お悔やみメール 同僚。 「お悔やみメール」お悔やみの言葉や挨拶の文例!返信例文も紹介

お悔やみメール》同僚/返信/友達/友人/友人の父/取引先/親戚/例文/文例/上司/返事

お悔やみメール 同僚

このページの目次• 忌引メールの返信 会社を忌引で休む場合は上司・部下に忌引メールか電話で連絡をします。 忌引のメールを受け取ったら お悔やみメールを返信してください。 返信メールの基本的な構造は「タイトル」と「本文」です。 忌引メールの返信する時のタイトル(件名) お悔やみメールであることと「名前」をタイトルに入れます。 同僚や上司の場合は部署名も明記しておくと受け取った側が誰からメール返信があったのか送 り主がわかりやすいです。 <名前>より お悔やみ申し上げます• お悔やみ申し上げます <名前>より• <部署名> <名前>より お悔やみ申し上げます• <名前>より 哀悼の意を表します などをタイトルとして入れてください。 遺族の方は悲しみをこらえて葬儀の準備をしています。 悲しみの中バタバタとたくさんの方に電話をしたり、メールを送ったりする作業に追われているのが想像できます。 分かりにくい件名のメールは後回しにされたり、迷惑メールと間違えられる可能性もあります。 普段にも増して件名を簡潔に、用件が分かるようにする必要があります。 忌引メールの返信する時の本文 忌引メールへ 返信する本文は2~3文程度で大丈夫です。 1文目に忌引メールの内容を確認したことが分かる文を入れます。 忌引メールの送った方が 「送った忌引メールを読んでくれた」「内容が伝わった」と分かるようにするためです。 ご身内にご不幸がおありだったと伺い、心からお悔やみ申し上げます。 などで始め、お悔やみの気持ちを表す言葉を加えてください。 上司や部下への返信の場合は 2文目に安心して会社を休んでも大丈夫という内容の文を入れます。 いろいろと大変ですが、業務の方は気にせずに休んでください。 仕事の事は気にせずに、故人をお見送りください。 仕事のことはお気になさらず、最後のお別れをして下さい。 仕事については、心配無用です。 などです。 最後の 3文目に結びの言葉を入れます。 哀悼の意を表します。 ご冥福をお祈りいたします。 安らかなご永眠をお祈りいたします。 など、シンプルな言葉を用いると相手に負担をかけません。 件名と同じく 本文も簡潔に、伝わりやすさや読みやすさを意識して書くようにしてください。 葬儀に参列できない場合はもう1文付け加える 葬儀に参列できない場合は 弔問に伺えないお詫びを加えるようにしてください。 一文目と二文目、または二文目と三文目の間に• 都合によりご葬儀に伺うことが出来ず申し訳ありません。 遠方のため、駆けつけることが出来ず申し訳ありません• 本来であれば直接お会いしてお悔やみを申し上げるところですが、略儀ながらメールにて失礼します。 などと入れておくと親切です。 本来であれば直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、略式ながらメールにてお悔やみ申し上げます。 仕事のことは全て任せてください。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 自分より目上の方へのメールだということを念頭に置き、 かしこまった形で返信してください。 失礼のない、 シンプルな言葉を慎重に選んで下さい。 相手に必要以上の負担をかけることのない内容になるよう注意しながら書いてください。 忌引メールの返信事例2(会社の同僚・後輩・部下に返信するメール) タイトル: <部署名> <氏名>より お悔やみ申し上げます 本文: この度はお身内にご不幸があったと伺い本当に驚いております。 略式ながら、メールにてお悔やみ申し上げます。 仕事のことは気になさらず、最後のお別れをなさって下さい。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 会社の 上司に返信するよりも少し柔らかい表現で大丈夫です。 身内に不幸があった場合は忌引休暇を取り、仕事を数日休む方が多いです。 仕事のことは心配ないという内容の一言を付け加えると相手も安心します。 忌引メールへの返信のポイント 忌引メールの返信にはいくつかポイントがあります。 忌引メールの送信主である遺族は家族を亡くして悲しい気持ちの中にいます。 葬儀の準備でバタバタしていることが予想できます。 その心境を思いやり、 言葉遣いには細心の注意を払って下さい。 「忌み言葉」を使わない 忌み言葉とは、 縁起の悪い言葉のことです。 相手によっては気にしない方もいますが、常識として使わない方が無難です。 不幸が重なることを連想させる単語です。 重ね重ね• たびたび• またまた• いよいよ• ますます• 返す返すも• 追って• 浮かばれぬ などは忌引メールの返信には使わないようにしてください。 宗教の違いに注意する 宗教によっては 死を表す言葉に違いがあります。 仏教では「成仏」「冥福」• 神道では「永別」「帰天」• キリスト教では「召天」「神のもとに召される」 などと表現します。 亡くなった方や遺族の方がクリスチャンの場合は「ご冥福をお祈りします」という仏教の言い方は避けるようにしてください。 忌み言葉も宗教によって違いがあります。 仏式での忌み言葉は「浮かばれない」「迷う」などです。 神式やキリスト教式葬儀での忌み言葉は「成仏」「供養」「冥福」「往生」などです。 相手の宗教まで分からないことも多いと思いますので、 忌引メールの返信にはなるべくシンプルな言葉を使うのが無難です。 故人の死因を尋ねない 遺族の気持ちを考えると、 忌引メールの返信で死因を尋ねるのはタブーです。 亡くなった状況を思い返すと悲しみが増し、思い返すのがつらいと思っている遺族の方も多いです。 生死に対する直接的な表現を避ける 「死亡」「死去」「亡くなった」は「ご逝去」、「ご存命」「生きていた頃」は「ご生前」に言い換えます。 直接的な表現は遺族の方の悲しみを増幅させてしまう可能性があります。 生死についての直接的な表現は避けるようにしてください 絵文字は注意して使う 絵文字を使ってはいけないわけではありませんが注意が必要です。 携帯の機種によっては絵文字のニュアンスが変わることもあります。 表示されずに、文字化けすることもあります。 絵文字は使わない方が無難です。 どうしても使いたい場合は、絵文字がなくても内容が伝わる文章になるようにしてください。 最後に読み返してチェックする 送信する前に 誤字脱字がないか、不適切な表現がないか確認してから送るようにしてください。 書いている時は気がつかなくても、あとで読み返すと直した方がいいところが目につくこともあります。 客観的に見直してから送るようにしてください。 忌引と忌引き休暇 忌引(きびき)と忌引休暇を同じ意味で捉えている人も多くいます。 社会人や学生の場合、身近な人が亡くなると自分自身は健康で出勤あるいは出席できる状態でも会社や学校を休むというイメージが強くあるためです。 忌引とは本来は身近な親族が亡くなり喪に服すことを表しています。 忌引休暇の日数 忌引休暇となる日数は会社の就業規則や労働条件、学校の場合は教育委員会で定められている教務規則などによって様々です。 正確な日数は会社や学校で確認してください。 一般的な日数は、• 配偶者 … 10日間• 父母 … 7日• 子 … 5日• 祖父母 … 3日• 兄弟姉妹 … 3日• 叔父・叔母 … 1日• 孫 … 1日• 配偶者の父母 … 3日• 配偶者の祖父母 … 1日• 配偶者の兄弟姉妹 … 1日 です。 遠方に住んでいる親族が亡くなった時に葬儀に参列する場合は、 移動に日数が追加されるケースもあります。 会社や学校によって様々です。 日数は必ず確認するようにしてください。 会社の場合は 総務部に確認すると教えてもらえることが多いです。 まとめ 人の死は突然訪れます。 急な忌引メールにどう返信しようか焦ってしまいますが返信はそんなに難しくありません。 亡くなった方や遺族の方を思いやる気持ちが一番大切です。 悲しみを共感し、心身をいたわる気持ちを素直に伝えるように心がけてください。 忌引メールの基本的なポイントを確認して送るようにすれば大丈夫です。 メールでのやりとりは直接顔を見てお悔やみを伝えるのとは違います。 小さな誤解や受け取り方の違いも、すぐに訂正することができません。 顔が見えないからこそ、 誤解が生じたり失礼があったりしないように注意してくださいね。 今後もよい付き合いをしていくためにも、適切なお悔やみを伝えられるといいですね。

次の

言葉遣いは?返信は?お悔やみメールの文例・マナー|葬儀・葬式なら【よりそうのお葬式】

お悔やみメール 同僚

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 訃報の知らせを受け、お悔やみを伝える場合、あなたは何を手段として思い浮かべますか? メールを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか? 今までは電話が主流でしたが、現在はメールが通信手段として日常化しています。 以前なら、メールでお悔やみを伝えると、非常識と思われたかもしれません。 しかし、今ではお悔やみをメールで送っても、違和感を感じない方が多いのではないでしょうか。 そもそも、お悔やみをメールで送ることはマナー違反にはならないのでしょうか? メールでお悔やみを伝える場合、文面はどうしたらいいのか、どんなマナーがあるのか疑問がたくさんあると思います。 今回「終活ねっと」では お悔やみをメールで伝えても良いのか、その他にも注意点や関係別の文例について以下の項目で解説いたします。 近年では電話より、LINEやメールがコミュニケーションツールになっています。 そのため、LINEやメールを通じて訃報を知ることが多いのではないでしょうか。 メールで訃報を知らせてきたのだから、お悔やみをメールで返そうとするのは自然かもしれません。 しかし、メールなどでお悔やみを伝えてよいのか、迷う人もいるかと思います。 マナー違反になりそうで心配だと思っている方もいるのではないでしょうか。 メールで遺族に対して弔意を伝えることは マナー違反ではありません。 ただし、 メールはお悔やみの形式上は、正式なものではなく略式です。 誰に対してもメールでよいという訳ではありませんので注意が必要です。 普段から親しくしている友人、会社の同僚、取引先担当者などはメールでも問題ありませんが、それ以外の方にはメールでのお悔やみは避けた方がよいです。 メールでお悔やみを伝える場合にも、幾つかのマナーが存在します。 マナー違反だけは避けたいですよね。 メールでお悔やみを伝える場合のマナーについて、以下で詳しく解説いたします。 相手との関係に注意してメールをする メールでお悔やみの言葉を伝える場合、 相手との関係に注意することが重要です。 誰にでも同じようなお悔やみ文をメールで送ることは避けてください。 親しい友人や会社の同僚なら、普段の会話のような文章でも、相手も特に気にせず、許してもらえるかもしれません。 しかし、たとえ親しい関係であっても、会社の先輩や上司となるとそうはいきません。 年上の人に送るのですから、友達口調の文章では失礼になってしまいます。 取引先であればビジネス文章が理想です。 メールでも、最低限の礼儀を尽くす必要があります。 極端にかしこまった文章を書く必要はありませんが、普段の会話やメールよりも丁寧な言葉遣いを心がけてください。 訃報のメールに返信する場合 訃報をメールで知らせるということは、親しい相手と思って、いち早く連絡をしてくれているわけですから、 なるべく早くメール返信すべきです。 メール返信はお悔やみの言葉と、知らせてくれたことに対する感謝の言葉を伝えるのがいいでしょう。 また、 お通夜と告別式の日時も確認するようにした方がいいです。 弔問に伺うつもりでいれば、伺っても良いのか確認を取ることと、伺う時間帯を確認しておいた方がいいでしょう。 お通夜や告別式に参列できない場合は、その旨をメールで伝えるようにしましょう。 お悔やみの言葉をメールで伝える際の注意点 お悔やみの言葉をメールで伝える場合、何に気を付けなければならないのか悩むと思います。 礼儀としてお悔やみを伝えたのに、逆に無礼になってしまっては本末転倒です。 本来であれば、お悔やみは直接会って伝えるものですが、訃報を知っていち早くお悔やみを伝えるために、メールという手段をとっているだけのことです。 よって、メールの文章は直接会って伝える言葉と同じ内容でなければなりません。 お悔やみに関してはマナーが存在します。 メールでお悔やみを伝える場合も、お悔やみに関するマナーを守る必要があります。 こちらでは お悔やみメールを送る際の注意点を解説していきます。 お悔やみの言葉をメールで伝える際のマナーを覚えておきましょう。 メールの内容は短く簡潔にする お悔やみの言葉を伝える時は、 短く簡潔に伝えることが基本です。 遺族は精神的ダメージを受けており、葬儀の手配などで慌ただしい状況にあります。 あまりにも長いお悔やみの言葉は、煩わしく感じてしまうでしょう。 相手を尊重してメールすることが必要です。 「このたびは、心よりお悔やみ申し上げます」が一般的なお悔やみの言葉です。 お悔やみの言葉以外に、相手を気遣う言葉や今後のことについて、簡潔に伝えるようにしましょう。 忌み言葉を使わない お悔やみの言葉やメールには使ってはいけない 忌み言葉というものがあります。 「忌み言葉」をお悔やみの言葉に使用することはマナー違反です。 以下が「忌み言葉」の代表例です。 これを機に、しっかりと覚えてください。 お悔やみメールでは、絶対に使わないよう心掛けましょう。 死因などを尋ねない 死因を尋ねることはマナー違反です。 親しい間柄であれば、どうして亡くなったのか気になり、聞きたくなるのは自然かもしれません。 死因を聞いても問題ない、と思っている方もいるのではないでしょうか。 お悔やみを伝えた時点で、死因を聞くのは遺族の気持ちを無視していることにもなります。 死因を知る機会は後でもありますので、この時点で聞くことは絶対に避けましょう。 季節の挨拶は必要ない お悔やみを伝えるのは、悲しみの中にいる遺族を気遣うためであり、かしこまった挨拶は不要です。 よって、 季節の挨拶は必要ありません。 遺族はお通夜や葬儀の準備で忙しい状況下にあります。 季節の挨拶などを入れ、長々とした文章では、読むのに時間を取らせてしまいます。 相手のことを考え、手短にお悔やみを伝える配慮が必要です。 季節の挨拶は入れず、 手短にお悔やみを伝えることがマナーと覚えておきましょう。 お悔やみメールの文例 お悔やみメールを送る際には、どんなメールを書けばいいのでしょうか? 季節の挨拶は入れない、忌み言葉を使わない、短く簡潔にする、ということは理解していてもどのような文章にすべきか分からないという方も多いかと思います。 さらに、相手との関係で文章も変わってきます。 友人や会社の同僚といった対等な相手、会社の上司や先輩といった目上の相手、取引先といったビジネス相手などで文章を変えるようにしましょう。 会社の上司や取引先など目上の関係と、部下や同僚、友人などの関係でどのように変わるのでしょうか? こちらでは 相手との関係別の文例を紹介いたします。 ぜひ今後の参考にしてください。 上司や取引先などのビジネス関係の相手 会社の上司や取引先などのビジネス関係の相手に送る場合、自分がどこの会社なのか、どの部署なのか分かるようにしなければなりません。 件名に会社名、部署名、名前を入れることをお奨めします。 件名:お悔やみ申し上げます。 (〇〇会社〇〇課〇〇) お知らせ頂き、ありがとうございます。 〇〇様の訃報の知らせを聞いて、大変驚いております。 ご家族の皆様のご傷心を拝察いたします。 心よりご冥福をお祈り申し上げます。 直接お目にかかりお悔やみを申し上げたいところではございますが、メールにて失礼いたします。 部下や同僚、友人など 会社の部下や同僚に送る場合も、自分の所属する部署が分かるようにしなければなりません。 親しい関係であっても、仕事上の間柄のため、 ビジネス文書を意識してください。 親しい友人などは、多少の砕けた文書でも失礼にはならないと思いますが、 弔意を伝えるのが目的のため、砕けた文書は避けた方がいいと思います。 訃報の知らせを受け、お悔やみをメールで伝えましたが、お通夜や告別式に参列できない場合があるかと思います。 その場合、どうすればいいのか分からない、という方もいるのではないでしょうか。 お悔やみメール以外で、 弔意を伝える方法が幾つかありますので、それらについて紹介します。 今後の参考にしてください。 香典を送る お通夜や葬儀に参列できない場合にお悔やみの気持ちを示したい時は、 香典を郵送するという方法があります。 香典を郵送することはマナー違反ではないので、 葬儀に参列できなかった際には現金書留で香典を郵送するのも一つの選択肢となります。 香典にも最低限のマナーがあります。 マナーを守って送るようにしましょう。 香典の金額相場については、こちらの記事でより詳しくご紹介していますので、ぜひご覧ください。 メールで遺族に対して弔意を伝えることはマナー違反ではない。 相手構わず同じようなお悔やみ文をメールで送ることは避け、相手との関係に注意することが重要。 訃報をメールで知ったら、なるべく早くメールで返信をする。 お悔やみには幾つかのマナーがあり、メールでお悔やみを伝える場合も、お悔やみに関するマナーを守る必要がある。 お悔やみの言葉を伝える時は、短く簡潔に伝え、多くを語らない。 お悔やみメールに忌み言葉を使ってはならない。 お悔やみメールで死因を尋ねてはならない。 お悔やみメールに季節の挨拶は必要ない。 メールでお悔やみを伝える場合、自分がどこの会社なのか、どの部署なのか分かるようにしなければならないため、件名に会社名、部署名、名前を入れるようにする。 メールでお悔やみを伝えた後に弔意を伝えるには、香典を送る、弔電を送る、供物や供花を送る方法がある。 メールでお悔やみを伝えても、問題はないということが分かりました。 ただし、相手との関係には注意が必要であり、極端に堅い文章を書く必要はありませんが、普段よりも丁寧な言葉遣いを心がけるようにした方がいいですね。 長い文章にすると、うっかりマナー違反の文面になる可能性もあるため、簡潔に短い文章を心掛けた方が良いでしょう。 「終活ねっと」では、他にも法事・法要に関する記事を多数掲載しております。 お悔やみの言葉を電話で言うことについては、こちらの記事でより詳しくご紹介しています。 ぜひそちらもご覧になってください。 最後まで読んで頂き、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お悔やみメールの基礎知識。上司や友達、立場別例文集

お悔やみメール 同僚

友人や知り合いのご家族に不幸があっても葬儀に参列できず、お悔やみの言葉をメールで送っても良いものか、どのように連絡すべきなのか、迷っている人もいるのではないでしょうか。 この記事では、お悔やみの言葉をメールで伝えても良い相手や、メールで伝えるときのマナー・注意点、メール以外で弔意を伝える方法も解説します。 また、お悔やみのメールの文例も複数紹介しますので、参考にしてください。 お悔やみの言葉はメールで送っても良いの? お悔やみの言葉は本来、直接ご遺族のところに赴いて伝えるものです。 しかし、最近はメールやLINEなどで日常のやり取りをすることが多いため、関係性によっては、メールでお悔やみの言葉を伝えても良いとされています。 メールを使う利点としては、相手が都合の良いときに読めるため、電話や直接会う時と比べ、ご遺族の負担を軽くできることがあげられます。 ただし、文面に気を付けなければ、受け手を不快にさせてしまうこともあります。 丁寧な言葉遣いやマナーを守ることを意識しましょう。 メールでお悔やみを伝えても良い相手は? まず、相手が訃報をメールで知らせてきた場合は、そのメールに返信する形で、お悔やみの言葉を伝えてもかまいません。 また、以下のような間柄であれば、メールで伝えても問題ないとされています。 ・友人や知人で親密な間柄の方 ・取引先、上司、同僚などの仕事上の関係の方 メールはあくまでも略式です。 直接伝えられる場合は、できる限り会ってお悔やみの言葉をかけるようにしましょう。 お悔やみの言葉をメールで送るときのマナー・注意点 ここでは、お悔やみの言葉をメールで送信するときに、気を付けるべきマナーについて解説します。 時候の挨拶はいれない お悔やみの言葉は、ご遺族を気遣うためのものです。 そのため、手紙のように時候の挨拶をいれる必要はありません。 時候の挨拶をいれると、前置きが長くなりご遺族の方に負担をかけてしまうからです。 故人との続柄に応じた敬称を使う お悔やみの言葉を伝える際は、故人とそのご遺族の方との続柄に応じた敬称を用います。 よく使われる敬称の具体例は、以下の通りです。 以下で、代表的なものを見ていきましょう。 重ね言葉 「重ね重ね」「くれぐれも」「たびたび」「まだまだ」「いよいよ」など。 繰り返すことを意味する言葉 「これからも」「続く」「追って」「この先も」「繰り返す」「再三」など。 生死に関する直接的な表現 「死ぬ」「生きる」「死亡」「死去」「亡くなる」など。 不吉な表現(死や苦しみを連想させる言葉など) 「別れる」「苦しむ」「4や9」「消える」「浮かばれない」「大変なことになる」など。 丁寧な言葉遣いを意識する メールでお悔やみの言葉を送る際は、文章でしか気持ちを伝えられません。 ですから、普段より丁寧な言葉を使うよう意識しましょう。 しかし、堅くなりすぎず、相手が読みやすい文章を心がけてください。 宗教や宗派によって言葉を気を付ける 宗教や宗派によっては、お悔やみの言葉としてふさわしくないものもあります。 例えば、キリスト教の一部や仏教の浄土真宗では、死後は天国や極楽浄土に行くことができるとされているため、「ご冥福をお祈り申し上げます」などの文言は使いません。 宗教や宗派で禁止されている言葉を使うと、受け手を不快にさせるので注意しましょう。 死因はたずねない ご遺族に故人の死因について質問をするのは失礼にあたります。 自分の感情を一方的に伝えるのではなく、相手の想いに寄り添った内容にすることが大切です。 返信不要の旨を記載する お悔やみの言葉を送るときは、ご遺族の方も葬儀などの準備で忙しい時期です。 そのため、文面の最後には返信不要の旨を記載しましょう。 そうすることで、受け手側の負担も軽くすることができます。 テンプレートのまま送らず自分の言葉で伝える お悔やみの言葉は、複数のテンプレートを参考にしてもかまいませんが、最終的には自分の言葉で伝えるようにしましょう。 相手に失礼がないよう言葉の遣い方やマナーを意識することは大切ですが、気持ちを込めて相手に伝えることが何よりも大切です。 メール以外で弔意を伝える方法は? メール以外の方法で弔意を伝える方法について説明します。 弔電や香典を送る 通夜や葬儀に出席できない場合は、弔電や香典を送ることができます。 特に故人と親密だった場合は、せめてもの心遣いとして弔電や香典を送るのがおすすめです。 供花や供物を送る 弔電や香典のほかに、供花や供物を送るのも良いでしょう。 供花や供物も、弔電や香典と同じように弔意を示すものです。 特に供花は見た目も華やかなので、印象に残りやすいです。 花代だけを送ることも可能です。 【送る相手別】お悔やみの言葉のメール文例 ここでは、実際に使えるお悔やみのメールのテンプレートを紹介します。 ぜひ参考にしてください。 ご冥福をお祈りいたします。 お父上様のご逝去を知り、胸が締め付けられる思いです。 心からご冥福をお祈りいたします。 本来であればすぐにでも伺いたいのですが、やむを得ない事情によりメールで失礼します。 無理をされていないかとても心配です。 何か私にできることがあれば、いつでも連絡してくださいね。 このメールへの返事は不要です。 最後のお別れにすぐにでも駆けつけたかったのですが、遠方のためお伺いすることができず申し訳ありません。 今は大変な時期だとは思いますが、体調を崩されぬようご自愛ください。 こちらのメールへの返信は不要です。 やむを得ない事情により、ご弔問に伺えず誠に申し訳ございません。 今は大変お辛い時期かと思いますが、ご無理をなさらず体調に注意してお過ごしください。 なお、こちらのメールに返信は不要です。 ご実家が遠方とのことで、直接お伺いできず申し訳ございません。 略式で大変恐縮ですが、メールにてお悔やみ申し上げます。 何かお手伝いできることがありましたら、いつでもご連絡ください。 なお、返信は不要です。 遠方のため直接お伺いすることができず、誠に申し訳ございません。 略式ですが、メールにてお悔やみ申し上げます。 なお、こちらメールへの返信は不要です。 心よりお悔やみ申し上げます。 本来であれば直接お伺いしたいところ、やむを得ない事情によりご葬儀に伺うことができず誠に残念でなりません。 心身ともに大変な時期かとは思いますが、お体に気をつけてお過ごしください。 なお、このメールへの返信は不要です。 メールで訃報連絡を受けた場合の返信メールの文例 ここでは、訃報の知らせのメールが届き、返信する際に参考となる文例を紹介します。 心よりご冥福をお祈りいたします。 お母様の訃報をお聞きしました。 生前は私もお世話になったので、哀悼の念でいっぱいです。 やむを得ない事情によりご葬儀に参加できず、誠に申し訳ございません。 お忙しい時期かと思いますが、お仕事の方は心配なさらず、ご無理のないようお過ごしください。 まとめ メールでのお悔やみは、親密な友人や知人である場合や職場関連の場合は問題ないとされています。 ただし、メールで伝えるのは正式な方法ではないので、敬称の使い方や言葉遣い・忌み言葉を使わないよう注意するなど、基本的なマナーを守って送るようにしてください。 ご遺族の方の気持ちが少しでも和らぐよう、相手の気持ちに寄り添った文章にすることが大切です。 では、葬儀内容や費用について、事前に無料で相談・お見積もりを行っています。 また、葬儀後のアフターフォローにいたるまで、丁寧にサポートを行っています。 葬儀に関して疑問や不安に思うことがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。 アイワセレモニーが選ばれる理由とは?.

次の