スイミング スクール 自粛。 上越正和スイミングスクール

木幸スポーツ|大阪府、奈良県を中心のスイミングスクール、スポーツクラブ

スイミング スクール 自粛

新型コロナウィルスが、千葉県のスポーツクラブまで蔓延している模様です。 濃厚感染者600人、陽性反応の人が数人出ています。 ぞっとすることですが、もし、スイミングスクールで、生徒とコーチや事務員などが集団感染したらどうしますか。 スイミングスクールの生徒が幼児から中学生までがほとんどで、コーチや事務員は大人です。 こういうことが起きてしまうと、濃厚接触者がスイミングスクールの職員や通っている生徒全員に及びます。 ここに通っていた生徒が学校へ行くことができなくなってしまいます。 最悪の悲劇になるのは間違いありません。 もし、集団感染してしまうと、スイミングスクールのプールの水を全部抜いてスクール内を入念に消毒・清掃しなければならなくなります。 その費用も、莫大な費用になると思います。 下手すれば、運営ができなくなってしまい、スイミングスクール破綻まで出てしまうかもしれません。 もし、スイミングスクールで新型コロナウィルスが集団感染したらどうするんですか? ご質問の内容からすると、感染者が入ったプールに入ると感染するかということでしょうか? 現実的にはプールの水くらいの大量の水で薄まってしまえば感染の恐れは限りなく小さいと考えて良いでしょう。 一般論としては、ウイルス一つが体内に入ると即座に感染するというものではないでしょう。 極小量のウイルスであれば自己免疫力でウイルスを退治してしまうはずです。 一定量のウイルスが体内に入り自己免疫力で退治しきれない場合に感染するものと思います。 もちろんプール以外の要因、たとえば更衣室での接触やシャワーなどでの接触などで感染の可能性は十分にありえるでしょう。 個人的には、トレーニングジムにおける各種器具の持ち手や座面などへの接触による感染の方がよほど感染リスクは高いと思います。

次の

【スイミング】千葉県・埼玉県・神奈川県の自粛要請の解除

スイミング スクール 自粛

「」、「」も動画で紹介していますので、ご覧ください。 さて、日本政府は緊急事態宣言を39県で解除し、新潟県の休業要請も解除されました。 それを受けて5月20日(水)より営業を再開いたします。 営業再開日 5月20日(水)より 営業再開に伴うコロナウィルス対策• 熱、せきのある方は、お休みください。 入退館時は、入口で手指の消毒をお願いします。 入退館時、館内、更衣室では、原則会員及び父兄の皆様にマスクの着用をお願いします。 (乾燥室、プール内はマスクなし)• ギャラリーでは、ソーシャルディスタンスを開けてお座りください。 出来れば車で待機願います。 ギャラリーの換気を適時行います。 来校時、水着を着けておいでください。 混雑を避けるため、体操の5分前を目安に来校ください。 体操時間が心配な方は、入水前5分前を目安に来校ください。 混雑を避けるため、退水時間をずらして授業を行います。 タオルの使い回し、間違いに注意してください。 体温を計らせていただくことがあります。 成人会員の方は、18日は休講とさせていただきます。 営業再開に伴う会費の扱いについて• 4月22日(水)から5月18日(月)までの臨時休館日を1ヶ月分(5月分)とし5月20日(水)から31日までのレッスンは4月分(4月22日(水)から30日(木))のレッスンにさせていただきます。 5月分の会費(月会費・休会費)はいただきません。 すでにいただいている5月分は、6月分に充当させていただきます。 5月26日の引落し(6月分)はありません。 5月休会の方は、次の引落の時に精算いたします。 6月休会、5月末退会、6月クラス変更は、5月31日まで受付いたします。 4月22日(水)から5月18日(月)までの臨時休館日の振替えはありません。

次の

コロナ子供のスイミングスクール再開いつから?大丈夫か不安な現状調査!

スイミング スクール 自粛

本日、25日に首都圏でも緊急事態宣言が解除の見通しです。 千葉県・埼玉県・神奈川県における自粛要請の段階的な解除の手順をまとめました。 ・千葉県 A、B、C、Dの4つの区分に分けて、5月22日からおおむね1週間ごとに検討を行い、施設の使用停止要請の段階的な解除を進める。 第一段階として、図書館などのA区分は22日から解除済み。 その後、第二段階として、大学や自動車学校などのC区分を、おおむね1週間後に検討。 (第二段階は、25日に緊急事態宣言が解除されれば、1週間を待たずに解除の検討) 水泳場はC区分となり、おおむね2週間後。 スポーツクラブはDの区分は、当面休業要請を続け、で三段階目の解除後に、県内の感染状況や近隣都県の状況、国の動向を踏まえて判断する。 施設再開に当たってはマスクの着用など感染防止策を徹底し、「3密」を避けられないイベントについては主催者に中止や延期を要請することを施設側に求める。 ・埼玉県 博物館や美術館、図書館の休業要請は22日までに解除されました。 埼玉県では、会員制スイミングスクールは水泳場に分類されます。 水泳場などの運動施設は、 〇60日連続で感染経路となっていないこと 〇集団感染を除いた1週間の感染者数が20人以下 〇感染経路のわからない感染者の割合が25%未満 〇重症者用の病床の使用率が50%以下 〇東京都の感染者数が1週間で100人以下となった場合に解除が検討されます。 ・神奈川県 2段階で、自粛要請が解除される。 ステップ1では、25日に緊急事態宣言が解除されたとして、全業種で27日の午前0時に休業要請を解除。 ) ステップ2では全ての事業者で時短営業が解除され、中規模のイベントから順次開催できるとしていて、ステップの移行は状況を見て判断する。

次の