ヘルシー 節約 献立。 家族4人!1週間で5000円使い回し献立集〜野菜たっぷりメニュー編〜

健康レシピ16選|子どもの栄養バランスがとれてヘルシーな節約レシピや献立集

ヘルシー 節約 献立

たまねぎをたっぷりと加えてボリュームUP! たれの染みた千切りきゃべつもたまりませんね。 ごはんがすすむ定番おかずです。 野菜は日持ちのする根菜を中心にお買い得の時にまとめ買いするのが良いでしょう。 にんじんは湿ると痛みやすいため、こまめに水分を拭き取るのが長持ちの秘訣です。 <火曜日:434円>大根のダブル使い献立。 煮込み料理は骨付き鶏肉がおすすめ! もも肉やむね肉に比べてお手頃価格ですし、骨からうま味が溶け出すので味に深みも出ますよ! 副菜には節約食材の定番「もやし」と「豆苗」を使いましょう。 一つのボウルで調理ができるのもウレシイですね。 もやしは生のままだと日持ちしません。 翌日の汁物に入れたりして有効活用しましょう! <水曜日:370円>ゴロゴロ食材でボリュームアップ!体温まるポカポカ献立 ベルリン風 田舎オムレツ ホッペルポッペル 切り干しひじきのサラダきんぴら コンソメ不要&時短。 同じくサイコロ状に切ったベーコンと野菜を入れた、まさに「食べるスープ」を添えて。 この時期、温かい汁物は必須ですね。 根菜や香味野菜は血行を促し体を中から温めてくれる効果があります。 副菜には作り置きにおすすめの乾物レシピ。 しっかりと水気を飛ばして炒めることで保存性が高まります。 ちょっぴり物足りない「あともう一品」の強い味方にもなってくれますよ。 魚と旬の野菜をたっぷり入れた具だくさんシチューにしてみてはいかがでしょうか。 余分な塩分が抜けて美味しくいただけます。 さっぱりヘルシーなきゅうりのサラダは、食感も魅力。 <金曜日:355円>少なめお肉で食べごたえたっぷり。 揚げ物をする時は径の小さい鍋を使うと少ない油でも揚げやすくなります。 他の料理を準備して、揚げ物は最後にとりかかりましょう。 コロッケの衣に使う卵、あまってしまうことはありませんか? 卵はあらかじめ半量程度取り分けておき、汁物に加えると無駄なく使い切れますよ。 無駄なく使い切る上手な食材の買いかたとは? 食材を無駄なく選び、使い切ることが節約の第一歩。 日持ちのする根菜や乾物、調味料などは、お買い得なときにまとめ買いをしておきましょう。 肉や魚、傷みやすい葉物野菜はこまめに買い足しましょう。 この季節、特におすすめしたいのが毎食の「汁物作り」。 汁物に入れる食材はアレンジ自在! レシピの指定食材にこだわらず、冷倉庫にある残り野菜でアレンジしながら温かい汁物を作ってくださいね。 こちらの記事もチェック! このコラムを書いたNadia Artist 藤原朋未 キーワード.

次の

【節約献立】家族4人1週間で3500円!節約のコツや調理のポイントも紹介|【enepi

ヘルシー 節約 献立

たまねぎをたっぷりと加えてボリュームUP! たれの染みた千切りきゃべつもたまりませんね。 ごはんがすすむ定番おかずです。 野菜は日持ちのする根菜を中心にお買い得の時にまとめ買いするのが良いでしょう。 にんじんは湿ると痛みやすいため、こまめに水分を拭き取るのが長持ちの秘訣です。 <火曜日:434円>大根のダブル使い献立。 煮込み料理は骨付き鶏肉がおすすめ! もも肉やむね肉に比べてお手頃価格ですし、骨からうま味が溶け出すので味に深みも出ますよ! 副菜には節約食材の定番「もやし」と「豆苗」を使いましょう。 一つのボウルで調理ができるのもウレシイですね。 もやしは生のままだと日持ちしません。 翌日の汁物に入れたりして有効活用しましょう! <水曜日:370円>ゴロゴロ食材でボリュームアップ!体温まるポカポカ献立 ベルリン風 田舎オムレツ ホッペルポッペル 切り干しひじきのサラダきんぴら コンソメ不要&時短。 同じくサイコロ状に切ったベーコンと野菜を入れた、まさに「食べるスープ」を添えて。 この時期、温かい汁物は必須ですね。 根菜や香味野菜は血行を促し体を中から温めてくれる効果があります。 副菜には作り置きにおすすめの乾物レシピ。 しっかりと水気を飛ばして炒めることで保存性が高まります。 ちょっぴり物足りない「あともう一品」の強い味方にもなってくれますよ。 魚と旬の野菜をたっぷり入れた具だくさんシチューにしてみてはいかがでしょうか。 余分な塩分が抜けて美味しくいただけます。 さっぱりヘルシーなきゅうりのサラダは、食感も魅力。 <金曜日:355円>少なめお肉で食べごたえたっぷり。 揚げ物をする時は径の小さい鍋を使うと少ない油でも揚げやすくなります。 他の料理を準備して、揚げ物は最後にとりかかりましょう。 コロッケの衣に使う卵、あまってしまうことはありませんか? 卵はあらかじめ半量程度取り分けておき、汁物に加えると無駄なく使い切れますよ。 無駄なく使い切る上手な食材の買いかたとは? 食材を無駄なく選び、使い切ることが節約の第一歩。 日持ちのする根菜や乾物、調味料などは、お買い得なときにまとめ買いをしておきましょう。 肉や魚、傷みやすい葉物野菜はこまめに買い足しましょう。 この季節、特におすすめしたいのが毎食の「汁物作り」。 汁物に入れる食材はアレンジ自在! レシピの指定食材にこだわらず、冷倉庫にある残り野菜でアレンジしながら温かい汁物を作ってくださいね。 こちらの記事もチェック! このコラムを書いたNadia Artist 藤原朋未 キーワード.

次の

家族4人!1週間で5000円使い回し献立集〜魚料理が大充実!編〜

ヘルシー 節約 献立

1週間の節約&ヘルシーな献立 まずは早速、1週間の節約&ヘルシーな献立例をご紹介していきます。 日曜日 【朝食】・ご飯 ・野菜たっぷり味噌汁 ・果物 【昼食】・友だちと食事 【夕食】・ご飯 ・豚肉の生姜焼き ・サラダ ・野菜たっぷり味噌汁 朝、ご飯を炊き、味噌汁に野菜をたっぷりと入れ、この日の夕食、翌日の朝食でも食べられるようにしましょう。 夕食は豚肉の生姜焼きを多めに作り、翌日のお弁当に入れましょう。 月曜日 【朝食】・ご飯 ・目玉焼き ・サラダ ・野菜たっぷり味噌汁 【昼食】・お弁当(ご飯、豚肉の生姜焼き、キャベツのおかか和え) 【夕食】・カレーライス(レトルト) ・冷やしトマト お弁当にご飯と生姜焼き、キャベツのおかか和えを加えれば、主食+主菜+副菜の揃ったお弁当が出来上がります! 夕食はレトルトカレーを利用すると疲れていても、すぐに食事の準備が出来ます。 火曜日 【朝食】・パン ・ソーセージ ・サラダ ・ヨーグルト 【昼食】・社食or学食(鯖の味噌煮定食) 【夕食】・ご飯 ・肉野菜炒め ・わかめスープ 朝食のヨーグルトにフルーツを加えて、タンパク質とビタミンCを積極的に摂りましょう! 夕食はご飯と肉野菜炒めを食べることで主食+主菜+副菜を一度に摂ることが出来ます。 水曜日 【朝食】・パン ・ソーセージ ・サラダ ・ヨーグルト 【昼食】・お弁当(ご飯、肉野菜炒め、ゆで卵) 【夕食】・ご飯 ・ハンバーグ(購入)・煮物(購入) ・わかめともやしの味噌汁 夕食のご飯と味噌汁は自分で作り、おかずはスーパーなどの総菜を利用すると便利です。 木曜日 【朝食】・ご飯 ・納豆 ・わかめともやしの味噌汁 【昼食】・社食or学食(牛丼、サラダ、味噌汁) 【夕食】・肉うどん ・野菜の天ぷら(中食) 夕食は冷凍うどんを茹でて豚肉を加え、総菜の野菜の天ぷらを付けたすと良いでしょう。 朝食には野菜ジュースを利用し、バナナでビタミンを摂取しましょう。 土曜日 【朝食】・ご飯 ・納豆 ・味噌汁 【昼食】・ミートソースパスタ(レトルト) ・サラダ ・果物 【夕食】・ご飯 ・煮物(購入) ・冷やしトマト ・味噌汁 昼食はパスタの麺を茹で、レトルトのミートソースを利用すると良いでしょう。 ご飯と汁物を自分で作って節約を 1週間を通して、 ご飯と汁物は自分で作るように心掛けてみましょう!それだけでも、節約に繋がります。 また、時間に余裕のある時は、1つのおかずを多めに作り、翌日も食べられるように作り置きをしておくと便利です。 買い出しする時のポイント 買い出しの際のポイントは、 もやし、キャベツ、にんじん、玉ねぎなど 安価で購入できる野菜を買うことです。 また、 乾燥のカットワカメは、味噌汁やサラダなど様々なものに使えます。 水で戻すことにより、10倍以上に増えるので、少量で長く使うことが出来る食材です。 主菜となる卵は、肉や魚に比べて安く購入でき、目玉焼きにしたり、ゆで卵にしたりするなど、様々な料理で使うことが出来ます。 お肉を買う際は、牛肉よりも 豚肉か鶏肉を使うと、食費を安く抑えることができます。

次の