ロキソニン は イブプロフェン。 アスピリン・ロキソニン・イブプロフェン・バファリンの違いと使い分け

「イブプロフェンで新型コロナが悪化する?」臨床医に聞いて分かった“飲んではいけない薬”の真偽

ロキソニン は イブプロフェン

【2020年】ロキソニンとイブは何が違って何が同じ?効き目の強さや副作用について説明 市販で誰でも簡単に買うことのできるロキソニンとイブ。 飲んでいる方も多いのではないでしょうか。 どちらも指名買いされる方がとても多い人気の解熱鎮痛薬です。 多くの方が飲まれているお薬ではあるのですが、この2つの違いを理解して服用されている方は少ないように思います。 近頃ではロキソニンもイブもどんどん新しいシリーズを出しています。 そのため、どのお薬がどんな特徴を持っているのか分かりづらくなっているのが現状です。 ここでは現段階で発売されているロキソニンやイブの特徴、効果や副作用の違いなどをご説明しています。 ロキソニンとイブの違いを理解することで自分に合う鎮痛薬を選べるようになりますよ。 1.ロキソニンSとイブの主成分について どちらの鎮痛薬も薬局で買えるお薬の中ではとても高いシェアを誇っています。 「安いから」「CMをよくやっているから」「よく見かけるお薬だから」そんな理由で選ばれている方もいるかもしれません。 ロキソニンとイブを1箱ずつ買われていく方もいらっしゃいます。 この2つの鎮痛薬の違いをあなたはご存知ですか?まずは入っている主成分から確認してみましょう。 1-1. ロキソニンの成分 市販で売られているロキソニンは「ロキソニンS」という名前です。 ロキソニンSには「ロキソプロフェンナトリウム」という成分が入っています。 病院だと「ロキソニン」という名前で処方されます。 もともとは病院でしか貰えないお薬でしたが、2011年にスイッチOTC化されたため、市販でも購入が可能となりました。 ロキソニンSもロキソニンも1錠あたりの主成分の配合量は同じ60mgです。 つまり痛み止めの効果としては病院のものも市販のものも変わらないと言えます。 1-2. イブの成分 イブの主成分は「イブプロフェン」です。 医療用では「ブルフェン」という名前で処方されます。 処方頻度はロキソニンほど高くはありません。 ところで、ロキソニンSもイブも主成分の語尾が「~プロフェン」となっているのに気付いた方はいらっしゃいますでしょうか。 どちらも主成分の名前がとても似ていますね。 鎮痛薬は構造によっていくつかの仲間に分類されているのですが、ロキソニンとイブはどちらもプロピオン酸系という同じ仲間に分類されるお薬です。 だから名前が似ているんですね。 2.ロキソニンとイブにはどんな種類があるの? 一昔前まではロキソニンもイブも今ほどは種類が多くありませんでした。 ここ数年で一気に品数が増えたのです。 現時点ではロキソニンが3種類、イブに至っては5種類も発売されています。 消費者のさまざまなニーズに応えると同時に、どれを選んだら良いのか分からないといった戸惑いを増やしてしまった、と言っても過言ではないでしょう。 2-1. ロキソニンの種類 現在、薬局で買えるロキソニンには「ロキソニンS」「ロキソニンSプラス」「ロキソニンSプレミアム」の3種類があります。 名前を見ただけでは正直、違いが分かりません。 ・ロキソニンS ロキソニンのシリーズの中でも1番最初に発売されたものです。 「最もベーシックなもの」と思っていただけたらOKです。 配合成分はロキソプロフェンナトリウムのみです。 ・ロキソニンSプラス ロキソニンSに胃に優しい成分をプラスしたのがこのロキソニンSプラスです。 主成分のロキソプロフェンナトリウムに加えて、胃酸を中和する酸化マグネシウムが配合されています。 ・ロキソニンSプレミアム 主成分に加えてロキソプロフェンナトリウムの働きを助けて鎮痛効果を高めるアリルイソプロピルアセチル尿素と無水カフェイン、胃の粘膜を保護するメタケイ酸アルミン酸マグネシウムが配合されています。 シリーズの中で最も効き目が強いもの、と思ってもらえると良いです。 他の2つと違い、眠気が出ることがあります。 2-2. イブの種類 イブには5つもの種類があります。 「イブA」「イブA EX」「イブクイック頭痛薬」「イブクイック頭痛薬DX」「イブメルト」の5種類です。 ・イブA 最もノーマルなイブがこのイブAです。 イブのシリーズのベースになるとお考えください。 イブのシリーズの中でも特に人気のものです。 主成分のイブプロフェン(150mg)の他に、イブプロフェンの働きを助けるアリルイソプロピルアセチル尿素や無水カフェインが配合されています。 ・イブA EX 配合されている成分の種類はイブAとまったく同じです。 違いは1回あたりのイブプロフェンの配合量にあります。 イブAには150mgしか配合されていませんが、イブA EXには200mgも配合されています。 配合量が多い=解熱鎮痛効果も高いということになります。 ・イブクイック頭痛薬 イブAにプラスして酸化マグネシウムが加わったのがこのイブクイック頭痛薬です。 酸化マグネシウムがプラスされることでイブプロフェンの吸収が速くなります。 つまりイブAよりも即効性があるということ。 「頭痛薬」と商品名についていますが一般的な鎮痛薬と同様に頭痛以外の歯痛や生理痛などにも普通に使えます。 ・イブクイック頭痛薬DX 先ほど紹介したイブクイック頭痛薬に「DX」が付きましたね。 イブクイック頭痛薬とイブクイック頭痛薬DXの違いは主成分であるイブプロフェンの量です。 イブクイック頭痛薬には150mg、イブクイック頭痛薬DXには200mg配合されています。 つまりイブクイック頭痛薬のイブクイック頭痛薬の効き目をさらに高めたものがイブクイック頭痛薬DXです。 ・イブメルト イブシリーズの中でも最も新しいものですね。 「メルト」と名前についている通り、口の中ですぐに溶ける性質を持っているため、水なしでの服用が可能です。 成分はイブプロフェン200mgのみです。 イブのシリーズの中で唯一眠気が出ないものですので使い勝手が良いですね。 3.ロキソニンとイブの効果・副作用の違い 薬局でよく聞かれるのが「ロキソニンとイブはどちらが強いんですか?」というもの。 また、この質問と同じくらい高頻度で聞かれるのが「どちらが体に優しいですか?」という質問。 この2つについてお答えしていきます。 3-1. 効果が高いのはロキソニンとイブのどっち? ロキソニンとイブはどちらの強さが上ですかという質問ですね。 効き目の強さは一般にロキソニン>イブです。 ロキソニンは市販で買える鎮痛薬の中で最も効き目が高いものという位置づけです。 そのため、ロキソニンの方が強いと認識してもらえれば良いかと思います。 ただし人によってはイブプロフェンの方が効きやすいという方もいます。 今ではイブクイック頭痛薬DXのようにイブプロフェンを最大濃度(200mg)配合した商品が増えてきているのもあり、一概にロキソニンの方が強いですよとは言いにくい状況です。 基本的にはロキソニンの方が強さは上、ただし人によってはイブの方が効く方もいらっしゃいます、というのがこの質問の答えとなります。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 胃に優しいのはロキソニンとイブどっち? 痛み止めは胃に負担がかかりやすいというのはご存知の方が多いですね。 ロキソニンの方が基本的に効き目が強いことから、ロキソニンはイブよりも胃に負担がかかると思われている方が多いかもしれません。 しかし、実は胃への負担はどちらも同程度。 副作用の頻度を主成分であるロキソプロフェンナトリウムとイブプロフェンとで比較しても有意差は見られませんでした。 ロキソプロフェンナトリウムの副作用の発現頻度がイブプロフェンとほとんど変わらなかったことからロキソニンを第一類医薬品から第二類医薬品に変更しようとする動きがあったほどです。 どちらも胃への負担は変わらないのですが、どうしても胃が弱いから少しでも胃に優しいお薬が欲しいという場合はロキソニンSプラスやロキソニンSプレミアムのように胃を守る成分が入っているものを選ぶと良いでしょう。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 眠くならないのはロキソニンとイブどっち? 仕事中や勉強中に頭が痛くなって痛み止めを飲む場合、眠気が出やすいお薬はできるだけ避けたいものです。 市販の痛み止めは眠くなりやすいというイメージをお持ちの方が多いですが、もちろん眠気が出ないものもあります。 今回紹介した3種類のロキソニンと5種類のイブの中で眠くなる成分が入っていないのは「ロキソニンS」「ロキソニンSプラス」「イブメルト」の3つです。 ロキソプロフェンナトリウムやイブプロフェンの働きを高める目的で配合されている「アリルイソプロピルアセチル尿素」が眠気を催す原因物質なので、これが入っていないものを選べば良いのです。 もしかしたらこの記事をご覧の方の中に「ロキソニンS」を飲んでも眠くなったよという方がいるかもしれません。 ごくまれにですがロキソプロフェンナトリウムの成分によって眠気が出てしまう方もいます。 ほとんどの方は眠気を感じることなく服用できますが体質によって眠気が出る場合もあります。 ただし、そのような方は多くはいらっしゃらないのでアリルイソプロピルアセチル尿素が入っていない「ロキソニンS」「ロキソニンSプラス」「イブメルト」の3つが眠くならない痛み止めだと覚えておくと良いでしょう。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 4.市販の痛み止めを飲んでも効かない場合の対処法 市販の痛み止めを飲んでも痛みが消えない、そんなときはどうするべきなのでしょうか。 痛みにどうしても耐えられなくなった頃合いでやっと鎮痛薬を飲むという使い方をしていると思ったように痛みが引かない場合があります。 痛みが強くなってからではなかなか引かないのです。 痛み止めの効果をしっかり発揮するためには、なるべく痛みが出だした初期の段階で飲むようにしましょう。 頭痛の緩和のために痛み止めを飲む方も多いのですがたまに「痛み止めを飲んでもまったく頭痛が治まらない」という方がおられます。 頭痛の種類によっては市販で手に入る普通の痛み止めでは効果がなかなか出ないこともあるのです。 あまりに痛みが引かないのでロキソニンとイブを同時に飲んだなんて方も過去におられました。 痛み止め同士の併用はNGです。 痛み止めを飲んでもあまり効かないと言われる方の多くが「偏頭痛」に使われています。 偏頭痛はちょっと特殊な頭痛で血管が拡張することによって痛みが発生するものです。 病院にいくと血管の拡張を防ぐ偏頭痛専用のお薬を貰えますので、市販薬が効かなかった方は病院で一度診てもらうことをおすすめします。 5.まとめ ロキソニンもイブも認知度が高く、手に取られる方が非常に多いお薬です。 しかし、昨今のラインアップの増加により効果や副作用の違いが分かりづらくなってきています。 基本的に効き目が強いのはロキソニン、胃の負担はどちらも同程度です。 体質によってロキソニンが効く人、イブが効く人といますのでご自分にあった痛み止めを服用すると良いですね。 もしも痛み止めを飲んでも痛みが引かなかった場合は病院の受診をしましょう。 病院にしかない専用のお薬というのもありますのでくれぐれも痛みを我慢しすぎないように気をつけてください。

次の

イブプロフェンとロキソニンの強さ比較

ロキソニン は イブプロフェン

ロキソニン(成分名:ロキソプロフェンナトリウム水和物)は、私達の生活にとても身近な解熱鎮痛薬のひとつです。 痛みや発熱に効くといった特徴から「ロキソニンは効くまでに何時間かかるの?」「効果は何時間つづくの?」「1日2回以上飲むときは何時間あければいいの?」といった質問をよくいただきます。 お薬が効くまでにかかる時間や持続時間は、個々人の症状や体質や代謝能力などにより変わってくるため変動があります。 ロキソニンの効果時間の研究報告などから、ロキソニンの効果発現時間と持続時間を解説します。 ロキソニン(成分名:ロキソプロフェンナトリウム水和物)は、腫れや痛みをやわらげ、熱を下げる非ステロイド系の解熱鎮痛消炎剤(NSAID's)というグループの中でも、特に有名な薬です。 風邪の症状の熱や生理痛、頭痛といった日常的な解熱・痛み止めに始まり、歯痛・抜歯後の鎮痛から重度の病気の痛み止めまで、さまざまなシーンで広く使用されています。 ロキソニンが広く使われる理由は、ロキソプロフェンナトリウム製剤の中でも先発薬といって最初に発売された薬であり認知度が高いこと、主成分のロキソプロフェンナトリウムが他の解熱鎮痛薬よりも効果が高いことと、プロドラッグ製法といって胃痛などの副作用が出にくいように工夫された剤形であるといった特徴があるためでしょう。 ロキソプロフェンナトリウムを含んだ市販薬をドラッグストアや薬局で購入することが可能となり、より私たちの生活に身近なものとなりました。 ロキソニン(ロキソプロフェンナトリウム)には処方薬と市販薬があります。 市販薬のロキソニンSは、病院で処方される医療用「」と有効成分と量、添加物の内容と量、錠剤の大きさなどがいずれも同じです。 つまり、成分的には同じ薬であるということができます。 市販薬と処方薬の効果の違い 市販薬と処方薬では対応できる効能・効果に違いがあります。 これは、処方薬は医師が診断するためリウマチなどさまざまな疾患の治療に使用されますが、市販薬の場合は、自分で認識できる症状の鎮痛や発熱時の解熱と目的として使用されます。 【市販薬「ロキソニンS」の効能・効果】 頭痛、月経痛(生理痛)、歯痛、抜歯後の疼痛、咽喉痛(のどの痛み)、腰痛、関節痛、神経痛、筋肉痛、肩こり痛、耳痛、打撲痛、骨折痛、ねんざ痛、外傷痛の鎮痛、悪寒、発熱時の解熱 【処方薬「ロキソニン錠60mg」の効能・効果(ロキソプロフェンナトリウム水和物60mg錠の副作用)】 関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、肩関節周囲炎、頸肩腕症候群、歯痛、手術後、外傷後並びに抜歯後の鎮痛・消炎、急性上気道炎(いわゆる風邪など)の解熱・鎮痛 なお、ロキソニンの効果と副作用についてフォーカスした記事は以下をごらんください。 関連記事 ロキソニンの効果が現れはじめる時間については以下のような報告があります。 整形外科領域の手術後・外傷後疼痛に対するロキソニン(60mg)の鎮痛効果は15分後に19. 8%、30分後に53. 4%、60分後に72. 4%の症例に認められています。 抜歯後疼痛に対するロキソニン(120mg頓用)の鎮痛効果は15分以内に51. 6%、30分以内には83. 9%の症例に認められています。 長屋郁郎 ほか:臨床医薬 1985; 1 1 : 69-89 内田安信 ほか:歯科薬物療法 1984; 3 1 :32-48 つまり、個人差はあるものの、15分前後で効き始める人が一定数いて、 半数以上の方は30分程度で効果が出てくるということがわかります。 なお、一般的な解熱鎮痛目的で処方薬のロキソニンを使うときは1回1錠で服用します。 ただし、歯科での抜歯時など激しい痛みにロキソニンを使うときは、医師や歯科医師の処方のもと1回2錠として服用することがあります。 市販薬のロキソニンSも基本的にはロキソニン錠と同じような動きをとると考えられ、 半数以上の方が15分以内に効果を実感すると考えることができます。 ロキソニンの効果持続時間については以下のような報告があります。 【効果持続時間】 抜歯、小手術後の疼痛発症患者の効果持続時間は、平均7. 0時間と報告されています。 口腔外科小手術患者の術後疼痛ではロキソニンを服用後、5-6時間後に疼痛が再燃したものが最も多かったと報告されています。 清水正嗣 ほか:歯科ジャーナル 1994;39 6 :893-903 藤本明秀 ほか:日本口腔外科学会雑誌 1989;35 2 : 524 -529 解熱や鎮痛の症状や原因によっても効果の持続時間は異なってくるものの、通常は5〜7時間ほど効果が持続するといえるでしょう。 ロキソニンを服用すると、有効成分が速やかに体内に吸収され、血液中の有効成分の濃度は以下のように変化します。 個人差はあるものの、血中の濃度が最高値に達するまでの時間は0. 31〜0. 63(約18〜37分)で、血液中の成分が代謝されて半減するまでにかかる時間が1. 26〜1. 70時間(約75〜102分)となっています。 症状が出るときだけ服用する頓用(とんよう・とんぷく)の場合は、4時間以上あけていただければ基本的には問題ないと考えられます。 2時間以内など極端に短い時間に連続して飲み続けると、有効成分が体内に蓄積し過剰摂取となるおそれがあります。 また、1日3回の食後の服用は問題ないとされています。 ロキソニンは基本的には5〜7時間は効果が持続するお薬なので、症状があるときのみ使う頓用で処方されているときは、前回の服用後5〜7時間以上たって症状が再度でてきてから服用すると良いでしょう。 ロキソニンの特徴について Q. ロキソニンは胃が荒れるような副作用が出にくいといわれているのはなぜですか? A. ロキソニンはプロドラッグ製剤と呼ばれる工夫がされたお薬です。 ロキソニンと同じタイプのお薬(非ステロイド系抗消炎薬[NSAIDs]というグループの薬)の代表的な副作用に胃腸が荒れるなどありますが、プロドラッグ製剤とは腸から吸収されてからはじめて活性化して効果を発揮します。 そのため、腸で吸収される前には効力がないため胃腸を荒らすような副作用が起こりにくい製剤なのです。 ロキソニンの痛みや熱への効果は早い方ですか?また効果は強いですか? A. 今回ご紹介したように15〜60分で効果が出始めるということで、比較的効きはじめが早いタイプといえるでしょう。 また、症状によっては他の治療薬が適する場合も多いので一概に他の製品との比較はできませんが、ロキソニンと同じグループのお薬(非ステロイド系抗消炎薬[NSAIDs]というグループの薬)の中では効果がすぐれている方です。 実際、発売元の製薬メーカーでも以下のようにアナウンスされています。 「ロキソプロフェンナトリウム水和物」が、痛みや熱の原因物質をすばやく抑え、すぐれた鎮痛効果・解熱効果を発揮します。 -- 第一三共ヘルスケア「ロキソニンS」製品情報より ロキソニンの効能・効果について Q. ロキソニンは生理痛や頭痛や日常的な発熱にも使えますか? ロキソニンも含まれる「非ステロイド系抗消炎薬[NSAIDs]」と呼ばれるグループはいろいろな痛みに広く使われています。 なかでも、ロキソニンは胃痛などの副作用が出にくいなど安全性が高く効き目もよいので、解熱鎮痛剤として最もよく使われているお薬の一つです。 日常的な生理痛や頭痛といった痛み止め目的だけでなく、熱やノド(喉)の痛みをともなう風邪の症状にも使われています。 ロキソニンは対症療法(たいしょうりょうほう)ですか? 対症療法とは病気の原因でなく現れている症状をおさえるために使われる療法です。 そのためロキソニンは、炎症をおさえることで、熱を下げたり、腫れや発赤(赤みが出るもの)や痛みなどの症状をおさえますが、原因そのものを治療するものではないため対症療法とされることが多いです。 そのため、市販薬として使う時や、頓服として(症状があるときだけ使うように)処方された時は、発熱や痛みがあるときだけ使って、症状が落ち着いたら止めるのも大切になります。 しかし、熱や痛みの原因そのものを治療する他の根本治療をサポートするために、処方薬の場合はある程度の期間使われることもあります。 このような場合は医師の指示通り用法用量を守って継続することも大切になります。 ロキソニンはなんで効くの?どんな仕組み・メカニズムで効くの? 痛みや熱の原因物質はプロスタグラン人です。 体の中で発熱や痛みがあるときは、プロスタグランジン(PG)が生成して、炎症や発熱を引き起こします。 ロキソニンの成分であるロキソプロフェンナトリウムは、アラキドン酸からプロスタグランジンを生成するシクロオキシゲナーゼという酵素を阻害し、プログラグランジンの生成をおさえることで発熱、痛み、炎症をおさえます。 ロキソニンの用法・用量について Q. ロキソニンは1日何回使えるの? A. 市販薬と処方薬で使える回数や用法容量が異なっています。 市販薬の場合は1回1錠を基本的には1日2回までです。 ただし、再度症状があらわれた場合には3回目を服用でき、いずれも服用間隔は4時間以上おくこととなっています。 処方薬は通常は1回1錠を1日3回飲みます。 症状があるときだけ飲むように処方されるケース(頓服・屯用)の場合は、1回1〜2錠飲みます。 しかし、症状や体質によって増減されるため、医師の指示通りの用法用量を守って使用するようにしてください。 ロキソニンの副作用について Q. ロキソニンの胃痛や腹痛の副作用の対策はありますか? ロキソニンは胃腸を荒らすような副作用が発生しにくく工夫がされていますが、それでも0. 腹痛対策としては、ロキソニンを飲む時に空腹を避けて食後すぐに飲んだり、多めの水(コップ1杯)で飲むなどがおすすめです。 どうしても体調がすぐれないなどで食事が取れず、空腹時にロキソニンを飲む場合は、少量でも何か食べるか牛乳で飲むことで胃の負担を軽くしましょう。 また、処方薬であればや、市販薬であればなどの胃腸の粘膜を守るお薬をセットで服用することで副作用の腹痛対策もある程度可能です。 関連記事: Q. ロキソニンに眠気の副作用はありますか? ロキソニンSの製薬メーカーである第一三共ヘルスケアでは「眠くなる成分を含みません。 」とされています。 これは市販の解熱鎮痛剤には、症状を和らげるために、鎮痛成分以外に鎮静成分が配合されたものがあります。 ロキソニンにはこの鎮静成分が含まれていません。 しかし、処方薬の説明書には、0. もしロキソニンを服用して眠気を感じた場合は、副作用のおそれも考えられます。 眠気の症状がひどくて生活に支障がある場合は、服用を調整したり、運転など注意力が必要な作業を避けるなど気をつけながら、ロキソニンを続けるべきか医師や薬剤師にご相談ください。 ロキソニンを使用する場合は、用法用量を守ることが大切です。 医師から処方された場合は、医師・薬剤師の指示を必ず守ってください。 処方薬・市販薬に関わらず、服用後に「いつもと違うな?」といった違和感を感じた時はなるべく早めに医療機関に相談しましょう。

次の

ロキソプロフェンとイブプロフェンの違い・比較【即効性・持続時間・強さ】

ロキソニン は イブプロフェン

即効性・Tmaxの違い・比較 薬を服用してから、血中の薬の濃度が最大になるまでにかかる時間をTmax(ティーマックス)といいます。 一般的にはTmaxが短い薬ほど効き目が速いといわれます。 ロキソプロフェンとイブプロフェンのTmaxは下記の通りです。 薬剤名 ロキソプロフェン イブプロフェン Tmax 0. 79時間 2. 1時間 1. 3時間ほど、ロキソプロフェンの方がイブプロフェンよりTmaxが短いことから、即効性があるのはロキソプロフェンだといえます。 市販のイブとロキソニンS即効性の違いは? 市販薬ではロキソプロフェンが入った ロキソニンSシリーズ、イブプロフェンの入った イブシリーズがあります。 イブ錠やイブA錠に比べるとロキソニンSの方が即効性がありますが、イブシリーズの中でも イブクイックにはイブプロフェンの吸収を速める 酸化マグネシウムを配合されています。 酸化マグネシウムが1時間ほどイブプロフェンの吸収を速めるといわれていますので、イブクイックに関してはロキソニンSと同じくらいの即効性があるといえるかと思います。 ロキソプロフェンとイブプロフェンの半減期について比較してみたいと思います。 薬剤名 ロキソプロフェン イブプロフェン 半減期 1. 3時間 1. 8時間 イブプロフェンの方がロキソプロフェンに比べて30分ほど半減期が長く、代謝されるまでに時間がかかることから、イブプロフェンの方が持続時間がやや長いといえるでしょう。 強さの違い ロキソプロフェンとイブプロフェンの強さを直接比べた実験はありませんが、 痛みを抑える鎮痛作用や熱を下げる解熱作用はほぼ同等と言われています。 まとめ(使い分け) ロキソプロフェンとイブプロフェンですが、強さはほとんど変わりません。 即効性を求めるならロキソプロフェン、イブプロフェンの方が効く時間がやや長いといった特徴があります。 市販ではイブプロフェンの入ったイブシリーズがよく売れていますが、医療現場ではロキソプロフェンの方がイブプロフェンに比べて多く処方されています。 スポンサーリンク• カテゴリー• 4 こんにちは。 現役薬剤師Yu(ユー)です。 2006年に京都薬科大学薬学部を卒業し、薬剤師免許を取得後、調剤併設ドラッグストアと調剤薬局にて勤務する現役薬剤師です。 健康食品や市販薬、内科、整形外科、皮膚科、小児科、在宅医療まで幅広く患者さんと関わってきました。 「一人の患者さんが抱える薬の疑問は、みんなが抱える疑問かもしれない」 私が薬剤師として活動する中で、患者さんに聞かれたことや、患者さんが知っておく必要があると思った情報をまとめるためにサイトを立ち上げました。 最近は患者さんだけでなく、ヘルパーさんや看護師さんなど医療従事者の方も薬の勉強のために閲覧をいただいております。 「薬に関わる疑問を少しでも解消したい。 」 そのような思いで日々サイトを磨いてまいります。 まだまだ成長過程の薬剤師ですが、一人でも多くの方がこのサイトがあってよかったと思っていただるように自分の抱える知識を発信してまいります。 スポンサーリンク.

次の