コンビニ バイト 髪型。 コンビニのバイト面接で聞かれることは?どんな服装髪型がベスト?

【美容師が教える!】飲食店でバイトする時の髪型!簡単!おすすめアレンジ11選!

コンビニ バイト 髪型

バイト中の髪色や髪型はどこまで自由? 基本的には、バイト先によって髪色や髪型の指定の厳しさは異なります。 世間には業職種が数多く存在し、その内容によって従業員への規律をそれぞれ設けているからです。 アルバイトと言っても就業先の企業の一員として働く以上、企業イメージを構成する中には自分も入っているのです。 バイト先の業職種によって社会的なイメージは異なり、従業員の髪型を含むファッションや行動もそういう先行するイメージで見られていることは念頭に置いておかないといけません。 そういう意味では、直接消費者と接する機会の多い販売業や接客業などは、ヘアスタイルについては規律が厳しい傾向にあり、直接接することのないコールセンターや一般事務などのオフィス系職種はあまり厳しくない傾向があるようです。 業職種による違いだけではなく、他事業を展開する企業では企業イメージが優先して考慮される場合もあります。 業職種が違っても同企業の統一された規則が設けられている場合もあるのです。 髪型が厳しいところはどんな職場? 髪型や髪色のルールが厳しい傾向にあると言われる販売業や接客業でも、その内容はバイト先により違いがあります。 ルールがそこまで厳しくない場合もあれば、徹底して厳しい場合もあるのです。 こうした身だしなみに比較的厳しいルールを設けているバイト先は、百貨店や大手企業の店頭販売員などに多く見られるようです。 社会性を重視した経営展開をしている企業などでは、アルバイトを含む従業員の身だしなみに気を遣う傾向があります。 また、レストランや百貨店、スーパーなど食料品を扱う場合には、衛生面から、制帽の着用と髪の毛をきっちり束ね、食品に自分の髪の毛が落ちない配慮が必要な場合も多くあります。 販売・接客の髪型が自由のアルバイト 髪型のルールに厳しいと言われる販売や接客の仕事でも、髪型や髪色に制限を設けず比較的自由にできるバイトは以下が挙げられます。 ・アパレルショップ ・雑貨・コスメ ・カフェ アパレルショップの販売員は、自社の製品を着こなし、その魅力を消費者に提唱するロールモデルの要素も求められます。 そのため、髪型や髪色については、規制があるどころか、かえってブランドイメージに合うものを推奨される場合もあるようです。 雑貨・コスメショップではアパレルショップ同様、売り場に並んでいるコスメやネイルなどを実際使用し、消費者に見せることによって、その商品価値を知ってもらうことも大切なことです。 使用しているコスメとマッチした髪型や髪色は、より販売促進につながる可能性もあります。 カフェではおしゃれなコンセプトを大事にしている店舗が多くあります。 従業員がみんな同じヘアスタイルで統一するよりも、それぞれ個性を出していったほうが店のイメージをアップさせる効果が高い場合もあるのです。 ただ飲食を扱うため、清潔であることは大前提でしょう。 これらの職種は髪型が自由な場合が多いと言われていますが、従業員の身だしなみルールは店舗ごとに違うので、求人広告や面接で必ず確認しておきましょう。 その他の業職種で髪型が自由のアルバイト 髪型や髪色の自由度が高いバイトは、そのほかにも様々あります。 その例をあげてみましょう。 ・一般事務・データ入力・コールセンターなどのオフィス系職種 ・イベント企画や会場設営などの接客をしないイベントスタッフ ・引っ越しや梱包・検品・仕分けなどの軽作業 ・バックヤードでの食品製造 電話応対やファイリング、データ入力などの事務やコールセンターなどの内勤事務系バイトでは、髪型や髪色の自由度が高い傾向があります。 その理由は主に、業務上直接消費者と接する機会がない場合が多く、消費者へのイメージを考慮する必要がないからです。 ただし制服着用となっている場合は対応する必要がありますし、服装自由であってもどの範囲まで認められているのか、事前に確認しておくことが望ましいでしょう。 イベント企画や会場設営など屋外でおこなうアクティブな業種の場合は、動きやすさや暑さ・寒さ対策の方が優先して考慮されるため、服装、髪型ともに自由な場合が多いようです。 また、製造や仕分け、検品など工場などで行われる作業や力仕事の引っ越しの場合も、髪型などの規制がない場合が多数派です。 しかし、こちらの職種もあくまでも傾向ですので、服装や髪型などの詳細についてはバイト先に事前に確認するようにしてください。 髪型にこだわりたいなら自由にできるバイト先を! アルバイトには様々な業職種があり、若いからこそ携わることのできるバイトも多く存在します。 どういったバイトをするかは、そのときの自分の希望条件や将来のことを考えた上で決めることが多いでしょう。 また、多くのファッショナブルな髪型や髪色にトライできるのも学生時代といえます。 気に入ったヘアスタイルや髪色をキープしていたいが、バイトが必要ということもあるでしょう。 自分のスタイルを保持したいが、興味があるのは髪型や髪色の規制がある仕事というジレンマに陥る場合もあるかも知れません。 そのような場合は、バイト先の担当者にその旨を伝え相談してみるのもひとつの手です。 もしかしたら双方が調整できるポイントがあるかもしれません。 ただ、自分のスタイルが強い場合は、髪型や髪色が自由のバイト先の中から選ぶことが無難でしょう。 バイトの目的と自分のファッション性を双方考えて、バイトをピックアップしてみましょう。 関連する求人情報•

次の

コンビニバイトは大学生におすすめ?コンビニで働くメリット・デメリット

コンビニ バイト 髪型

清潔感重視!セブンイレブンのルール 2018年現在で店舗数ナンバーワンを誇るコンビニがセブンイレブンです。 そんなセブンイレブンでバイトをする上でのルールですが、重要視されるのが「清潔感」です。 食品を扱う中で、ふとした瞬間に髪の毛などの異物が入ってしまっては、不衛生という印象を与えるだけではなく、お客様とのトラブルの原因にもなりかねません。 おいしいものを売りたいのであれば、それに合わせて販売員も清潔な身だしなみを心がけるべきだという考えから、アクセサリー類はすべてはずすように言われます。 指輪やピアスはもちろんのこと、腕時計もダメだという徹底ぶりです。 髪色に関しては個性的なカラーや明るすぎる茶髪は禁止されることが多く、面接時に「髪色を暗くできますか?」と尋ねられることもあります。 それが無理だという人は雇ってもらえない可能性があると覚えておきましょう。 女性の場合には髪が長い人もいますが、肩につく長さになった時点で結ぶよう言われます。 とにかく印象を重要視する会社なので、不衛生な印象があればバイトであろうと正社員であろうと、厳しく注意されてしまいます。 身だしなみに厳しいファミリーマートのルール 店舗数2位を誇るファミリーマートですが、基本的に身だしなみに厳しいコンビニだと言っても良いでしょう。 もちろん店長などの上の立場の人間によって若干基準が変わるので、一般的な企業よりも厳しく言われるという人もいれば、あまり厳しいと感じなかったという人もいます。 ファミリーマートでは、黒以外の髪色、ネイル、ピアスは一切禁止です。 地毛とほとんど変わらないほどの暗い茶髪であればほぼ問題ありませんが、明るすぎると注意されることもあります。 セブンイレブンと同様に、髪が長い人は結ぶよう言われます。 男性の場合ヒゲも禁止なので、きちんと剃ってきて清潔感のある状態で出勤する必要があります。 比較的自由度が高いローソンのルール 店舗数3位のローソンですが、上位2つのコンビニバイトに比べると、ルールが比較的ゆるめなところが多いようです。 まず、髪型や髪色に関してですが、もちろん接客業なのでカラフルな髪色や、デザインの入った剃り方をしているなどの個性的な髪型は避けるようにした方が良いです。 お客様と接するお仕事ですから、相手に不快感を与えない身なりにしておくことが大切です。 髪の長さも長ければ結ぶように言われますが、肩につくくらいのボブであれば結ばなくても大丈夫でしょう。 次にネイルやピアスに関してですが、食品を扱うのでこれらは禁止されています。 しかしピアスに関しては目立たないものであれば注意しないという店舗も多いので、一切禁止というほど厳しくは見られていないのが現状です。 ただ、もちろん店舗の方針によっても異なるので、事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。 食品を扱っているという自覚を持とう コンビニバイトは多くの学生やフリーターも働いています。 24時間営業なので働きたい時間帯を選べますし、マニュアル通りにやれば仕事ができるような仕組みになっているので、やる気さえあれば誰でも挑戦できるでしょう。 そんな敷居の低さから「どんな格好でも大丈夫」と勘違いしている人もいます。 しかし、忘れてはならないのがコンビニのバイトでは食品を多く扱っているということです。 工場で出来上がった製品がほとんどなので、店舗内で調理をするものは少ないのですが、それでも人の口に入るものを扱っている以上、清潔感を持って扱うようにするのは常識です。 コンビニと一言に言っても、店舗にはいろんな種類があります。 知名度が高く店舗数も多いセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンを例に挙げましたが、その他にもミニストップやサークルKサンクスなど様々なコンビニがあります。 お店によってバイトの身だしなみの基準は違うものの、清潔感を大切にしているという点では共通しています。 例えばレストランや居酒屋などの飲食店で、髪の毛がボサボサでヒゲをのばしっぱなしにしている不衛生な印象の人が作った料理と、きちんと髪の毛をまとめてヒゲを綺麗に剃った清潔な印象の人が作った料理では、どちらを食べたいと思いますか? 多くの人が清潔感を感じられる後者を選ぶでしょう。 口に入るものだからこそ、人は安心して食べられるかを考えながら食べ物を選びます。 コンビニバイトをするのであれば「安心して食べてもらうためにはどうしたらいいか」を考えながら身だしなみをととのえることが大切です。 まとめ:ルールはお店によっても異なる!事前に確認をしておこう コンビニバイトのルールは、基本はどこも同じですが、若干ルールの違いがあります。 そのためお店が何を重視して運営をしているのかを考え、それにそった働き方をすることが大切です。 コンビニでバイトをするのであれば、事前に店長に身だしなみのルールを確認し、注意をされることがないようにきちんと身だしなみをととのえて仕事に挑みましょう。 コンビニ・アルバイト派遣の求人をお探しならコンビニスタッフプロモーション コンビニスタッフプロモーションは、日本最大級のコンビニスタッフ求人情報サイト。 東京、神奈川を中心に、約7000件のコンビニ・アルバイト派遣の求人情報を掲載しています。 ・・などさまざまな条件の中から、昼間のちょっとした時間に働きたい主婦さん、土日や平日の夜に短期、日払いで稼ぎたい学生さん、フリーターの方々など、 あなたのライフスタイルに合わせたお仕事を探してみてください。 コンビニ・アルバイト派遣の求人情報ならコンビニスタッフプロモーションにお任せください。

次の

<毎日更新>コンビニのバイト・アルバイト求人情報【フロムエー】|パートの仕事も満載

コンビニ バイト 髪型

仕事内容はだいたいどのコンビニも似たようなものです。 やり方が違ったり、レジが違うので覚えていくしかないです。 コンビニのバイトも以外と覚える事がたくさんあります。 いつもコンビニに行くと暇そうにしてるのは仕事に手を抜いてるだけです。 バイトも契約して働くんで、軽い気持ちはだめですよ。 コンビ二って接客、マナー、態度、表情、言葉遣い、清潔感・・・色んな仕事の基礎が経験できる仕事だと思います。 いつもお客様に見られているし、やることもたくさんあります。 髪の毛も当たり前に明るすぎる色はダメです。 就職活動で茶髪で行きますか? それと同じです。 直営店は厳しいですし、FC店でもオーナーとかによっては判断のゆるいところもありますが、コンビニって見た目で採用、不採用も決まる事はあります。 どのコンビ二がいいとかはないです。 自分がその店に行き、嫌な感じならそこにいくのをやめたらいいし、同じコンビニでも差はありますよ。

次の