プルーン 発酵 乳。 プルーンは便秘を改善できない?プルーンの効果と正しい食べ方

ビフィズス菌

プルーン 発酵 乳

CONTENTS• プルーンの便秘を改善する3つのポイント プルーンといえば便秘に効くたべものとして昔から人気があります。 単なるドライフルーツのようにしか見えないプルーンですが、なぜ便秘を改善する効果があるのでしょうか?その栄養素とはたらきの面から紐解いていきます。 食物繊維 プルーンには食物繊維がたっぷりと含まれています。 食べると少し硬い歯ごたえと、繊維が伸びるような食感がありますが、それの正体が食物繊維です。 食物繊維には、水溶性と不溶性があり、どちらも腸をきれいにして腸内環境を整えるはたらきがあります。 干しプルーンの食物繊維量(可食部100gあたり) 水溶性食物繊維・・3. 3g 不溶性食物繊維・・7. プルーンに含まれる代表的な食物繊維はペクチンです。 どちらの食物繊維も同時に摂れるので、食物繊維不足の現代人にはありがたい食品といえますね。 ソルビトール プルーンには15%の割合でソルビトールが含まれています。 ソルビトールは水分を保持するはたらきをもつ糖類です。 また、腸管を刺激するはたらき、便を出す緩下作用もあるため、医薬品としても活用されているほどです。 プルーンを食べるとおなかがゆるくなるのは、ソルビトールの作用も少なからず関係していると考えられます。 抗酸化作用 果物や野菜などの植物が自分を環境変化から守るためにもっているポリフェノールには抗酸化作用があります。 この抗酸化作用にはヒトの酸化ストレスによるダメージを防ぐはたらきがあります。 プルーンは実は抗酸化力が強い食品で、他のアルファルファやケール、ブルーベリーなどと比べても群を抜いています。 <プルーンの抗酸化成分> ネオクロロゲン酸、ヒドロキシクロロゲン酸 など 抗酸化作用は細胞のダメージを抑え、炎症を防ぐなどの作用があるため、腸の粘膜細胞を健康な状態に保ってくれます。 抗酸化作用そのものに直接排便を促す効果はありませんが、腸の働きや状態を改善することで健康な腸を維持することに役立ちます。 プルーンってどんなもの? プルーンについて、あなたはどれくらい知っているでしょうか?なんとなく昔から身近にあるけれど、元はどんなフルーツでどんな食材か知らないことも多いはずです。 プルーンについて、もう少し知っておきましょう。 すももの仲間 プルーンはもともとはすももと同じです。 生のすももを「プラム」、乾燥したものを「プルーン」と呼んでいます。 日本のすももとヨーロッパのすももは別のもので、西洋すももはプルーンともよばれます。 乾燥プルーンにむいている糖度の高いプラムはプルーンプラムとも呼ばれます。 ちょっとややこしいですが、すももの仲間だということを理解しておきましょう。 ドライフルーツやペーストが多い プルーンは生のすももとして出回ることもありますが、一番身近なのはドライプルーンではないでしょうか。 ドライプルーンは甘いですが、特に糖を加えているわけではなく、そのまま乾燥させて作られています。 乾燥させると水分がなくなるぶん、甘さや美味しさがぎゅっと濃縮されます。 また、ミキプルーンに代表されるようなペースト状のタイプも馴染み深いプルーン商品です。 独特な風味がありますが、プルーンの成分を余すことなく摂取できて取り入れやすい形状が人気です。 機能性食材 プルーンは機能性食材であり、食べることで日々の健康管理に役立ちます。 プルーンには次のような機能があります。 ・ビタミンA 肌の再生を促す脂溶性ビタミン。 身体の成長、歯の健康、生殖においても欠かせなません。 ・鉄分 血液中のヘモグロビン(ヘム鉄)の構成要素で酸素と結びついて全身へ酸素を運びます。 女性の貧血予防にもプルーンは役立ちます。 ・カリウム 筋肉の収縮、水分バランスの調整など生きるために欠かせないミネラル分。 汗をかくと失いがちになるため、熱中症予防にも役立ちます。 他にもさまざまな機能をもたらしてくれる栄養素をたっぷり含んでいます。 次の章でそれぞれの栄養について深く掘り下げていこうと思います。 ・抗菌作用 プルーンには抗菌作用があることが報告されています。 肉にプルーンを混ぜたところ病原菌を抑える働きがあることがわかりました。 ハンバーグなどを作るときに1. プルーンの嬉しい栄養価 いろいろな機能を持っているのはプルーンに多様な栄養素が含まれているからです。 それぞれのビタミンとその含有量について見ていきましょう。 ビタミン 先に説明したビタミンA以外にも、ビタミンが含まれています。 7mg ビタミンB1 0. 07mg ナイアシン 2. 2mg ビタミンB6 0. 34mg ビタミンEは血流をよくして冷えを改善したり、血液をさらさらにする働き、抗酸化作用があります。 ビタミンB1は脂質代謝を促し、ビタミンB6はアミノ酸の代謝や神経伝達に欠かせないビタミンです。 ミネラル ミネラル分は電解質とも呼ばれ、生体機能を維持するために必要です。 ミネラルにはさまざまな種類がありますが、次のようなミネラルがプルーンには豊富に含まれています。 ドライプルーン100gあたり ナトリウム 1mg カリウム 480mg カルシウム 39mg マグネシウム 40mg リン 45mg 鉄 1. 0mg 特に多いのがカリウムで上でも紹介していますが、血圧を適正に保つ、むくみを予防する、脱水症状を防ぐなどの役目があります。 ただし、カリウムは腎機能が低下している方は摂取制限されることがあります。 腎臓の病気を治療中の方は医師に確認しておくと良いでしょう。 葉酸 水溶性ビタミンの1種で、ほうれん草などの葉物に多く含まれます。 葉酸は心臓病や脳卒中予防に役立つ成分で、また、妊産婦においても胎児の発育のために欠かせない栄養素です。 葉酸摂取するにはもってこいの食品といえます。 鉄分 鉄は体内に3-4gあり、そのほとんどが血液中の赤血球中にあります。 残りは肝臓などに貯蔵されています。 鉄が不足すると鉄欠乏性貧血となり、めまい、ふらつき、二枚爪などを引き起こします。 特に女性は生理で出血するため鉄分不足になりがちです。 食物繊維 ドライプルーンには100gあたり7. 2gの食物繊維が含まれています。 摂取目安量は次の様な基準があります。 厚生労働省策定の食事摂取基準[2005年版]によれば、1日あたりの目安量は、30~49歳では男性26g、女性20g、50~69歳では男性24g、女性19gとなっています。 エネルギー摂取量とあわせて考え、おおよそ1000kcalに対して10gの食物繊維を取ることが望ましいとされています。 引用元: しかしながら、最近の平均摂取量は14g程度と不足ぎみです。 プルーンを食べることで、食物繊維を簡単にプラスすることができるので不足気味の方の補助食品としておすすめです。 便秘解消を促す正しいプルーンの食べ方 便秘解消に良いとはいっても、プルーンは薬ではないのでなんとなく食べていても効果が得られにくくなります。 次の食べ方を知っておくと効果的にプルーンを取り入れられますよ。 何粒食べるといい? プルーンは栄養価が高い上に美味しくて、食べ出すと何個か連続して食べてしまうことがあります。 それに便秘を改善したいと思うが故に、食べ過ぎてしまう方もいるでしょう。 しかし、プルーンは1粒25kcalで、糖質も4g程度含まれます。 例えば10粒も食べたら250kcalも摂取し、糖質は40gにもなります。 バランス良い食べ方の目安としては2-5粒程度までにしておくと良いでしょう。 食べるタイミング 基本的にいつでも食べても特に問題はありません。 便秘に効果的な食べ方は空腹時に食べるのがおすすめです。 例えば間食のおやつには糖分も食物繊維も含まれているので腹もちよく、適度に血糖値を上げてくれるので空腹を紛らわすにもぴったりでしょう。 プルーンのタイプ プルーンのタイプとしては、粒状のものと液状タイプがありますがどちらでも便秘改善に役立つ食品です。 どちらが良いかというと、食物繊維を摂取しやすいのは粒状のタイプの方です。 また、お腹が食物繊維で張りやすい方、詰まりやすい方は液状の方が負担なく取り入れられることでしょう。 好みのタイプを選んで続けることが大事です。 特に相性が良いのはヨーグルトです。 ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内にある善玉菌を増やし、食物繊維も善玉菌を増やし腸の汚れを絡め取ってくれます。 プルーンスムージーの場合 独特な濃厚さがあるプルーンはスムージー にすると飲みやすくなります。 他のフルーツと合わさることでプルーンのえぐみもマイルドになって、口当たりが良くなります。 栄養素も摂取しやすい形なので、朝食に飲むと1日を元気にスタートできそうですね。 <プルーンスムージー のレシピ>• プルーン 50g• はちみつ 少々• 豆乳 100cc プルーンは細かく刻んでからミキサーにかけるとなめらかになりやすいです。 すべてをミキサーに入れて攪拌しましょう。 プルーンジュースの場合 プルーンから作られたプルーンジュースはスーパーなど市販で買うことができます。 さらさらとしたジュースタイプなので、固形物と比べて腸までスムーズに届きやすいというメリットがあります。 ドライプルーンから作られたものもありますが、生のプルーンから作られたタイプの方が飲みやすいという口コミがあります。 ただし生のものと比べて加熱処理などをされていることが多く、栄養素が損なわれている可能性があるので気をつけましょう。 プルーンを食べるときの注意点 プルーンは薬ではないので副作用というものはありませんが、とても栄養価が高い食品なので食べ方には気をつけておきたいことがあります。 次に紹介することを理解しておきましょう。 食べ過ぎは下痢のもと プルーンには豊富な食物繊維やソルビトールなど腸を刺激する成分が含まれています。 そのため便秘を改善することに役立ってくれるのですが、食べ過ぎると逆に下痢になってしまうこともあります。 便秘を改善したいからといって食べ過ぎるのは禁物です。 適量を守って食べるようにしましょう。 タンニンとの摂取はNG ただし、鉄分摂取を目的に食べる場合には、少し気をつけておきたいことがあります。 それは紅茶やコーヒーなどに含まれるタンニンが鉄分を吸着させてしまうことです。 気になる場合は、お茶やコーヒーなどを飲んでから30分程度開けてプルーンを食べると良いでしょう。 一度プルーンを試してみて下さい プルーンは便秘改善に役立つ食品であることを紹介してきました。 さまざまな効果があるプルーンですが、特に便秘に悩んでいる方にはぜひ試して見て欲しい食材です。 ただし、体質にもよる部分があるため食べてみて改善しない方は食べ続けたり食べ過ぎないことが大事です。 身体の変化を感じとりながら取り入れていきましょう。 また、プルーンは疲労回復や美容にもおすすめの食品です。 おやつや食後のデザートなどに栄養源として取り入れてみると良いでしょう。

次の

ミキジョイントビューティー 1607

プルーン 発酵 乳

発祥地には諸説があるが,トルコとみられる。 原料には,,,などの乳が使用され,今日ではが多く用いられている。 菌の種類によって種々の風味のものができるが,日本の市販のものにはラクチドバチルス・ブルガリクス Lactobacillus bulgaricus を用いたものが多く,砂糖,のほかに,などの硬化剤を加えて固めたものが一般的である。 ロシアの微生物学者イリヤ・が,乳菌の飲用がを抑制して老衰を防ぐのに役立つと主張し,世界的に広まった。 今日では,にした飲用のものや,プレーンと呼ばれる糖分を添加しないのもの,冷凍したものなど多くの商品種がある。 日本にヨーグルトが伝わったのは奈良時代で、当時の「酪 らく 」という食品が、ヨーグルトにあたるとされています。 ただ、ヨーグルトが本格的に日本の家庭へ普及しはじめたのは、昭和25年ころのこと。 それもはじめのうちは、甘味料や寒天を加えてかためたお菓子的な製品が主流で、現在のようなプレーンヨーグルトが広まるのは、昭和40年代に入ってからです。 ただ、ビタミンB 2やカルシウムなどについては、発酵の作用によって、牛乳よりも多く含まれています。 しかも、ヨーグルトは乳酸菌の働きによって、たんぱく質や脂質などがすでに分解されており、消化吸収率が非常に高いのが特徴。 そのため、牛乳の2~3倍の速さで体内に吸収されるうえ、乳糖不耐症 にゅうとうふたいしょう の人が食べても、おなかの調子が悪くなる心配が少ない、という長所があります。 こうしたことから、ヨーグルトは子どもや老人をはじめ、どんな人にでもすすめられる栄養食品です。 カルシウムは、骨粗鬆症 こつそしょうしょう などの骨の病気をはじめ、イライラ、情緒不安定、不眠症に有効。 たんぱく質や各種ビタミンの働きにより胃潰瘍 いかいよう 、胃炎、肝臓病、二日酔い、虚弱体質、老化予防など、多くの病気や症状改善、予防にも役立ちます。 〈体内の善玉菌をふやし、便秘、がん、感染症の予防にも寄与〉 さらに、ヨーグルトを常食することで、腸内の細菌バランスを良好に保つことができる点も見逃せません。 人の腸には約100兆個もの細菌が住んでおり、そのなかには体に好ましい働きをする、悪い影響を与える悪玉菌、ふだんは目立った働きをしていない日和見菌 ひよりみきん がいます。 これらの細菌はつねに勢力争いをしており、善玉菌が多くなれば、悪玉菌の活動や増殖を抑えて、体調を良好に保つ手助けをしてくれます。 逆に、悪玉菌がふえれば、善玉菌の活動が低下し、日和見菌まで体に悪い働きをするようになるのです。 そのため、腸内の細菌のバランスを善玉菌優勢に保つことが、健康維持のうえでとてもたいせつ。 そんな善玉菌の代表的なものがビフィズス菌であり、ビフィズス菌が好むオリゴ糖や乳糖を豊富に含むヨーグルトは、腸内の細菌バランスを善玉菌優勢に保つのに、非常に効果的な食品なのです。 また、ヨーグルトの中の生きた乳酸菌も、腸内のビフィズス菌の増殖を助ける役割をはたします。 このほかにも、肝機能強化などの働きもあり、腸内を善玉菌優勢に保つことで得られる、健康への効用ははかり知れません。 《調理のポイント》 ひとくちにヨーグルトといっても、いろいろなタイプの商品があります。 代表的なのは、牛乳を乳酸菌で発酵させただけで添加物をいっさい加えないプレーンヨーグルト、飲みやすいように液状にしたドリンクヨーグルト、果汁や果肉を加えて調味した、甘味料や香料を加えて寒天などでかためたデザートヨーグルト、冷凍したフローズンヨーグルトなど。 肥満が気になる人には、脱脂乳からつくられたローファットタイプのものもあります。 このうち、栄養的にもっともバランスがよく、利用法も幅広いのは、やはりプレーンヨーグルトでしょう。 そのまま食べるのはもちろん、サラダにかけたり、カレーやスープのかくし味、お菓子やドリンク類の材料と、さまざまな料理に使えます。 ポイントは食物繊維といっしょにとることです。 そうすれば、ヨーグルトのもつをいっそう高められますから、シリアル食品やくだもの、野菜などに合わせるのが、おすすめの食べ方です。 じょうずに利用して健康に役立てましょう。 料理に使う際に気をつけたいのは、ヨーグルトは雑菌が繁殖しやすい点です。 一度で使い切らない場合、冷蔵庫で保存するのは当然ですが、中身をとりだすときにも清潔なスプーンを使うようにします。 また、生きた乳酸菌を含んだヨーグルトの中では、乳酸菌の発酵が続いているため、長く置いておくと発酵でできる酸が増加して、酸味が強くなります。 酸味のにがてな人は、賞味期限内であっても、できるだけ早く食べるほうがいいでしょう。 ところで、ヨーグルトを置いておくと、固形の部分と乳清と呼ばれる透明の液体に分離してきます。 この乳清は、水溶性のたんぱく質やミネラル、ビタミン類が溶け込んでいるので、捨ててしまわず、ぜひいっしょに食べるようにしてください。 腸内がつねに善玉菌優勢に保たれていれば、以下のような効用があることが認められています。 痔 じ や吹き出もの、肌荒れの予防にも役立つ。 出典 食の医学館について の解説 アナトリア(トルコ)およびバルカン半島周辺の東欧諸国で、古くから利用されてきた発酵乳の一種。 ロシアの生物学者メチニコフが、ブルガリアに長寿者が多いこととヨーグルト飲用の習慣を結び付け、乳酸菌が腸内の有害細菌の発育を抑制するためという説を唱えてから、改めて欧米諸国に普及し、現在では発酵乳といえばヨーグルトをさす場合が多い。 元来、牛乳、羊乳またはその脱脂乳を殺菌せずに室温に放置するか、または前日つくったヨーグルトの一部を種として加えて、自然に乳酸発酵させたものであって、そのまま、あるいは砂糖や蜂蜜 はちみつ などを加えて食べるほか、肉料理の調味、野菜のドレッシングなど広く調理材料として用いられてきた。 現在ではヨーグルトそのもののほか、糖類、香料、果汁、果実加工品などを加えたフレーバーヨーグルト、カードを細かく砕いて液状にしたドリンクヨーグルト、アイスクリーム状に凍結させたフローズンヨーグルトなど、多種類の加工品が流通している。 使用される乳酸菌は乳酸生成力、発酵フレーバーの付与などの目的で選択されるが、一般的にはブルガリア桿菌 かんきん 、アシドフィラス桿菌、ラクチス球菌、サーモフィラス球菌などを数種混合して用いられる。 ヨーグルトは乳成分に加えさわやかな酸味が特徴で、とくに脱脂乳でつくったものは低カロリー食として普及している。 そのまま野菜、果物のドレッシングとして用いたり、ヨーグルトケーキ、ババロアなどの製菓材料として利用されるほか、調理材料として肉類のつけ込み、シチューやカレーなどの煮込み料理に加えるなど、広く利用されつつある。 [新沼杏二・和仁皓明] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の

プルーンFe 1日分の鉄分 のむヨーグルト

プルーン 発酵 乳

ビフィズス菌 成分説明 成分名 ビフィズス菌 届出件数 113件 名称 カテゴリ 栄養補助食品【57件】 発酵乳【49件】 菓子類【5件】 粉末飲料【2件】 届出機能 お腹の調子を整える【107件】 体脂肪を減らす【3件】 お腹の調子を整える;肌のうるおい【2件】 お腹の調子を整える;体脂肪を減らす【1件】 機能性の評価方法 SR 成分 【93件】 【17件】 RCT【2件】 SR 製品 【1件】 安全性の評価方法 喫食実績の評価;既存情報による食経験の評価【38件】 喫食実績の評価【28件】 既存情報による食経験の評価【20件】 【17件】 既存情報による安全性試験結果【4件】 喫食実績の評価;既存情報による食経験の評価;既存情報による安全性試験結果【3件】 安全性試験の実施【1件】 既存情報による食経験の評価;既存情報による安全性試験結果【1件】 喫食実績の評価;既存情報による安全性試験結果【1件】 素材情報データベース 国立健康・栄養研究所 機能性表示食品 届出番号 会社名 食品区分 評価方法 機能性関与成分 含有量 届出効果 届出日 うるスルン 株式会社ナチュラルガーデン 栄養補助食品 SR 成分 ビフィズス菌BB536、パイナップル由来グルコシルセラミド ビフィズス菌BB536 20億個、パイナップル由来グルコシルセラミド 1. 2mg 便通を改善する。 肌の潤い(水分)を逃がしにくくする。 腸内フローラを良好にすることでおなかの調子を整える。 lactis subsp. lactis) 10億個 生きて腸まで届きビフィズス菌を増やすことで腸内環境を改善し、便通を改善する。 2㎎、ビフィズス菌 BB536 50億個 肌の潤い(水分)を逃しにくくする。 腸内環境を良好にし、便通・お通じを改善する。 longum 、ビフィズス菌B-3 B. breve 、N-アセチルグルコサミン ビフィズス菌BB536 B. longum :100億個、ビフィズス菌B-3 B. longum JBL01) 又は Bifidobacterium longum JBL01 又は B. longum) 又はBifidobacterium longum 又はB. longum) 又はBifidobacterium longum 又はB. longum) 又はBifidobacterium longum 又はB. longum) 又はBifidobacterium longum 又はB.

次の