鷹取 山 ハイキング コース。 神武寺・鷹取山ハイキングコースを歩いてみた全記録

神武寺・鷹取山ハイキングコースを歩いてみた全記録

鷹取 山 ハイキング コース

瀬戸神社 治承4年(1180)創建、祭神は、大山祇命ほか。 この地は入海の瀬戸で干満時に急流となり、海上交通の難所であったため、5〜6世紀頃から海神を祀っていたそうです。 源頼朝が挙兵に際して戦勝を祈願して、伊豆三島明神を勧請したのが瀬戸神社の始まりだそうです。 その後、北条氏や関東管領足利氏の崇敬を受け、徳川家康も慶長5年(1600)に自ら参拝し、百石の社領を寄進したそうです。 現在の社殿は、寛政12年(1800)建立の権現造り。 鎌倉時代から伝わる多数の文化財が保存されており、なかでも源実朝が使用し、母の北条政子が奉納したといわれる舞楽面二面(抜頭面と陵王面)が国の重要文化財に指定されています。 (横浜金沢観光協会HPより)• morino296さん、こんばんは。 台風接近中ですが、そちらはいかがですか? 今のところ、私の方面は天気予報の割には静かです。 今日(15日)も、本当は朝から大雨のはずが、昼頃にはよく晴れてきて、洗濯物も外に干せるほどの暑い日となりました。 明日は一日中降るということになっていますが、さて?といったところです。 前置きが長くなりました。 さてこの鷹取山の磨崖仏ですが、お顔がインドの仏像のようですよね。 新羅系とか百済系ではなくて、エキゾティックなお顔が意外な感じがしました。 鎖場もある鷹取山ハイキング、けっこう大変そうですね。 途中大きな石もたくさんあるようですが、何か謂われなどはないのでしょうか? ついつい出雲の巨石を思い出してしまいまして。。。 鷹取山は石も切り出されていたのですね。 まだまだ夏の名残の濃い時期に、かなりの運動量になりましたね。 前日光さん おはようございます。 いつも有難うございます。 数十年に一度の大雨だそうですね。 テレビでは、京都の桂川が氾濫の様子が流れていますが、 大変なことになっていますね。 関東は、まだこれからでしょうから、注意が必要ですね。 鷹取山の磨崖仏は、確かに、エキゾチックな顔をされていますね。 白金の松岡美術館で見たガンダーラの仏像の顔と似ている気がします。 鷹取山については、ほとんど知らなかったので、少し調べてみましたがすが、 石切場跡でその山容が妙義山に似ていることから「湘南妙義」とも呼ばれているそうです。 ここから切り出される凝灰岩は塀などに利用されていたそうですが、 関東大震災により多くが倒壊したことや、 輸送に利用していた鷹取川が隆起のため航行が困難になったことから、 石材の切り出しは廃れていったようです。 ハイキングコースが整備されたのは昭和30年代に入ってからで、 昭和40年以降に、住宅地が開発され、 岩場のみが公園として残されたそうですから、 出雲の巨石のような謂れは、見当たらないようです。 暑い中でしたから、追浜からそのまま帰ればよかったのですが、 欲張って金沢八景まで歩いてしまい、ちょっときつかったです。 神武寺ではイワタバコの群落があるんですか、 今回は訪問時期が少し遅かったようで、見られなかったんですね。 今も山岳信仰の面影を伝える古刹、その雰囲気が伝わってきます。 ナンジャモンジャの大木、花の時期なら真っ白になるんでしょうね。 鷹取山へ向かう登山道、変化に富んでますね。 なんか危なっかしいようなところもあり、大きな岩が存在 山頂は青空が眩しいほど、見晴らしもいいですね。 表紙にもされた鷹取山の磨崖仏 大きさはどれぐらいなんでしょう、微笑んでおられるように見えます。 暑い中の散策、でも気持ちよかったんじゃないでしょうか。 いつも有難うございます。 竜巻や雷雨など、荒天が続いていましたが、 ようやく平年並みの気温になってきたようです。 神武寺は、これまで全然知らなくて、今回いろいろ調べて分かったことばかりです。 イワタバコは、鎌倉の東慶寺が有名ですが、神武寺にも群生しているようです。 湿気の多い岩場が適しているそうですが、正にそんな環境でした。 イワタバコやナンジャモンジャの花が咲く時期に合わせて、再訪してみたいです。 鷹取山のハイキングコースは、小学生でも大丈夫なようですが、 それなりに変化に富んでいました。 一人で歩くのは、何かあった時に困るので、ちょっと緊張しますね。 磨崖仏は、弥勒菩薩尊像で高さ約8m、幅約4.5mだそうです。 別に、釈迦如来像の磨崖仏もあったのですが、鷹取小学校建設のために破壊されたそうです。 ちょっと暑い中でしたが、展望台からの眺望も楽しめて良かったです。 morino296.

次の

鷹取山お気軽ハイキング

鷹取 山 ハイキング コース

この本はルートや所要時間が詳細に書いてあるので、登山計画を立てる手間が省け重宝してます。 今回はこの本に載ってるコースを忠実に歩きます。 「神奈川県の山」に掲載されている登山データは、以下のような感じです。 参考コースタイム:2時間5分• コースの距離:5. 0km で、実際自分が歩いてみたところ、 コースタイムは2時間11分、 歩行距離は5. 68kmでした。 詳細はに載せてあります。 歩行距離が比較的短く、低山だし住宅地の近くの山なので、初心者でも安心して歩けるでしょう。 ではレポートに行ってみます! 鷹取山ハイキング・レポート まずはスタート地点の京急逗子線「 神武寺駅」に到着! やはり金沢八景駅を通過してここまで来ると緑が多くなりますね。 ハイキング開始 〜 池子石の石切場跡 ではハイキング開始。 まずは線路沿いの道を北東に歩いて行くと、逗子中学校の手前を右に入れる道があるので、そこを行きます。 そこにハイキング・コースの道標がありました。 イノシシが出没するようなので注意。 で、しばらくこの道を歩いて行くと特別養護老人ホームがあり、その脇道から山の中に入って行きます。 すると、いきなり石切り場跡を発見! ここは 池子石の石切場跡と呼ばれています。 鷹取山のとはまた別なようですね。 このように、鷹取山周辺には石切り場跡が多くあることから、ハイキングコース上にも岩場や巨石が多く見られます。 では次は神武寺へ。 神武寺 ということで山道を歩き続け、少々登って行くと 神武寺に到着しました! 写真はお寺の鐘ですが、ここは「 神武寺の晩鐘」として 逗子八景の一つになってるそうです。 そして、神武寺と鷹取山は かながわ景勝50選に選ばれてます。 その碑がここにありました。 ちなみに、神武寺本堂は関係者以外立ち入り禁止のため、近くで見れませんでした・・・。 が、この先には 神武寺薬師堂があります。 そこの立派な山門。 そして下の写真が 神武寺薬師堂。 この周辺の雰囲気は結構パワースポット感あります! 鷹取山へ そしてこのお堂の左側に石段があり、ハイキング・コースが続いてます。 そこを登って歩いて行くと巨石の世界。 岩の上を歩くことが多いので、雨上がりの後は注意が必要。 コケが生えてる箇所は特に滑りやすくなるでしょう。 少しコースを外れて岩の上に登ってみたくなりますが、危険な場所もあります。 くれぐれも落ちないよう気をつけましょうね。 さすがにこの岩の先端に立つ勇気はなかった・・・(汗) コース上に眺めが良い場所もあるのですが、この周辺は送電線がすごいな・・・。 コース上には一部補助的な鎖場もあります。 で、この先が鷹取山です。 鷹取山と展望 ハイキングコースをそのまま行くと、鷹取山公園の広場に出るのですが、自分は鷹取山の裏側から山頂に登ってみました。 その登ってる途中の眺め。 おお!絶壁すごい!! 山自体の高さはそれほどないので、すぐ登れてしまいます。 山頂には「立入り禁止」の看板が。 この崖の下では、クライミングしてる人がいる可能性がかなり高いです。 石などを下に落とさないためにも、この先には行かないようにしましょう。 で、山頂の展望台に着きました! 鷹取山山頂、標高139m。 低山ではありますが、ここからの展望が素晴らしいのです!横浜市方面の眺め。 こちらは東京湾方面。 さらに東側には別の石切場跡が見えますね。 あと西側には富士山も見えますが、送電線が・・・。 では展望台での眺めを楽しんだので、下に降りてみましょう。 鷹取山山頂はこんな感じの岩山になってるのですね。 で、その絶壁ではフリークライミングをしてる人達がいました。 おお!これは楽しそう!!その様子の全天球写真を貼っておきます。 ちょっと離れての撮影になりましたが(汗) ちなみ一般の人の岩登りは禁止されているそうなのでご注意を。 岩登りをするには、鷹取山安全登山協議会に登録し、届出が必要だそうです。 ここ以外にも、周辺には石切りされた山がいくつかあります。 この岩肌の穴はクライマーさんが作ったのでしょうか?あと、さらに奥にある岩山も素晴らしいです! こちらもすごい絶壁! 全天球写真でご覧ください! こんな感じで周辺は鷹取山公園として整備されていて、独特の形状をした岩山が見て回れます!ここだけでも見に来ると結構楽しめると思いますよ。 下山 〜 京急田浦駅 では下山開始。 帰りは京急田浦駅に向かうので、その標識に従って歩いて行けば大丈夫です。 こちらの下山道は地味な道です。 途中の分岐で尾根道を外れて浜見台方面に行きます。 その先での眺め。 左が鷹取山ですね。 こんな感じで、鷹取山は住宅地の裏山みたいなところにあります。 あと写真を見ると、右の山の山頂にも石切りされた岩山がありますね。 こっちも行ってみれば良かった・・・( 前浅間という山だそうです)。 最後は激坂の住宅地を下って、京急田浦駅に到着。 これにてハイキング終了! 感想とまとめ 鷹取山は低山ではありますが、こんな展望の良い石切りされた岩山が、横浜市の近くにあるとは思いませんでした。 歩行時間は2時間ちょっとなので、東京からでも気軽に行けそうですね。 岩場好きな自分としてはオススメの場所です! Mitchie M の最後に一言: 初音ミクが人間のように歌う曲を作る音楽家。 名前の読みは「みっちーえむ」。 2011年に動画投稿した2作目『FREELY TOMORROW』が、まさかのボカロ音楽史上最速(当時)で100万再生を達成。 VOCALOIDの魅力に目覚めこの道へ。 2013年にメジャー1stアルバム『』を発表。 ウィークリー6位を記録。 2019年11月6日に2ndアルバム『』をリリース。 また、劇場版『新幹線変形ロボ シンカリオン 神速のALFA-X』で発音ミクのボーカルアレンジも手がけている。 の登録者数は20万人を突破。 中国の人気動画サイトのチャンネル登録者数も10万人を越えている。

次の

鷹取山お気軽ハイキング

鷹取 山 ハイキング コース

出典: 鷹取山のもう一つ特徴的なのが、岩に彫られた巨大な磨崖仏。 高さ約8m、幅約4. 5mのこの弥勒菩薩尊像は、横須賀市の彫刻家・藤島茂氏が約1年をかけて製作した作品です。 ちなみに、以前は釈迦如来像も存在していましたが、地元の学校建設のため取り壊されています。 間違えやすい!?全国各地にある「鷹取山」 「鷹取山」と名前がつく山は、実は他にもたくさんあります。 今回ご紹介する鷹取山に近い神奈川県大磯町には標高230mの鷹取山、福岡県久留米市にも鷹取山があり、さらに読み方が同じ「高取山」も数多く存在します。 情報や行き先を調べる際には間違えやすいので注意しましょう。 鷹取山の天気 事前に週間予報など天気情報をチェック!天候や気温にあわせて服装や持ち物を確認しておきましょう。 鷹取山のおすすめハイキングコース 鷹取山の代表的なハイキングコースをご紹介します。 特徴や距離、時間、難易度をチェックしてみましょう。 人気の神武寺・鷹取山ハイキングコースを巡ってみよう! 鷹取山公園からは景色が開け、パノラマが広がります。 公園内は、岩壁や磨崖仏、展望台など見どころが満載。 充分に鷹取山を楽しんだあとは、来た道を戻り神武寺へ。 神武寺から表参道へと進み、ゴールの東逗子駅を目指します。 今回ご紹介した代表的なコースの他にも、鷹取山公園からさらに東へ進み、京急田浦駅や追浜駅に向かうなど様々なコースがあります。 ぜひ自分にピッタリのコースを見つけてみましょう。 鷹取山ハイキングへのアクセス・駐車場情報 ご紹介した鷹取山へのアクセス・駐車場の情報をご紹介します。 鷹取山ハイキングの起点となる神武寺駅や東逗子駅の周辺には大型駐車場が少ないため、神武寺駅西側の池子の森自然公園駐車場を利用すると便利です。 神武寺駅へのアクセス 【車の場合】 池子の森自然公園駐車場 神武寺駅西側にある池子の森自然公園(いけごのもりしぜんこうえん)の駐車場。 鷹取山ハイキングコースに向かうには、公園を出てから京急線路を渡り神武寺駅へ。 鷹取山・神武寺ハイキングコースの案内が設置してあるので参照。

次の