リアルタイム ナウファス。 防災気象情報リンク集

リアルタイムで波高が分かるあのサイトがリニューアル「リアルタイムナウファス」

リアルタイム ナウファス

雨が降る時期や冬の荒れる日・・・・波も高くなりますが せっかくの休日に海に行けないなどストレスで 波が高くても取りあえず海に向かってしまう人も多いのではないでしょうか? 自分が参考にしている波情報は リアルタイムで波高を知ることが出来るので、最寄りの観測地点から 波を予測する訳ですが、このデータではサーフの実際の波高など 分かる訳はない。 しかし今から波が上がるのか下がるのかは予測可能で 街中では風もなく波も収まるだろうと思っていても、数時間後には 波が上がっていることもあるので必ず釣りに行くときは目を通しています。 一番上部にはどの方角からの波か矢印で分かるし、グラフなので一目で 波高が分かりますね! 福井県サーフの場合は、基本1. 8m付近を超えると釣りにならない状況になります。 釣りに行く前日夜に、落ちてくる波の高さが、1,5m程度だと 朝マズメ行く予定をしますが、少しでも波高が上がってきていれば、朝マズメは諦めます。 福井県嶺北地方サーフの場合、図の赤丸辺りに波が収まらないと釣りになりませんので 前日夜に見た時には2m近くの波高(黒丸の部分)だったので朝はゆっくりして 起きてからお昼頃からしか(赤丸の部分)釣りにならないのを確認して出かける感じです。 これはあくまでも予測の範囲なので季節や急な天候の変化がある場合は その時点で撤収前提で釣りをします。 予測ではこれ以降も波は下がるはずだ!と決めつけてしまうと事故に巻き込まれるので 危険と感じたときは勇気ある撤退をしましょう。 これも日によって違いますが、サーフでセットの大きな波が来た時には 観測されている波よりも50~80㎝程度大きな波も来ます。 安全装備のライフジャケットは必ず装着し いつもの釣りをする立ち位置よりも5,6歩下がって安全な釣りを楽しんでください!.

次の

港湾:港湾の中長期政策「PORT 2030」 (平成30年(2018年)7月31日公表)

リアルタイム ナウファス

本研究が目指したこと 波浪予測値の利用価値 波浪予測は、その予測のリードタイム 予測工程に着手してから全ての工程が完成するまでの所要期間 、予測期間、利用目的によって予測値の利用価値が決まります。 大型船の運行や、ケーソン据付等の港湾・海洋工事に対しては3~4 日先の海象状況によってそのスケジュールが予定されます。 海水浴・サーフィン・ヨット等の海浜・海域利用では2~3日先の海の状況によって外出するかどうかの判断がなされます。 漁業においては、当日や刻一刻と変化する海の状況に応じて、常に安全策を講じなければならなりません。 研究の背景 災害発生時あるいは災害が予想される時点において、波浪がどのような状況になっており、これからどの程度継続するか、どのように変化するか、現在および数時間先の状況を把握するためのリアルタイムな波浪実況解析・予測が求められます。 しかし、緊急時の速やかな状況把握の基本となる実況観測値については、国内最大の波浪観測網である国土交通省による全国港湾海洋波浪情報網(ナウファス)でさえも、観測機器は全国55ヶ所(2019年時点)しか稼働されていません。 気象庁の沿岸波浪計が設置されているのは6ヶ所(2019年時点)のみです。 観測点がない場所については、現況を把握する術がありません。 観測機器がなくても波浪状況を把握する 本研究は、観測機器が設置されていない地点においても、波浪状況がリアルタイムで把握することが可能となり、かつ数時間先の状況まで把握できる予測システムを目指したものです。 当社のリアルタイム波浪予測とは リアルタイム波浪予測に求められることは、予測精度が高いこと、予測にかかるリードタイム 予測工程に着手してから全ての工程が完成するまでの所要期間 が短いこと、予測値が最新の波浪実況解析値(初期値)を基に最新の風情報により修正されて更新され続けることです。 従来の「リアルタイム波浪予測」と呼ばれている技術は、観測と予測のシステムが別個になっているため、過去のある時刻に出された予測値が最新の観測値で自動的に補正されるような連携は図られていません。 そのうえ、予測のリードタイム 予測工程に着手してから全ての工程が完成するまでの所要期間 が長く、波浪予測情報は1日に2回しか更新されず、真のリアルタイム予報ではありませんでした。 当社のリアルタイム波浪予測は、当社独自のノウハウによりこれらの問題を解決ただけでなく、運用面やユーザの利用面まで考慮した、より実用的なリアルタイム波浪予測を実現させたシステムです。 波浪計よりも安定した情報提供が可能 波浪計は、風浪による故障、通信機器の不具合、老朽化などで配信停止の事態が起こることがあり、復旧には数ヶ月から数年かかる例がめずらしくありません。 実際に、国内最大の波浪観測網(ナウファス)でさえも、常に数か所から十数ヶ所の波浪データの配信が止まっているのが現状です。 しかも故障や不具合の多くは、波浪情報が特に必要な「しけ」のときに起きています。 一方、当社のリアルタイム波浪実況解析・予測は、インターネット回線が長時間断線するというほとんど起きることのない事態が起きない限り、情報配信が何日も停止することはありません。 プログラムの破損やサーバの故障が起きたとしても、バックアップで速やかに復旧させることができます。 ekouhou. netの下記URLより特許全文が確認できます。

次の

全国港湾海洋波浪情報網(ナウファス)

リアルタイム ナウファス

敦賀湾の立石沖及び福井港石油備蓄基地の沖合の海底には、波高・波向を観測する「海象計」が設置されています。 海底には、観測機械とケーブルが設置されています。 付近を航行する船舶は、注意してください。 なお、観測データはインターネットで公開されています。 () 敦賀港海象計設置位置• 設置水深 : 約51m 福井港海岸海象計設置位置• 設置水深 : 約36m 海中に設置された海象計(幅 4. 7m 八角形) 海象計のセンサー部 設置イメージ ナウファス ナウファス(全国港湾海洋波浪情報網 : NOWPHAS : Nationwide Ocean Wave information network for Ports and HarbourS は、 国土交通省港湾局、各地方整備局、北海道開発局、沖縄総合事務局、国土技術政策総合研究所および独立行政法人港湾空港技術研究所の相互協力のもとに構築・運営されている我が国沿岸の波浪情報網です。 平成17年現在、全国の60地点で観測された沿岸波浪情報は、リアルタイムで港湾空港技術研究所に収集され、集中処理・解析が行われています。 ナウファス波浪観測情報は、気象庁による波浪予報に活用され海の安全に貢献するとともに、蓄積された長期間のデータの統計解析を通じて、 港湾・海岸・空港事業の計画・調査・設計・施工をはじめとした、沿岸域の開発・利用・防災に、幅広く活用されています。

次の