ベルナドット 隊長。 HELLSING08

ベルナドット隊長(HELLSING)

ベルナドット 隊長

secret. index. 意味の変わらないものは好きに読んでください ベル(少):う…うえッ…えぐッ……えぐッ…。 ヒック…ヒック、 祖父:どしたい。 なんで泣いてんだ、おめぇ。 ベル(少):がッ…学校でみんながッ。 お前は人殺しの子供だって…ッ。 お前んちは金で戦争に行く殺し屋だってッ。 祖父:そうだよ。 本当のこった。 ウチは8代前からずーーっと傭兵稼業だ。 じいちゃんの じいちゃんの じいちゃんの じいちゃんからだ。 お前の親父だってコロンビアでおっ 死 ( ち )んじまったんじゃねえか。 お前の出産の費用出すためにキバリ過ぎたんだよ。 何だおめぇ、まだ知らなかったのか。 ベル(少):お…おじいちゃんも、おじいちゃんも人を殺したの…!? 祖父:あー、殺したよ。 すげえたくさん。 ベル(少):なッ、なんでだよッ! なんで人を殺したりするんだよッ!? 祖父:傭兵が何のために? 金だよ。 俺達が戦った連中の目的は、 主義や主張、体制の打倒や体制の維持のため。 侵略のため。 防衛のため。 故郷のため。 家族のため。 女のため。 麻薬のため。 食いもんのため。 色々だ。 俺達はそういうのわかんねえ。 大事な事だっていうのはわかる。 でもそういうの、別に銃を取らんでも何とかなるんじゃねえの、と思う。 つうか銃を取る事に、そういう意味なんか必要なのか? 二束三文のはした金で充分じゃねえのか、と思う。 逆に言えば、だ。 二束三文のクソ駄賃が、俺達にとっては命を賭けるのに足りてしまうんだ。 二束三文の金で世界中の鉄火場あっちゃこっちゃ出向いてって、 二束三文でブッ殺したり ブッ殺されたり。 しかも誰に言われた訳でもなく好きこのんでだ。 戦場での二束三文の方が、自分の命や他人の命より重い。 ウチの家系は割とそーいう、ホントに人間のクズの家系なんだ。 悪いが学校でいじめられても仕方ないかもなあー。 いやなに、お前もそのうち分かる時が来るんじゃないかな。 なにせホラ…お前は俺達の孫だ。 N:ヘルシング本部。 回想を終えたベルナドットは誰にともなく呟いた。 ベルナドット:…ホント、その通りだったよ。 いやはや…。 ゾーリン:よし、総員戦闘準備。 SS曹長:旗艦からの支援攻撃きます!! V1改 ( ぶいわんかい )です。 ゾーリン:デウス・ウキス・マキーナの露払いか。 ヘルシングに腹いっぱい喰わせろ!! N:24基のV1改ロケットがゾーリン・ブリッツ支隊の艦の横を抜け、ヘルシング本部に向け飛行していく。 が、突如ロケットが次々と爆発する。 ゾーリン:…な…何事だ!! 何だ!? 何をされている!? SS曹長:狙撃されています!! ヘルシング本部から射撃を受けています!! ゾーリン:…奴だ。 SS曹長:V1改 全基撃墜!! 馬鹿な…24基の同時攻撃だぞ。 ゾーリン:ちィィッ…!! 探照灯 ( サーチライト )!! ヘルシング本部を照らせ!! SS曹長:お止めください!! 狙い撃ちされます!! ゾーリン:構わぬ!! あの女にはもう見えている!! N:艦がヘルシング本部 屋上を照らす。 そこにはセラスが立っていた。 その背に、新たに用意された巨大な武器を携えて。 ベルナドットよりセラスに通信が入る。 ベルナドット:全基撃墜だ嬢ちゃん。 新装備の調子は上々だな嬢ちゃん。 こりゃ馬鹿と冗談が総動員だ、嬢ちゃん。 セラス:ベルナドットさんッ。 嬢ちゃんって言うの、やめてくれませんかッ。 私にはセラスって名前が…、 ベルナドット:ハッハッハッ! そいつあ悪かった!! 「嬢ちゃん」!! …なあ。 ロンドンが見えるか、嬢ちゃん。 セラス:…見えます。 ベルナドット:ピカデリーもソーホーも、コヴェエントガーデンも灰になっちまった。 あのロンドンがよ、今じゃ地獄と同意語だ。 俺はロンドンなんて嫌いだ。 古くせえ街だと思ったよ。 俺にゃ全然似合わねえ町だと思ったよ。 でもな、俺達が週末にくり出して行ってたキャバレーは、ビールが冷えててうまかったし。 バーテンの兄ちゃんもくっだらねえ下ネタが大好きなバカな奴でさ。 売春宿の女郎たちは、金に汚くてブスも多かったけど。 でもな、みんな優しかったし、 みんな可哀想な目の奴ばっかりでよ。 ヴァービー通りの定食屋のバアさんは、 頼んでもねーのに、俺が行くとフィッシュ&チップスをいつも勝手につけやがる。 俺が外人だからっつって。 名物だからっつって、毎度毎度。 俺、アレ油っこ過ぎて食えないっつってんのに。 バアさんに悪いから、毎度無理に食うのがつらくってさ。 俺はロンドンなんか嫌いだ。 でもな、あいつらは、バーテンや女郎達やバアさんは、 この闘争とやらと何の関係もねえ。 戦争も、ナチも、吸血鬼も、何も関係がねえ。 少佐って奴も、第13課ってのも、最後の大隊も 、俺達ヘルシングも「知ったこっちゃなかった」。 でもあいつらは今、死体になって死体を食ってる。 それが俺には…勘弁ならねえ。 「セラス」! 仇討ちをしようぜ。 やっちまおう。 あいつらやっちまおうぜ。 セラス:…うん。 わかってる。 わかってるよ隊長。 ベルナドット:目標!! 敵 空中戦艦 ( てきフライングドレッドノート )!! 砲打撃戦用意!! てぇ!! SS曹長:第7ブロック被弾!! 第3ブロック被弾!! 第4ブロック火災発生!! 第2兵員準備室で爆発!! 後部 第4・第5エンジン部 崩落!! 飛行能力32%低下!! ちゅ…中尉!! 艦を…ッ、艦を後退させなければ…ッ、 ゾーリン:もう遅い!! あの火砲の前では、こんな船の軽金装甲など紙風船だ。 このデカブツでは逃げられん。 下降だ!! 着陸させろ!! 強行着陸だ!! ヘルシング本部に…いや!! 奴にぶつけろ!! セラス・ヴィクトリアに!! ベルナドット:いかん!! 逃げろ!! セラス!! N:セラスは更に新たに用意された装備、広域立体制圧用 爆裂焼夷擲弾筒 ( ばくれつしょういてきだんとう ) 「ウラディーミル」を構えた。 セラス:らああああ!! N:「ウラディーミル」の弾頭が、ゾーリンの乗る艦に命中し爆発炎上する。 SS曹長:制御不能!! 制御不能!! お…おちます! 傭兵:おおッ! やった…やったぞ!! タリホーッ! タリホーッ!! セラス:まだです!! ベルナドット:そうだ、まだだ 淑女共 ( レディス )。 目をあけろ、来るぞ! N:燃えさかりながら墜落する艦よりも速く、ゾーリンと吸血鬼兵 数十名は既に地上へと降り立っていた。 副長:おちる寸前に脱出したんだ。 傭兵:そんなバカな!! 何もつけずにか!! ベルナドット:そうだ、奴らは人間じゃない。 化物だぜ!! 来るぞ『 がちょう共 ( ギース )』!! 仕事の時間だ!! ロックンロール!! セラス:隊長!! ベルナドット:嬢ちゃんは下がって補給だ。 装備変更!! 急げ!! 来るぞ、前戯は終わりだ。 今度は俺達の番だ。 見てろよ嬢ちゃん。 傭兵 ( ギース )の戦を見せてやる。 SS曹長:残存兵員42名!! あの弾頭ただの代物ではありませぬ。 半数以上と重火器の全てを 失逸 ( しついつ )いたしました!! されど我ら 意気軒昴 ( いきけんこう )!! ご命令を!! ゾーリン・ブリッツ中尉!! ゾーリン:充分だ。 奴らを 鏖殺 ( みなごろ )しにするには充分だ!! 殺す! 全員殺す!! N:ゾーリンが高々と大鎌を掲げる。 と同時に吸血鬼兵らがヘルシング本部に向かって駆け出した。 ベルナドット:嬢ちゃん、吸血鬼ってのはアレだろ。 人間離れした反射神経や運動能力。 獣のように殺気を感じ、怖ろしい馬鹿力を持つ。 人間の殺気を感じ動きを読み、 心を盗んで鋭く動く。 銃撃や剣撃をたやすく避け、相手を襲い血を貪るんだろ? …じゃあ、こういうのはどうだい。 N:先頭を走っていた吸血鬼が、突如 爆死する。 SS曹長:地雷源!! 地雷源だ!! ベルナドット:止まったぞ、やれ。 N:地雷源が一斉に爆発し、吸血鬼兵らを吹き飛ばしていく。 ベルナドット:ビンゴ!! 人間様をナメるとこーなる。 セラス:こ…こんな仕掛けを…ッ!! ベルナドット:「しかけ」? バカが突っ込んでくるから悪いんだ 真正面から。 殺気も 心も 動きも無い発動装置。 そして点ではなく避けられない 面 ( めん )攻撃。 法儀礼済みボールベアリングのクレイモア地雷列60個の同時点火。 避けられるモンなら避けてみろっつうの。 俺たちゃケンカ弱いからよ。 おっかねえから正々堂々とケンカなんかしねえぜ、軍人さんたちよう!! 3階!! グレネード斉射!! 連続発射で火線を張れ!! 連中に頭を上げさせるな!! 面だ!! 徹底的に面で攻撃しろ!! ライフル分隊は分隊火力の全てを、第一目標の目標周辺ごと集中弾幕射撃!! 副長:隊長!! 連中の進撃が止まりました。 小丘 ( こおか )の斜面に伏してピクリとも動きません。 ベルナドット:何かたくらんでやがるな。 だが今はそれでいい。 近づけさせなければ俺達の勝ちだ。 俺達の「はじめてのお留守番」だ。 駄賃目当てのな。 怖いオッサン共を家に入れたら俺達の負けだ。 俺達ゃケンカ弱いからよ。 副長:奴ら、退きますかね。 ベルナドット:普通ならな。 普通の人間なら退く。 間違いなく、とっくに。 だが、奴らは人間じゃねえ、バケモンだ。 傭兵:うわああああ!! 何だ…何だあれは!! 副長:何だ!! 何事だ!! N:ヘルシング本部の窓から見える夜の空を、巨大なゾーリンの姿が阻んでいた。 ベルナドット:!! おい…何の冗談だ、おい…。 N:ゾーリンは傭兵らの姿を確認すると、大鎌を振り上げ 振り下ろした。 ヘルシング本部が真っ二つに斬り裂かれる。 ベルナドット:こッ…こんな、こんな馬鹿な事があるかぁ!! セラスM:嘘だ。 これは嘘だ!! 何だかわからないッ、だけど…ッ。 私の中の「何かが」そう教えてる。 …幻!!? 幻覚だ!! 傭兵:うわああああ!! 助け…助けてくれェ!! ば…化物だああ。 足がッ、俺の足がッ!! 助けてくれェ! うッ、動けねぇえッ!! セラス:しっ…しっかりッ、しっかりしてくださいッ。 幻ですッ、幻覚だったんですッ!! 副長:腕がッ、俺の…俺の腕がッ!! セラス:く…ッ、 N:セラスは意を決し、遥か先を見据えライフルの引き金を引いた。 銃弾は、幻覚の主であるゾーリンの頬を掠める。 次の瞬間、巨大なゾーリンの姿が崩れ落ち、 ヘルシング本部を包んでいた幻が消え去っていった。 副長:な…何だ、今のは!! セラス:しっかりしてください!! 幻ですッ、幻術か何かですッ!! ベルナドット:幻術ゥ!? 幻だと!! あれが!? ゾーリン:その通り、幻だ!! よくぞ見破った、 セラス・ヴィクトリア!! だが! だが、もう遅い!! N:吸血鬼兵の一人が、ヘルシング本部の窓をつき破り 飛び込んでくる。 傭兵達が次々と殺されていく。 が、セラスが向かってくる吸血鬼の口に、 ライフルを突っ込み撃ち抜いた。 玄関から激しい物音が響いてくる。 ベルナドット:こいつはヤベェ、正面が破られた。 ゾーリン:カハッカハッカハッ!! さあー!! もう許さない!! さあー!! もう助からない!! さあー!! さっさと死んじまえ!! ベルナドット:兵隊を集めろ。 分散してる連中も遅滞戦闘をしながら退かせろ。 残った兵士は、ここに全部集めろ!! 弾薬と手榴弾をありったけ持て。 …嬢ちゃん!! セラス:はッ、はいッ!! ベルナドット:俺達は、この 館棟 ( かんとう )に立てこもる。 俺達がディフェンスで、嬢ちゃんがオフェンスだ。 俺達がここを守る。 その間に嬢ちゃんが、奴らをやっつける!! セラス:やッ、 了解 ( ヤーッ )!! ベルナドット:嬢ちゃんが俺達の切り札だ。 やっつけろ!! 俺達が奴らに 細切 ( こまぎ )れにされる前にだ。 副長:頼んだぜ。 セラス:はッ、はいッ!! ベルナドット:あ、一つ大事なこと忘れてた。 セラス:? ベルナドット:セラース!! セラス:はッ、はいッ!! ベルナドット:目ェつむれーッ!! セラス:!! N:反射的に目を瞑るセラス。 だが顔前に気配を感じ取り、目を開ける。 そこには、セラスに唇を重ねようとしているベルナドットの顔があった。 セラス:ぎゃーッ!! ぎいやーーッ!! ベルナドット:ちッ、 セラス:なッ、な…何するんですかッ!! 副長:ああッ、ズルイッ。 傭兵:隊長ずるいッ、 ベルナドット:よーし、行くぞお前ら。 急げ!! 副長:職権乱用だァ! 傭兵:ずっけー!! だったら俺もー、 副長:俺もー、 セラス:バカーッ!! ベルナドット:へへへ…セラス嬢ちゃん。 死ぬんじゃねえぞ。 死ぬなよな。 セラス:…隊長も!! みなさんも!! ベルナドット:よおし!! 征 ( い )け!! セラス:征きます!! N:セラスが走り去る。 傭兵達は、セラスの後ろ姿を見送っている。 副長:いい 娘 ( こ )ですよね。 ベルナドット:ああ、ホント。 バカみたいにいい 娘 ( こ )だ。 あんな娘 死なせたら男の名折れだ。 地獄行きだぜ。 なあ? おい。 副長:ですな。 傭兵:ほんと、まじで。 ベルナドット:じゃあ悪いが、お前らの命をくれ。 ここがお前らの命の捨て場所だ。 持ち場を 墓穴 ( はかあな )と思えよ。 副長:隊長ー、あのねー。 ここは普通はアレですよ。 逃げたい奴は逃げろ!!とか、 部下は脱出させて自分だけ残るとか、そーいうのですよ。 ベルナドット:何を言ってやがる。 お前ら小銭目当てに、 好き好んで戦争屋になった親不孝共じゃねぇか。 さてと、死のうぜ犬ども。 畜生 畜生 ( ファック ファック )って言いながら死のうぜ。 腹に銃弾くらってよ、のたうち回って。 副長:へへへ…そりゃそうだ。 ちげえねぇ、まったくもって ちげえねえや。 N:吸血鬼達の侵攻は、傭兵達の反撃も虚しく最深部へと進んでいく。 ベルナドットの元に内線が入る。 『退路を絶たれた。 合流は不可能』と。 ベルナドット:バカ抜かせ!! 這ってでも来い!! こっちは円卓室で立てこもる準備中だ。 ここが一番頑丈だからな。 ここなら暫く凌げる。 そこじゃ簡単に死んじまうぞ、 諦めんな!! バリ開けて待ってんだ!! どうにかして来い!! …くッ…馬鹿野郎!! ……畜生、そうかよ糞ったれ。 わかったよ、死んじまえ。 じゃあな、楽しかったぞ。 …バリケードを閉めろ!! このデカい円卓も引っくり返してバリにしろ。 何でも構わんから積み上げろ。 副長:隊長、B棟の連中は…? ベルナドット:駄目だった。 副長:そうですか、残念です。 傭兵:もう駄目だ!! 俺達はもうおしまいだ!! 副長:うるせえ!! 馬鹿野郎!! 傭兵:もう化物の相手なんか嫌だ!! もう限界だ! インテグラもアーカードも俺達を見捨てやがった!! ベルナドット:何言ってんだ、おめえは。 どこにも出れねぇし、どこにも行かさねぇぞ。 傭兵:俺は帰る!! もう嫌だ!! ベルナドット:どこに行く気だ? お前の墓穴はここだぞ。 墓標は、この馬鹿でかい館。 墓守りは、あのおっかねえインテグラ嬢だ。 碑文 ( ひぶん )にはこうだ。 「すごく格好良い傭兵達が悪いナチスをやっつけて、すごく格好良くここに眠る」 だが、お前のせいで変わっちまう。 お前がメソメソしてるから 「ヘタレの根性無し。 女の様に泣きながら、虫の様にくたばる」 冗談じゃねえ、お前には無理矢理でもカッチョ良く死んでもらうぞ!! 好き好んで金貰って、好き好んで戦争やってんだろが!! おい兵隊!! だったら好き好んで戦って死ねや!! 傭兵:糞…ッ。 くそォ、ファック! ファック!! ベルナドット:それにな、まだ死ぬと決まったワケじゃねえよ。 俺達ゃ、ディフェンスだ。 ホレ!! さっさとバリを組むんだよ!! オフェンスが今、点数をひっくり返すさ。 だが、付き添っていた吸血鬼がゾーリンを守る。 ゾーリン:雑魚が!! うっとおしいんだよォ!! N:ゾーリンが 掌 ( てのひら )を壁に叩きつける。 腕に描かれた奇怪な模様が、壁へと伝っていく。 幻覚世界が傭兵を包む。 そこには、死んだ筈の愛娘の姿があった。 触れる事ができる。 声を聞く事ができる。 彼は言う。 「これも幻だというのか」 ゾーリン:ウッソでえーす!! N:傭兵は、背後から真っ二つに切り裂かれた。 惨殺された傭兵の姿を、険しい表情で見つめ呟く。 セラス:やっ…やっつけますからッ。 ベルナドット:黙れ!! 馬鹿野郎!! 傭兵:降伏したって全員なぶり殺されるぞ!! 相手は化物だ!! 喰われちまう!! ベルナドット:残弾を再分配しろ。 副長:隊長!! こいつを!! こいつでカンバンです。 法儀済銀弾が尽きました。 傭兵:隊長ッ、もう嫌だ。 死にたくないッ。 ベルナドット:うるっせえな。 俺だって本当は死にたかねえよッ。 副長:まるであの時と一緒です。 ウガンダ・ジャン・グ・ワイデ!! 飛行場右翼陣地!! あの時は救援が間に合いましたが、今回は…クソ、駄目ですか。 ベルナドット:馬鹿抜かせ副長!! あいつは来る!! 必ずやって来る!! そういう女だ!! N:ロケット砲が、バリケードを吹き飛ばす。 ベルナドット:畜生ッ、ロケットかッ。 くそッ、連中まだあんな物を…ぐッ!! 全員!! 報告しろ!! 副長!! 被害報告を…副長!! 副…ッ!! N:副長の下半身は、ロケットの爆撃で吹き飛ばされていた。 ベルナドット:副長!! おい!! 副長!! 副長:もう疲れました…先に休んでいいですか。 ベルナドット:ああ。 ゆっくり休め。 ……じゃあな。 SS曹長:命中です。 突入しますか? ゾーリン:いやまだだ。 もう一発ぶちこめ。 SS曹長: ロケット ( パンツァーファウスト )はあと一本しかありません。 虎の子ですよ。 ゾーリン:構わんやれ。 吹き飛ばしてやれ。 哀れな連中を木端微塵にしろ!! SS曹長: 了解 ( ヤボール )。 ゾーリン:殺れィ!! N:その時、ロケットを構えていた吸血鬼が吹き飛んだ。 ゾーリン: 直接火砲支援 ( ダイレクトカノンサポート )…ッ!! …ッ、貴様は!! 傭兵:隊長…ッ。 ベルナドット:ああ。 来たぜ、約束通り。 本当に来たぜあの娘、 たった一人でバケモノ共を皆殺しにして。 ああ畜生、くそッ。 いい女だ、あいつ本当に。 畜生め…へッ。 無理矢理でもキスしちまえば良かった。 へへへッ。 ゾーリン:セラス。 セラス・ヴィクトリア!! セラス:残っているのはあんただけよ! ゾーリン:それがァ…どうしたァァ!! N:ゾーリンが掌を床に叩きつける。 幻覚世界がセラスを包んだ。 セラス:幻覚ッ、幻覚だ。 嘘だ! 幻覚だ! 幻 ( まど )わされるなッ!! まぼろしなんだ!! N:ゾーリンがセラスの暗き過去を暴く。 孤児院で問題児と呼ばれたセラス。 頑なに父と同じ警察官への道を選んだセラス。 ひとつの事件が、彼女の行く道を決めた。 ゾーリン:もっと奥へ!! もっと、もっと奥へ!! N:クローゼットの中で震える幼きセラス。 外からは、下卑た男達の話し声が聞こえる。 セラスがそっと外の様子を窺うと、そこには銃殺された両親の姿があった。 セラスはクローゼットを飛び出すと、床に落ちていた食事用のフォークを掴み、 男の眼に突き刺す。 男は悲鳴をあげセラスを振りほどくと、銃の引き金を引いた。 弾丸はセラスの腹部を撃ち抜き、部屋中が血で染まる。 ぼやけて映るセラスの視界の先には、母を死姦する男の姿があった。 セラス:あ、あ、あ、あ、あ、 ゾーリン:グッモーニン。 セラス嬢ちゃん!! 良い夢見れたかしらん!? N:ゾーリンの大鎌が、セラスの左腕を斬り落とし、 ゾーリン:もう一つ!! もうひとぉつ!! N:腹を貫く。 床に倒れるセラス。 ゾーリン:あっはあははッ!! 頑丈な女だねェ!! セラス:ああうう…、 ゾーリン:ははは!! おまえは!! 虫か! 蛙か!! N:更にゾーリンはセラスの髪を掴み持ち上げ、両の目を切り裂いた。 セラス:ああああ!! ゾーリン:なんだお前。 話に聞いてたのとは全然違うねェ。 ゴミめ!! だらしのない女だ!! さあて、そろそろ死んでもらっちゃおうかなぁ。 その首を バチッ切り取る ( ばちっきりとる )としようかね!! 死ねええええ!! ベルナドット:うるせえぞブス。 ゾーリン:な…!? N:ゾーリンの背後に回っていたベルナドットが、至近距離で銃を乱射した。 吹き飛ぶゾーリン。 その隙にセラスを担ぎ撤退を計る。 傭兵が煙幕弾でサポートする。 傭兵:急げ!! 隊長!! こっちだ!! 早く!! 隊長!! ベルナドット:あいよォッ!! セラス:ベ…ルナ…隊…ちょ…、 ベルナドット:しゃべるな!! N:突如、ベルナドットの両足を吸血鬼が銃で撃ち抜いた。 ベルナドット:ぐっ…ッ、くそおおおッ!! セラス:ベルナドットさんッ…逃ッ、逃げてッ。 もうッ…いッ、いいですッ。 ベルナドットさんッ、 ベルナドット:うるせえ、って…言ってんだよ!! 傭兵:畜生!! 畜生!! くそうッ!! N:傭兵が吸血鬼を撃ち倒しベルナドットに駆け寄った瞬間、 ベルナドットの体を、ゾーリンが投げた大鎌が貫いた。 ベルナドット:か…うお…く…ガハッ!! N:ベルナドットは体勢を大きく崩し、セラスが放り出される。 よろよろと壁に背をつき、壁を血に染めながら床に座り込む。 ゾーリン: 人間 ( ゴミ )が!! ゴミクズが気張りやがって!! セラス:ベルナドットさんッ!! ベルナドットさんッ!! ベルナドット:バカッ…バカッやろ。 へ…へへ…助けに来たお前が、 俺、俺に…ッ、助け、られちゃあ、せ…世話がねえ…な。 N:そう言いながら、煙草に火を点けるベルナドット。 床を這いながら、セラスは手探りでベルナドットの姿を見つける。 セラス:ベ…ッ、ベルナドット、ベルナドットさん!! N:ベルナドットは煙草を口から離し、セラスを引き寄せると、 セラスの唇に、自らの唇を重ねた。 ベルナドット:…けっははっ…がはッ! ゴホッ!! ボサッとしてるからだ。 けへへッ、やっと唇、うばってやったぞ…ッ。 なあ、泣くなようセラス。 お前はしぶとい女じゃん。 俺を喰えよう。 俺を喰って、一緒にやっつけようぜ、セラス。 N:ベルナドットの体が壁を滑り、ゆっくりと床に倒れていく。 ベルナドットM:バカ。 泣くなって言ってんじゃねーか。 お前 目玉えぐられてんだぞ。 バカだなぁ。 腕だってちぎられてんだ。 ボロボロじゃん。 バカな女だなぁ。 ああ畜生…畜生め。 いい女だな、こいつ。 こいつ守って死ぬんなら…べつにいい。 セラス:ああああああ!!!! うわああああああ!!!! N:煙草の灯と共に今、ベルナドットの命の灯が消えた。 傭兵:隊長ッ…そんな…。 くそッ、くそッ!! ゾーリン:泣かせるじゃあないか、ええ!? ゴミの様な虫けらの分際で、 五月蝿 ( やかまし )く飛び回るから…そうなる!! さあて、よくもまあ やりもやってくれたねえ!! さあてどうしてくれようかねえ!! うるさい小虫は、平手で潰してしまいましょう。 傭兵:うあ、く…ッ、くそ。 くそうッ!! ゾーリン:虫の人生は、これにて!! 終ゥー!! 了ゥー!! N:ゾーリンが再び、右手を床に叩きつけた。 幻覚世界が辺りを包む。 傭兵:う、ああ、あ、またかッ!! またか畜生!! セラス:虫といったな。 この人を…虫けらといったな!! 許さない…! 許さない! 許さない!! N:ベルナドットを抱いたセラスは、ベルナドットの首筋に噛み付き血を飲んだ。 黒き闇が、セラスの左手から生み出され漂う。 そして、失った筈の 眼 ( まなこ )が見開かれた。 次の瞬間、ゾーリンの幻覚世界が音を立てて崩壊していった。 セラス: 征 ( ゆ )きます。 ベルナドット隊長。 征きます、征きます! 一緒に征きます!! 一緒にあいつらを、あいつらをやっつけます!! ゾーリンM:なんだ!? なんだこれは。 兵士共が怯えている。 あの 吸血鬼兵隊 ( ヴァンパイアたち )が。 戦場を 跋扈 ( ばっこ )し、砲火を 疾駆 ( しっく )した、百戦錬磨の武装親衛隊が。 眼前の一人の少女に怯えている。 満身創痍の一人の少女に怯えている!! こいつは一体何だ!? やばい…やばい!! 何だか良く判らんが、こいつは…やば…! N:瞬く間に眼前に迫ったセラスの手が、ゾーリンの顔を掴み 床に叩き付けた。 ゾーリン:おご…も…!! ごおおお!! ぶお…ッ、ぶッ、お…ぼッ、ぼおッ、 N:ゾーリンが左手でセラスを殴りつける。 しかし、その手をセラスの牙が喰いちぎり吐き捨てた。 ゾーリン:ぎッ!! いいいいいッ!! セラス:お前の血など 一滴 ( いってき ) 一片 ( いっぺん ) 一マイクロリットルたりと 飲んでやるもんか!! やるもんか!! やるもんか!! ゾーリン:あ…お…おおおおおああ!! N:ゾーリンは残った右手でセラスの顔を掴むと、更に幻覚世界を構築しようとする。 だが、 ゾーリン:ひゃあは、ひゃはははは!! 奥へッ、奥へッ、奥へッ、 もっと奥へッ!! もっと奥へッ!! もっと奥へッ!! …な…何だ。 誰だこれは。 何だこれは!! 違う!! こいつはこいつじゃない。 「記憶」が…ッ、「心」が…ッ、 混ざり合って…何だ!! 誰だ!! 誰の心だ!? あいつか!! 私が虫けらと呼んだ、あの男か!! シュレディンガー:血液とは魂の通貨、意志の銀板。 血を吸う事、 血を与える事とは、こういう事。 お元気? まだ生きてる? ゾーリン:シュレディンガー!! シュレディンガー:そんなに驚かないでよ。 僕は【どこにでもいるし、どこにもいない】 ゾーリン。 少佐からの伝言を、お伝えしまーす。 「抜け駆け 先討 ( さきう )ちは 兵 ( つわもの )の華」「ああ、やっぱり」「ならばそして」 「命令を反し、あたら 兵 ( へい )を失った無能な部下を処断するのも、 また指揮者の華」だってさー。 本当ならとっくに、 もうボーボー燃えカスになってる所なんだけど、 少佐も 博士 ( ドク )も、今 物凄い面白いおもちゃを手に入れて、 そっちに夢中でお前に構ってるヒマ無いんだってさー。 この怪物はもう、セラス・ヴィクトリアであってセラス・ヴィクトリアじゃない。 セラスはゾーリンの頭を壁に打ち付け、 そのまま壁に沿って走り出した。 ゾーリンの頭部が見る見るうちに削げ落ちて行く。 セラス:消えろ!! わたしの前から!! わたしの心から!! 傭兵:これが…これが…ッ。 あの、嬢ちゃんかよ…ッ。 N:絶命したゾーリンの体から手を離すと同時に、ゾーリンの体が炎に包まれる。 セラスはゆっくりとベルナドットの亡骸に歩み寄り、しばし見つめた後 口を開いた。 セラス:…いってきます。 傭兵:…いってきます…って…ッ。 ど、ど、どこに!? セラス:約束したんです。 隊長と。 あいつらをやっちまおう、って。 だから、あいつらを「やっつけちまいに」征ってきます。 傭兵:あ…、 傭兵M:ああ、そっか。 隊長、あんたはここでおっ 死 ( ち )んだ。 ここで。 でも、あんたは「そこにも」いるのか。 傭兵:待ってくれ!! N:傭兵はセラスに向け敬礼をする。 セラスは笑顔で頷くと、窓から飛び出し空に舞った。 左腕から漂う黒き闇が羽根を形作り、セラスを夜の空へと誘って行く。 夜が白み始めた…夜が明ける。 セラスはもはや陽の光すら意に介さず、 引き絞られた 矢弓 ( やゆみ )の様に飛んでいく。 シュレディンガー:ゾーリン死んじゃったよ、少佐。 虫みたいに。 少佐:ははは、やっぱりな。 馬鹿な小娘だ。 敗北 ( ほろび )が始まったのだ。 心が躍るな。 シュレディンガー: 非道 ( ひど )い人だ、あなたは。 何奴 ( どいつ )も 此奴 ( こいつ )も連れ回して、 一人残らず地獄に向かって進撃させる気だ。 少佐:戦争とはそれだ。 地獄はここだ。 私は無限に奪い、無限に奪われるのだ。 無限に亡ぼし、無限に亡ぼされるのだ。 そのために私は、 野心の昼と 諦観 ( ていかん )の夜を越え、今ここに立っている。 敗北 ( ほろび )が来るぞ。 勝利と共に。

次の

ヘルシング狂

ベルナドット 隊長

かっこよすぎるセリフ! 信念をもったキャターたち! 個性的なストーリー展開! というわけで、今回は漫画「 」()について語ります。 吸血鬼と狂人と狂信者が、めっちゃめちゃに殺し合うバトルアクション。 作者は「 」、全10巻。 イギリスVSの残党VS、私の安全のためにこれ以上踏み込みませんが舞台設定がやばすぎる(笑) 多少のネタバレがありますので注意。 生き様をつらぬく、前向きなキャターたち この作品の大きな魅力の1つとして「 キャターがみんな自己肯定感を持っている、前向き」ってのがあると思うんですよね。 様、ベルナドット隊長、少佐、神父……キャラの多くが自分の生き方に自負を持っている。 悩まないしブレない、過去に縛られてもいない。 見ていて非常に気持ちがいい。 自分もこんな風に生きたいな~! と思わせてくれる。 特に 悪役の人たちに誇りがあって楽しそうのは良い。 私は被害者意識のある悪役が嫌いなんです。 過去に縛られている、様々なできことに思い悩むながら成長していく。 そんな登場人物は何というかジメジメしてる。 しかし、のキャラはカラッと乾いてるというか。 物語が始まった瞬間すでに完成してるという表現もできそう。 思い悩みながら成長していくキャラが主人公の作品も多いもの。 そういうのも感情移入できて良いんだけども、見てて疲れたりイライラしたりすることもありますよね。 のキャラはひたすらに自分の道をブレずに突き進むのであり、見てて爽快感と安心感があるというか。 作中で真面目に悩んでたり過去に縛られるのってセラスとマクスウェル局長ぐらいでは? さんも地味にメンタル弱いか。 残りはみなさん精神的な強さが意味不明な領域。 これも中々に珍しいストーリー設定では? 弱い主人公が苦戦の中で成長していく……これがバトル系の定番。 しかし、さんは苦戦らしい苦戦はしないし重度の戦闘好きで楽しげに容赦なく殺しまくっていくという。 ネットでは「 主人公がラスボス」なんて言われたりもしますが、まさにそんな感じ。 むしろ敵に同情する勢い(笑) 相手の吸血鬼からも化け物呼ばわりされるほどのチートっぷり。 VSその他のキャラ全部、でやってもさん勝つでしょうし。 それぐらいのバランス。 これでしっかり面白い話になってるんだから、作者のさんの実力は大したものです。 ここを考えてみると直接戦闘では主人公が勝ち続けながらも、より高い視点の戦略レベルでは 逆に悪役である「少佐」が最初から最後までほぼ狙い通りに作戦を進めているからでしょう。 「試合に勝ってるけど勝負には負け続けてる」みたいな状況だと。 ロンドンへのテロは防げてないし。 主人公は最強だけど万能ではない、悪役にもしっかり見せ場がある。 ここがのストーリーの面白さ。 それにしても、 これだけ化け物すぎるさんを100年前の教授たちはどうやって倒したんでしょうか。 たった数人で勝ったとかやばすぎ、全員が神父レベルに強かったのか……? 好きな登場人物ベスト5 私「イマ猫」の独断と偏見です。 1位 少佐 この作品で最も存在感のあるキャター、それは悪役である少佐でしょう! この人がめっちゃくちゃに良い。 私の好きな悪役ベスト10には確実に入ります。 運動不足のデブであり戦闘力まったく無し。 しかし、その諦めない心と準備に準備を重ねた周到な計画を持って最強の吸血鬼打倒を目指す! ここだけ説明すると少佐が主人公に見えてくる(笑) 戦争大好き人間で、手段(=戦争)のためには目的を選ばないという狂気の存在。 勝ち戦だけなく負け戦でも大歓迎な超やばい奴。 1000人の吸血鬼を指揮する、人間。 出てくるたびに名言を言いまくる悪のカリスマ。 「強くてかっこいい悪役」は色々といますが、「 直接には戦わないのにかっこいい悪役」は少ない気がしますよ。 作中の部下たちも読者も、強さではなく狂気に惹かれるのです。 作戦を成功させ、 楽しく満足げに殺されるのも見事な散りざま。 やはり悪のカリスマたるもの最後まで余裕を見せねばなりません。 負けシーンこそが悪役の華。 ……しかし、 本人はに勝ったと思ってるまま逝きましたが、実際には復活されちゃいました。 さすがチートの塊さん。 これを知ったら少佐はどう感じるのか。 戦争できれば負けても楽しいとは想いますが、さすがに悔しがるんでしょうか。 そして喜々として再選準備と。 でも最初から最強だったくせにによる瞬間移動を獲得して、さらに強くなってそうなさんとかどうやって倒せばいいのやら? 強敵との闘いで成長を忘れない主人公の鏡(笑) 2位 ベルナドット隊長 化け物たちの中に放り込まれた一般人枠……かと思えば、はした金で殺し合うガチガチの傭兵。 普通にやばい人である。 作中でも南米のホテルの時に涼しい顔して殺しまくり。 しかし、ロンドンの崩壊には怒ってる様子。 自分がクズであると自覚しつつも一般人の平和を尊重できる男前。 本当は死にたくない、と言いつつもセラスを救出して満足気に死亡。 やはり笑って死ぬキャラはかっこいいですな! なんて思ってたら彼女の魂の中に同居してるという作中屈指の勝ち組。 3位 ペンウッド卿 無能だが、男の中の男。 ある意味で精神が子供っぽい自由人だらけの中で輝く大人。 このキャラのおかげで作品が2倍ぐらい面白くなってると感じる影のMVP。 4位 さん ドSかつドM。 勝手に期待して勝手に失望してくる。 最強の吸血鬼にして死にたがりの人間大好きおじさん。 基本的にクールでかっこいいが、急にぱっつん美少女に変身して煽ってきたりするユーモアの持ち主。 5位 ウォルターさん 有能な老人執事であり。 って、かっこいいキャラしかいない気がする。 戦闘シーンが毎回かっこよすぎる。 何気に気が強くヤンに煽り言葉を返すシーンは良い。 と思っていたら生き方が分からなくて裏切ってくるダメな人。 でも、 お嬢様のことは普通に認めてて2重に面倒くさい。 青年モードも少年モードでもオシャレな見た目でたまらない。 ……男キャラばっかになりましたね(笑) さまもセラスさんも好きですよ。 というか、出てくるキャラみんな良い。 素敵なキャラしか出てこない漫画。 かっこいいセリフのオンパレード! 作者の名前から「 平野節」とまで呼ばれる、 個性的でかっこいいセリフの数々も魅力。 というわけで私も好きなセリフをいくつか抜き出してみると、 いいですか暴力を振るって良い相手は悪魔共と異教徒共だけです (1巻) の歴史は戦いの歴史だ 異端審問と異教弾圧で屍山血河を築いてきた最強のだ(1巻末) 小便はすませたか? 神様にお祈りは? 部屋のスミでガタガタふるえて命乞いする心の準備はOK? (2巻) 「教義のためなら教祖も殺す」 (2巻末) 戦争が聞こえる あの懐かしい音が 阿鼻と叫喚のが 世の中には手段のためには目的を選ばないというような どうしようもない連中も確実に存在するのだ (4巻) 諸君 私は戦争が好きだ 諸君 私は戦争が好きだ 諸君 私は戦争が大好きだ (4巻) ウチの家系は割とそーいうホントに人間のクズの家系なんだ (6巻) 皆笑って死んでいく そうだ奴らは死ぬためにやって来たのだからな (9巻) ああ これは良い 良い戦争だった (10巻) かなりで臭いっちゃ臭いけど、それがいい。 名言だらけ。 すげーセンス。 あと巻末と表紙下のカオス空間も好き。 飛び出す描き方、平野画法? 1巻の間は絵が上手いってわけじゃないんだけど、 途中からズンドコ迫力が出てくる。 始めて読む人は1巻だけで判断しないで! ってのはファンあるあるの意見だと思います。 漫画の連載って年単位なので途中で変化してたりするのは面白いところ。 それから平野さんの絵は色々と特徴的なんだけど、その中に「 コマの枠から出す描き方が多い」ってのがあるんじゃないかと。 コマから飛び出す書き方 遠近感・迫力が増しますね。 意識して読んでみると、コマから飛び出してるシーンが意外なほど多くある。 別に平野さんオリジナルの手法でも無いけど、これを多用するのは1つの作風だと思います。 平野節ならぬ平野画法? しっかり独自の作風のある人って良い。 いやー、HELLSIGはすごい漫画だし、さんはすごい人です。 ibeo.

次の

『ヘルシング』の名言トップ8!厨二が過ぎる名セリフをまとめてみた

ベルナドット 隊長

皆さんこんにちは。 年齢を重ねても厨二心は忘れないマンガタリライター、神門です。 今回取り上げるのは 『ヘルシング』です! 厨二全開のバトル漫画といえば『ヘルシング』、『ヘルシング』といえば厨二度の非常に高い漫画、といって過言ではありません。 また『ヘルシング』といえば、 少佐の『演説』が熱くて非常に有名ですが、他にも沢山、作中には名言がばら撒かれています。 特に センスあふれる、 厨二心を掴んで離さないような、一度は自分も口にしたくなるセリフが数多くあります。 そこで今回は、• 少佐の演説以外の名言を思い出したい• 口にしたくなるようなセリフは確かにあったけれど、どこで誰に使われたか思い出せない• どういう場面で誰が言ったのか振り返りたいけど、手元に本がなくて振り返れない という方のために、個人的に 『厨二が過ぎる名セリフ』をランキング化し、厳選したTOP8を紹介します。 セリフが使われたシーン、背景も踏まえて紹介するので、忘れてしまった人も思い出しながら楽しんでください! 作品では、作者・平野耕太氏の 「ヒラコー節」と言われる センス溢れる厨二セリフが所狭しと詰め込まれており、この作品によって厨二をこじらせた若者が後を絶たない、そんな作品でした。 2、英国vsカトリックvsナチの残党!『ヘルシング』のあらすじ どのようなストーリーだったか、簡単にいってしまえば英国の 吸血鬼殲滅の為のヘルシング機関と、ナチスの残党である『少佐』の率いる吸血鬼の軍隊との間で行われる戦争です。 そこに更に カトリックの総本山であるヴァチカンの武力機関が入り込んで三つ巴の戦を繰り広げる物語です。 三つの組織と主な構成員は以下の通りとなります。 王立国教騎士団 主人公アーカード達が所属するのが、 吸血鬼を狩る殲滅機関である大英帝国の王立国教騎士団、即ち 「ヘルシング機関」です。 「ヘルシング」 1巻 平野耕太/少年画報社より 引用 ヘルシング機関を率いるのが ヘルシング家の若き当主インテグラ。 そしてインテグラに仕える 執事のウォルター。 インテグラが使役する従僕であり、 最強の吸血鬼アーカードと、アーカードによって吸血鬼にされた セラス・ヴィクトリアが主戦力となります。 ミレニアム ナチスの残党である 『少佐』率いる1000人の吸血鬼の軍隊。 目的などない、 「戦争」という手段の為には目的を選ばないという、イカれた連中です。 「ヘルシング」 4巻 平野耕太/少年画報社より引用• 特務機関イスカリオテ 『ローマ・カトリック教会』の総本山であるヴァチカンが極秘に保有する、 現世の神罰代行者として異形を討伐するための武力機関。 「ヘルシング」 1巻 平野耕太/少年画報社より 引用 大司教、マクスウェルは異形である吸血鬼を討伐しようとすると同時に、プロテスタントである英国・ヘルシング機関をも途中で裏切ります。 かくして、 吸血鬼と、吸血鬼と、吸血鬼ハンターによる激しい戦いが繰り広げられることになるのです。 お手元にない方は復習に、こちらのアプリで読むこともできます! 3、厨二が過ぎる!『ヘルシング』の名言TOP8 ではさっそく、 厨二が過ぎる名セリフをランキング形式で紹介していきます! ランキングでは、 【こういう時に使える!】という素敵な凡例も載せていますので、是非参考にして日常生活でも使って頂ければと思います。 黒髪ロングのメガネっ娘です。 「魔弾の射手」の異名を誇るリップヴァーンが好んで口にするセリフがこれ。 有象無象の区別無く 私の弾頭は許しはしないわ 「ヘルシング」 4巻 平野耕太/少年画報社より 引用 「有象無象」とか言っちゃっているんですよ、こんな言葉、日常生活で使ったことありません! それだけで言い放ちたくなります。 リップヴァーンが誇る能力は 「魔弾」です。 武器として保持するマスケット銃から放たれる銃弾はホーミング性能を持ち、更に一発で複数の獲物を仕留めることが出来ます。 どんなものでも、何が、誰が対象でも逃すことはありません。 だから彼女は ウェーバーの「魔弾の射手」を歌い、踊り、告げるのです。 そう、「魔弾の射手」とは、ドイツ人作曲家のウェーバーが作ったオペラです。 お蔭で、こうしてよく漫画やゲームで使われることになるわけです。 そんな「魔弾の射手」が使う台詞としてぴったりであり、 作中で4回も言っています。 中でも私が最も好きなのは、 アーカードと直接対峙した際に言ったシーンです。 「ヘルシング」 5巻 平野耕太/少年画報社より 引用 第二次ゼーレヴェ作戦直前の陽動作戦としてリップヴァーンが乗っ取った英国海軍の母艦「イーグル」に、アーカードは突入して兵士達を殺します。 追いつめられたリップヴァーンは怯え、泣き、震えるのですが、そこから立ち直り、アーカードに宣戦布告をするように口にして、銃を向けます。 その間が、表情の変化が、たまらなく好きです。 ……まあ、 アーカードに敵うわけもなく、美味しく頂かれちゃうのですが。 【こういう時に使える!】• ゴミ箱に向けて格好つけてゴミを投げ入れる前に• ラウンドワンでボウリングやビリヤードで投じるときに 7位 「蝶の様に舞い……」マクスウェル:英国を裏切りロンドン市民を無差別に殲滅する際に言い放つ イスカリオテの機関長であるマクスウェル。 もうね、 この人はヤバいです。 ヘルシングを楽しくさせてくれたキャラは間違いなく少佐とマクスウェルです(断言)。 とにかく、 脳内麻薬をどばどば分泌しまくっているとしか思えないテンションと口の悪さが魅力です。 マクスウェルは、少佐率いるミレニアムのロンドン侵攻に乗じて、英国を、ヘルシングを裏切ります。 宗教裁判だと言い、英国を被告として「死刑」判決を下し、英国市民を無差別殲滅攻撃に出るのです。 その時のセリフがこれです。 蝶の様に舞い 蜂の様に死ね!! 「ヘルシング」 7巻 平野耕太/少年画報社より 引用 言われた側の身としては、全く意味不明です! ただ言うならば、大司教に昇格して力を手に入れたことで、長年抑えこんでいた思いが爆発してしまったのです。 テンションが上がりまくって、ハイになって、心で思っていることが素直に口から出ちゃいました。 そういう意味では、物凄く正直な人なのです。 いやー、 マクスウェルは楽しいです。 勢いに任せて言いたいセリフです! 考えるな、感じるんだ! というセリフです。 【こういう時に使える!】• スマブラで対戦してテンションが上がった時(接待プレイ時は禁止) 6位 「命令は唯ひとつ……」インテグラ:ミレニアムに向け出発するアーカードに命じる 命令は唯ひとつ 『見敵必殺』 以上 「ヘルシング」 3巻 平野耕太/少年画報社より 引用 もはや インテグラの代名詞といって過言ではありません! 今となっては、 インテグラといえば『見敵必殺』 なのか、 『見敵必殺』といえばインテグラ なのか、分からないくらいです。 このセリフは、ミレニアム討伐に南米へ向かうアーカードに対し下した命令が最初ですが、シンプルにして明確。 敵は絶対に容赦しない、 インテグラの意志を象徴するセリフです。 インテグラはこの後、何度も同じように命令を下しますが、記念すべき一発目です。 このセリフの良さは、日本語もそうですが、英語で口にするのがまた良いです。 こんな命令、一度でいいから下してみたいです! 「ヘルシング」 10巻 平野耕太/少年画報社より 引用 尚、巻が進むとこんな感じに。 もはや敵のボスキャラ感しかありません。 『見敵必殺』お姉さん、インテグラル・ファルブルケ・ウィンゲーツ・ヘルシング(長いよ!) 言葉自体は映画「フルメタル・ジャケット」で使われたパロディですが、キャラとシチュエーションと前後の言葉含めて見事な名言に昇華させてくれたのがインテグラ様でした。 「サーチアンドデストロイ」を「見敵必殺」と日本語訳するセンスも素晴らしい。 アーカード流にいうなら、 「股ぐらがいきりたつ」セリフです。 【こういう時に使える!】• サバゲーで司令官役になり、メンバーから指示を求められたとき• 家で「G」を見つけ、同居人(いれば)に退治をお願いするとき 5位 「他人の女に手ェ出すからさ!……」ベルナドット:セラスとともに戦い、大尉に向けて決めゼリフ 死んだけれど、 傭兵隊長のベルナドットは作品中では屈指の『勝ち組』です。 惚れた女(セラス)の中でずっと一緒に居るわけですから。 ベルナドットを喰い、本当の意味で吸血鬼となって強さを手に入れたセラスですが、だけど戦いについてはまだまだアマチュアです。 そんな セラスをサポートするのが傭兵隊長で戦いのプロであるベルナドットです。 ミレニアムにおける最大戦力の「大尉」と対峙するセラスをベルナドットはサポートし、遂には大尉を討ち倒します。 その際、 セラスの中から姿を見せて大尉に言い放った決めゼリフがコレ。 他人の女に手ェ出すからさ! 首輪も飛んだぜ あばよ 戦犬 「ヘルシング」 10巻 平野耕太/少年画報社より 引用 リア充ですか!? (実際には死んでますが) 単に、「俺の女に手ェ出すな」と言うだけじゃありません。 人狼である大尉に向かってわざわざ 「首輪も飛んだぜ」 なんて付け加えるのがベルナドットのクサいところです。 ……だが、それがいい! でも本当、「他人の女に手ェ出すから」とか リアルな生活の中で言うこと、まずないですからね。 【こういう時に使える!】• 愛犬(雌)に愛想を振りまいて近寄ってきた他所の犬(雄)を追い払ったとき• 自分の彼女を賭けて戦った相手に向けて 4位 「小便はすませたか?……」ウォルター:グール部隊でヘルシング構成員を鏖殺するヤンに言い返す ヘルシング本部に殴り込んできたのは ヴァレンタイン兄弟です。 グールの部隊でヘルシング構成員達を殺し、インテグラを殺しに弟のヤンが向かってきます。 迎え撃つのはインテグラの執事、 『死神』の異名を持つウォルターです。 ウォルターはヤンとグール達に向けて言い返します。 小便はすませたか? 神様にお祈りは? 部屋のスミでガタガタ震えて命ごいをする心の準備はOK? 「ヘルシング」 2巻 平野耕太/少年画報社より 引用 このセリフ、 元はヤンがインテグラ達に向けて言い放った言葉です。 「ヘルシング」 2巻 平野耕太/少年画報社より 引用 そのまんま、言い放った本人に言い返すウォルターが渋すぎます! 自分の方が優位に立っていると信じて口にした言葉をそっくり返されるという屈辱を与え、実力でも違いを見せつけることで更なる恥辱を感じさせる。 ヤンのセリフだけでも十分に良いのですが、 ヤン単体では単なるチンピラの発言となってしまいます。 英国紳士のウォルターが言い返すことによって、 品のあるファッキンなセリフに見事な変貌を遂げたわけです。 【こういう時に使える!】• かくれんぼの鬼で、隠れている相手を探しに行くとき(皆に聞こえるように)• シャンプーを嫌がり逃げ回る飼い猫を捕まえようと、どこかの部屋に追いつめた時 3位 「それがたとえ那由他の……」アンデルセン:宿敵アーカードと最後の戦い。 勝機を問われて応じる アーカードと唯一対等に戦うことができるのが アンデルセン神父です。 ヴァチカン・カトリックの、神の代理人として神罰の代行者として異形・化物を殲滅すべく鉄槌を振るい続ける、そんなアンデルセンでも、不死であり最強の吸血鬼であり、 拘束制御を解放したアーカードを倒すのは至難の業です。 果たしてアンデルセンが勝つ可能性は、勝機は千に一つ、万に一つもあるのかと問われた際に言い返したセリフです。 それがたとえ那由他の彼方でも 俺には充分に過ぎる!! 「ヘルシング」 8巻 平野耕太/少年画報社より 引用 アーカードとあわせた丁々発止のやり取りが大好きです!! 那由他って、10の60乗です。 勝機は那由他に一つもないのだとしても十分だとは、 凄まじいまでのアンデルセンの心意気を感じさせてくれます。 化物には、異形には決して負けない、必ず倒すというプライド。 アンデルセン本人のというより、カトリックとしてのプライドなのかもしれません。 どんなに劣勢でも、さらりとこんな言葉を放つことが出来るのです。 それでこそアーカードの宿敵といえるでしょう。 【こういう時に使える!】• 学校一の美少女に告白に行こうとして、友人に可能性皆無だと止められたとき• 強力な同業他社ばかりを相手にした営業のプレゼン前に、勝てる可能性はないと弱気な部下が泣き言をいったとき 2位 「運命がカードをまぜた……」少佐:インテグラを宿敵と認め、飛行船へと招く 少佐の発言は名言の宝庫です。 「私は戦争が好きだ」の演説は有名ですが、 口にしたくなる名言として私が選ぶならこちらです。 運命がカードをまぜた 来たまえ 勝負(コール)だ 「ヘルシング」 9巻 平野耕太/少年画報社より 引用 こんなセリフ、口にしてみたいですけれど、 普通に生きていたらいつ、どんな場面でいうことが出来るか想像もできません。 そしておそらく、 実際には恥ずかしくて口にできません。 もともと、 ドイツの哲学者であるショーペンハウアーの名言、「運命がカードを混ぜ、我々が勝負する」を少佐流にアレンジしたものだと思われます。 同じドイツですし。 ですが、 少佐の言い方の方がグッと厨二くささが激増しているのは、畳み掛けるような上から目線の物言い、そして 勝負をコールと読ませるところ。 ここがまさに厨二魂を強く刺激してくれます! セリフの背景には、 少佐がついにインテグラを宿敵だと認めたことにあります。 「ヘルシング」 9巻 平野耕太/少年画報社より 引用 インテグラが直面した残酷な事態、そこで示した決意の言葉、それを耳にして少佐は喜びます。 戦争が大好きな少佐にとって、それまでのインテグラは 「戦争処女」でした。 ですが、インテグラの決意と決断を手放しで喜び、対等の相手と褒め、戦いの場に招いた際の言葉がこれでした。 なんとも 仰々しく、格好つけすぎの招待状です! 【こういう時に使える!】• ポーカーので勝負を開始する際に相手にハッタリかましたいとき• 柔道など競技の団体戦で、思わぬ強い相手と対戦することになったとき 1位 「銃は私が構えよう……」アーカード:立ちはだかるウォルターを前に、インテグラに問いかける アンデルセンを倒したアーカードの前に現れたのは、 ナチスの力により若返ったウォルターでした。 立ちはだかるウォルターを前に、アーカードはインテグラに命令をよこせといいます。 「ヘルシング」 9巻 平野耕太/少年画報社より 引用 インテグラに問いかけるアーカード。 決断せよと、意志を示せと言います。 例え相手がウォルターでもできるのかと問いかけます。 銃は私が構えよう。 照準も私が定めよう。 弾を弾装に入れ遊底を引き安全装置も私が外そう だが 殺すのはおまえの殺意だ 「ヘルシング」 9巻 平野耕太/少年画報社より 引用 アーカードはインテグラの剣であり、銃であります。 だけど、 それを使用して相手を殺すのは、あくまで持ち主であるインテグラが剣を振り下ろし、銃の撃鉄を引くことなのです。 アーカードは過去に同じセリフでインテグラに問いかけています。 しかし、 その時とは状況が、命令の重みが違います。 インテグラが決意をしなければならないのは、 長年彼女に仕え、生命を守ってきた忠実な執事を倒すことです。 そしてインテグラは命令を下します。 誰もが望んでいる命令を下します。 ここでもやっぱり、 「見敵必殺」 「ヘルシング」 9巻 平野耕太/少年画報社より 引用 一位としたのは、 セリフが使われた状況、セリフを受けるものの心理、そしてセリフに対する応答、そのすべてが完璧に揃っているからこそです。 【こういう時に使える!】• サバゲーで兵士となり、司令官に命令を求めるとき• 部屋に迷い込んできたやぶ蚊に殺虫スプレーを向けながら 4、まとめ 今回は『ヘルシング』の中から、個人的に厨二過ぎると考える名言を厳選し、TOP8を紹介させて頂きました!• 命令は唯一つ 「見敵必殺」• 部屋のスミでガタガタ震えて命ごいをする心の準備はOK?• 運命がカードをまぜた などなど、 どれをとってみても自ら言ってみたいと思わずにはいられない、厨二センスに溢れた台詞たちです。 今回はあえて厳選して数を絞りましたが、『ヘルシング』には書ききれないほどの名言が溢れかえっています。 これを機に、自分だけに響く名言を探しに『ヘルシング』の世界にダイブするもまた一興かと思います! マンガタリライター 神門 こちらで読むこともできますので、懐かしくなった方はどうぞ。

次の