尽力させて。 「尽力」の意味と使い方とは?敬語や類語「お力添え」との違いも

手助けや努力を表す「尽力」の使い方と例文 「精進」などとの違い

尽力させて

「尽力」の意味や使い方 「尽力」という表現は、 「主に他者・社会のために、自分が持っている力を尽くすこと」や 「全力を出して努力すること・精一杯頑張るさま」を意味しています。 「尽力」の使い方は 「社会福祉の充実のために尽力しました」のように、 「主に他人・世の中・会社などのために、力を尽くして頑張る時」に使うという使い方になります。 「努力」の意味や使い方 「努力」という表現は、 「主に自分の目標を実現するために、精神と身体を使って励みつとめる 頑張る こと」の意味を持っています。 「努力」の使い方は 「努力して医師になったのです」のように、 「主に自分の目的達成のために、怠けず頑張る場合」に使うという使い方になります。 「尽力」と「努力」の違い 「尽力」と 「努力」の意味の違いを、分かりやすく説明していきます。 「尽力」というのは、 「他人・世の中・会社のために、自分が持っている力を尽くすこと 余すところなく力を出し尽くすこと 」を意味しています。 「尽力」には 「他者・社会のために全力で努力する」の含意があり、 「自分のためにつとめる」の 「努力」よりも 「他者のために努力する意味合い」が強い違いがあります。 それに対して、 「努力」という言葉は 「自分に関する目的を実現するため、心と体を使って励みつとめる 頑張る こと」の意味合いを持っていて、 「尽力」よりも 「自分のため・怠けない」という意味に重点が置かれています。 「他者に対しての表現」で、 「ご尽力いただき、ありがとうございます」とは言えますが、 「ご努力いただき、ありがとうございます」という言い方は通常しないという違いも指摘できます。 また 「努力家」とはいいますが 「尽力家」とはいわず、 「努力が実る」といいますが 「尽力が実る」とはいわない違いもあります。 「尽力」を使った例文と意味を解釈 「尽力」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。 「あの社長は事業で成功しただけでなく、地域社会の発展と福祉のために尽力してきた功績もあります」 この 「尽力」を使った例文は、 「尽力」の表現を、 「地域社会の発展と福祉のために力を尽くしてきた功績」という意味を持つ文脈で使っています。 「努力」を使った例文と意味を解釈 「努力」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。 「三年にわたる努力の成果を発揮して、見事に東京大学に合格することができました」 この 「努力」を使った例文は、 「努力」の表現を、 「三年にわたって怠けず、勉強に励んでつとめてきた成果を発揮して」の意味合いで使っています。 まとめ 「尽力」と 「努力」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「尽力」という表現は、 「主に他者のために、自分が持っている力を尽くすこと」や 「全力を出して努力すること」を意味しています。 それに対して、 「努力」という表現は 「主に自分に関連する目的を実現するために、精神と身体を使ってつとめる 頑張る こと」の意味を持っています。 「尽力」と 「努力」の意味の違いを詳しく知りたい時には、この記事の内容をチェックしてみてください。

次の

「尽力」とは?意外と難しい使い方・類語・英語表現を詳しく解説!

尽力させて

尽力とは? 「尽」には「ことごとく」という意味があり「尽力」で、ことごとく出す力、つまり力を出し切ることです。 同じように「力」を使った言葉があります。 「努力」は目標に向かって成し遂げるという意味があり「尽力」とほぼ同じ意味と言えます。 それに比べて「注力」は、これらに比べると少しトーンが落ち、100%の力はかけないニュアンスがあります。 「尽力いたします」と「ご尽力いたします」 「尽力」だけでは、誰が力を出すのかが明確ではありません。 「尽力いたします」となると自分、或いは自分達が力を出すという意味合いを持つことになります。 「ご尽力」は、相手が自分、或いは自分達のために力を出してくれる意味合いを持ちます。 自分達が、力を出すことを「ご尽力いたします」とは使いません。 つまり、「ご」が付くつかないで誰が力を出すのかがわかる訳です。 「尽力いたします」は敬語なのか? 敬語には、三種類あります。 一つ目が相手に尊敬の意の表す尊敬語であり、二つ目が自分を下において相手を敬う謙譲語です。 三つ目は、語尾に「です」「ます」を付けて丁寧さを表す丁寧語です。 「尽力いたします」は「尽力する」を謙譲語にした言い回しです。 尊敬語にすると「ご尽力」であり、「これまでのご尽力に対しまして、深く感謝申し上げます」と使います。 丁寧語にすると「尽力します」となります。 「尽力いたします」の使う場面と手段 「尽力いたします」は、自分、或いは自分達のこれから向かうべく未来に対して、抱負、意気込みを宣言する際に使う言い回しです。 従って「尽力いたします」を使う場面は、晴れがましく・明るく・希望に溢れた行事や式典において多く使われています。 人事異動の挨拶 転勤の発令を受けて、自社の各部署や取引先への挨拶の際、或いは送別会の際のスピーチにおいて「尽力いたします」を使い、新任地へ向けての抱負を語ります。 また、新任地に着任した際にも新任地の上司、各部署や取引先に対して「尽力いたします」を使い、新任地での仕事への取組み姿勢を誓います。 就職・転職の際の履歴書 経歴欄や志望動機欄に「尽力いたします」を使い、志望した企業への意気込みを表現します。 開店・新規事業開始・イベント開催・記念式典などの挨拶 これらの主催者が、相手(お客さま、取引先など)に対しての意気込みを「尽力いたします」を使い、宣言します。 使う手段(媒体) 「尽力いたします」を使う手段には、使う人の意気込みや気合が表現できる「口頭(スピーチ)」があります。 遠方、或いは時間的制約がある場合は、「電話」「メール」「紙面」という手段で「尽力いたします」を使います。 前述の開店・新規事業開始・イベント開催・記念式典などの挨拶では、「口頭(スピーチ)」が当たり前ですが、事前に案内状を送りその中で「尽力いたします」を使うのも効果的です。 本日、発令を受けまして〇月〇日付で支社〇〇部〇〇課へ転任することになりました。 振り返りますとこの職場での5年間は、あっと言う間でした。 この間、皆様には大変お世話になり、深く感謝いたしております。 何もできない私に対しまして、手取り足取りのご指導をいただき営業に関わるあらゆるスキルを身に付けることができました。 新任地におきましては、皆様にご指導していただいたスキルなどを活かし、精一杯尽力いたしますので今後ともよろしくお願いいたします。 前任地(取引先) 〇〇物産の〇〇でございます。 お仕事中失礼いたします。 本日、発令を受けまして〇月〇日付で本社〇〇営業本部へ転任することになりました。 3年という短い期間ではありましが、御社には大変お世話になりました。 お蔭様で私の在任中は、御社との取引量は順調に推移し、現在では着任時の2倍に達しており、大変感謝いたしております。 新任地の〇〇営業本部においても、御社との関わりの多い業務に就く予定でございますので、今後とも御社発展のために尽力いたしますので引き続きよろしくお願いいたします。 前任地(送別会) 〇〇です。 本日は、私のためにこのような盛大な場を設けていただき、誠にありがとうございます。 また、先程は、〇〇部長から過分なるお言葉を頂戴し、大変恐縮いたしております。 私は、本日、発令を受けまして〇月〇日付で本社〇〇本部〇〇担当へ転任することになりました。 振り返りますと、あっという間の5年間でした。 何もできない私に対しまして、何から何まで、手取り足取り辛抱強くご指導して下さった皆様には深く感謝しております。 そんな中、1年目の秋の社内運動会は、大変楽しい思い出として今でも鮮明に覚えています。 部署対抗リレーでは、私がバトンを落としたばかりに、優勝を逃したことは今でも悔しさが残っています。 思い出は、この他にもたくさんあり、誠に充実した5年間でした。 今後におきましては、この〇〇支店で皆様にご指導いただき身に付けたスキルと根性で本社において、我が社のために力の限り尽力いたしますので、よろしくお願いいたします。 本当に、5年間ありがとうございました。 お世話になりました。 新任地(所属職場) 本日付で〇〇支店より参りました〇〇です。 よろしくお願いいたします。 入社以来5年間、現場でのコンシューマー営業をやっておりました。 本社勤務は初めてであり、しかも法人営業も、初めてですので多少の不安はありますが、皆様方のご指導をいただきながら1日でも早く戦力になるよう精一杯尽力いたしますので、どうかよろしくお願いいたします。 新任地(取引先) 〇〇製造の〇〇でございます。 お仕事中失礼いたします。 本日、弊社〇〇支店へ着任いたしましのでご挨拶に伺いました。 これまでは、本社の〇〇部門で5年ほど従事しておりました。 その中で、御社との取引経験もございます。 今後におきましても、御取引きを通して、御社のために精一杯尽力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。 人事異動の挨拶(電話) 前任地 〇〇支店〇〇担当の〇〇です。 いつもお世話になっております。 本日の発令で、〇月〇日付で支社〇〇部〇〇課へ転任することになりました。 〇〇課長には、公私ともに大変お世話になりました。 本来なら直接お会いして、お礼を申し上げるべきところですが、お電話になったこと本当に申し訳ございません。 今後におきましても、我が社発展のため尽力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。 新任地 〇〇物産でございます。 いつもお世話になっております。 私、〇〇の後任として本日付けで着任いたしました〇〇と申します。 お電話でご挨拶を申し上げるのは大変失礼であり、恐縮いたしております。 弊社は、今後とも全社を挙げて御社発展のため尽力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。 人事異動の挨拶(メール) 人事異動の挨拶(はがき) 拝啓 陽春の候ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。 さて、私ことこのたび〇月〇日付で東京本社〇〇営業本部勤務を命ぜられ過日着任いたしました。 今後も精一杯我が社のために尽力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。 まずは略儀ながら御礼かたがた御挨拶申し上げます。 敬具〇年〇月〇日 就職・転職の際の履歴書 ・〇年〇月 〇〇大学工学部卒業 ・〇年〇月 株式会社〇〇入社 〇〇開発部門で〇〇開発に従事 ・〇年〇月 同社〇〇本部で〇〇プロジェクトに従事 ・〇年〇月 同社〇〇本部の〇〇プロジェクトの責任者に着任 ・〇年〇月 同社〇〇研究所〇〇開発部門の責任者に着任 ・〇年〇月 株式会社〇〇退社 以上つたない経験ではございますが、御社のために力の限り尽力いたしますので、何卒よろしくお願いいたします。 開店・新規事業開始・イベント開催・記念式典などの挨拶.

次の

【注力】と【尽力】の意味の違いと使い方の例文

尽力させて

さて話をもとにもどしますね。 今回の取引で先輩が目上の人に力を借りたのは事実です。 でもその大恩ある目上の人に「ご尽力いただき」=「力をつくしていただき」なんて使うのって失礼じゃないですか? だって目上の人に力をつくしてもらうんですよ! あなたはどう思いますか? ということで今回は「ご尽力いただき」という言葉は目上の人に使ったら失礼になるのか。 そして失礼かどうかの結論が出てから言葉の 意味もきちんとみてみましょう。 さらに実践で使えるように 例文を紹介します。 そのうえであなたの会話の幅が広がるように 類語もみてみましょう。 似たような意味の言葉でいろんな類語を使うことで会話の幅が広がるんですよ。 それではまいりましょう。 「ご尽力いただき」は目上の人に使うと失礼なの? 目上の人にわざわざ力をつくしてもらう「ご尽力いただき」という言葉。 ちょっと考えると目上の人に使う言葉としては失礼なような気もします。 でもこの「ご尽力いただき」には目上の人への敬意と感謝の心があふれている言葉です。 「尽力」に尊敬の意味でつける接頭語「 ご」をつける。 さらに「~してもらう」という言葉の謙譲語の「 いただき」。 相手に敬意を表し、相手に敬意を持ちへりくだって言う謙譲語までつけているんです。 どれだけ 相手への敬意が高いんだ!という言葉だったんです。 ということで「ご尽力いただき」は 目上の人に使っても何の問題もありません。 プロジェクトを成功させるために先輩にご尽力いただきました• ご尽力いただき本当にありがとうございます• 我が社が契約できるように大変 ご尽力いただき感謝いたしております• 日ごろから弊社商品の口コミに ご尽力いただき、まことにありがとうございます• 弊社の業績アップは ご尽力いただきましたお取引様のおかげです 心から感謝と敬意を伝えたいときに使う「ご尽力いただき」という言葉。 言葉って、ほんのちょっと言い方を変えるだけで自分の気持ちを相手に伝えることができるんですね。 類語 相手に敬意と感謝の心を表す「ご尽力いただき」という言葉。 せっかくですから類語もみてみましょう。 似た意味の言葉をいろいろ使えると会話で幅がでてきますから。

次の