妻木 煕子。 妻木煕子

妻木煕子とは

妻木 煕子

に入ると、明智氏の一族である妻木氏が、妻木城主となっていました。 特に、 の娘・ は、宗家である の正室になったとされています。 諸説あり 明智光秀が の家臣となると、妻木広忠は明智家の与力となり、数々の合戦にも出陣しました。 1582年、 の際にも、妻木広忠は の戦い に参じましたが、敗れて、 に逃れたようです。 そして、 に明智一族の墓 供養碑 を設けると、墓前にて自刃したと言われています。 その子・妻木貞徳は、織田信長の馬周衆を務めていましたが、 の変のあと、家督を子の に譲って、美濃・妻木村に隠棲しています。 そのため、妻木頼忠 つまき-よりただ が18歳で妻木城主となりました。 しかし、織田勢で 主の が東美濃に侵攻し、美濃・高山城の も屈したことから、妻木頼忠は2人の弟を人質に出して、織田勢に臣従しました。 その結果、妻木城には、林為忠が入り、妻木一族は金山城の城下に移住しています。 1584年、 にて、森長可が討死すると、あとを継いだ のもと、林為忠が高野城に移動したため、妻木頼忠の妻木城復帰が許されています。 1600年、森忠政が信濃・川中島13万7500石への加増転封となった際には、河尻秀長は美濃に残りましたが、同様に妻木頼忠も妻木城に残りました。 そのため、代わりに美濃・ 4万石になった田丸直昌に従う事になったようです。 しかし、 となると妻木氏は徳川家康側に味方して、それまで、おとなしく隠居していた父・妻木貞徳と共に、 に味方した岩村城の田丸直昌を攻撃しました。 妻木頼忠は、尾張・ の と共に田丸氏の領内に放火したため、田丸勢は を捨てています。 また、 、 らが徳川家や妻木頼忠らの支援にて、美濃・ と美濃・ を奪還しました。 その勢いで、美濃・岩村城を攻めよう試みましたが、難攻不落の山城であるため、苦戦していたところ、 の戦いが終わり、田丸直昌や田丸主水らは東軍に降伏しました。 下記は、妻木城士屋敷から移築した山門で、妻木氏の菩提寺になる崇禅寺(そうぜんじ)にあります。 崇禅寺は1354年に、初代の妻木城主・土岐頼重が菩提寺として開山しました。 山麓の屋敷群は、妻木城士屋敷(つまぎじょうさむらいやしき)と呼ばれております。 妻木氏の家臣としては、沢井 土本 好安 仙石 水野 本田 小栗 安藤 那須 中垣 塚本 酒井 山神 豊部 土屋 有川 小池 高野 中條 芦尾 松本 奥村 加藤 といった名前の武将が、屋敷を与えられていました。 下記は妻木城士屋敷から入って行ける、妻木城の登城口ですが、駐車場は見当たりませんでした。 崇禅寺さんの駐車場を拝借するしか、なさそうです。 妻木城への交通アクセス・行き方ですが、電車の場合バスに乗って、最寄りのバス停から徒歩40分と現実的ではありません。 自動車の場合、東海環状自動車道の土岐南ICより約10分の距離です。

次の

御ツマキ

妻木 煕子

【 】 所在地:〒520-0113 滋賀県大津市坂本5丁目13番1号 電話:077-578-0013 FAX:077-578-3418 <拝観料> 境内は本堂内を含め無料 客殿・客殿庭園部分のみ大人500円 <地図・青印は駐車場付近> (さいきょうじ)は、滋賀県大津市坂本にある仏教寺院。 天台系仏教の一派である天台真盛宗(てんだいしんせいしゅう)の総本山です。 山号は戒光山、本尊は阿弥陀如来。 開基(創立者)は とする伝承もありますが、 室町時代、中興の祖であり 天台真盛宗の宗祖である真盛が入寺してから栄えました。 寺名は詳しくは兼法勝西教寺(けんほっしょうさいきょうじ)といいます。 【地理】 東麓の大津市坂本地区の北方にあり、 比叡山三塔の一つである横川(よかわ)への登り口に位置します。 付近には比叡山の鎮守である日吉大社があります。 また、近くには琵琶湖畔に面した雄琴温泉があります。 【歴史】 【創建】 西教寺は室町時代の文明18年(1486年)、 中興の祖とされる僧・真盛が入寺して以降、 天台念仏と戒律の道場として栄えるようになりましたが、 それ以前の歴史は必ずしも明らかでないようです。 <聖徳太子の時代説> 『西教寺縁起』や近世の地誌類には推古天皇6年(618年)、 聖徳太子が師である高麗の僧慧慈、 慧聡のために建立したとする説があります。 <平安時代中期説> 真盛の弟子にあたる真生が明応4年(1495年)に著した 『真盛上人往生伝記』によれば、 西教寺は比叡山中興の祖である 良源(慈恵大師、元三大師)が建てた草庵に始まり、 その弟子で『往生要集』の著者として知られる 源信(恵心僧都)が伽藍を整えたと記されているそうです。 良源と源信はいずれも平安時代中期、10世紀に活動した人物です。 西教寺と良源および源信との結び付きについても確証はなく、 その後 時代末頃までの歴史も明らかにはなっていませんが、 比叡山と関係の深い一寺院として 平安時代中期頃に草創されたものと推定されています。 【 の焼き討ちと光秀】 元亀2年(1571年)、 織田信長による の際に西教寺も焼失しました。 本堂は焼失の3年後に復興し、焼失した旧本尊の代わりに、 天正2年(1574年)、 甲賀郡(現・滋賀県甲賀市あたり)の浄福寺という寺から 阿弥陀如来像を迎えて本尊としました。 信長による比叡山焼き討ちの後、 近江国滋賀郡は に与えられ、 光秀はこの地に を築きました。 光秀は坂本城と地理的にも近かった西教寺との関係が深く、 寺の復興にも光秀の援助があったと推定されています。 大本坊を建造し、刻銘入りの棟木も現存しています。 光秀が戦死した部下の供養のため、 西教寺に供養米を寄進した際の寄進状が寺に現存しています。 また、境内には光秀の供養塔や 光秀の妻である煕子をはじめ一族の墓が立っています。 【境内】 総門をくぐると、参道の左右に計6か寺の子院が並んでいます。 参道の正面突き当たりには勅使門があり、 その左に宗祖大師殿、奥の小高くなった場所に 本堂、客殿、書院などが建つ中心伽藍があり回廊で結ばれています。 中心伽藍を見下ろす高台に真盛上人廟があります。 境内には他に の供養塔やお墓、その妻 の墓、明智一族の墓、 阿弥陀二十五菩薩石仏(天正12年(1584年)の作)などがあります。 現在はユースホステルもあります。 【明智煕子( )】 <明智煕子(妻木煕子)の墓> 妻木 煕子または明智 煕子(つまき ひろこ、あけち ひろこ)は、 戦国時代から安土桃山時代にかけての女性。 明智光秀の正室です。 ただし「煕子(ひろこ)」という名前は、 三浦綾子の小説『 夫人』で 広く知られるようになったものであり、 それ以前に知られていた光秀の室の名前は 「 」または「伏屋姫」であって、 確かな史料でその名前を確認することはできないそうです。 『絵本太閤記』の「照子」という名前は、 父親とされる妻木範熙の名前に由来すると言われていますが、 その際に「煕」をよく似た「照」と誤ったものかもしれないとされています。 「煕子」は、現代になってから言われるようになった俗称という説もあります。 <子供> 子については俗説が多くあり、 もうけたとされる3男4女の内、 母は別であるという異説もあるようですが、 それぞれ長女が明智光春(秀満)の室、 次女が の室、 三女・珠(細川ガラシャ)が の室、 四女が の室となり、 嫡男の十兵衛光慶(千代寿丸)、 次男の十次郎光泰、 三男に乙寿丸がいたとされています。 <生涯> 生年不詳ながら、一説に享禄3年(1530年)頃、 長女として生まれたとされています。 『細川家記』によれば、 妻木勘解由左衛門範煕の女とあるのは 『明智軍記』などからとされていますが、 細川忠興の室の母であると、確認されているので、 この所伝は信じても良いとされています。 また、 を父とする説もありますが、 典拠となる史料は現在のところは不明です。 <光秀に愛された煕子> (1)疱瘡の跡も気にせず 夫婦仲は非常に良かったとみられ、 「 結婚直前に疱瘡にかかり、 左頬にその後が残ってしまった煕子を光秀は気にせずに迎えた」。 婚約後に煕子は疱瘡にかかってしまい、 左ほおに其の跡が残ってしまったそうです。 そのことを憂慮した煕子の父は、 煕子によく似た妹の芳子を身代わりに出したのですが、 光秀はそれを見破り、自分の妻は煕子である、と言って 美醜を気にせずに煕子を妻に迎えた、という逸話が残っています。 (2)妻を背負って逃亡 「 弘治2年(1556年)、斉藤義龍によって が落とされると、 光秀は身重の煕子を背負って越前へ逃亡した」などの逸話が残されています。 その後、光秀は で に与したため、 その跡を継いだ に攻められ、本拠を失い の身となります。 <黒髪を売る> 美濃から越前に移り、 に仕えることになるが生活は苦しく、 そのような中、連歌会の催しを光秀が担当することになりました。 酒宴の用意に苦労する光秀をみかねた煕子は、 自分の黒髪を売ることで費用を工面したと伝わっています。 <織田信長も認める美人> 織田信長の家臣の間で明智光秀の妻・煕子が美人であるという 話が広がりました。 そこで信長は煕子を呼び寄せ、物陰から拝顔します。 評判通りの美人であり、 信長は思わず煕子に抱き着いてしまった、という 逸話が残されているそうです。 また、この逸話には続きがあり、 煕子は抱き着いた信長を持っていた扇で 思い切り叩いてしまったとも。 信長の光秀の妻・煕子に対する評価は ますます上がった、とも伝わっているそうです。 <煕子、病に倒れる> 『兼見卿記』によると天正4年(1576年)10月14日、 煕子は病気になり、光秀は平癒の祈祷を に依頼しています。 10月24日には平癒したので、 非在軒という者が銀一枚を持参して礼に行った記録があります。 11月2日には、吉田兼見が煕子の病気見舞のために 光秀の の宿所に行き光秀と面会をしている記録があります。 <一生を終える> 天正4年11月7日(1576年11月27日)、 または6月7日(7月6日)に死去したとされています。 享年は、46とも36、或いは42とも伝わっています。 光秀が の合戦が元で かなりの重病となり、 その際の献身的な看病疲れが元で病死したとも言われています。 『明智軍記』によると 天正10年(1582年)の坂本城落城のときの言動を記し、 年齢48歳で死去と記されてありますが、 現在ではこの説は信用できないと見られています。 なお、2020年NHK大河ドラマ「麒麟がくる」では 木村文乃(きむらふみの)さんが演じられることが決定されています。 <松尾芭蕉が一句詠む> 時は江戸時代、 元禄2年(1689年)に、江戸時代の俳諧師・松尾芭蕉が、 門弟の山田又玄の邸宅で、 その妻に宛てて詠んだ句 「 月さびよ、明智が妻の、咄(はなし)せむ」の 元々の話であり、 芭蕉は丸岡に訪れた際に に伝わるこの逸話を聞いたと考えられています。 芭蕉がこのように女性を題材にして、 一句詠むということは大変珍しいことであったそうです。 <明智光秀及び明智一族の墓> <明智光秀・辞世の句> <西教寺からの琵琶湖> 【妻木廣忠(つまきひろただ)】 <妻木一族の供養塔> 妻木広忠(つまき ひろただ)は、 戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。 明智光秀の家臣。 美濃国土岐郡妻木城主(第12代目)。 旗本 の系譜では、光秀の叔父とされています。 また、光秀の正室・煕子の父ともされていますが、 典拠となる史料は不明です。 尾張国の 織田信長に仕えて、 明智光秀の与力となり成果を挙げています。 天正10年6月2日(1582年6月21日)の の後、 同年6月13日(1582年7月2日)に 起きた で明智光秀が敗れ、近江国坂本城が陥落すると、 天正10年6月18日(1582年7月7日)に 西教寺で関係者一族の墓を作った後に、 墓の前で自害したと伝わっています。 <その後の妻木氏> 広忠は明智軍に属して敗北し自刃した為、 嫡男の が跡を継ぎました。 其の後、城を攻め明け渡せと迫った (父は )と 和議となり、家臣となります。 慶長5年(1600)年の の合戦の際には、 側につき、 の際の戦功により 頼忠は徳川家康から改めてこの地域を所領として与えられます。 頼忠は領地経営において、山の上の城では生活が不便である為、 城のある山の北側の山麓に屋敷を築いて住み始めました。 元和年間(1615年-1624年)頃には この城は放棄されたとみえ、 山麓にある妻木城士屋敷が政庁となっていました。 <本家は3代まで> 頼忠の子の妻木頼利、次に頼利の子の妻木頼次が跡を継ぎましたが、 頼次が跡継ぎの無いまま万治元年(1658年)に死去した為、 妻木氏本家は3代で断絶し、屋敷も放棄されました。 <上郷妻木氏として明治維新を迎える> けれども、妻木氏自体は頼次の弟の妻木幸広が 屋敷周辺の妻木上郷500石を以て妻木家再興を許され、 上郷に新たに屋敷を築いて上郷妻木家として存続し、 明治維新に至っています。 【妻木城(つまぎじょう)】 妻木城(つまぎじょう)は、現在の岐阜県土岐市に存在した日本の城(山城)。 岐阜県指定史跡 土岐市南部の標高409mの城山山頂に築かれた山城。 戦国時代辺りに土岐氏が衰退した後は、 一族の明智氏の所領になった後、 さらにその一族とされる妻木氏の居城となりました。 からの登城よりは少し楽。 <場所> 山! 【妻木城士屋敷(つまぎじょうさむらいやしき)】 妻木城士屋敷は、妻木城の北側山麓にあった 領主御殿や家臣屋敷の総称で、 城跡と同じく岐阜県史跡に指定されています。 江戸時代に入ってから妻木氏が断絶するまで ここが本拠となりました。 近くにある崇禅寺には、 移築された屋敷群入口の門と妻木城の歴代城主の墓があるそうです。

次の

明智光秀の妻・煕子

妻木 煕子

【目次】• 光秀の正室・妻木煕子の出自 光秀の前半生に不明点が多いのと同様に、妻の煕子もよくわからない部分だらけです。 実際には生年や父親の名前すらも "あやふや" です。 まず生年には、 享禄3(1530)年と 天文3(1534)年の2つの説がありますが、いずれも確証はありません。 次に父親ですが、『綿考輯録(めんこうしゅうろく)』(一般的に『細川家記』として知られる)によると、父は妻木勘解由左衛門範熙(つまきかげゆざえもんのりひろ)とのことです。 しかし、別の説では妻木広忠とする見方もあり、これも定かではありません。 なお、『細川家記』は細川氏の家史で、この時代の歴史を知る一級史料とされていますが、明智氏に関しては創作性が強く、裏付けもない『明智軍記』からの転載と思われる部分も多いため、この出自すら確かな情報とは言い難いのが現状です。 ちなみに妻木氏は『妻木氏系図』によると、 美濃国土岐郡の妻木城主・土岐頼照が祖とされています。 つまり、煕子も光秀と同じで美濃土岐氏一族ということですね。 光秀には煕子以前にも奥さんがいた? 煕子は三男四女をもうけたといわれますが、光秀の子の数も諸説あり、全員が煕子の子なのか、はたまた前妻や側室がもうけた子なのかも、よくわかっていません。 『天正記聞』という江戸時代の古記録によれば、光秀は煕子の前に近江の豪族である永原仁左衛門の娘を娶り、一女をもうけているといいます。 この娘は大坂夏の陣で豊臣秀頼・淀殿らと運命をともにしたという渡辺正栄尼(しょうえいに)だとか。 光秀の長女で荒木村重の息子に嫁いだ後に明智秀満(光春とも)の妻となった娘は、 天文21(1552)年生まれであるとされていますが、嫡男の光慶は生年不明ながら、俗説の享年13歳から逆算すると、 元亀元(1570)年生まれ。 長男と長女が18歳も年が離れており、同母ではあり得ないという見方もあるようです。 光秀娘として有名な細川ガラシャ。 煕子がガラシャの母という確証はない? 煕子の逸話 煕子についてはいくつかの逸話が残されています。 ただこれらは後世の創作であろうとも言われているので、事実かどうかは疑わしい部分も多分に含んでいます。 明智との婚姻をどうしても進めたい妻木氏は、煕子の妹を替え玉にして送りました。 しかし光秀はこれを見破り、「容貌などは年月や病気で変わってしまうものだ。 不変なのは心の美しさである」といって煕子を迎えたのだといいます。 あとの筋書きは同じで、伏屋姫が亡くなったため、煕子が後妻に入ったのだとしています。 また、これと似たような話で、同じく貧乏時代の光秀が連歌会を開くための資金のために髪を売ったともいいます。 光秀はこのころの妻の献身に感謝し頭が上がらず、出世してからも側室を持たなかったとか。 夫婦で交互に病にかかり…… 光秀と交流があった吉田兼見(吉田神社の神主で細川藤孝の従兄弟)の日記『兼見卿記』は重要な史料として信頼できるものですが、その中にも明智夫妻のエピソードがあります。 すると今度は同年冬に煕子が病にかかり、光秀が同じように病気平癒の祈願を依頼しにやってきたのだといいます。 信長に美しい妻を狙われたから恨みに思った? 『落穂雑談一言集』には、信長と光秀夫婦にまつわる話が収録されています。 噂を確かめたくなった信長は、家臣の妻を出仕させ、物陰に潜んで煕子を待ち伏せしました。 後ろから抱きしめようとしたところ、煕子は扇でしたたかに打ち据え、撃退してしまったのです。 まとめ 最後に煕子はいつ亡くなったのでしょうか。 この問いも残念ながらはっきりしていません。 天正4(1576)年に病で没したとも、 天正10(1582)年山崎の戦い後に自害したとも言われています。 明智家の菩提寺である大津市の西教寺には「病死」と伝わっていることから、病死説が有力です。 2020年の大河「麒麟がくる」では女優の木村文乃さんが演じることになった妻木煕子。 煕子のエピソードからも伺えるように、ドラマでは光秀・煕子夫妻の仲睦まじい姿がみられるのではないでしょうか。 【参考文献】• 藤田達生『明智光秀伝: 本能寺の変に至る派閥力学』(小学館、2019年)• 洋泉社編集部『ここまでわかった 本能寺の変と明智光秀』(洋泉社、2016年)• 新人物往来社編『明智光秀 野望!本能寺の変』(新人物往来社、2009年)• 二木謙一編『明智光秀のすべて』(新人物往来社、1994年).

次の