した者• 学校教育法による大学又は高等専門学校において理学若しくは工学に関する課程を修めて卒業 した者であって、スクーバダイビング用等呼吸用の空気の製造に関し6月以上の経験を有する者• 甲種化学、乙種化学、丙種化学、甲種機械又は乙種機械責任者免状の交付を受けた者であって、スクーバダイビング用等呼吸用の空気の製造に関し6月以上の経験を有する者• 高圧ガス保安法において受入保安責任者という定義はありませんが、移動式製造設備により、高圧ガスを受け入れる際の保安の確保の観点から、受入れ事業所側に、高圧ガスに関する一定レベル以上の知識及び経験を有する責任者が必要となります。 この事業所側の責任者を「受入保安責任者」といいます。 なお、受入保安責任者については法律上定義されていないので、選任・解任の届出は、不要ですが、各事業所において確実に選任される体制が求められます。 2 ア 選任の要否 必要 次の表の「販売所の区分」の欄に掲げる高圧ガスを販売する場合 不要 上の「必要」の欄に掲げる場合以外の場合 イ 選任の形態 販売所ごとに販売主任者1名以上選任 ウ 被選任者の資格 販売所の区分 ガスの種類 アセチレン、アルシン、アンモニア、塩素、クロルメチル、五フッ化ヒ素、五フッ化リン、三フッ化窒素、三フッ化ホウ素、三フッ化リン、シアン化水素、ジシラン、四フッ化硫黄、四フッ化ケイ素、ジボラン、水素、セレン化水素、ホスフィン、メタン、モノゲルマン及びモノシランの販売所 アルシン、ジシラン、ジボラン、セレン化水素、ホスフィン、モノゲルマン及びモノシラン アセチレン、アンモニア、塩素、クロルメチル、五フッ化ヒ素、五フッ化リン、三フッ化窒素、三フッ化ホウ素、三フッ化リン、シアン化水素、四フッ化硫黄四フッ化ケイ素、水素及びメタンの販売所 アンモニア、一酸化炭素、酸化エチレンクロルメチル、シアン化水素、石炭ガス、トリメチルアミン、モノメチルアミン及び硫化水素 アセチレン、水素及びメタンの販売所 アセチレン、油ガス、エタン、エチレン塩化ビニル、水性ガス、水素、メタン及びメチルエーテル 塩素、五フッ化ヒ素、五フッ化リン、三フッ化窒素三フッ化ホウ素、三フッ化リン、四フッ化硫黄及び四フッ化ケイ素の販売所 亜硫酸ガス、塩素、五フッ化ヒ素、五フッ化リン、三フッ化窒素、三フッ化ホウ素、三フッ化リン、四フッ化硫黄、四フッ化ケイ素、ブロムメチル及びホスゲン 酸素の販売所 酸素 液化石油ガスの販売所 液化石油ガスの販売所 3 ア 選任の形態• 特定高圧ガス(特殊高圧ガスを消費する者にあっては特殊高圧ガスに限り、その他の特定高圧ガスの消費者にあっては当該特定高圧ガスの消費者が消費するものと同一の種類のものに限る。 )の製造又は消費(特定高圧ガスの消費者の消費に限る。 )に関し1年以上の経験を有する者• 学校教育法による大学又は高等専門学校において理学若しくは工学に関する課程を修めて卒業した者• 高圧ガス保安協会が行う特定高圧ガスの取扱いに関する講習の課程を修了した者• 学校教育法による高等学校において工業に関する課程を修めて卒業した者であって特定高圧ガス(特殊高圧ガスを消費する者にあっては特殊高圧ガスに限り、その他の特定高圧ガスの消費者にあっては当該特定高圧ガスの消費者が消費するものと同一の種類のものに限る。 )の製造又は消費(特定高圧ガスの消費者の消費に限る。 )に関し6月以上の経験を有する者• 甲種化学、乙種化学、丙種化学、甲種機械又は乙種機械責任者免状の交付を受けている者• 液化石油ガス以外の消費者にあっては第一種販売主任者免状の交付を受けている者 4 ア 選任の形態• 学校教育法による大学又は高等専門学校において化学、物理学若しくは工学に関する課程を修めて卒業し、高圧ガスの充てんの作業、容器若しくは附属品の製造の作業又は容器若しくは附属品の検査の実務に1年以上従事した者• 学校教育法による高等学校において工業に関する課程を修めて卒業し、高圧ガスの充てんの作業、容器若しくは附属品の製造の作業又は容器若しくは附属品の検査の実務に2年以上従事した者• 容器若しくは附属品の製造の作業又は容器若しくは附属品の検査の実務に3年以上従事した者• 専ら圧縮天然ガス自動車燃料装置用容器及び液化天然ガス自動車燃料装置用容器並びに圧縮天然ガス自動車燃料装置用容器及び液化天然ガス自動車燃料装置用容器に装置されている附属品を検査する容器検査所にあっては、自動車整備士技能検定規則第2条の規定に基づく一級四輪自動車整備士、一級二輪自動車整備士、二級ガソリン自動車整備士、二級ジーゼル自動車整備士又は二級二輪自動車整備士の資格を有する者• 製造保安責任者免状の交付を受けている者 のメニューに戻る のメニューに戻る.

次の