今日 だけ は 夜 の マジック で 歌詞。 夏夜のマジック

夏夜のマジック/indigo la Endの歌詞

今日 だけ は 夜 の マジック で 歌詞

サビ2 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 1サビと同じです。 夏夜が持つ特有の雰囲気に 身を任せることで、 彼女と再び交わることを期待しています。 3番 記憶に蓋をするのは勿体無いよ 時間が流れて少しは綺麗な言葉になって 夏になると思い出す別れの歌も 今なら僕を救う気がする 好きな人との別れは どんな形であれ散々なものです。 主人公は大きく傷ついたことでしょう。 しかし、時間が経った今 思い出すのは 彼女との楽しかった記憶 ばかりなのです。 はじめは悲しい思い出を 想起しないようにしていた主人公でしたが 少しずつ 綺麗な、美しい思い出へと 変化していったのです。 悲しいお別れも 今なら僕を救う気がする のです。 スポンサーリンク ラストサビ 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 夏が終わる前に この歌が始まって こぼれる2人を見守るから 夏よ ラララ歌わせて ナツヨ ラララ歌わせて 前半は上と同じです。 後半は この 夏夜のマジックが終わる前に 夏夜のマジックを想起させる歌 つまり、 2人を引き合わせる歌が 離れ離れになった二人を 交えさせる。 と言っているのでしょう。 だから 「今日だけは、今夜だけは」 歌う 願う ことを許して と言っているのです。 感想 夏夜の情景漂う名曲 その歌詞は 過去の幸せと現在の寂しさが交差する 切ない物語でしたね。

次の

【indigo la End / 夏夜のマジック】歌詞考察! 夏が終わるたびに、僕らはきっとこの歌を思い出す。

今日 だけ は 夜 の マジック で 歌詞

indigo la End 「夏夜のマジック」。 2015年6月発売のシングル「悲しくなる前に」収録曲で、今もなお愛され続ける儚い恋の歌だ。 一収録曲にもかかわらずその人気は凄まじく、発売から4年を経た今、LINE MUSICのランキングで 7位に現れたというのだから驚きである。 ほんのひと刹那で、この曲は完結してしまうのだ。 きっと毎晩聴き続ければ、この曲の良さは失われてしまうだろう。 そのくらい繊細で、儚くて、実体のない美しさがこの曲には宿っている。 儚いものは美しい。 それは線香花火が美しいように。 夏の終わりの一日だけを、一夜だけを切り取ったこの歌が、美しくないはずがないのだ。 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 夏夜のマジック 作詞 川谷絵音 もうとっくに終わった恋だけど、今だけは君のことを歌わせてほしい。 今日だけは。 今夜だけは。 この 刹那性が私たちを揺れ動かすのだ。 この夏の終わりの、まだ夏の匂いが辛うじて残っているこの夜だけは、あの夏の恋を思い出してもいいじゃないか。 今夜限りのマジックに、身を任せてみてもいいんじゃないか。 夏が終わる前に この歌が始まって こぼれる2人を見守るから 夏よ ラララ歌わせて ナツヨ ラララ歌わせて 夏夜のマジック 作詞 川谷絵音 夏から零れ落ちた二人を見守るだけの歌。 何をしてくれるでもない。 ただ、あの日の二人をそっと見守るだけ。 夏が終わるたび、この歌を口ずさむ。 そして心が締め付けられる。 何かを駆り立てるわけでもなく、ただ美しい旋律を奏でるピアノがまた美しい。 哀愁漂うレトロな編曲も、indigo la End特有の女性コーラスも、すべてが切なげで心揺さぶられる。 そして、すべてが儚い。 でも、黙って曲を聴いてみてほしい。 川谷絵音がどうとかもうどうだっていいのだ。 この曲が誰を想って作られたかだとか、そんなちんけな考察なんて必要ない。 ただ、この曲の持つ美しさを感じ取ってほしい。 きっと来年の夏も、大切な人との恋を思い出すだろう。 そしてきっとまた、この歌を口ずさむ。 夏夜のマジックは各種ストリーミングサービスで試聴可能である。 この機会に是非。

次の

夏夜のマジック(Remix by ちゃんMARI) 歌詞 indigo la End ※ live.gettymusic.com

今日 だけ は 夜 の マジック で 歌詞

サビ2 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 1サビと同じです。 夏夜が持つ特有の雰囲気に 身を任せることで、 彼女と再び交わることを期待しています。 3番 記憶に蓋をするのは勿体無いよ 時間が流れて少しは綺麗な言葉になって 夏になると思い出す別れの歌も 今なら僕を救う気がする 好きな人との別れは どんな形であれ散々なものです。 主人公は大きく傷ついたことでしょう。 しかし、時間が経った今 思い出すのは 彼女との楽しかった記憶 ばかりなのです。 はじめは悲しい思い出を 想起しないようにしていた主人公でしたが 少しずつ 綺麗な、美しい思い出へと 変化していったのです。 悲しいお別れも 今なら僕を救う気がする のです。 スポンサーリンク ラストサビ 今日だけは夏の夜のマジックで 今夜だけのマジックで 歌わせて 今なら君のことがわかるような気がする 夏の夜限りのマジックで 今夜限りのマジックで 身を任す 夜明けが流れるまで 夏が終わる前に この歌が始まって こぼれる2人を見守るから 夏よ ラララ歌わせて ナツヨ ラララ歌わせて 前半は上と同じです。 後半は この 夏夜のマジックが終わる前に 夏夜のマジックを想起させる歌 つまり、 2人を引き合わせる歌が 離れ離れになった二人を 交えさせる。 と言っているのでしょう。 だから 「今日だけは、今夜だけは」 歌う 願う ことを許して と言っているのです。 感想 夏夜の情景漂う名曲 その歌詞は 過去の幸せと現在の寂しさが交差する 切ない物語でしたね。

次の