ソト なん j。 NPB NEWS@なんJまとめ : ベイスが中日からブランコ・ソト・ソーサを一気に強奪した時wwwwwwwwwwww

NPB NEWS@なんJまとめ : ベイスが中日からブランコ・ソト・ソーサを一気に強奪した時wwwwwwwwwwww

ソト なん j

開幕時の打順について「いろいろ試してきたが、今日の並びが基本のラインアップになってくると思います」と明言した。 入れ替えながら試行錯誤してきた部分がついに固まった。 2番に2年連続本塁打王のソト、3番にオープン戦で12球団最多タイの4本塁打を放ち、再開後の練習試合9戦で3発を放った新助っ人を配する構えだ。 指揮官は「(積極的な)ソトは四球を選ぶタイプではないが、オースティンは選球眼もいい。 仮に1、2番でツーアウトになっても、オースティンが出塁する確率が高いから(4番)佐野で点を取ることが可能になる」とプランを描いた。 1番梶谷が好調を維持し、佐野も尻上がりに調子を上げる。 さらに5番ロペス、6番には宮崎が控える充実ぶり。 DeNAの超強力打線が、セ界のライバルたちの脅威となりそうだ。 NPBとKBOで注目すべき選手をピックアップし、その中でDeNAのネフタリ・ソト内野手の名前が挙げられている。 2018年からDeNAに加入したソトは1年目にいきなり41本塁打を放って本塁打王を獲得。 昨季も43本塁打で2年連続の本塁打王になっただけでなく、108打点で打点王にも輝き2冠を手にしていた。 2018年シーズンの途中に2年契約を結んでおり、今季がその最終年となる。 「トレード・ルーマーズ」の記事では「今季終了後のオフシーズンのFAを見据えると、ネフタリ・ソトは覚えておくべき名前かもしれない。 この打撃面での成績と守備の万能性をもってすれば、彼ならオフシーズンにMLB球団から注目を浴びることになり得るだろう」と指摘。 オフのマーケットで注目株になる可能性があるとしている。 コメント数:• カテゴリ:• by De速.

次の

DeNAソト獲得時のなんJ民の反応をごらんください :非常識@なんJ

ソト なん j

開幕時の打順について「いろいろ試してきたが、今日の並びが基本のラインアップになってくると思います」と明言した。 入れ替えながら試行錯誤してきた部分がついに固まった。 2番に2年連続本塁打王のソト、3番にオープン戦で12球団最多タイの4本塁打を放ち、再開後の練習試合9戦で3発を放った新助っ人を配する構えだ。 指揮官は「(積極的な)ソトは四球を選ぶタイプではないが、オースティンは選球眼もいい。 仮に1、2番でツーアウトになっても、オースティンが出塁する確率が高いから(4番)佐野で点を取ることが可能になる」とプランを描いた。 1番梶谷が好調を維持し、佐野も尻上がりに調子を上げる。 さらに5番ロペス、6番には宮崎が控える充実ぶり。 DeNAの超強力打線が、セ界のライバルたちの脅威となりそうだ。 NPBとKBOで注目すべき選手をピックアップし、その中でDeNAのネフタリ・ソト内野手の名前が挙げられている。 2018年からDeNAに加入したソトは1年目にいきなり41本塁打を放って本塁打王を獲得。 昨季も43本塁打で2年連続の本塁打王になっただけでなく、108打点で打点王にも輝き2冠を手にしていた。 2018年シーズンの途中に2年契約を結んでおり、今季がその最終年となる。 「トレード・ルーマーズ」の記事では「今季終了後のオフシーズンのFAを見据えると、ネフタリ・ソトは覚えておくべき名前かもしれない。 この打撃面での成績と守備の万能性をもってすれば、彼ならオフシーズンにMLB球団から注目を浴びることになり得るだろう」と指摘。 オフのマーケットで注目株になる可能性があるとしている。 コメント数:• カテゴリ:• by De速.

次の

DeNAソト獲得時のなんJ民の反応をごらんください :非常識@なんJ

ソト なん j

開幕時の打順について「いろいろ試してきたが、今日の並びが基本のラインアップになってくると思います」と明言した。 入れ替えながら試行錯誤してきた部分がついに固まった。 2番に2年連続本塁打王のソト、3番にオープン戦で12球団最多タイの4本塁打を放ち、再開後の練習試合9戦で3発を放った新助っ人を配する構えだ。 指揮官は「(積極的な)ソトは四球を選ぶタイプではないが、オースティンは選球眼もいい。 仮に1、2番でツーアウトになっても、オースティンが出塁する確率が高いから(4番)佐野で点を取ることが可能になる」とプランを描いた。 1番梶谷が好調を維持し、佐野も尻上がりに調子を上げる。 さらに5番ロペス、6番には宮崎が控える充実ぶり。 DeNAの超強力打線が、セ界のライバルたちの脅威となりそうだ。 NPBとKBOで注目すべき選手をピックアップし、その中でDeNAのネフタリ・ソト内野手の名前が挙げられている。 2018年からDeNAに加入したソトは1年目にいきなり41本塁打を放って本塁打王を獲得。 昨季も43本塁打で2年連続の本塁打王になっただけでなく、108打点で打点王にも輝き2冠を手にしていた。 2018年シーズンの途中に2年契約を結んでおり、今季がその最終年となる。 「トレード・ルーマーズ」の記事では「今季終了後のオフシーズンのFAを見据えると、ネフタリ・ソトは覚えておくべき名前かもしれない。 この打撃面での成績と守備の万能性をもってすれば、彼ならオフシーズンにMLB球団から注目を浴びることになり得るだろう」と指摘。 オフのマーケットで注目株になる可能性があるとしている。 コメント数:• カテゴリ:• by De速.

次の