毛 嚢炎 うつる。 【医師監修】陰部に毛嚢炎ができたらどうすればいいの?

毛のう炎の原因と正しい予防の方法を紹介します

毛 嚢炎 うつる

原因菌が違うことでニキビ対策と多少異なるので、毛嚢炎の正しい対処方法を取りましょう。 医療レーザー脱毛や光脱毛は、 髭の黒色に反応するレーザーを照射して毛根に熱ダメージを与える仕組み。 照射の際は少なからず肌へも熱が加わるので、照射を続けると肌の水分量が減少します。 肌を守るバリアのような役割をしてくれる水分が減ることで、 毛嚢炎の菌が毛穴に侵入しやすくなるというわけです。 また髭脱毛の施術直後の肌は、照射のダメージでデリケートな状態。 いつも以上に口周りの肌が傷つきやすいことも、毛嚢炎が出来る理由の一つです。 髭脱毛の中でも「医療レーザー脱毛」は毛嚢炎になりやすい 髭脱毛の中でも医療レーザー脱毛は、光脱毛よりも照射パワーが強く 毛嚢炎になるリスクが高いです。 髭の医療レーザー脱毛は光脱毛よりも脱毛効果が高く、 永久脱毛が認められる ほど。 その分光脱毛よりも 3倍も照射温度が高いので 、肌への負担が大きいです。 髭の医療レーザー脱毛を受けている方は、より毛嚢炎対策を意識しておきましょう。 髭脱毛で毛嚢炎を起こしやすい人 髭脱毛の毛嚢炎は上述した医療レーザー脱毛を受けているだけでなく、以下のような状態の人にも起きやすいです。 そのため肌が黒かったり髭が太いと、 レーザー・光が髭や肌に反応しやすくなるというわけです。 特に 「髭脱毛中の日焼け」は基本NGなので、焼けやすい方は注意しておきましょう。 【治し方】髭脱毛中の毛嚢炎は「市販の軟膏」で対処すべし 髭脱毛による毛嚢炎ですが、基本的には 3日ほどで自然に治ります。 皮膚科などでも痛みがある時や数が多いときだけ、抗菌薬で治療する程度。 ただし口周りののブツブツが不格好で少しでも早く治したいと希望する方は、以下の方法を試してみて下さい。 髭脱毛中の毛嚢炎を悪化させる行動 以下の行動は、 髭脱毛中の毛嚢炎が悪化するリスクがあるので控えてください。 毛嚢炎 しこり を 潰す• 汗をかいても拭かずにそのままにする• 口周りを執拗に触ったり掻いたりする このように毛嚢炎ができた際は、口周りを触ったり刺激するのはNG。 毛嚢炎を潰すなど言語道断なので絶対潰さないでください。 髭の毛嚢炎が長引くようなら医療クリニックへ相談 市販薬で治療を施しても髭の毛嚢炎が治らないようなら、 医療クリニックへ相談してください。 上述したように髭の医療クリニック 医療レーザー脱毛 なら、 診察の上薬を処方してくれます。 市販薬によっては肌に合わない人もいるので、治らない人は診察してもらいましょう。 また長引く毛嚢炎を放置していると、 痕が残るケースもあります。 せっかく髭脱毛で髭をなくしても、痕が残っては不格好。 長引くようであれば、早めに受けているクリニックやかかりつけの医院に相談してください。 髭脱毛中に毛嚢炎が起きた場合の、医療クリニック・光脱毛サロンの対応 髭脱毛で毛嚢炎があると、サロン・クリニックごとに以下のような対応をしてくれます。 髭脱毛の施術直後は髭剃りをしない• 髭剃り後や風呂上がりは化粧水や乳液を塗る• 何度も申している通り、髭脱毛の直後は口周りがデリケートな状態。 そのため髭脱毛を受けた日の夜などに髭を剃ると、 肌が傷つく原因です。 肌が傷つくと毛穴に菌が侵入しやすくなるので、髭剃りは 施術の翌日から行いましょう。 下記ページでは髭脱毛中の髭剃りについて詳しく解説しているので、合わせて確認してみてください。 上述したとおり肌の水分は、肌を守る機能があります。 そのためしっかりと髭を保湿しておけば、菌が毛穴に侵入するリスクが低下。 特に「 髭剃りの後」「 風呂上がり」は肌が乾燥しがちなので、保湿を心がけましょう。

次の

毛のう炎の原因と正しい予防の方法を紹介します

毛 嚢炎 うつる

2018年07月7日 脱毛について調べていたり、脱毛をしていたりする時によく耳にする毛嚢炎(もうのうえん)。 でもよく聞くと、毛嚢炎とニキビが似ているような気がしませんか? 毛嚢炎とニキビは違うものなのでしょうか? 今回は脱毛をすると起こる可能性がある毛嚢炎のでき方やニキビのでき方などを見ていきたいと思います。 毛嚢炎とニキビとの違いとは 毛嚢炎もニキビも、毛穴が赤くはれてしまう症状があります。 パッと見るとどちらも毛穴が腫れているのでわかりにくくなってしまいます。 【毛嚢炎】 毛嚢炎は、比較的治りやすい毛穴の炎症です。 皮膚の常在菌でもある、表皮ブドウ球菌や黄色ブドウ球菌が皮膚ではなく毛穴の中で感染してしまうことで起こります。 皮膚の表面が毛穴に沿って赤くなるだけでなく、毛穴自体がぷちっと赤くなって膿を含むときもあります。 そのため 「毛膿炎」や 「毛包炎」とも呼ばれることがあります。 毛の処理をすると毛嚢炎になりやすくなってしまいます。 毛を処理する方法の中でも一番毛嚢炎になりやすいのが、カミソリによる毛嚢炎です。 【ニキビ】 ニキビは正式名称を尋常性痤瘡 じんじょうせいざそう といいます。 実はニキビもこの毛嚢炎の一種です。 ニキビは毛穴にできる炎症や、炎症が起きる前の状態の総称です。 そのためニキビと毛嚢炎はパッと見ではわかりにくくなってしまいます。 ニキビになる理由は主に三種類あります。 皮脂腺から分泌された皮脂が毛穴に詰まる• 毛穴に細菌などが入り炎症する• 毛穴に詰まった皮脂が酸化する しかし、皮脂が毛穴にたまるだけではなく、皮脂が大好きな皮膚の常在菌であるアクネ菌がたまった皮脂に近づこうとして毛穴に入り込むことで炎症を起こしてしまいます。 ニキビになる原因は様々です。 合わない化粧品を使った• 毛穴の汚れが取れていない• ホルモンバランスによって皮脂が大量に分泌されてしまった• 生活習慣の乱れ(暴飲暴食や睡眠不足)• 乾燥している• 寝具の汚れ など様々な原因からなります。 毛嚢炎とはどういう時になるの? では、毛嚢炎はどういったときになるのでしょうか。 毛嚢炎になる原因の一つに毛の処理があります。 これには理由があって、バランスが崩れてしまうことで起こります。 普段は皮膚にたくさんの菌がいます。 これを常在菌といい、常に皮膚の上で活動している菌です。 この菌は肌のバリア機能によって炎症が起こりやすい毛穴や皮膚の奥に行かないようになっています。 しかしカミソリなどで皮膚の表面が傷ついてしまうとダメージを与えられた皮膚は、バリア機能が弱くなってしまいます。 すると菌が毛穴などに侵入してしまい、炎症をおこしてしまいます。 これが毛嚢炎になってしまう主な原因です。 そのため、毛の処理をしている女性では体に出ることが多く、髭の処理をしている男性では顔にできやすくなります。 カミソリは男性も女性も多くの方がカミソリで毛の処理を行っているのでなりやすいだけで、毛を抜く行為でも起こります。 また、脱毛を行うことでも毛嚢炎になることがあります。 また、枕やシーツといった寝具は汚れが付きやすいため、こまめに洗っていないと菌が繁殖しやすくなります。 菌が増えるとバリアすることができなくなって毛穴に菌が入り込んでしまいます。 乾燥によっても菌が毛穴に入り込んでしまいます。 肌のバリア機能とは皮脂が主です。 しかし何かの拍子にバランスが崩れてしまうと皮脂が多すぎてしまったり乾燥したりしてしまいます。 免疫力の低下も引き起こしやすくなってしまいます。 ステロイド剤の使い過ぎも肌の免疫力が下がりやすくなってしまうため毛嚢炎になりやすくなります。 ニキビに似ているマラセチア毛包炎にも注意 また、毛嚢炎やニキビに似ている症状の一つとして、マラセチア毛包炎があります。 このマラセチア毛包炎の症状はニキビや毛嚢炎に似ています。 マラセチア毛包炎は、皮膚の常在菌が毛穴に入り込んだことによって起こります。 ここまでは毛嚢炎と同じなのですが、菌の種類が違います。 ニキビはアクネ菌、毛嚢炎はブドウ球菌、マラセチア毛包炎はマラセチア(真菌)です。 汗などで皮膚が濡れやすい、梅雨から夏の時期が多いのですが、皮脂が好きなマラセチアは化粧をしたまま寝てしまった顔にもできてしまいます。 規則正しく赤く小さくはれてしまった場合はマラセチア毛包炎かもしれません。 脱毛をして毛嚢炎になってしまったときの処置方法 毛嚢炎になってしまったときの対処法は様々ですが、脱毛をして毛嚢炎かな?と思われたときはよく冷やすことをお勧めします。 毛嚢炎になっていなくても脱毛し終わった後は冷やすことをお勧めしています。 脱毛サロンでは施術した後にしっかりと体を冷やす時間を設けています。 しかし家でも脱毛した部分を冷やすことで炎症が起こりにくくなります。 脱毛をし終わった後はあまりお風呂に入らないようにします。 ぬるめのシャワーで体を洗った後、脱毛した個所を冷やします。 氷嚢などで皮膚に負担がかからないように冷やしてくださいね。 十分に冷やしたら化粧水を塗り、乳液またはクリームで蓋をして乾燥対策をしていきます。 基本的には毛嚢炎は治りやすい炎症です。 痛みやかゆみがない場合は様子を見てもよいでしょう。 赤みがない場合や小さい場合も同様です。 痛みがでたり、広がったりする場合は抗生物質を塗って治療していきます。 そのときは病院に行くようにしてください。 【毛嚢炎にならないための対策】• シャワーなどこまめに入って清潔を保つ• シャンプーやリンス、せっけんなどしっかりと洗い残す• 皮膚の表面を強くこすらない• 皮膚に刺激を与えないため、紫外線対策もしておく• 乾燥させない• 生活習慣の改善• 通気性がある服を着る まとめ 毛嚢炎とニキビとの違いは、見た目はあまり変わらないことが分かりました。 しかし、毛嚢炎は皮膚にある常在菌のブドウ球菌が毛穴に入り込むことで炎症することによって起こっていたんですね。 毛嚢炎にならないためには、皮膚の免疫のバランスが大切です。 しかし、自己処理や脱毛などによって毛嚢炎になることはあります。 毛嚢炎にならない対策と毛嚢炎になってしまったときの対処をしっかりと覚えて、痛みがあるような毛嚢炎なら病院の支持を仰ぐようにしてくださいね。 ビー・エスコートでは、このような肌トラブルを避けるために、無料テスト脱毛を実施しております。 お客様のお肌と、機械との相性を確認して、水分値が適していないと施術をお断りしております。 また、機器は国内最新型の光脱毛を使用しているため、ほぼ無痛で安心して通っていただくことが可能です。 脱毛に関するお悩みやご相談などがありましたら、ぜひお気軽にビーエスコートまでお越しください。 ビーエスコートでは現在無料のカウンセリングを実施中です。 無料カウンセリングの予約は1分で可能です。 カテゴリ一覧• Information• 先日の台風の影響により臨時休業いたします。

次の

脱毛後のニキビ、毛嚢炎かも!? その原因と事前・事後の対策をご紹介!

毛 嚢炎 うつる

ふと腕を見てみると、赤くぶつぶつと発疹のような症状が出ている。 実はそれ、毛虫に刺された跡かもしれません。 季節が春に近づき、暖かくなって外に出ることが多くなる時期、気をつけたいのが毛虫に刺されることによる「毛虫皮膚炎」です。 暖かくなってくると、毛虫はそこらじゅうに出現するようになります。 私たちが気づいていないだけで、身の回りには意外と多くの毛虫が潜んでいます。 公園や道の脇に生えている木、庭の草花、散歩道に生えている葉っぱなど、どこにでも毛虫は隠れています。 子供たちが外で遊んだり、散歩したりするときは、休憩中の木の上から毛虫が降ってこないか、子供が走り回っているところに毛虫はいないか、特に毛虫に刺されないように注意したいものです。 毛虫に刺されると、皮膚が赤くぶつぶつと腫れるなどの症状が出ます。 一見、蕁麻疹(じんましん)の症状にも似ていますが、よく見ると毛虫の毒針毛が刺さっていることがあります。 どんなに毛虫に注意していても、刺されてしまうことはあります。 では毛虫に刺されてしまったときの対処は、どのようにすれば良いのでしょうか。 毛虫の針が刺さった状態で、刺された跡をこすってしまうと、針が深く刺さってしまったり、皮膚を傷つけてかぶれる結果を招いてしまったりと、症状を拡大させかねません。 また、針が他の場所に刺さって、症状がほかの場所にひろがる可能性もあるので、絶対にこすらないようにしましょう。 「刺された!」と思ったら、まずは落ち着き、それから正しい対処を行いましょう。 毛虫に刺されたときの応急処置として、 ・毛虫の毒針を抜く ・患部を水で洗い流す ・冷やす ・薬を塗る まずは毛虫に刺された跡に注目。 毛虫に刺された跡には、まだ毛虫の毒針が刺さっていることがあるので、症状の拡大を防ぐために、それを抜きます。 この時、服越しに刺されたときは、はじめに服を脱ぎ、服に毒針が付着している可能性があるので、応急処置のあともその服は着ないようにしましょう。 針を抜くときは、大きい針はピンセットなどで抜き、細かい針はガムテープやセロテープなどで抜くと良いでしょう。 毒針を抜いたら、刺された跡を水で洗い、氷のうなどを使って冷します。 刺された跡を洗う時も、できるだけこすらないように注意してやさしく洗うようにしましょう。 薬は、虫刺され用の市販薬で対処してOKです。 薬を塗ったら、あとは自然治癒を待ちますが、自然治癒では治らなそうだった場合は、すぐに皮膚科に行き、治療してもらいましょう。 実際に毛虫に刺され、毛虫皮膚炎になると、こんな症状が出ます。 ・皮膚がかぶれる ・患部の痛み、痒み、腫れ ・水ぶくれ ・発熱 毛虫に刺されたと聞いて、真っ先に思い浮かべる症状が、痒みだと思います。 実際、毛虫に刺された時の最もポピュラーな症状は痒みです。 ただ、毛虫に刺された時の症状はこれだけではありません。 痒みの他にも、皮膚がかぶれる、腫れる、などが毛虫皮膚炎の主な症状です。 特に厄介な症状が、やはり刺されたあとの痒みです。 刺された跡が痒いからといって掻いてしまうと、皮膚を傷つけてばい菌が入り、化膿したり、感染症にかかってしまうなど、症状がさらに悪化してしまうこともあるので注意しましょう。 また、刺さった針を抜かないうちに刺された跡を掻いてしまうと、症状がほかの場所にひろがることがあるため、注意が必要です。 基本の症状は皮膚がかぶれる、刺された跡が腫れて痛痒くなることですが、重症化すると患部が水ぶくれのようになったり、発熱を伴う場合もあるようです。 これらの症状が出たら、すぐに病院へ行くべきです。 よく毛虫皮膚炎はうつる、という言葉を耳にします。 しかし、実際は毛虫皮膚炎は感染症の類ではないため、基本的にうつるということはありません。 ただ、毛虫の毒針が他の人にも刺さって同じような症状が出る、ということはあります。 そのためにも、毛虫に刺された跡に毒針が残っている可能性も考えて、他の人が毛虫に刺された場所には触らない方が良いです。 また、注意するべきは刺された人の服に毒針が付いていないかということです。 刺された人の服に毒針が残っていた場合、その毒針が風で拡散して他の人にも被害を与えかねません。 そのため、毛虫皮膚炎の被害拡大を防ぎたければ、刺された人よりも、刺された人が着ていた衣服に注意しましょう。 「毛虫皮膚炎はうつる」というのは正しくはありませんが、「対処を誤ると他の人にも毛虫皮膚炎はうつる」という認識でいるとよいでしょう。 毛虫皮膚炎になったら、人にうつす心配よりも、自分の症状がそれ以上ひろがることのないようにする方が大切です。 毒針が刺さった状態で傷口を掻いてしまうと、すぐに症状がひろがるので、できるだけ症状がひろがることのないように、絶対に傷口は掻かないようにしましょう。 チャドクガ 体長:2~3cm 発生時期:4~6月、8~9月 主な生息場所:街路樹、庭の草むら チャドクガの幼虫である毛虫が発生するのは4月から6月、8月から9月の間です。 刺されると、皮膚が腫れる、かぶれる、痒みがでるなどの症状が出ます。 特にチャドクガに刺されて厄介な症状が、激しい痒みです。 ひどい時には、皮膚がかぶれることもあります。 また、画像を見てわかるように、チャドクガは毒を持つ毛の量が多いです。 さらにチャドクガの厄介なところは、毛が抜けて風に乗って飛んでいくことです。 そのため、樹の下で休んでいたり、庭で作業をしたりしていたら知らないうちにチャドクガに刺されている、ということが多いです。 知らないうちに刺されたため、発見が遅れて症状がひろがる、ということもあります。 春先や夏場は、特に注意しましょう。 イラガ 体長:25mm 発生時期:7~10月 主な生息場所:サクラ、ケヤキなどの木の幹や葉 体長約25mmと、チャドクガに比べ小さく、緑色であることが特徴です。 このイラガ、刺されてもチャドクガ程の痒みの症状は出ません。 では何故注意が必要かというと、イラガに刺されるととてつもなく痛いからです。 イラガは「電気虫」とも呼ばれています。 その由来は、イラガに刺されると電気に感電したかのような痛みが走るからだと言われています。 このイラガに刺されても、皮膚が腫れ、発疹がでる、かぶれるなどの症状が出ます。 チャドクガのように毒針は多くなく、体から抜けて毛が宙を舞うというようなこともありませんが、やはり注意が必要です。

次の