野村 ひぐらし。 ひぐらしのなく頃にの考察を全編まとめ&解説!シリーズの怖い順も!

雛見沢大災害(ひぐらしのなく頃に)

野村 ひぐらし

CV:、幼少期=: 概要 「祭囃し編」の主人公。 入江診療所に勤務する看護婦。 容姿 ヘアースタイルは金髪のストレートロングヘアー。 ただし、原作者によればこの髪色は、生まれつき茶髪や金髪・染めているわけではなく、 キャラクターを区別するための配色であり、 キャラクター本人が金髪や茶髪などではないとのこと。 診療所ではナース服を(自分の趣味で)着用している。 人物・性格 普段は知的で物腰柔らかいが、時に他人を見下したような態度をとり、ヒステリックな面ものぞかせる。 筋金入りのオカルトマニア。 雛見沢の暗黒史を資料としてスクラップ帳に保存している。 雛見沢の謎に対してさまざまな説を立て、村の子供に聞かせていたようだ。 自分の趣味的欲求が満たされるのなら、金に糸目をつけない。 過去 三四の過去は悲惨であり、幼少時に両親が事故に遭い死亡。 原作と漫画版では鉄道事故、アニメ版ではバスの運転手が突然の発作を起こしたことによる交通事故に変更されている。 ) その後、施設職員らによるやが横行する劣悪な環境の施設に送られてしまう。 表向きには人里離れたような場所にある孤児院だったが、実態は国の補助金を目当てとした名ばかりの施設だった。 一説では、人手不足や大人数の子どもの世話など、施設職員たちの心のケア・ストレスケア不足等諸々の労働環境が、施設の悪化に繋がったのではないかといわれている。 彼女は隙を見て仲間たちと施設を脱走した際、父の恩師・の連絡先を思い出し助けを求めたは、一度は職員に見つかり連れ戻されたものの、助けを聞き施設を探しあてた一二三に引き取られ、同居することになる。 「三佐」の階級と山狗の地域に浸透した諜報網、そして必要とあれば県警から日本政府に至るまでを動かすことができる絶大な権力を手中に収めた。 この「三佐」という階級はかつて、祖父であるに与えられていた階級 少佐 に相当するものであった(ただし、現実では舞台となる58年 1983年 当時、三四が所属しているであろうにおいて、 佐官になった女性自衛官はまだ存在していない。 正式な軍人ではない(自衛隊における 医官とされる。 )ため、軍事訓練は受けていない。 は扱えるが、小隊指揮に関しては全くの素人。 その後、鷹野は後ろ盾であった小泉の死により研究が三年後に打ち切られるという事態に直面し一度は打ちひしがれるものの、野村と名乗る女性によって終末作戦による雛見沢滅亡という事実で祖父の論文を世界に刻むという道を示され、終末作戦の実行へ邁進することとなる。 しかし実際は、一二三の無念を晴らすための研究が雛見沢の破滅的結末に及ぶ恐怖という弱味を野村に付け込まれただけに過ぎなかった。 終末作戦による責任追及によって「東京」から旧小泉派などの勢力を一掃するべく利用されていただけであり、作戦が実行されれば野村の属する派閥によって口封じのため、暗殺されるのは間違いなかったはずである(実際、下記のように目明し編BAD ENDで作戦は実行されていないものの暗殺されている)。 ネタバレ 雛見沢大災害の実行者。 の母親を残酷に殺害した後、自殺を装い処理するなど、目的のためならば手段を選ばない。 皆殺し編では、自分達の障害となる梨花と仲間であるをはじめとした子供達を自らの手で殺害している。 富竹同様に5年目の被害者として焼死体が発見されるが、それは「山狗」によって用意された別人の死体。 アクシデントにより遺体の死亡推定時刻が綿流し祭の前の時刻になっている。 医学知識を持つ鷹野はその死体を使うことで生じる矛盾を知っていたが、死人が堂々と綿流しに参加しているのも面白いと、あえてその死体を使うよう「山狗」に指示。 そのため、死んでいたはずの鷹野が祭に参加していたという矛盾が生じ、部活メンバーなどが戸惑うこととなる。 彼女の収集していたスクラップ帳は後の世界にも残り、オヤシロ様の祟りの唯一の手がかりとして保管、祭囃し編では皮肉にもその事を覚えていない部活メンバーや、彼等に協力したから逆に「梨花が48時間前に既に死亡している」というブラフをかけられている。 正確に言えば鷹野は連続怪死事件の犯人ではない。 ほとんどの場合、事件は鷹野の意志とは無関係に生じており、彼女はたまたま起こった事件を入江機関における雛見沢症候群の研究にうまく利用していただけに過ぎない。 pixivision• 2020-07-16 18:00:00• 2020-07-16 17:00:00• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 23:18:45• 2020-07-16 23:17:48• 2020-07-16 23:17:45• 2020-07-16 23:16:35• 2020-07-16 23:16:31 新しく作成された記事• 2020-07-16 23:11:27• 2020-07-16 22:46:50• 2020-07-16 22:27:19• 2020-07-16 22:29:11• 2020-07-16 21:58:07•

次の

「ひぐらしのなく頃に 解」考察

野村 ひぐらし

Sponsored Link 「ひぐらしのなく頃に」は 2002年から2006年に発売された同人ゲームです。 様々なメディア化がされ怖いと評判でもある作品なので、タイトルを知っている方は多いのではないでしょうか。 ここでは今作品の 各編それぞれの考察を全編まとめと解説、シリーズの怖い順番を紹介します。 ひぐらしのなく頃にの考察を全編まとめ&解説! ひぐらしのなく頃には 人間模様や環境を紹介しながらプレイヤーに謎を問いかける出題編と、 出題編を踏まえて 謎を解いていく解答編で構成されています。 それではそれぞれのシリーズの内容のまとめと解説をご覧ください。 出題編 鬼隠し編 昭和58年5月に雛見沢村へ転校してきた主人公の前原圭一。 圭一は同級生の竜宮レナと宝探しの最中、圭一は写真家の富竹ジロウと話をする。 富竹から村で昔起こった未解決のバラバラ事件を聞いて興味がわいた圭一は事件について調べ始めるが…。 考察 圭一の家の前で圭一の後ろに立っていた女性は誰なのか? 解説 羽入かと思われる。 雛見沢村を離れた圭一が雛見沢症候群にかかってしまったことと、何もできない自分の無力さからくる謝罪だろう。 (皆殺し編より) 考察 レナが工事現場へ宝探しに行く理由は? 解説 家での居場所を失くしつつある自分(レナ)が廃棄されたゴミに共感し、 可愛いものを集めることで 家庭内での辛苦の軽減に努めようとしたと思われる。 (罪滅し編) 初編ということもあり圭一の視点で学校や村の雰囲気が描かれ、 序盤はギャグなども入りわりとほのぼのとしていますが、 未解決の事件の調査に乗り出す所から一気に不穏な空気が入りました。 雛見沢症候群にかかってしまってからの圭一は、 普段は何気ない動作や言葉の全てが疑心暗鬼に思えてしまい沢山のことが悪く結びついてしまい、 最期はとうとう亡くなってしまいます…最初の話で主人公が亡くなるとはかなりの衝撃ですよね! Sponsored Link 綿流し編 雛見沢村の伝統行事の綿流しが描写され、 園崎魅音と園崎詩音の姉妹がメインです。 勝ち気だけど内面は女の子らしい魅音と女の子らしい性格ではあるがしたたかな面もある2人は、 真逆の性格ながらもなんだかんだで仲が良く、共に暮らしていた頃は双子であるを利用してよく入れ替わっていたが…。 考察 祭具殿で詩音と富竹が聞いた音の正体は? 解説 全ての元凶はオヤシロ様と鷹野が発言したことに対して 怒った羽入の地団駄を踏む音(皆殺し編)。 因みに圭一や鷹野には聞こえなかったのは羽入の存在は 雛見沢症候群L3以上の者のみであることから。 考察 魅音がお魎を殺害した動機は? 解説 魅音ではなく 気絶させるつもりだった詩音がお魎にスタンガンをあてたらショック死してしまった為。 (目明し編) 考察 詩音の死の真相は? 解説 圭一を刺殺後 階段から誤って転落してしまった。 (目明し編) あれ?圭一普通に生きてる?と謎ですが今作品は続き物ではない パラレルワールド形式なので何事もなく話が続きます。 圭一に好意を抱く魅音が問いかける言葉や、 魅音と思っていたら 途中からずっと詩音で既に魅音は亡くなっていた所が怖いです。 雛見沢症候群による幻覚症状が進行してしまった魅音(詩音)が圭一を刺した後に転落。 ホラーとサスペンス要素が最も強くかなり怖い編となっています。 祟殺し編 本編より3年前が舞台で北条沙都子をメイン。 ダム開発に賛成した両親(継父と実母)の死後、引き取られた叔父夫婦にも酷い虐待を受ける。 叔母の死後叔父と離れることになるが同時に慕っていた兄の悟史も失踪してしまい、 弱い自分を戒めるため強く生きることを誓う沙都子だった。 考察 沙都子が昼食の最中に態度が急変した理由は? 解説 朝C120の 注射を忘れていたため。 (皆殺し編) 考察 嗚咽しながら沙都子がレナに打ち明けたことは? 解説 叔父に虐待を受けていること(レナの洞察力の高さから告白した)。 考察 沙都子が叔父が生きていると言ったのは何故? 解説 沙都子の妄想(L5発症)によるものと思われる。 考察 大災害後圭一だけが生存したのは何故か? 解説 東京による減菌作戦時圭一は 予想外の場所にいた為助かった。 (皆殺し編) 狭い環境での村ならではの村八分と言う迫害や虐待などのテーマを扱う為重く、 兄が必死に妹を虐待から守る姿が本当に切ないです。 沙都子を守る為叔父を殺害した圭一が1人だけ村で生存する も数日後に亡くなってしまいます。 暇つぶし編 前3作の5年前の話で今編で出題編が完結。 ダム建設闘争の最中に極秘に調査に訪れた 公安刑事赤坂と、古手神社の一人娘でオヤシロ様とあがめられている 梨花がメインです。 考察 赤坂が来た時に寂れていた綿流し祭りは5、6年後には村中の人が総出という梨花のセリフの意味は? 解説 オヤシロ様の祟りでオヤシロ様の存在感が増した為 恐れた村人が祭りを盛り上げようとした。 5年前の話なので前日段のような扱いですが、 後の解答編に繋がる重要な内容。 タイムループが出来る梨花は 赤坂に村の救済を願いますが、 赤坂は梨花を助けることが出来ず、 村の全滅と言う赤坂が大きく後悔する結末となってしまいます。 解答編 目明し編 綿流し編に対する解答で園崎詩音視点。 2部構成で 1部は園崎詩音と北条悟史の話で、2部が昭和58年が舞台。 雛見沢村に秘かに戻った詩音は、 村民にばれないように魅音に成りすまして生活するうちに悟史と出会う。 悟史に惹かれ始める詩音だが、 後に悟史の叔母が殺され容疑がかかったことを助ける為に 自分の正体を明かして嘘のアリバイを証言。 園崎家に嘘がばれてしまいけじめを受けなんとか許されるが、その後 悟史は失踪してしまう。 考察 北条悟史の行方は? 解説 購入したぬいぐるみが大きすぎて自転車で運べない為入江に頼んで車へ。 車中でL5を発症し様子がおかしくなり 診療所へ搬送後地下で治療中。 (祭囃子編) 考察 祭具殿への侵入に対しての村民たちの異常な激高の理由は? 解説 オヤシロ様の力と祟りを信じきっているためと、 自分が祟りにあってしまったらと 漠然とした恐怖による可能性が高い。 考察 詩音が病院で聞いたドンドンと叩く音の正体は? 解説 詩音は魅音を伴い一人二役の人格障害を起こしたほどなので L5による妄想が強い。 悟史への恋心など切ない描写があるけど、どんどん悟史の為に壊れていく詩音様子がかなり怖いですね…。 けじめのシーンは アニメ版では真っ先にカットされたのも頷けますし、かなりのトラウマものです。 村全体が 悟史の敵討ちであると結論を出す詩音。 実際には御三家は関係せず、あくまでオヤシロ様関係は高野家と村内での狭い噂が大きくなった結果でしたが、 村と言う閉鎖的空間による独特なテーマで考えさせられますね。 梨花が 世界は駄目だと見切りをつけて自分を刺し続ける描写もあり、結局村が壊滅と言う結末を迎えます。 罪滅ぼし編 鬼隠し編の解答とひぐらしのなく頃にの世界観の謎に迫る編で圭一とレナの視点。 家庭内の少しずつの崩壊により精神も壊れ始め雛見沢症候群にかかってしまうレナは、 圭一たち仲間も疑ってしまう。 それを止めるために立ち上がる圭一だが、 レナに自分の過去を突きつけられ決別へ。 鬼隠し編では自分を救おうとしたレナだが、 今度は自分がレナを助けると決意する圭一だった。 考察 レナの爆破装置は実現できるかどうか 解説 仕掛けた前日から当日までに ボールがガソリンで溶けてしまう為不可能と思われる。 雛見沢症候群を発症してしまったレナを圭一が守る決意をする為、 恋愛要素が1番強い編です。 レナと圭一両方にそれぞれの過去や境遇が明かされ、 特に圭一のエアガンの過去は衝撃でした。 皆殺し編 圭一と梨花、今作で 初登場の羽入がメインで祟殺し編の解答編。 梨花のもう一人の人格は フレデリカ=ベルンカステル。 彼女は綿入り祭り前に生まれ変わる度に 何百年と何度も殺されます。 無限の可能性の世界=かけら、時間を巻き戻せる力は梨花の体力を消費する為年々弱まってきている。 その力の補助は 梨花にしか見えない梨花の先祖の羽入の存在が大きかったが、 羽入は冷めた目で雛見沢村の行末を見ていたが…。 考察 梨花のループは何によって起こるのか? 解説 梨花自身の意志による力と 羽入のサポートによるもの。 考察 雛見沢大災害の黒幕は誰か? 解説 鷹野三四と東京。 圭一とレナが記憶を引き継いでいるのか頼もしいです。 村ならではの金銭のやり取りや圧力、権力への恐怖が社会的テーマとして描写されています。 梨花は 雛見沢村症候群を抑えるフェロモンを持つ体質。 この力を利用して自分が代わりにオヤシロ様になると考え、 村の壊滅や村人の虐殺をもくろむ鷹野。 目的のためには誰でも手にかける鷹野の非情ぶりが凄いです。 あと一歩届かず 圭一たちは全滅してしまいますが、 幸せな結末を諦めていた 梨花が立ち向かう岐路になっています。 祭囃子編 全ての ラスボス鷹野の生い立ちが詳細に。 鷹野の恩師の一二三と幸せな日常を送れるも研究が打ち切られることを避ける為に、 野村から雛見沢村殲滅の提示をされるも 実際は利用されただけの挙句、 実行後は始末されるという救いの無さ。 また戦争中の組織の権力の上下なども描写されます。 しかし 鷹野の恋人の富竹の存在や、 梨花が彼女を許す言葉の末にようやく惨劇や復讐から 解放される世界が確定されました。 考察 梨花や沙都子の両親を救済できなかった理由は? 解説 彼らまでの救済を含むと更に何百年ものループが必要になってしまい、 梨花や羽入にそこまでの力は残されていなかったと思われる。 考察 梨花にしか見えなかった羽入がラストで人の姿になったのは何故? 解説 古手桜花の1000年前の行動と同じく 人の罪を自分が撃たれることで祓おうと思ったため。 (その後誰かの犠牲による結末に否定する桜花の意志に従った梨花が羽入を救う) 今編では雛見沢症候群に誰もならずに 村人の誰も死なない結末が注目。 皆殺し編での誰かに相談し打ち明けることの大切さが紡がれたからこそのラストでしょう。 他に ファンディスクとして番外編の礼(賽殺し編、昼壊し編、罰恋し編)と、 完全版と思われる 奉(本編全編、雛見沢停留所、ひぐらしアウトブレイク、神姦し編)があります。 ひぐらしのなく頃にシリーズの怖い順 ほのぼの要素もありながらシリーズ全般を通してどれも怖い要素が欠かせないひぐらしのなく頃に。 それでは 怖い度合いはどの編が強いのでしょうか。 順番に紹介していきます。 鬼隠し編 最初の編だからこそ情報量が少なく謎な状態でどんどん自分の身に起きる異変を感じていく恐怖が半端ないです。 綿流し編 2編目ともあり事件の全貌が分からなくて恐怖度が増します。 詩音の電話の「くけけけけけけ」が特に怖すぎます。 目明し編 詩音の狂気な様が恐怖ですがやはりあのけじめのシーンが残酷すぎるということで…。 けじめというからもう少し軽く考えていましたがまさかあんなシーンとは…。 怖い評判で有名な今作品ですが全8編で確かに最後の祭囃子編以外の最期は皆悲惨ですし、 紗靴が嫌拷問などの描写もありますが全部怖いっというのではなく、 強いて言えば 上記の3編以外はそれほど構えなくても見られるのではないでしょうか。 時系列ではなくパラレルワールド形式でもしもの話として進むのが最初こそ戸惑うものの、 それにより 推理する楽しみが増し各編それぞれの面白さがあります。 また怖い要素も事件自体の残虐性や結末の救われなさより、 閉鎖的な村での人間関係や古くからの風習や因縁など 人の陰湿な部分に特化したものなので、 強烈に怖いというより じっとりとした怖さを感じる作品です。 様々なメディア化がされていますが 原作ゲームのプレイを1番強くお勧め。 他には 気軽に入れる漫画版でひぐらしの世界にどっぷりつかってみてはいかがでしょうか。 ライトノベルを原作として 今やアニメ、ゲーム、漫画と 幅広い展開を見せる大人 「D. アニメ『犬夜叉』は、高橋留美子先生原作の作品です。 原作コミックは19.

次の

【ひぐらし】鷹野はその後どうなったのかについて考察!

野村 ひぐらし

雛見沢症候群は、雛見沢にのみ生息する寄生虫による感染症で、防護服や予防薬などの感染症対策無しに雛見沢を訪れた人間すべてが感染し 主に空気感染 、強いストレスを受けたり雛見沢から離れる(現在ではこのパターンは稀)と発症してしまい、 初期段階で幻聴が聞こえたり意思疎通の齟齬が生じることによる疑心暗鬼にかかる。 そして 更なるストレスを受けて進行するとリンパ腺に非常に強い痒みを感じるようになり L4~ 、 末期症状 L5 に陥ると幻視が始まり周りの人間が自分を殺そうとしている危機妄想により周囲の人間に危害を加え、最終的にはリンパ腺の異常な痒みにより主に頸部を掻きむしって動脈まで傷つけ出血多量で死亡、万一それを回避できたとしても脳に強い後遺症が残り廃人になってしまう。 この段階まで進むと専用の治療薬を投与するしかなくそれでもL3までしか回復できず 、一生治療薬を打ち続けねばならなくなるという恐ろしい病気であった。 しかし小泉が急逝したことで、元来小泉一派を疎ましく思っていた連中が一気に勢いをつけだし、小泉一派や関係者に対して『粛清』と呼ばれる程の見せしめ的な人事を行使し、それは入江機関にも容赦なく降りかかる。 研究期間を3年に縮小することを決定されてしまい 、3年では到底研究を完遂出来ないため、鷹野は単身新理事会に研究の無期延長を求めて嘆願するが、逆に研究を嘲笑され研究中止の意向をより強めてしまう結果に終わった。 絶望に打ちひしがれていた所に訪れた『野村』と名乗る女性に、自身の目的を「研究を否定した面々への復讐だ」と吹き込まれた上で「雛見沢滅亡」という形で雛見沢症候群および祖父の名前を論文に残すことを提案される。 表の顔は雛見沢村に唯一存在する病院「入江診療所」の所長であり雛見沢ファイターズの監督。 本当の顔は「東京」から派遣された入江機関の名目上の最高責任者。 階級は二等陸佐。 雛見沢症候群を研究する機関創設の際に「女性が所長であることを避けたい」という「東京」の意向により立てられた仮初の責任者であるため、権力は鷹野に劣る。 彼の父親は事故で頭を強く打った事で優しかった性格が豹変し、母親をはじめ周囲に暴力を振るうようになり、最終的に路上で愚連隊もどきに返り討ちに合って死亡してしまう。 母親は夫の暴力に耐えかね夫との離別を決意し、息子の説明にも理解を示さないまま父親を憎みながら死んで行った。 この悲劇を繰り返さないため、同じ問題で苦しんでる人達を救う為、に精神外科医の道を選んだ。 そして精神外科手術(所謂ロボトミー)で脚光を浴びるが、精神外科手術そのものが倫理にそぐわないとの世間から批判を受けるようになり医療界において精神外科医が追放されてしまったため彼も立場を追われ、細々と地方大学の医局で働いていたところをスカウトされることとなる。 表の顔はフリーのカメラマン。 本当の顔は「東京」の連絡員であり二等陸尉。 山狗及び入江機関の暴走に備えて戦闘部隊である「番犬」部隊を呼ぶ権限を唯一与えられている。 元々は不正規部隊の射撃教官を務める程の射撃の腕前だったが、事故で目を負傷した事が大げさに受け取られ自衛隊内ではこのような事務方ばかりさせられているが、その腕前は全く衰えていない。 鷹野三四に対して好意を抱いているが、鷹野に雛見沢大災害の作戦に買収に誘われてもどの編でも即答で必ず断る正義感の持ち主である。 入江機関の監視役としての意味合いが強く、更に山狗を鎮圧できる権限を持つ事から野村の計画である「入江機関の暴走」を装うために殺害される事が決定づけられている。 彼が雛見沢症候群の急性発症で死亡すればそれが唯一可能な入江機関所長である入江が真っ先に容疑者として「東京」に追及される為である。 大抵、どの編でも5年目の祟りとして鷹野によって雛見沢症候群の発症薬H173を打ちこまれ末期症状を引き起こし、喉をかきむしって死亡することとなる。 富竹の死体が発見されたことにより物語が急変し、登場人物の疑心暗鬼が深まり誰かが狂っていくので時報と呼ばれることも。 表の顔は小此木造園の社長。 おべっかが上手くウィンクの似合う男。 本当の顔は鷹野が指揮している「山狗」のリーダー。 階級は二尉。 暇潰し編にて雛見沢のダム開発の中心議員である犬養議員の息子を誘拐した実行犯の一人 アニメ版では別のモブキャラに差し替え。 元々は戦闘職の出身で、格闘などにおいても実戦本意の実力を持ち、柔道の名誉顧問になる大石を軽く返り討ちにする程。 それ故あくまで防諜部隊 彼曰く「技術屋」)の山狗ではなく戦闘部隊である番犬の方が良かったと内心愚痴っている。 基本的に作戦を遂行するために感情を挟まない上に手段も選ばないが、戦闘をかなり望んでいることもあって恩義や尊敬している人物には敬意を表して温情を見せる場合もある。 なお、雛見沢症候群のことは理解しているが、滅菌作戦の根拠である『女王』が死ぬと村人がL5を発症するというのは否定的に考えている作中における希少な人物でもある。 雛見沢症候群の発見者であり第一人者。 本編では故人。 前述の理由から雛見沢症候群の存在を突き止め、鷹野と共に研究を行っていた。 しかし、この研究により盧溝橋事件の真相が国民にばれてしまうことを恐れた政府により揉み消され、更に論文を「ユニークな妄想」「寄生虫が神の芸術の如く人間の思想を支配するなんてとんだ危険思想」…など散々否定されてしまう。 最後は老眼や軽度の認知症を発症してしまったことで研究の続行が不可能になり、悲観のあまり入院先の病院内で自殺してしまう。 本来の家族とは長年別居しており音沙汰が無かったが、彼の死後になってはじめて彼の財産目当てに押しかけてきた。 鷹野曰く「ハイエナのような連中」。 小泉 ここまで見ると鷹野の良き理解者でありスポンサーに見えるが、実は高野の研究にたいして圧力をかけて中止させる命令を出したのは小泉である。 理由は、盧溝橋事件の際に雛見沢出身の兵士が発砲した可能性が高いと考えており、雛見沢症候群が世間に露見することで歴史論争の勃発および真相の露呈を恐れたため。 また雛見沢症候群に対しても軍事利用が出来るかどうかが主であり治療については考えていない。 それどころか賄賂によって危険性のある薬物を向精神薬として認可させた結果、服用者が異常行動の末に自殺をするという「ローウェル疑獄事件」に関わっている事もほのめかされており、更に女癖も悪かった事も知られている事から決して善人・人格者とは言えないどころか かなりの極悪人である可能性が高い。 「東京」の人間で鷹野に終末作戦の実行を教唆した女性。 本名は不明。 鷹野には『野村』と名乗っているが別の人物には『舞沢』と名乗っていたり『高城』と呼ばれていたりする。 政府の高官に幅広いコネを持ち、官房長官席にさえ電話出来てしまう立場。 ダブルスパイ、トリプルスパイ的な動きをしているが、本人は特定の思想を持っていない 作中、中国を持ち上げている台詞がある事から親中派の差し金である可能性はある。 更に大災害後には自身に繋がる証拠隠滅のためのきなくさい工作を進めるものと思われる 鷹野殺害も含む が、それが彼女の手によるものかまでは不明。 真の黒幕にしてある意味では諸悪の根源なのだが、たまたま都合が良かったのが終末作戦というだけの話なので、目的に沿うなら善行でも何でも良かったと思われる。 そのため、悪人ではあるものの雛見沢症候群の研究によって小泉派 ひょっとしたら『東京』自体 が大ダメージを受ける事態さえなければ、 実のところ雛見沢症候群や雛見沢村に関して一切興味が無く村民にとっては何ら害の無い人物なので、大災害を阻止できた場合はリスクリターンの兼ね合いから以後村に手出しすることはほぼないと思われる。 本編においてはじめて雛見沢大災害が発生し、単語自体も登場。 圭一のみ、神社の境内で死亡している梨花を見つけたことによってL5を発症した沙都子に悶着の末橋から突き落とされたため大災害に巻き込まれず生存。 事後処理にあたっていた自衛隊に保護されるが、ガスによる肺水腫を起こし一時生死の境を彷徨ってしまう。 懸命な治療により回復するも、大量の村人の死体がぞんざいに扱われているのを目の当たりにした圭一の精神は完全に崩壊してしまい、同年8月の自殺未遂を機に医療機関に送致され表舞台から姿を消す。 そして同年11月に過激派新聞社の記者の取材を受け、その2日後に原因不明の高熱により死亡する。 また、全国に散った雛見沢系の遺族などが錯乱し自殺したり事件を起こす例が散見され、世間ではこれらの精神疾患を「雛見沢症候群」と名付けるのであった。 取材で学者たちによって大災害のシュミュレーションが行われ、本当に鬼ヶ淵沼からガスが発生した場合圭一が気絶していた川原にもガスが流れ込む=圭一が生き残る事が有り得ないという事が立証され、自然災害としては不自然な点が指摘されている。 なお、記者はその態度に腹を立てた圭一に水に溺れてで死ぬと予言されるのだが、その十数年後の平成7年に海難事故で命を落としている。 本編は昭和53年6月を舞台にした話だが、終盤でこの世界でも昭和58年に雛見沢大災害により村が全滅した事が明かされる。 主人公であるは梨花から54年からの連続怪死事件、ならびに自分が殺される事を予言されていたが、自分が殺された後雛見沢がどうなるのかまでは語られていなかった事への疑問が生まれる。 同時に大石から明かされた大災害に絡む捜査の一部始終や周辺の不可解な事情、梨花の殺され方とオヤシロ様信仰の繋がりなどから、この大災害はただの自然災害ではなく「オヤシロ様信仰を軸にした狂信的な集団の陰謀」ではないかという結論に至り、2人はこの災害の記憶が世間から風化されないよう、この災害の真実につながる情報を得る為連続怪死事件の一部始終などを綴った告発本「ひぐらしのなく頃に」を共著で出版した。 罪滅し編や鬼曝し編での大石や赤坂の出番は、この流れを経たものである。 雛見沢大災害を起こしているのは鷹野だという事をはじめ、大災害の全貌が本編でついに発覚。 それを阻止せんと梨花は方々に相談し部活メンバーや大石を味方につけるも、相手側の強大さの前では力が足りず山狗や鷹野によって梨花を除く全員が射殺され、梨花も鷹野によって腹部を裂かれて殺され、結局今まで通り雛見沢大災害は発生してしまうのだが、その内容が事細かに描かれている。 鷹野は梨花を殺害後、内閣総理大臣に決済を迫り緊急マニュアル34号の滅菌作戦を発令させた。 まず、山狗一派は雛見沢全域に硫黄系のガスを撒いて自然災害を装い、更に電話設備などに細工を施し外部との連絡手段を途絶し雛見沢を封殺、一般的な自衛隊などに扮して全村民を雛見沢分校や公民館などに避難させて窓を密閉した後、ドアの隙間から一斉に毒ガス缶を投げ込み村民たちを殺害。 窓を破って抜け出した村民は射殺した後「行方不明者」として始末、射殺痕のある死体が発見される事はなかった。 これにより雛見沢村民全員を災害被害者として葬ることに成功。 それに並行して滅菌作戦の仔細が漏れぬよう特定機密書類18点を搬出、入江診療所の地下区域に注水し扉を溶接する事で完全な証拠隠滅も図る。 解決編。 長きに戦いの末梨花はついに部活メンバーや大石らに加え、今まで接触出来なかった強大な者達すら味方につけ、彼らが力を合わせて奮闘する事で雛見沢大災害の発生を止めることができ、鷹野に打ち勝つ。 そこに至るまでの内容は詳しくは本編を読んで欲しいが、今までバラバラだった富竹や入江、赤坂などの大人組が一堂に会して団結し、とくにオヤシロ様の使いや疫病神など散々な言い方をされる大石蔵人が今迄の悪評を払拭するかの如く活躍する。 文字通り、誰かが欠けてもこの未来には辿り着けずメイン登場人物全員の活躍により梨花は念願の昭和58年7月を迎えることが出来た。 鷹野は自分の想定がことごとく外れていく事態にストレスを溜め続け最終的に雛見沢症候群を発症し、山狗の鎮圧に赴いた「番犬」部隊に逮捕されかかるも、富竹および入江の手によって療養の形で入江研究所に入寮することとなる。 賽殺し編 祭囃し編にて古手梨花はついに部活メンバーたち「仲間」と共に生きる未来を勝ちとることに成功する。 しかし、 鷹野は悪役としての立ち位置で描かれているものの、梨花が本当に欲しかった未来のためには彼女の存在がないと成り立たなかった。 巡り巡って沙都子の為に精神を乱したによる4年目の祟りやそれを経て『新しい風』が 早急に 必要という展開も無くなる可能性が高く、そうなると作中のタイミングでお魎が土地を分譲することもなくなり、圭一達も移住してこなくなる。 圭一が引っ越してこない事は、村の悪習を払う事が出来ず惨劇の土壌が保たれてしまう。 そもそも鷹野が雛見沢症候群の研究を引き継いで国に周知されなければ『東京』がダム計画を阻止する理由もなくなるため 、雛見沢そのものがダムの底に沈んでいた可能性も高い。 そのため、解決編のイメージソング「こころむすび」で梨花は鷹野にむけて「今度こそみんなで幸せになりましょう」と手を差し伸べている。 『』における雛見沢大災害 同一作者の姉妹編であり、当然別世界なので作中では登場自体はしない。 しかし、魔女ベルンカステルとラムダデルタの間で「雛見沢大災害」を巡る事件が彼女達が体験した「ゲーム盤」として語られてはいる。 ゲームマスターはラムダデルタで、対戦相手が恐らくと思われる。 この際、ラムダデルタと契約を交わしたのが田無美代子であり、彼女の「神になる」という絶対の意志に応え、「女王である古手梨花を殺す」という絶対の結末へと彼女を導く加護を与えたようだ。 さらに、古手梨花はフェザリーヌの駒であったが、フェザリーヌの記憶装置が故障し「羽入」としてゲーム盤に介入した際はその神性を失ってしまったため、あるべき勝利条件を導くことができないまま無限に殺され続けるゲームを繰り返す羽目となってしまった。 そして、「祭囃し編」においてラムダデルタが「ハンデ」を与えた結果逆転勝利し、フェザリーヌと梨花の勝利として決着。 しかし、あまりに長い間出口のないゲーム盤に閉じ込められた梨花は、その性格を歪められ「賽殺し編」において魔女の人格と決別したことを機に、冷酷非情な奇跡の魔女「ベルンカステル」が誕生したとされている。 なお、『うみねこのなく頃に』の物語自体が八城十八 と八城幾子 の創作である説が存在しているため、この話自体が作中設定なのかは定かではない。 祟殺し編の圭一の死亡は山狗無関係じゃないかな(放置期間が長すぎる) -- 名無しさん 2020-02-26 04:40:33• 鬼曝し編は大災害が起きてるだろ それが原因で惨劇が起きた設定じゃないか -- 名無しさん 2020-02-26 05:40:29• 憑落し編は魅音が圭一とレナに殺されてるから盥回し編と同じで結末ではないぞ -- 名無しさん 2020-02-26 05:46:24• これ、雛見沢症候群の記述をメインにするか、そっちを別項目に分けた方がいいような。 あと阻止する祭囃しと澪尽しの評価とかも必要な記述かというと -- 名無しさん 2020-02-26 06:49:29• 六軒島爆発事故の項目も作ってほしいな -- 名無しさん 2020-02-26 08:51:02• 結局週末作戦決行後は鷹野も暗殺されてるらしいし、山狗も始末されてそうだから祟殺し編の圭一の死は本当に偶然なんじゃないかな -- 名無しさん 2020-02-26 11:25:48• 他の『東京』に処理されたっぽいメンバーは心不全だったのに圭一だけ熱だしな。 いやまあ心不全じゃなきゃいけないルールがあるわけでもないが -- 名無しさん 2020-02-26 14:01:03• 語咄し編だと週末作戦決行後の鷹野が描かれてるな -- 名無しさん 2020-02-26 14:46:26• 途中送信失礼 結局、本来の目的だった「高野一二三の名を残す」はできず小此木と共に閉鎖された村に戻り自殺 鷹野の死を見届けた小此木も暗殺されたというオチだったが -- 名無しさん 2020-02-26 14:50:41• 語咄し編はアンソロジー集だからなー。 ただ本編でも作戦の成否に関わらず処理されてそうな気はする -- 名無しさん 2020-02-26 15:09:31• 六軒島の方は項目タイトル自体が盛大なネタバレになるんじゃ?完結から10年とはいえ… -- 名無しさん 2020-02-26 16:06:44• 猫殺し編だっけか、この大災害の前振りみたいな話あるよな。 -- 名無しさん 2020-02-26 17:12:04• >「竜騎士先生はこの時期では雛見沢症候群及び大災害自体考えてなかったよ派」 やめて差し上げろ -- 名無しさん 2020-02-28 00:14:09• ひぐらしはバイオハザードだった? -- 名無しさん 2020-02-29 03:38:30• 2020年版ひぐらしで野村が出てくるなら、深堀してほしい。 -- 名無しさん 2020-04-25 10:41:20.

次の