お礼状 書き方 実習。 保育実習のお礼状はいつまでにどう書く?例文や書き方、時候の挨拶【保育学生の実習ガイド】

【保育実習のお礼状】封筒の書き方と入れ方のポイント

お礼状 書き方 実習

実習お礼状の封筒の色とサイズの選び方 お礼状のような改まった手紙では、封筒は縦の和封筒が基本です。 色は白で、中袋が二重になったもの、サイズは長5形を選びます。 白の和封筒には一重と二重のものがありますが、一重のものは「不幸が重ならないように」という意味を込めた弔事用なので、間違って使わないように注意しましょう。 デザインや色付きの封筒は親しい人のみに使用するものなので、美しい色柄のものだったとしても、お礼状にはふさわしくありません。 また、茶封筒は事務用なので、これもお礼状を入れるには失礼にあたります。 つい装飾や色の付いた封筒を選びたくなるかもしれませんが、二重の白い縦封筒で、サイズは長5形、と覚えておきましょう。 この白封筒を使うのが、校長先生や園長先生、施設長などの目上の方に対しても失礼なく送れる、手紙の正式なマナーです。 封筒が決まったら、次は宛名の書き方について解説します。 スポンサーリンク 実習お礼状の封筒の宛名の書き方 表面 表面の宛名の書き方については、あまり迷うことはないかもしれませんが、正式な書き方を図解で説明します。 (1)住所の書き方 郵便番号の枠の1cmくらい下から書き始めます。 実習のお礼状のような改まった手紙では、 都道府県名の省略はNG。 番地などの数字は漢字で書きます。 住所が長い場合は、キリの良いところで2行に分けて。 その場合、郵便番号下4ケタの枠の幅内に収まるようにすると、バランス良く書けます。 (2)学校名や病院名 実習先の学校名や園名、病院名などは、住所に続けて書くのではなく、必ず行を変えて書きます。 施設名は必ず正式名称で。 なお、 「御中」は、個人ではなく施設や組織宛に手紙を送る際に使用する敬称であり、施設名の後に個人名を書く場合は、御中は必要ありません。 (3)宛名 宛名は封筒の真ん中に、住所よりも一回り大きな文字で。 和封筒では、郵便番号の2ケタ目が封筒のほぼ中央なので、そのライン上に書くときれいに収まります。 「先生」はそれ自体が敬称にあたるので、様を付けるのは二重敬称となり間違いです。 スポンサーリンク 実習お礼状の封筒の宛名の書き方 裏面 封筒の裏面の書き方には、2通りのマナーがあります。 あまり見慣れない人もいるかもしれませんが、旧来のマナーでは、封筒の真ん中の継ぎ目の左右に住所と名前を書くのが正式な書き方です。 (1)封字 封筒のフタ部分と本体の両方に文字がかかるように書き入れます。 「〆」の他に、漢字の「封」または「緘」を使ってもOKです。 (2)自分の住所 封筒の継ぎ目の右側、封筒の真ん中よりやや上の高さから書き始めます。 自分の住所では、都道府県を省いてもかまいません。 ここでも町名や部屋番号などの数字は漢字で書きます。 (3)氏名 封筒の継ぎ目の左側、郵便番号欄の下に自分の氏名を書きます。 (4)日付 郵便番号欄の左下に、小さな文字で日付を入れます。 従来は封筒に継ぎ目の左右に住所氏名を書くのが正式なマナーでしたが、現在では差出人の情報は封筒の左側に寄せて書くのが一般的になっており、この書き方でも失礼にはあたりません。 封筒に継ぎ目がない場合や、継ぎ目の左右に書く書き方に違和感がある場合は、左寄せの書き方をしてもOKです。 (1)封字 封筒のフタ部分と本体の両方に文字がかかるように書き入れます。 「〆」の他に、漢字の「封」または「緘」を使ってもOKです。 (2)自分の住所 郵便番号欄の右下から住所を書きます。 自分の住所では、都道府県を省いてもかまいません。 ここでも町名や部屋番号などの数字は漢字で書きます。 (3)氏名 住所の後に、一回り大きな文字で自分の氏名を書きます。 住所と氏名が、郵便番号枠の幅内に収まるように書きましょう。 (4)日付 郵便番号欄上部、封筒の左上に小さな文字で日付を入れます。 実習お礼状の封筒の入れ方と折り方 宛名を書き終えたら、手紙を封筒に入れますが、この入れ方と折り方にもマナーがあります。 和封筒に入れる手紙は、三つ折りの折り方にするのが正式。 まず便箋の下から3分の1ほどを折り、次に上の3分の1をかぶせるようにして折ります。 封筒に入れる時は、手紙の書き出し部分が封筒の裏側に来るように入れましょう。

次の

保育実習のお礼状の書き方は?封筒の宛名と例文のテンプレート2選

お礼状 書き方 実習

【保育実習のお礼状】封筒の書き方 保育園へのお礼状の宛名• 住所が長い場合は2行にしよう 保育園には、アパートやマンションで保育をしているところもあります。 マンション名を記載すると、どうしても長くなりますね。 無理に1行に収めて書くのではなく、 2行にしてバランスをとりましょう。 園長先生宛に書きましょう 実習の間、1番お世話になるのは、実習担当の先生です。 でも、実習を受け入れてくれたのは園長先生。 お礼状の封筒の宛名は、園の代表である園長先生にしましょう。 内容の部分で、他の先生たちへのお礼の文を加えるといいかもしれませんね。 書き方は、まず「〇〇保育園 」と園名を書きます そして、中央に少し大きめの文字で「〇〇園長先生」と書くといいですよ。 気をつけたいのは「様」を使う時です。 「園長先生」と書いた場合には、 「様」は必要ないんですね。 先生とつけるだけで、十分相手に敬意を示せるからです。 「様」を使う場合には、「〇〇保育園 園長 〇〇様」と書くようにするといいですよ。 崩さずクセ字で書かない 字には、それぞれ個性が現れますね。 丁寧に• 誰が読んでも読める字で 書くことが大切です。 少し不恰好になってしまってもよいです。 丁寧に、心を込めて書くことを心がけましょう。 自信がない方は、 スマホで打った文字を見本に、真似をしながら書くのも、オススメです。 自分の住所・学校名・名前は裏側に 自分の情報は、全て封筒の裏に書きましょう。 場所は、左下に書きます。 学校名は、学科も書くとより丁寧です。 表の保育園の宛名の文字より大きくしないことがポイントです。 常に、相手を立てるってことを忘れずに。 封筒への入れ方• 手紙は3つ折りで入れる 手紙は3つ折りにすると、封筒に綺麗に入ります。 でも、3つ折りって難しいんです。 目星をつけずに、急におるのは危険ですよ。 鉛筆で折れ目に線を付け、実際に折ってみましょう。 左右のバランスが取れているのを確認してから、折るようにしたいですね。 「拝啓」が上になるように入れる 封筒に入れるときには、手紙の書き出しが上に来るよう。 必ずのりで封をして、閉じ目に「封」を 封筒を閉じるときは必ずのりを使いましょう。 テープではない方が好ましいです。 閉じ目の真ん中に• 「〆」 もしくは• 「封」 と記入して完成です。 お礼状の基本は縦書き 日本では、• 目上の人に向けての文 を書く時には、縦書きが基本的です。 そのため、自分の気持ちを伝えたいお礼状でも、縦書きが好ましいです。 でも、縦書きが書き慣れない人もいますよね。 最近は、横書きでも大丈夫という意見も増えています。 実際に、育成学校でも、どちらでもよいという先生は多いんです。 本文 〇〇保育園の先生方の、ますますのご活躍とご健康をお祈り申し上げます。 便せん1~2枚が好ましい 多くの学びがある保育実習。 お礼状にも、感謝の気持ちをたくさん書きたくなりますね。 でも、現場の先生たちはとても忙しいです。 なので、短い文章で書くことを心がけましょう。 伝えたいことがギュッと詰まっていることが大切です。 ダラダラと長い文を書くのは気をつけましょう。 結局何が伝えたいのか、分かりにくくなります。 「簡潔に」• 「わかりやすく」 を心がけましょう。 手渡しか郵送か• 郵送の方が、早くて便利 お礼状は、早めに出す方が良いとされています。 できれば、実習を終えた次の日には、投函したいものです。 でも、書くのも初めてだと、戸惑ってしまいますよね。 書くのに少し時間がかかってしまうこともあります。 郵送であれば、いつでもポストに入れられるので便利です。 園に届ける場合には、急に押しかけるのは失礼です。 電話をして、いつ行くかを伝えて…と手順を踏みます。 郵送であれば、時期を気にする必要はないので、楽ですよね。 実習先によっては、次の日に書類を提出する場合もあります。 実習後、すぐ園に行く予定がある人は、手渡しの方が早いですね。 手渡しか郵送か、決まりはないので、時と場合によって使い分けるとベストです。 お礼状の封筒選びで注意すること• 白い長封筒を お礼状は、白い長封筒を選ぶのが基本です。 できれば、2重になっているものを選びましょう。 郵便番号の枠もないものが、良いですよ。 縦書きでも横書きでも、無地のものを選びましょう。 柄の入ったもの・色のついたものはNGです。 便せんも無地のものを 書きやすいように、必ず 線が入っている便せんを選びましょう。 封筒と同じように、白色で無地のものを選ぶのが良いでしょう。 まとめ• 宛名は間違えがないように。 バランスよく• 3つ折りは折る前に、鉛筆で印を• お礼状の書き方は色々。 時と場合によって使い分ける 中身の例文も、時期によって決まりがあるんですね。 専用のお礼状の封筒や便箋だと、失敗しませんね。

次の

保育園・幼稚園実習のお礼状の例文・封筒の書き方~失敗しないためのポイント~

お礼状 書き方 実習

医師や看護・介護士、教員など資格を必要とする職業には、その現場での実習が必須です。 短期間とはいえ、その職業に就こうという志ある人間を受け入れ指導してくれた施設の方々へのお礼は、最低限のマナーです。 きちんとしたお礼状を書けることは社会人としての第一歩ともいえます。 お礼状はいつまでに出せばいい? お礼状は実習終了後すぐに出すように心がけ、遅くとも一週間以内に先方に届くようにしましょう。 また、お礼状は必ず手書きで書くようにしましょう。 自分の字に自信がないからといってパソコンで打ち込んで印字したものを送るのはタブーです。 お礼状は丁寧な文字で、誤字脱字がないように気を付け、心を込めて書くことが大事です。 お礼状は便せんに縦書きが基本 お世話になった方へのお礼状は、黒か青のインクのボールペン(できれば万年筆)で便せんに縦書きが基本です。 しかし、最近では縦書きの文章よりも横書きの文章に接する機会が多いため、横書きでも問題は無いでしょう。 反対に、縦書きの方が改まった印象があり、お礼状を縦書きにすることで、きちんとしていると相手に印象付ける効果があります。 年齢が近い相手なら横書きOK 幼稚園や保育園での実習だと、指導してくれる先生と実習生の年齢が比較的近い場合もあります。 そういったケースでは、格式ばった縦書きのお礼状よりも横書きで書く方が親近感が出るため相手が受ける印象も良くなるでしょう。 ただし、ここで注意したいことは、いくら年齢が近いからと言っても指導していただいた身ですので、きちんと礼節を保った文章を書くように心がけ、友達や先輩に書くようなお礼状にならないよう気をつけましょう。 はがきで出しても大丈夫? お礼状は封書が基本ですが受け入れ先の希望などで、学校から実習のお礼状にはがきを指定される場合があります。 はがきでのお礼状は本来贈り物のお礼など軽い挨拶に使われるものですので、特に指定されていない場合は封書にしましょう。 はがきに書く場合は、どうしても紙面が限られますので、内容は簡潔に必要最低限で気持ちが伝わるようよく吟味して書くことが大事です。 それでは、実習のお礼状を書く際の基本をご紹介します。 これは実習に限らずこれから社会に出てお世話になった方への感謝の気持ちを伝えるための全てのお礼状に通じることですので、きちんと押さえておきましょう。 お礼状に限らず手紙に書く順番は次のとおりです。 頭語 2. 時候の挨拶 3. 主文 4. 結びの挨拶 5. 日付と氏名 実習のお礼状の場合はそれぞれ、どのように書くのが適切なのかご紹介します。 頭語 頭語とは、手紙の冒頭に書く言葉で一般的な挨拶「こんにちは」などに当たります。 よく知られている頭語は「拝啓」や「前略」で、ほかに「謹啓」といった言葉もあります。 手紙の初めの言葉が頭語であれば、文章の最後につける言葉を「結語」と言い、頭語と結語は必ずセットで使います。 よく使われる頭語と結語の組み合わせは、「拝啓」には「敬具」「前略」には「草々」「謹啓」には「敬白」となります。 「前略」は時候の挨拶など前文を省いて本文から始める手紙に使う頭語ですので、お礼状に使うのには適しません。 実習のお礼状に使う頭語は「拝啓」「謹啓」が良いでしょう。 時候の挨拶 頭語の後に時候の挨拶を書きます。 季節や時期に応じた内容で相手を気遣う文章を書きましょう。 時候の挨拶にどのようなものがあるのかは別項でご紹介します。 主文 主文とは、手紙の本文の事です。 本文は、まず実習させてもらったことのお礼から書き始めましょう。 本文には実習で経験したことや心に残ったこと、感動したことなどを具体的に書きましょう。 また、教員や栄養士など資格取得ののための実習でしたら、資格取得試験に向けての抱負や決意など書くのも良いでしょう。 このような文章は本文の終りの方に書くと文全体のバランスも良く好印象です。 結びの挨拶 本文の結びには手紙を送った目的を書きます。 「取り急ぎお礼申し上げたくお便りいたしました。 」などです。 または、もっと丁寧に「本来ならばお目にかかってお礼申し上げるべきですが、書中にてお礼申し上げます。 」としても良いでしょう。 「本来ならばお目にかかってお礼申し上げるべきですが、」の部分を省略して「略儀ながら書中にてお礼申し上げます。 」とすることもあります。 最後に実習させてもらったお礼を再度書きましょう。 感謝の言葉を重ねて書くことは決して悪い事ではありません。 結びの挨拶として、実習先の施設の皆さんの健康や活躍を祈る言葉で締めましょう。 「末筆ながら皆様のご健康と益々のご活躍をお祈りいたします。 」などです。 日付と氏名 手紙を書いた日付と、氏名を最後に書きます。 日付は本文より2文字ほと下から書き始めましょう。 日付を書いたら改行し学校名・学部などの所属から氏名を書きましょう。 お礼状のテンプレート それでは、上記の基本的な書き方をふまえたお礼状の文例をご紹介します。 実習先として多い病院宛の文章です。 基本的な事だけを書いてありますので、実際にはご自身の感想などをきちんと書くようにしましょう。 初夏の風に肌も汗ばむ季節となりました。 貴院の皆様、ますますご健勝のことと拝察いたします。 <実習で体験したこと、感想などを書きましょう> 取り急ぎお礼申し上げたく、お便りいたしました。 これからますます暑くなってまいります。 皆様のご健康と益々のご活躍をお祈り申し上げます。 規模の大きな病院だとそれぞれ実習でお世話になる科が違いますので、その科あてに送るのが良いでしょう。 また、院長、実習でお世話になった人宛に別途送付するとなお良いです。 封筒の宛名 病院実習のお礼状の宛名の書き方は以下のような順番で書きましょう。 医師宛に出すときは宛名の横に脇付けを 封筒の宛名には「様」をつけるのが一般的ですが、医師宛に送るときには慣例として「侍史」や「机下」という脇付けを付けます。 書き方としては宛名の「様」の左下に書き添えます。 「侍史」とは「仕える人」をさし、「机下」は「机のもと」をさすことから、相手を敬う気持ちを込めて、本人あてではなく相手に仕える人や、相手が使う机のもとにあてて手紙を送るという意味から用いられる敬語表現です。 あまり一般的な使い方をする言葉ではないので、覚えておくとよいでしょう。 いろいろな人にお世話になった時は? 実習の際、指導しているくれた人が実習内容で変わるなどした場合の宛名は、実習を受けた科宛に送るとよいでしょう。 例えば理学療法士の実習では、宛名を「リハビリテーション科」とし、脇付けを「御皆様」とします。 お礼文記入例 病院で実習行う職種はさまざまです。 職種によってどんな文を書くとよいのか、文例をご紹介します。 お礼状に書く順番は前項でご紹介しましたので、主文に書く内容の一例になります。 実習を通じて感じた事や今後の抱負などを書きましょう。 看護師・介護福祉士の場合は患者さんに接する機会が多いので、そのことに触れたり指導員の対応で勉強になったことなどについて書くとよいでしょう。 何もかもが初めてのことばかりで、少しでも沢山のことを経験しようと思っているうちにまたたく間に実習期間が過ぎてしまいました。 慣れない実習で、いろいろと至らぬ点ばかりで申し訳ございませんでした。 看護部長はじめ看護士の皆様には大変温かく指導していただき、心から感謝しています。 院長先生には別途お礼のお手紙を差し上げる所存でございますが、まずは直接ご指導を頂いた皆様にお礼を申し上げたくお便りいたしました。 幼稚園・保育園実習のお礼状 幼稚園や保育園の実習の場合、指導を担当する先生のクラスで実習を行うことになります。 お礼状は指導をしてくれた先生はもちろん、園長宛にもお礼状を送るようにしましょう。 この場合、園長と指導担当の先生の連名にはせず、それぞれに出すようにします。 お礼状文例 幼稚園や保育園は、学校で学んだ知識をもとに保育を実践する場です。 子供たちと関わることで得られた経験や感じたことを、感謝とともに書きましょう。 実際に保育の仕事を体験し子供たちに接したことで、学校では学ぶことのできない子供たちの気持ちを察する難しさを知りました。 そんな子供たちの対応に慣れていない私でしたが、園長先生をはじめ先生方々のご指導とあたたかい言葉に勇気づけられ、笑顔で子供と接することができ無事に実習を終えることができました。 今回実習を経験したことで保育士という職業に一歩近づいたという充実感と、私もはやく一人前の保育士になりたいという想いがより一層増したように思います。 このような貴重な体験をさせていただき大変感謝しております。 薬局実習のお礼状 大学の薬学部の実習では病院の薬局で実務実習を行います。 実習のお礼状文例 他の実習同様、学校で学んできた知識をどこまで生かせるかの実務実習です。 実習中に気が付いたこと勉強になったことを書いて自分の経験になったことをお礼しましょう。 実習では机上の勉強では決して学ぶことのできない貴重な経験ができ、毎日が充実しておりました。 栄養士の実習のお礼状 栄養士は取得する資格によって実習先が多岐に渡ります。 病院、幼稚園・保育園、学校、介護施設、保健所などです。 それぞれお世話になった担当者と施設の代表者の方にお礼状を送りましょう。 実習先の敬語表現について お礼状で、実習先の敬語表現として「貴」をつけて書くとよいでしょう。 例えば、病院であれば「貴院」、幼稚園・保育園であれば「貴園」、介護施設や保健所などは「貴施設」とします。 文例であげれば以下のようになります。 ・貴院での実習は、私にとって大変貴重な経験になりました。 ・貴施設で過ごさせていただいた日々が、栄養士を目指す私にとっての原点になりました。 お礼状文例 お世話になった方々へのお礼と、実習を通して体験したこと、介護施設などでは入所者の方への気遣いの言葉などを入れるとよいでしょう。 最初は無事に六日間の実習を終えることができるか不安でしたが、栄養士の先生をはじめ、調理員の方々が親切に教えてくださったおかげで、たくさん勉強することができました。 不慣れで作業が遅かったり、失敗したりとたくさん迷惑をかけてすみませんでした。 毎日皆さんとお話をするのがとても楽しかったです。 お忙しい中実習を快く引き受けていただき、また温かい指導をしていただき本当にありがとうございました。 この貴重な経験を生かし、今後の実習も頑張りたいと思います。 調理員の皆様にもよろしくお伝えくださいませ。 実習のお礼状で使える時候の挨拶 4月を表す代表的な言葉はやはり桜です。 春たけなわで木々が芽吹き花が咲く季節ですのでそのような言葉を選んで使うと良いです。 また、5月は新緑の季節で風もさわやかです。 端午の節句もありますのでそういう言葉を使うと良いでしょう。 6月は、梅雨が季語になりますので梅雨やじめじめした気候を指す言葉、また季節の花であるアアジサイを文章の中に取り入れるのも良いでしょう。 ・いよいよ桜も満開となりました ・菜の花畑も一面の黄色と色づく季節になりました ・青空を鯉のぼりが泳ぐこの頃ですが ・吹く風もさわやかな季節 ・青く澄み渡った空がすがすがしく感じる季節 ・梅雨冷えの寒い日々が続きますが ・長雨の続く日々ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか ・一雨ごとにアジサイの色も鮮やかな季節になりました 7月~9月 7月は、梅雨が明けて一気に夏に向かう時期です。 梅雨が明けて夏になった喜びや、暑くなってきた来たこと、また七夕や夏祭りといった季節の行事などを書くと良いでしょう。 8月は夏真っ盛りではありますが暦の上では立秋もあるので残暑という言葉を使うと良いでしょう。 9月は秋の始まりですので初秋という言葉が使えます。 また、朝晩涼しくなるのでそういう言葉を入れるのも良いでしょう。 ・梅雨明けの晴天がまぶしい今日この頃ですが ・日々暑くなり猛暑到来ももう間じかのようです ・夏祭りの便りも聞かれだした今日この頃 ・残暑厳しき折ですがいかがお過ごしでしょうか ・暦の上は秋になりましたが ・朝夕の風に秋の気配を感じるようになりました ・九月ともなればさすがに過ごしやすくなってきました ・いまだ残暑厳しい日々が続いております ・空の高さに秋の訪れを感じる今日この頃です 10月~12月 10月は秋も深まり収穫の時期です。 またこのころから日が落ちる時間も早くなりますので秋の夜長という言葉もあります。 11月は秋から冬へ移り変わる時期で晩秋と言われます。 また、木々の葉も枯れ落ちる頃でもありますのでその様子を書くのも良いでしょう。 12月は師走とも言い一年の終りのあわただしい時期ですので、時候の挨拶もその様子を表す言葉が多いです。 ・秋もいよいよ深まってまいりましたが ・秋の日はつるべ落しと申しますが ・秋の味覚が楽しみな季節となりました ・秋の気配がますます深まってまいりましたが ・銀杏の葉も散り始め、秋も終わりに近づきつつありますが ・暮れ行く秋を寂しく感じる今日この頃 ・木枯らしの吹く季節となってまいりました ・師走の声を聞くと同時に、寒くなってきた気がいたします 早いもので、今年も後わずかとなりました 感謝の気持ちを伝えよう!.

次の