キャラクター 保管 所。 サタスペ オーサカボンクラーズ登録所

GitHub

キャラクター 保管 所

使い方• SW2. 0キャラクター保管所から、テキストをデータ出力してください。 保管所はこちらです。 テキストデータは各キャラシートを表示させたページからダウンロードしたのを利用してください。 vampire-blood. キャラクター保管所のリスト表示させたところから出力できるテキストデータには対応していません。 テキストデータはUTF-8で保存してください。 WindowsPCではサクラエディタなどを使うと楽だと思います。 テキストファイルをこのサイトでアップロードしてください。 アップロード後、ダウンロードボタンを押してください。 XMLファイルがダウンロードされるはずです。

次の

サタスペ オーサカボンクラーズ登録所

キャラクター 保管 所

使い方• SW2. 0キャラクター保管所から、テキストをデータ出力してください。 保管所はこちらです。 テキストデータは各キャラシートを表示させたページからダウンロードしたのを利用してください。 vampire-blood. キャラクター保管所のリスト表示させたところから出力できるテキストデータには対応していません。 テキストデータはUTF-8で保存してください。 WindowsPCではサクラエディタなどを使うと楽だと思います。 テキストファイルをこのサイトでアップロードしてください。 アップロード後、ダウンロードボタンを押してください。 XMLファイルがダウンロードされるはずです。

次の

キャラクターシート倉庫からどどんとふへと連携するやり方

キャラクター 保管 所

どどんとふ使ってますか! サイコロフィクション楽しんでますか。 ネットでTRPGを楽しむためのツールは色々ありますね。 今回はキャラクターシートを保存でき、なおかつ判定やコマ作成などをどどんとふと連携できちゃう「キャラクターシート倉庫」さんの使い方を記事にしましたよ。 キャラクターシート倉庫からどどんとふへと判定を飛ばす 使うのはこの部分。 利用中のどどんとふのアドレスを「URL」に入力します。 その隣にある「部屋No」は利用中の部屋番号を入力します。 部屋番号はアドレスの最後についているこの数字がそうです。 次に自分の持っている個性を設定していきます(画像は艦これRPGの物なので個性になってますが、他のサイコロフィクションタイトルでは特技などになっていたりします)。 まずは個性リストの上にある「設定」にチェックがついている事を確認します。 設定したい個性をクリックすると、背景が黒くなります。 タイトルによっては、弱点や損傷などを設定するチェックマークもあったりします。 設定が終わったら次は個性リストの上にある「判定」にチェックを付け替えます。 この状態で、判定の対象にしたい指定個性をクリックすると、その個性だけ黒太字になります。 すると個性リストの右に、自分の持っている習得個性での判定文章が表示されます。 これをこのまま選択してコピーペーストでどどんとふに貼り付けても良いですし、 その横についている「DR」を押せば自動でどどんとふに判定値を飛ばしますよ!! 試しに押してみます。 パスワードが要求されます。 どどんとふの部屋にパスワードが設定されていないならば空欄で「OK」を押しましょう。 しっかりとサイコロが転がりました。 なお、サーバーによってはこの連携機能が利用できない場合もあるよいうです。 その時はコピペでいきましょう。 キャラクターシート倉庫からどどんとふにコマを作成する キャラクターシート倉庫さんで作成したキャラクターを、簡単にどどんとふへコマとして作成出来る機能を紹介しますよ。 利用中のどどんとふのアドレスを「URL」に入力します。 その隣にある「部屋No」は利用中の部屋番号を入力します。 部屋番号はアドレスの最後についているこの数字がそうです。 「コマ作成」をクリックします。 パスワードが要求されます。 どどんとふの部屋にパスワードが設定されていないならば空欄で「OK」を押しましょう。 コマが作成されました! キャラシURLにチェックをつけてコマを作成すると、 キャラクターシートのアドレスがコマの「その他」情報に入力された状態で作成されます。 便利です! チャットの文字色を変更していた場合、 「取得」をクリックすると、現在設定中の文字色を取得できます。 これでどどんとふの部屋を移動したり、別のセッションで利用するときも即、コマと色を設定できますね!! なお、サーバーによってはこの連携機能が利用できない場合もあるよいうです。 これでもっとどどんとふが楽しく利用できますね。 よきTRPGライフを! TRPGの質問・疑問に答えるチャットを開設しています。 お気軽にご参加ください。

次の