メルペイスマート払い 注意点。 メルペイスマート払いの延滞!滞納は絶対にやめよう!

【メルペイ】銀行口座の登録方法とメリット!対応する銀行口座一覧

メルペイスマート払い 注意点

メルペイに銀行口座を登録するメリット メルペイに銀行口座を登録するメリットは、下記の通りです。 それぞれのメリットについて詳しく紹介します。 メルカリ売上金の振込申請期限(有効期限)がなくなる 銀行口座の登録をしない場合、 メルカリの売上金は180日間の振込申請期限 有効期限 が設けられています。 期限を過ぎてしまうと売上金が失効してしまうため、期限内に忘れずに振込申請を行う必要があります。 振込申請期限 有効期限 をなくすためには、「お支払い用銀行口座を登録」または「アプリでかんたん本人確認」が必要です。 お支払い用銀行口座を登録すると、自動的に売上金がメルペイ残高になるため、有効期限を気にする必要がありません。 メルカリでの売上金がたくさんある人は、銀行口座からチャージすることなく、メルペイでそのまま決済できます。 お支払い用銀行口座は、振込申請口座とは異なり、別途登録が必要です。 ポイント交換の手間がなくなる 銀行口座登録しない場合、メルペイにチャージをするためには通常、売上金1円を1ポイントにポイント交換 購入 が必要ですが、 銀行口座を登録するとわざわざポイントを購入しなくても直接チャージが可能です。 通常購入したポイントには365日間の有効期限が設けられていますが、メルペイ残高には有効期限がないため、有効期限を気にせずに使えるようになる点も嬉しいポイントです。 銀行口座から手数料無料で残高チャージができる 銀行口座を登録しない場合、通常メルカリ売上金をポイントに変えてメルペイ残高にチャージを行いますが、 銀行口座を登録しておくと、銀行口座から残高チャージが可能です。 手数料無料で銀行口座から直接メルペイ残高にチャージができるので、メルペイでの支払いを積極的に活用したいと考えている人は口座登録がおすすめです。 メルカリ売上金をメルペイ残高に直接チャージする場合、銀行口座登録でなく「アプリでかんたん本人確認」でも可能ですが、銀行口座からのチャージは銀行口座を登録しないとできないので注意してください。 メルペイのチャージ方法について詳しくは下記の記事をご覧ください。 メルペイに銀行口座を登録する方法 メルペイに銀行口座を登録する方法を下記の項目ごとに紹介します。 メルペイ対応する銀行口座一覧 メルペイのお支払い用口座として登録できる銀行口座はメガバンクや信用金庫から、ネット銀行や地方銀行など幅広く対応しています。 下記の表は対応している銀行口座の一例です。 例えば、信用金庫はいずれの銀行も登録をしてからチャージができるようになるまで、2営業日がかかります。 メルカリの登録時に設定している銀行口座は、メルカリで販売した売上金を振り込むための銀行口座となります。 メルペイ残高にチャージを行うためのお支払い用口座は別途設定が必要となるため注意してください。 登録する銀行口座は振込申請用の口座と同じ口座を設定しても、違う口座を設定してもどちらでも問題はありません。 銀行口座を登録・追加する手順 メルペイに銀行口座を登録する手順を紹介します。 登録できる銀行口座は、 本人名義かつ1つの銀行につき1口座のみ可能です。 メルペイに銀行口座を登録するには下記の手順で行えます。 メルカリアプリを起動し下部のメニュー「メルペイ」を選択する• 「お支払い用銀行口座の登録」を選択する• 「銀行口座を登録する」を選択する• 登録したい銀行を選択して「同意して次へ」を選択する• 「銀行口座の登録」画面で名前や口座番号などを入力する• 銀行サイトへ移行し登録作業を完了させる• メルカリアプリで4桁のパスワードを入力して登録完了 メルペイでは銀行口座を登録する際に、銀行口座の暗証番号の登録が必要です。 暗証番号を入力すると聞くと、安全面やセキュリティ面で不安を感じる人もいるかと思いますが、暗証番号を入力するのは銀行サイト上での手続きとなります。 メルペイ側に暗証番号を登録するわけではないので、メルペイから暗証番号が流出する危険性はありません。 銀行口座を複数口座登録する場合、メルペイアプリの下部メニュー「メルペイ」>「メルペイ設定」>「銀行口座」で利用したい銀行口座を選択できます。 銀行口座を削除する手順 メルペイに登録した銀行口座を削除したい場合の手順は下記の通りです。 メルカリアプリを開き下部メニューの「メルペイ」を選択する• 画面下部の「メルペイ設定」から「銀行口座」を選択する• 画面右上の「編集」ボタンを選択し、銀行口座を選択して削除する 削除した銀行口座を再度登録したい場合には、最初に登録した方法と同じように登録をやり直してください。 メルペイの銀行口座を登録できない場合 メルペイの銀行口座を登録できない場合、下記の項目を確認してください。 銀行口座の名義とメルペイに登録している名義が同一かどうか• 銀行口座の支店番号、口座番号、暗証番号に誤りがないか• 登録している生年月日と銀行に登録している生年月日が同じか• 登録した電話番号に誤りがないか 一部銀行を使用する場合 メルペイに登録できる銀行口座は本人名義の口座のみなので、本人以外の銀行口座を登録しようとすると登録失敗となります。 必ずメルカリに登録している本人の銀行口座を登録するようにしてください。 銀行口座登録中に操作を中断した場合や、銀行のシステム稼働の動作可能時間外だった場合にはエラーが起きます。 エラーが起きた場合には操作を最初からやり直したり、時間を改めて登録をしたりしてください。 まとめ 本記事ではメルペイに銀行口座を登録するとどのようなメリットがあるのか、登録方法はどのようにしたらいいのか、登録できる銀行口座や登録した銀行口座の削除方法など、メルペイの銀行口座について紹介しました。 通常メルペイはメルカリ売上金をポイントに交換して使用する必要がありますが、銀行口座を登録すると売上金から直接チャージできたり、銀行口座残高からチャージができたりといったメリットがあります。 メルカリの売上金のみ使えたらいいという場合には、 銀行口座を登録しなくても使えますが、メルペイを積極的に活用したいと考えている人には銀行口座の登録がおすすめです。 最後に本記事のおさらいをして、メルペイの銀行口座登録について理解を深めましょう。 メルペイはメガバンクやゆうちょ銀行、地方銀行や信用銀行、ネット銀行など幅広い銀行に対応している• 銀行によっては登録時に電話確認が必要だったり、登録まで時間がかかったりするため注意が必要• メルカリに登録している振込申請用口座を設定している場合でも別途設定が必要• 銀行口座はアプリから登録が可能で、本人名義・1つの銀行につき1口座であれば登録可能• 複数の銀行を設定する場合、アプリから優先して使う銀行を選択できる• 登録した銀行口座を削除したい場合はアプリから削除が可能• 削除した銀行口座を再登録したい場合、登録のし直しが必要 投稿者名: missan スマホ決済.

次の

メルペイスマート払い(あと払い)徹底解説!【翌月までに支払えばOK】

メルペイスマート払い 注意点

もくじ• メルペイの「スマート払い」とは? メルペイで新しく始まった「スマート払い」とはなにか?を解説いたします! 「スマート払い」はかつての「メルペイあと払い」を名称変更したもの 新しいサービス名称に見える「スマート払い」ですが、かつてメルペイに存在していた「メルペイあと払い」の名称がそのまま変更されただけ、と考えると分かりやすいですね。 では、そもそもの「スマート払い」とはどのようなものなのか?というと、支払いのタイミングなどはクレジットカード払いと似ていて、• その月に購入したものの金額を翌月に支払う• その支払い方法を自分で選択することができる というのが特徴となります。 メルペイ残高払い• コンビニ/ATM払い• 口座振替 の3種類から選択することができます。 ただし、2、3の支払い方法の場合、1回の支払いに手数料として300円がかかる点がネックになります。 (翌月払いせずに最初から残高払いでいいのでは?という意見も…。 ) メルペイスマート払いの設定方法 では、今現在の状態から支払い方法を確認し「メルペイスマート払い」になっているかどうか、支払い方法を変更する方法はどのようにするかを解説いたします。 メルカリのバージョンを確認する まずはメルカリのバージョンを確認することが必要です。 「スマート払い」が設定されていない場合は、こちらから本人確認などの手続きを行うことができます。 メルペイの「スマート払い」キャンペーンも同時に開催 今回、名称変更を行った「メルペイスマート支払い」ですが、 利用促進のためのキャンペーンもいくつか開催されています。 終了1ヶ月前にキャンペーン終了の告知がされる、とのこと。 ちなみにこのキャンペーン、キャンペーン開始以後に「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定をすること、が重要で、それ 以前に設定が完了されているとキャンペーンの対象とならない点に注意が必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は「あと払い」から「スマート払い」への名称変更を行った『メルペイスマート払い』の内容を再び詳細なご紹介をさせていただきました。 スマート払いのメリットとしては 「これがほしい!けど、今この瞬間にはお金が無い!けど、数日後にメルカリでの売上が入ってくる!」 という時に使用する価値があるものですね。

次の

メルペイの『スマート払い』とは?「あと払い」との違いやスマート払い関連のキャンペーンを徹底解説!

メルペイスマート払い 注意点

もくじ• メルペイの「スマート払い」とは? メルペイで新しく始まった「スマート払い」とはなにか?を解説いたします! 「スマート払い」はかつての「メルペイあと払い」を名称変更したもの 新しいサービス名称に見える「スマート払い」ですが、かつてメルペイに存在していた「メルペイあと払い」の名称がそのまま変更されただけ、と考えると分かりやすいですね。 では、そもそもの「スマート払い」とはどのようなものなのか?というと、支払いのタイミングなどはクレジットカード払いと似ていて、• その月に購入したものの金額を翌月に支払う• その支払い方法を自分で選択することができる というのが特徴となります。 メルペイ残高払い• コンビニ/ATM払い• 口座振替 の3種類から選択することができます。 ただし、2、3の支払い方法の場合、1回の支払いに手数料として300円がかかる点がネックになります。 (翌月払いせずに最初から残高払いでいいのでは?という意見も…。 ) メルペイスマート払いの設定方法 では、今現在の状態から支払い方法を確認し「メルペイスマート払い」になっているかどうか、支払い方法を変更する方法はどのようにするかを解説いたします。 メルカリのバージョンを確認する まずはメルカリのバージョンを確認することが必要です。 「スマート払い」が設定されていない場合は、こちらから本人確認などの手続きを行うことができます。 メルペイの「スマート払い」キャンペーンも同時に開催 今回、名称変更を行った「メルペイスマート支払い」ですが、 利用促進のためのキャンペーンもいくつか開催されています。 終了1ヶ月前にキャンペーン終了の告知がされる、とのこと。 ちなみにこのキャンペーン、キャンペーン開始以後に「お店でも使えるメルペイスマート払い」の設定をすること、が重要で、それ 以前に設定が完了されているとキャンペーンの対象とならない点に注意が必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は「あと払い」から「スマート払い」への名称変更を行った『メルペイスマート払い』の内容を再び詳細なご紹介をさせていただきました。 スマート払いのメリットとしては 「これがほしい!けど、今この瞬間にはお金が無い!けど、数日後にメルカリでの売上が入ってくる!」 という時に使用する価値があるものですね。

次の