年賀状 文例 一般 的。 年賀状の文例

年賀状例文 【年賀状コラム】

年賀状 文例 一般 的

目上の方に 年賀状を出す場合、どんな風に書けば良いんだぁ!? あけましておめでとうございます• 謹賀新年• HAPPY NEW YEAR こうした賀詞も当然、相手によって使い分ける事が大切です。 これらの賀詞には「謹んで」という意味合いが含まれておらず目上の方に対する敬意が欠けている言葉となります。 マナー上、会社の上司や取引先に送る年賀状には,使用を控えるのが無難です。 万人に使用可能!「謹賀新年」といった4文字の賀詞 <4文字の賀詞> 「謹賀新年」、 「恭賀新正」、 「新春来福」 これらの賀詞は 目上の相手や目下という事に関係なく万人に使用可能な挨拶の言葉です。 定番中の定番!あけましておめでとうございます」は? お正月で使われる定番中の定番である 「あけましておめでとうございます」という挨拶言葉。 この賀詞も 目上の相手や目下の人などに関係なく使用可能です。 上記の「謹賀新年」と共に、もっともよく使用される賀詞ではないでしょうか。 それらを考慮して、ビジネス関係や昔からの先輩といった目上の方には 賀詞が1~2文字違うだけでマナーの良し悪しが変わるなんて日本語は奥が深いですね! 繰り返しに注意!お祝いの言葉を重複させない これは目上や上司などに関わらず同じ意味合いを持った挨拶言葉を繰り返さないよう注意が必要です。 「謹賀新年」と書かれた後に「謹んで新年のお慶びを申し上げます」といった例文を使うと、お祝いの言葉を繰り返している事になってしまうので気を付けましょう。 「謹賀新年」に続けては、 昨年度の感謝の気持ち~ 来年の抱負といった文例が一般的です。 年賀状を目上の人に送るなら~宛名の書き方 続けて目上の相手に対して注意したいのが「宛名書き」です。 会社の上司にしてもビジネス上付き合いがある取引先の相手でも名前を間違えられると案外記憶に残ってしまうものです。 なので漢字や文字の形式には注意が必要です。 送る相手の会社名や部署名・役職名は当然ながら、 「齋藤」や「齊藤」、「山崎」や「山﨑」 「萩原」や「荻原」、「菊池」や「菊地」、 「太郎」や「太朗」 といったわずかながらの違いも 目上の人に限らず 間違えないように気を付けましょう。 細かくも気づきやすい宛名の書き方には注意が必要です。 <忌み言葉>• 終わる• 切れる• 御社の益々のご発展と皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます• 本年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます• 旧年中はひとかたならぬお引き立てを賜りありがとうございました• 旧年はご一緒にお仕事をさせていただき心から感謝しています• 今後とも倍旧のご愛顧とご指導のほどよろしくお願い申し上げます 年賀状を目上の人に送る場合に気を付けたいマナー 仲の良い先輩なら、そこまで神経質にならなくても良いかもですが、会社の上司や仕事の取引先に年賀状を送る場合は気を付けたいマナーがあります。 取引先は休みだろうし会社宛だから三ヶ日に届いたら良いんじゃない?と思うかもしれませんが同じ送る作業をするなら元旦に届けましょう。 もし会社の上司といった身近にいる目上の人ならなおさら元旦をおすすめします。 郵便局側も1日遅れでもなんとか元旦に届くようにという配慮も見られますが、その優しさに甘えずきっちり上記の期間内にポスト投函しておきましょう。 参照:Yahoo知恵袋など このページ後半で紹介している年賀状印刷サイトなどではビジネス用のデザインが多数用意されているので、そちらを参考にして下さいね。 自分が所属する会社の上司などに送る場合は話が変わってきますが仕事の取引先で自社の様子を伝えたい人は写真入りデザインを選ぶ場合があります。 上司や取引先には年賀状が新年一発目の仕事とも言えます。 冒頭で紹介した賀詞や忌み言葉などに気を付けましょう。 また友人同士で省略しがちな 郵便番号や住所のマンション名といった項目も省略せずにちゃんと書いてあるか確認するようにします。 上司によっては役職名が近場の郵便配達員などに知られるのを嫌う人もおられます。 〇〇様のみ書くだけで事足ります。 …が取引先の会社宛に送る年賀状は、役職名の記載が必要となってきます。 その場合は出来る限り相手方の名前の上に記載するのもマナーです。 印刷された年賀状だけ届くよりも相手に好印象だからです。 またその際はボールペンでの細字による記載は避け、 筆ペンや毛筆といった太字で記載できるアイテムで書くのがマナーの一つです。 毛筆は使う機会が少ないから苦手という人は油性サインペンで代用しましょう。 何にせよ手書きの一言があるのと無いのとでは字が上手い・下手に関わらず相手に与える印象が変わってきます。 「虚礼廃止」と呼ばれる形式だけの儀礼をやめるという制度です。 近年は個人情報の漏出問題に敏感になっている会社も多いので禁止されているところが多くなっています。 入社したてor転職したばかりで会社の事情をいまいち把握していない人は、早めに聞いておくようにしましょう。 年賀状を目上の方々へ~ネット注文サイトを利用する ここからは目上の人、特に会社や取引先といったビジネス関連の年賀状デザインが多く用意されているネット注文サイトをご紹介します。 挨拶状ドットコム 挨拶状ドットコムは名刺作成といった仕事関連の業務も実施されており年賀状のデザインもビジネス用が多く見られます。 ショップや企業向けのビジネス用年賀状デザインは約400種類あり。 会社やお店のロゴを年賀状に挿入することもできます。

次の

年賀状を目上の人に送る一言や賀詞の書き方といったマナー総集編 | 年賀状印刷!挨拶文の書き方やお得な金額で作成できるサイト情報満載!

年賀状 文例 一般 的

宛名面と裏面のルールとマナーを知ろう 年賀状の書き方 年賀状は、日ごろからお世話になっている人や友人、親戚などに年に一度、旧年中の感謝や相手の幸せを願う気持ちを伝えるものです。 意外と知らないマナーがあるので、礼を欠いた年賀状にならないように、最低限のルールをおさえて、相手に喜ばれる1枚を送りましょう。 宛名面の書き方 1住所1 郵便番号の右2桁の中心に、宛名よりも小さく高い位置から書く。 郵便番号の枠とはがき右端から1文字分スペースを空ける。 都道府県は省略せず正式な住所を記入。 数字は、縦書きは漢数字、横書きは算用数字を基本とする。 2住所2(マンション名など) マンション名は、郵便番号の小枠左2つの中心を目安に、住所よりやや小さく、下げて書く。 マンション名は省略せずに記入。 3宛名 郵便番号の左3桁の中心に合わせ、一番大きい文字で目立つように書く。 文字の間を1文字分空けてバランスを取る。 4敬称 原則的に名前の下は「様」をつける。 恩師や医師、弁護士、政治家宛の場合は「先生」とつける。 5年賀 私製はがきの場合、切手の下に朱色で「年賀」と必ず記入。 6差出人 切手幅の範囲か、差出人の郵便番号の幅に合わせて書く。 ただし裏面に書く場合は、書かなくても失礼にあたらない。 人数が多い場合は、代表者の名前とその横に「ご一同様」と書き添える。 旧字体や旧かなづかいの氏名には要注意。 「辺」は「邉」、「崎」は「﨑」、「斉」は「齋」など、パソコンにデータを入力している場合は、正式な表記を事前に確認しましょう。 2添え書き1(お礼や挨拶) 「旧年中はお世話になりました」「昨年中は格別のご厚情にあずかり心より御礼申し上げます」など。 3添え書き2(今後の指導や支援をお願いする言葉) 「今年もどうぞよろしくお願いいたします」「本年も変わらぬご芳情を賜りますようお願い申し上げます」など。 4添え書き3(相手の健康や繁栄を願う言葉) 「皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます」「御社のますますのご発展を心よりお祈りいたします」など。 5年号・日付 「令和2年元旦」「2020年1月1日」。 元号と西暦はどちらを使ってもよい。 6差出人 郵便番号・住所・電話番号・メールアドレス・氏名など。 宛名面に記載する場合は不要。 本来、賀詞とは「祝意を表す言葉」ですが、近年では年賀状の文頭に使う決まり文句(新年のお祝いの言葉)として用いられています。 賀詞にはさまざまな種類がありますが、 送る相手によって使い分ける必要があります。 送る相手に合わせて正しく賀詞を選びましょう。 相手が目上の場合 「謹賀新年」「恭賀新年」など漢字4文字の賀詞。 相手が目下の場合(目上の人に使うと失礼になるもの) 「福」「賀」「迎春」「賀正」など、漢字1〜2文字の賀詞。 ビジネス関係の相手など、誰にでも使える賀詞 「あけましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」「謹んで新春のお慶びを申し上げます」など。 写真入り年賀状は、近況を伝えるには最適ですが、相手との関係性や相手の状況を考慮しましょう。 親しい友人や親戚など身内に送るのなら問題はありませんが、 上司や取引先などには控えた方が無難です。 ただし、出産祝いをいただいたり、家族ぐるみでお付き合いしている場合など、喜ばれる場合もありますので、日ごろのお付き合いの度合を見極めて判断してください。 裏面を作るとき気をつけたいポイント 送る相手に合わせたメッセージを 手書きで一言添えられていると受け取った相手もうれしくなります。 近況報告や相手への質問、感謝の言葉など、相手が読んで楽しくなるメッセージを一言添えましょう。 もし、特別に報告することがなくても仕事や趣味など、何気ない日常のことを書きましょう。 変わらず元気に暮らしていることを知らせるだけで相手にはばれるはずです。 暗い話題やデリケートな内容は避ける 病気やケガ、亡くなった方のことなど、暗い話題は控えましょう。 また、「彼との結婚話はどうなりましたか」「赤ちゃんを楽しみにしています」などの結婚や出産に関する内容は、 自分は励ましているつもりでも相手がプレッシャーに感じる場合もあるので注意が必要です。 相手の家族も読むことを考える メールと違い、 年賀状は送った本人以外の目に触れる機会があります。 過去の恋人のことや仕事上のミスなど、相手が家族に知られたくないようなことや、相手の家族が見て不快になる話題は書かないように気をつけましょう。 賀詞・添え書きには「、」「。 」を使わない もともと句読点は「子どもが読みやすいように」と使われ始めた記号であるため、 相手に敬意を示す挨拶状や賞状で用いることは失礼にあたります。 また、慶事に「区切りをつけない」という縁起を担ぐ意味もあるそうです。 「忌み言葉」は避ける 「去年」の「去」には「別れる」「離れる」といった意味があるため、年賀状では「旧年」「昨年」を用います。 また、「失う」「倒れる」「衰える」「枯れる」「絶望」「残念」などの「忌み言葉」や、「離婚」「倒産」「病気」などおめでたい場にふさわしくない話題は避けるようにしましょう。 言葉の重複は避ける 元旦は1月1日の朝のことです。 「2020年1月1日元旦」では重複していますので間違いです。 また「新年あけましておめでとうございます」は「新年」と「明ける」が重複しているという意見が多く、使わない方が無難です。 そのまま使える 挨拶文・一言添え書き文例集 「謹賀新年」などの賀詞の後につづる添え書きは、健康や幸せを祈り、新年の抱負を述べるなど明るい話題を簡潔にまとめるのがマナーです。 新年の挨拶とともに、結婚、出産などの近況報告を兼ねるほか、日ごろの感謝の気持ちや疎遠になっている方へ相手を気遣う一文を入れるように心がけましょう。 close 閉じる.

次の

年賀状の文例

年賀状 文例 一般 的

まず、年賀状の配達日については、できれば元日(1月1日)に届くようにするのが基本です。 難しい場合は、遅くとも先方企業の仕事始めまでに届くように投函しましょう。 時期外れの年賀状は、かえって先方の印象を悪くしてしまう可能性があるため、注意が必要です。 仕事始めの日に、年賀状を送っていない相手から自分宛に年賀状が届いていたときには、すぐに返信するようにします。 年賀状を送って良いとされるのは、松の内(1月1日~1月7日)の間までです。 相手に届く日が1月8日以降になる場合は年賀状ではなく、「寒中見舞い」を送るようにしましょう。 裏面の文面については、年賀状以外の用件を書かないように気を付けてください。 年賀状を送付するついでに、他の用件を書くことは失礼に当たるためです。 例えば、年明けのアポイントメントや、進行中の案件に関する事柄などは、別の機会に改めて連絡するようにしましょう。 自社内で統一したデザインの年賀状を送付する場合、空いたスペースに手書きで一言を添えると印象アップにつながるでしょう。 中には、印刷された年賀状をそのまま送られても味気ないと感じる人もいます。 取引先との関係にもよりますが、添え書きをする際には簡単な近況報告を行うと、親しみを持たれやすくなります。 裏面に記載する賀詞については、相手を選ばない賀詞を使用することが重要です。 ビジネス向けの年賀状は、目上の方に対しても失礼がないようにするのが鉄則だからです。 賀詞は、新年を祝う祝辞で、「謹賀新年」「恭賀新年」「謹んで新春のお慶びを申し上げます」など、4文字以上が適切とされています。 「あけましておめでとうございます」は最も一般的な表現ですが、マナー違反ではなく、誰に対しても使用できる賀詞とされています。 また、「迎春」「賀正」「初春」など、2文字の賀詞は簡略化された形式のため、目上の人が目下の人に送る印象が強く、取引先に送る年賀状には不適切であることも覚えておきましょう。 取引先の会社に送る年賀状の宛名の書き方 次に、取引先に対して送る年賀状の宛名(表書き)の書き方について、覚えておきたいルールを解説します。 ビジネスシーンにおける年賀状は、縦書きにするのが原則のため、特別な理由がない限り、宛名は縦書きにするようにしましょう。 堅苦しくないイメージの取引先であれば横書きにすることもありますが、業種や業態によっても可否が異なるため、横書きにするときは事前に調べておくことをおすすめします。 縦書きで書く際には、数字は漢数字で書くのが基本です。 ゼロは漢数字である「〇」を用いるようにしましょう。 アラビア数字の「0」とは異なり、円もしくはやや横長の楕円になるため、注意が必要です。 宛名の記入順については、必ず、右から住所、会社名、部署名、役職(肩書)、名前の順番で書くようにしましょう。 役職は通常、名前の上に小さく入れますが、肩書が長い場合は、名前の右側に記載するようにします。 相手の名前は、はがきの中央に一番大きく書くようにしましょう。 敬称の「様」は名前よりも、やや大きく書くことが多いです。 理由は、年賀状全体が締まってバランス良く見えるためです。 宛先が個人ではなく、会社、部署のときは「御中」を付けるようにしてください。 会社名については、「株式会社」を「(株)」と省略して書くのは失礼に当たります。 「株式会社」が社名の前に付くのか、後ろに付くのかもきちんと確認するようにしましょう。 英語表記の社名は、大文字、小文字、綴りの間違いに注意することも大事です。 社名の一部のみが英語表記の会社など、英語表記が短い場合は英語を横に倒さず、縦書きにしても失礼には当たりません。 英語表記が長い場合は、英語表記部分のみ横に倒して、縦書きで記入するようにしましょう。 また、差出人の住所や名前は、相手方より小さく書くのが基本です。 年賀状の書き方については、基本的なルールを押さえるようにしましょう。 まず、記載する文章に関しては、句読点(、。 )を入れないようにします。 これには、「区切りをつけない」という意味が込められています。 長い文では、句点を打ちたい箇所で改行、読点部分は1字分スペースを空けることで、読みやすくすることができます。 賀詞を述べた後、「旧年中のお礼」「新年も変わらぬ付き合いを願う言葉」「相手の健康や商売繁栄を願う言葉」の3要素を入れるようにすると、うまくまとまります。 また、忌み言葉も避けるにしましょう。 「忌み言葉」とは、不吉なことを連想させる言葉のことで、「死」「別」「失」「去」「絶」などがあります。 去年の「去」は忌み言葉のため、代わりに「昨年」「旧年」を使うようにします。

次の