仁 友 堂 メンバー。 現場レポート|TBSテレビ:日曜劇場「JIN

Amazon

仁 友 堂 メンバー

「戻るぜよ。 先生」龍馬の声に我に帰った仁は、二人で坂を転げ落ち、川にはまった。 仁は、橘の家の門を叩いた。 恭太郎に、勝先生に、竜馬探索の手を打ってほしいと。 下流のあたりを必死で探す恭太郎たち。 勝も仁と一緒に捜すが見つかったのは草履の片一方だけ。 勝は、当分海軍は龍馬なしで。 よくしたもんで、勝がいなくなれば、それにふさわしい人が出てくると、達観していた。 仁は、竜馬なしで歴史は動くのか?と思った。 < 心配しないわけではなかったが俺は半ば確信しつつあった。 龍馬さんはタイムスリップしてしまったのではないだろうか。 そしてあの患者として病院に運ばれてきて物珍しい土産として 救急医療用のパッキンやホルマリンを持ちだろうとした。 だけど龍馬さんが、あの患者として戻ったということは、 俺はもう、戻れないということか。 > < もう、誰一人秘密を分かち合ってくれる人も無くここで一人で きて行くのだろうか?見慣れてたはずの江戸が別の町に見えた。 そして、坂本竜馬だけをどこかへ押しやったまま、時の川は 再び流れ始めた。 それぞれをあるべき運命の船に乗せ・・・> 咲は、、嫁ぐ先の蒲毛と初めて会った。 野風は、そろそろだなと、彦三郎に言われて、うなづいていた。 佐分利が、乳の岩(乳癌)の事ならお役にたてるかもしれまへんと、本にして 自分の知識を仁に渡してくれた。 < 時の川は、再び流れ始めた。 それぞれをあるべき運命の船に 乗せ運んで行く。 誰も見た事のない時のかなたへ。 俺の知らない 未来へと続く、運命の扉> どうして最終回と言うとナレーションが多いのでしょう。 説明ばかりはいけまんよ。 佐分利は これは依然私が乳の岩について調べたものです。 と言った。 仁は曖昧にごまかした。 佐分利はかつて女郎たちに金を払って調べさせてもらったと、言った。 仁が、逃げれば佐分利が南方先生らしくないと痛い所をついた。 未来殿写真は、2人が白衣を着て鮮明に映っていた。 だからこれでいいと仁は安堵していたが、そうもいかなくて花魁野風に文を書く羽目に陥った。 仁は、佐分利と2人で野風を診察した。 佐分利は,乳首の周りを押して汁が出た事があったかと聞くと野風は「ありんす」と答えた。 しこりは硬く、周囲と癒着があります。 熱や疼痛も無く、 その他の様子かも乳ようとはおもえまへん。 まだ脇の下にしこりはみえませんが、乳の岩特有の 汁が出る。 私の経験では、まず乳の岩に間違いありまへん。 仁は焦った。 そうとも言い切れないんじゃありませんか? え?! 乳頭分泌は、悪性の岩に限ったことではありませんし 良性のものであれば、取り出す必要もないでしょうし 先生、まちがい無くたちの悪い岩です。 乳房にメスを入れるのは大変なことなんです。 切ることになれば・・・身請け話も潰してしまう事に なるでしょうし、私にはまだ判断が・・・ しかし! 南方先生がそうおっしゃるのなら、切らぬ方が 良いのでありんしょう。 野風) 吉原からの帰り道佐分利は、自分の見た手を信用してもらえないと言う事ですねと仁に寂しそうに言った。 仁が生田、買うていできないから自分には切る勇気がないkと言っても、それは信用してもらえないと言うことだと彼なりに気落ちした様子で言われた。 帰宅すると山田から佐分利が、かつて岩の研究で「合水堂」の当主華岡良平先生に認められ、あの若さで、華岡流の免許皆伝になったと知らされた。 だが、岩の手術を頼まれた女郎の手術は成功したが、感染症が元で亡くなったそうです。 佐分利を面白く思わない者たちがここぞとばかりに「人斬り医者」とやられたそうです。 身の上を隠し逃げるようにしてこちらへ来たと教えてくれた。 仁は、自分のために身の上を明かす決心をした。 手術となればエーテルより深く長く効く麻酔が必要であろうと、華岡流の秘伝「通仙散」を作る準備を始めていた。 聞いて仁は驚いた。 秘伝のものなんかいいんですか? 佐分利は以前の腑分けの事を償いたちのだと思います。 恭太郎は、咲の性分として、このままうまく立ち回る事は無理と案じていた。 とはいえ、もうすぐ結納。 断れない時期にきていた。 仁は緒方先生の墓参りに行った。 後をつける男がいた。 友仁堂に戻った龍馬だった。 仁は、野風についての悩みを墓前で吐露した。 勝に、竜馬は聞いた。 目の前の子どもを助けると他の自分の子が殺される時、その子を助けるかと。 勝は、誰かに決めてもらうと言った。 吉原にきていた仁を後ろからつつく龍馬。 さらに脇道へ連れ込み、突然土下座して、野風を助けてと懇願した。 手術すれば、身請けは無し、女郎も廃業。 となると龍馬の出番だと本気で思っているようだった。 辰五郎親分に仁は聞いた。 前に好きだった女性のいる家をそうとは知らず、火事を食い止めるために壊したが、家にいるのを知っていたら壊しましたか? 発つゴロは、あいつは、「こわせ」と言ったかもしんないな。 悩む仁の心が決まった。 走って友仁堂へ戻ると、佐分利に「通仙散」をお願いしますと声をかけた。 嬉しそうに返事する佐分利。 佐分利と、仁は、鈴屋で野風と話した。 もし・・・うまくいかずともあちきの手術は、先生方のご研鑽の 一つとなりんしょうか? もちろんです! あちきなぞが医術のお役にたてるのなら これほどの喜びはありんせん。 この命 お預けしんす。 花魁廃業の日、野風は、白無垢をきて吉原を出た。 門まで来ると、高下駄を脱いで裸足になった。 空がちょいと高うなりんした。 こんな形でなければこの門はくぐれなかったわけで・・・ 御下問の方は、藩医の三隅にもっと研鑽に励めと言われた。 南方を敵視し、手術中に何が起ころうと構わないと金を渡して、うっぷんを晴らそうとした。 橘の家に、佐分利が寄った。 そのまま置いてきてしまった手術用具を持ってきてくれと頼まれたと言った。 野風の手術を聞いて、咲は、、いつもの川岸へ行った。 仁が、穴を掘っていた。 帰りかけたが、声をかけた。 すると臆病だから、怖くて写真が見られないから、埋めるのだと言った。 縁談は明日が、湯いい脳と聞いて、上手く行っているのですねと仁は喜んだ。 仁友堂で、野風は龍馬と話していた。 世と言うのは、万華鏡のようなものではないかと 思う事がありンす。 人と言う玉が筒の中に入れられており、 人の手が回すのでおじゃりんす。 ほんの少し回すだけで 隣り合う玉が代わり、すると現れる模様もがらりと 変わる。 浮世の面白さでありンすよ。 その話をいつかしてやってくれるかい、南方仁に。 目に見える模様は違えど、実は中にある玉は けっして変わりないちゅう話を。 しこりの大きさは1寸。 乳頭腫瘍間の距離も1寸。 できるだけ乳房を残したい。 一方咲は、蒲毛家の使者がきた。 うちかけをきて廊下を行くと、仁の 「咲さん、メス」と言う声が聞こえてきた。 意を決して,使者にこの品受け取れませぬ。 私には行くべき所がと言いだした。 恭太郎は、そんな咲を庭先へ放り投げ、 とんでもないことだと言って自害せよ世探検を抜いた。 しかし、咲には、逃げろ、後はどうにかすると言った。 走る咲。 走る・・・ 仁友堂には藩士たちが女郎をかくまっているので改めに来たと、ずかずかと来た。 ドアが、壊されようとした。 おやめくださいまし! なん人たりとも消毒する事無く手術室に入ることは 許されませぬ。 ここは医者の聖域です。 このようは所業は討ち入りも同然、あなた方もご覚悟召されいと、 短刀を喉に当てた。 咲が、入り口を固めていると、仁が出てきた。 藩士は、大殿を部情した女郎をかくまっていると言いがかりをつけたが、仁は、鈴屋から、おお殿は、「養生するように」と仰せられたと聞いていた。 それは、大殿の命かと聞くと、慌てて帰った。 咲は短刀で喉を傷つけた。 野風が気がついて、仁を捜しに咲が出た。 茫然と仁が座っていた。 写真が消えたと言った。 これは、仁が解放されたことだと言った。 縛られるものが無くて、 ほっとしている自分がいると言った。 酷いのは私です。 「未来から解放された」と言う仁にほっとしたと言った。 良かったんですよね、これで・・良かったんですよね。 はい! 良かったんですよね。 はい! 野風は、経過が良く、仁友堂から退院した。 お願いが阿ありンすと、仁に少し傍へと寄らせて胸倉をギュッとつかみ キスをした。 驚く面々。 医術以外隙だらけの人だから黄をつけて咲に教えた。 雪が降ってきた。 龍馬は、まだ雪に成りたいかと聞いた 野風は振り返り、あっかんべーをして まっぴらごめんでありんす! これからは己の足で行きたい所にくでありンす。 そこで誰かと出会い、誰かとしたい慕われ、 誰よりも幸せになるでありンす。 南方先生の手で生まれ変わらせて頂いたのでありんす。 南方先生、ほんに・・ほんに・・・ありがとうござりんした。 よかったです!私は、あなたを助けられて、よかったです。 良かったです。 野風さん。 野風はもう振り返らなかった。 水と言うのは不思議な物でございますね。 雨になったり湯気になったり、氷になったり y吹きになったりさまざまな姿になるけど 本当は全て水。 そして私たちの目には見えずとも この世から消えてなくなることはない。 私はそう思います。 <あれはそう言う事なのか? あんなふうに未来も生まれ変わって、・・・> 龍馬も行くと言った。 川岸で、もう知っているかもと言いだした仁に、 10年先100年先を知った所で 日は一日一日明けて行くだけじゃ。 一歩一歩進むしかないがじゃ。 ワシも先生も地を這う虫のように。 じゃあ、竜馬さん、また明日。 < あそこから出て行かない僕に君はずっと言いたかったんじゃないか。 もう一度歩いてみろ。 きっと思う以上に美しいはずなんだから。 人生は。 > 終わってしまいましたが、これはSPがありそうな終わり方です。 だって、何も謎解きしてませんからね。 頂いたTBにお返しができないで 問い合わせしているのですが、 答えが帰ってきません。 ひろくんさん。 ご無沙汰です。 >僕は最終回である程度の謎解きがあると思っていたので、正直、肩透かしを受けた感じです。 それは、とっても大きな片透かしでした。 >ただ、mariさんの見解とかみさんの見解が一緒で、これはTBSが予想外に視聴率が良いので、続編を作るためにあえて答えを先延ばしした、というのが正解だと思います。 それがSPになるのか、「ライアーゲーム」のように第2シーズンにするのか、映画にするのかは解りませんが、マンガでは西郷隆盛との出会いや、仁友堂のメンバーが京都へと向かう話があるので、きっと、そこもドラマ化 または映画化 するんじゃないかな、と僕は見ています。 それをとても大きな期待で待っていますが、さすがに何も告知が無いので、このままか!とドキドキします。 皆の願いが叶いますように 投稿: mariさん、ご無沙汰です。 僕は最終回である程度の謎解きがあると思っていたので、正直、肩透かしを受けた感じです。 ただ、mariさんの見解とかみさんの見解が一緒で、これはTBSが予想外に視聴率が良いので、続編を作るためにあえて答えを先延ばしした、というのが正解だと思います。 それがSPになるのか、「ライアーゲーム」のように第2シーズンにするのか、映画にするのかは解りませんが、マンガでは西郷隆盛との出会いや、仁友堂のメンバーが京都へと向かう話があるので、きっと、そこもドラマ化 または映画化 するんじゃないかな、と僕は見ています。

次の

JIN

仁 友 堂 メンバー

南方仁(大沢たかお)が帰ってきましたね。 音楽とともに一気に「JIN-仁-」の世界へタイムスリップできました。 橘咲(綾瀬はるか)野風(中谷美紀)坂本龍馬(内野聖陽)などおなじみのメンバーもそろってます! 「僕たちは当たり前だと思っている。 思い立てば地球の裏側に行けることを。 いつでも思いを伝えることができることを。 平凡だが満ち足りた日々が続くであろうことを。 昼も夜も忘れてしまったような世界を。 けれどそれはすべて与えられたものだ。 誰もが歴史の中で戦い、もがき苦しみ、命を落とし、息抜き、勝ち取ってきた結晶だ。 だから僕たちはさらなる光を与えなくてはならない。 僕たちのこの手で」 元治元(1864)年夏「ここに来て、もうすぐ2年になる。 2009年、東京で脳外科医をやっていた俺は、なぞの男の脳を手術し、胎児様腫瘍を取り出した。 その男はなぜか腫瘍の標本と、救急医療用のパッキンを持ち出そうとし、非常階段でもめあった俺は、なぜか江戸へタイムスリップ。 そこで1人の青年を助けたことがきっかけとなり、医療を通して、様々な江戸の人たちと出会うことになった。 歴史上の英雄や大切な人のご先祖かもしれない人にも。 その人たちに助けられ支えられ、俺はなんとか医者として生きることができていた。 だけどふと思う。 俺はいつまでここにいるのだろう…俺は何のためにここに送られたんだろう」 仁が仁友堂へ戻ってくると、福田玄孝(佐藤二朗)が往診へ出かけていく所でした。 佐分利祐輔(桐谷健太)と仁は外科担当で、内科の福田に仁友堂の稼ぎを頼ってるのです。 咲はなぜか元気がありません。 咲は兄・恭太郎(小出恵介)のアシストもあって、結納を放り出し仁友堂へ来てしまい、母・栄(麻生祐未)に会いに行けないのです。 咲が未来でもあるか聞くと、仁は結婚式のドタキャンは未来でも気まずいと説明します(笑) * 山田純庵(田口浩正)は町でカリントを買い込んでました。 仁が相談すると、喜市(伊澤柾樹)は「ちゃんと咲さんをもらいますって言わないと」とアドバイスしてくれます。 伊澤柾樹君、ちょっとだけ大きくなってましたね。 茜(橋本真実)は、恭太郎が差控(城へ登れないこと)だと教えてくれます。 仁が橘家の前へ行くと、ちょうど恭太郎が医者を送るところでした。 恭太郎によると、栄が脚気(かっけ)になり、10日前に咲が来たが、栄は会おうとせず追い返したのです。 脚気は江戸患い(わずらい)と呼ばれてました。 原因はビタミンB1の欠如ですが、当時は原因不明の伝染病とされ、最悪の場合、衝心脚気つまり心不全で死ぬこともあったのですね。 栄は仁と会ってくれましたが、生気がなく、やせ細ってくます。 栄は「あなたはこの守り刀のようなお方です。 わが身を守ってくれると同時に、最後はその命をも絶つ。 あなたがいなければ、恭太郎が生きながらえることはなかった。 けれど咲が飛び出すことも恭太郎が差控の憂き目にあうこともなかったでしょう」と話します。 仁は診察し、食餌療法で脚気は治ると説明しますが、栄は「もう生きていたくもござませぬゆえ。 生きていたとして、これより先、私にどのような望みがあるのでしょうか」と仁を帰らせました。 話を聞いた咲が「これは母の私への罰なのです」と言うと、仁は「咲さんは医者でもあるんでしょ。 黙って見ているだけというのは違うんじゃないですか」と話します。 山田がカリントを食べているのを見て、脚気によい食べ物を甘いものにまぜて栄に食べさせることにしました。 ** 龍馬は勝海舟(小日向文世)と、佐久間象山(市村正親)について話します。 三条河原にさらされた首は象山のものでなく、本人は弟子たちにかくまわれたものの、13ヶ所も斬られ重体だというのです。 仁は仁友堂のみんなとドーナツ・道名津を作りはじめます。 脚気に効く食品を使い、カリントに類似した菓子で、栄が手に取るほど珍しいというのが条件です。 野風は横浜で子供たちに手習いを教えてましたが、おばさんから抗議を受けてました。 その口調から、吉原の花魁(おいらん)だったと知れ、男たちが色めき立って困るというのです。 流龍という人からかんざしが届きます。 野風は龍馬からだとわかったようですね。 山田と佐分利が道名津をうまいと食べますが、福田はどうやって栄に食べさせるか心配しています。 そこへ恭太郎が「ひと芝居うっては」と言って来ました。 *** 仁と咲は橘家の外で待っています。 恭太郎が栄に「大吉屋の子供が持ってきたものがございまして」と道名津を出しました。 障子の向こうにいる喜市が「大吉屋で新しいお菓子を作ることになりました。 奥方様はお菓子に詳しいって聞いてさ、味見してもらおうと思って」と話します。 栄は1口だけ食べますが「もう十分です。 喜市ちゃん、大変おいしゅうございました」と道名津を返してしまいました。 帰りに竹林にさしかかった所で、喜市は「お母さん、この辺で斬られたんだよな」とタエ(戸田菜穂)を思い出します。 しかし「明日も持っていこう!明日もあさっても食べて下さるまで。 持って行こうよ!おいらもう見送るの、やだからよ」と手をギュッとにぎりました。 ジーンとしましたね。 龍馬が仁の所へやってきて、象山を助けて欲しいと頼んで来ました。 歴史が苦手の仁は佐久間象山を知りません(笑)蘭方医で蘭学の権威で、砲術にも通じる大学者、さらに勝海舟の師匠で、勝の妹の旦那でもあると龍馬が説明します。 栄のことは咲たちにまかせ、仁は龍馬と山田とともに京へ向かいました。 ペニシリンは乾燥させて持っていくことにします。 咲と喜市はあんドーナツ・安道名津を持っていきますが、栄は食べようとしません。 **** 蒸気船に乗って大坂中之島へ着くと、象山門弟の蟻川賢之助らが迎えに来てくれました。 途中で長州藩士たちが、荷物をあらためようとしてきますが、久坂玄瑞(林泰文)が通してくれます。 第1期で、仁は久坂にペニシリンの効果を見せたのでしたね。 龍馬が「どうしたがじゃ、久坂。 おまえらしゅうないがぜよ」と驚くと、久坂は「私は元々医者だぞ。 坂本、お前は間違えるなよ」と話します。 龍馬が「何をじゃ」と聞きますが、久坂は「早く行け」としか答えません。 仁たちは象山の所へ到着します。 象山は体中に包帯を巻かれ、意識不明です。 象山が胸にぶらさげているお守りを見て、仁は驚きます。 現代の医療用ネットで作られたものだったのです。 元治元年7月19日、京都御所で蛤御門の変が起こります。 長州軍に薩摩軍が銃声を浴びせました。 西郷隆盛(藤本隆宏)は指揮を執りながら、腹を押さえてましたね。 堺町御門で切腹しようとしている久坂を、龍馬が止めます。 仁が象山の心臓マッサージをしていると、象山が意識を取り戻し「わしを呼び戻したのはお前か」と聞き、点滴をはずすよう言ってきましたね。

次の

ファンメッセージ|TBSテレビ:日曜劇場「JIN

仁 友 堂 メンバー

医療とはなんなのか、自分たちは何をすべきなのか。 医の原点が描かれていて感動です。 だからJINの最終回は本当に上手くまとめたなと感心した。 JINは仁先生の精神的再生物語だったんですね。 思えば思うほど素敵なドラマでした。 ありがとうJIN。 平井堅さんの「いとしき日々よ」が離れません。 良いドラマでした~• でも前シリーズ終了時のような喪失感はない・・前回の時は原作も完結していなかったし、ドラマも続きを示唆していたため心に穴が空いている感じがしたのだと思う。 今回はどんなことをしても続きはあり得ない、完結。 だから感動の余韻と共に爽快感がある。 別編作成(例えば原作通りの展開)はあり得ないし、きっと大沢さんも承諾しないと思う。 素晴らしき完全燃焼。 仁先生と咲をも引き離す、どうにもしようがないパラレルワールド。 抗えない事実を受け入れ、それでも何とか想いを伝えようとする二人。 これらのコントラストが素晴らしかった。 何度も何度も何度も泣きました。 たくさんの想いが描かれていて深く考えさせられました。 自分のご先祖様たちの想いまで…またこの感想欄で自分の想像力だけではわからなかった解釈を読み、さらに感動が深まる…本当に稀な素晴らしいドラマでしたね。 でも、咲さんと結ばれてほしかったなあ!! あと、最後だけは歌詞はいいのでそのままMisiaに歌って欲しかったです。 しかし…これは続編ありますね。 JIN-仁-に出会えて本当に良かった! 「では、また明日」「ほなら、またあいた」 記憶は永遠です。 仁と咲はついには一緒になることはできなかったけれど、心は強く強く結ばれている。 たとえその記憶から消し去られても。 咲さんの仁に対する恋文。 素敵でした。 人と人とのつながりとはなんなのでしょう。 いつも一緒にいること?それとも記憶に残ること?それともただ共に大切な時間を過ごしたという事実だけなのでしょうか。 今もJINの余韻に浸っています。 ラストとても素晴らしかった。 今まで疑問に思っていたことが自分の中では全て自分なりに解けたような気がしました。 JINというドラマはこれからもずっと語り継がれるべきドラマです。 そうあって欲しいと思います。 終ってしまったのですが、しばらくは抜け殻になりそうな感じです。 原作に登場しない未来と咲そして野風をこう結びつけたか!と感動。 このドラマでは全ての登場人物が必然だった。 原作に劣らぬ胸にずっと余韻を残す素晴らしい終焉に感服。 ただし原作の結末もかなり感動的です。 今回感動された方々、一読必須です。 咲が先生を全身全霊でお慕い申し上げた思いが、時を超えても消える事のない事実として残る。 そして時を超えて確信出来た「咲さん、私もお慕い申し上げておりました。 」この一言で私の涙腺は防波堤崩れ大洪水となってしまいました。 大沢たかお以前からいい役者だと思ってましたがますますファンになりました。 綾瀬はるかも良かったし、平井堅の歌も良かったね• なんか普通のSF的な終わり方だった。 原作と違うらしいので原作を読んでみようと思う。 でも、咲さんの最後の手紙のシーンは感動しました。 江戸組が熱かったので、現代組は冷めてたなあ。 しかたないかずっとなかったから。 ああ、終わったあ、来週から楽しみがない~。 やっぱり切ない。 咲、野風、仁友堂と共に生きた数年は多くの困難を超え、そして咲との互いに告げぬものの想い合う気持ちは深く、それらがタイムスリップというもとで同じ時間を共に生きれなくなることは。 でも、来週からこの楽しみがなくなる、という悲しみの方が大きい。 大沢さんも綾瀬さんも、本当に素敵でした。 役の大きさに全然負けていない! お二人もハッピーエンドになって欲しいです。 つねに溢れる優しげな雰囲気が南方せんせに合ってた。 原作ファンの作品はたいてい実写は嫌なんだけどこのキャスト、脚本家でよかった。 名作でした。 結末を見届け、「平井堅の歌(の歌詞)は、この結末のためにあったのだな—」と万感胸にせまった。 ここのカキコ序盤「ミーシャの歌の方が断然よかった」コールの中、「2シーズンの内容には平井堅の歌詞と声の方が合っている」って意見出てたけど、私もそう思ってたし、最終回でその思いをあらたに。 ヒロインは綾瀬だと思ってたのに中谷になってませんかこれじゃ。 時空を超えて結ばれたって言っても寂しいわ• 仁先生役の大沢たかおさん、最後まで素晴らしかったです。 現代へ戻った仁先生が咲さんの手紙を噛み締めるように読むシーンで大泣きしてしまいました。 仁友堂の人達の記憶から仁先生の存在が消されてしまい切なかったけれど、一生忘れなれないドラマになると思います。 歴史の修正力。 よくわからなかったが、最後に納得。 自分が知っていた、自分が生きていた歴史が変わっていた。 そして、それが特別でない歴史となる。 偶然の出会い、偶然の出来事に何らかの修正力がある。 それは偶然ではなく必然なんだろうか?• 全ての謎は解けた。 すっきりした。 咲さんは一生独身を貫いててすごい女性だった。 あの実直な 性格そのままで安心したなぁ。 時代を超えて結ばれた二人。 いいドラマでした。 咲が記憶が薄れる中で書いた手紙、先行き長くない野風から養女を向い入れたのも、仁のミキに寄せる思いをおぼろげに憶えていた末の決意だったのかもしれません。 遂に結ばれぬままの二人でしたが、二度と再会のない時の狭間で、時代を超えて想い合い生きる二人を応援したいと思いました。 別格のドラマでしたが、最終回はその中でも別格でした。 できれば もう一度 先生が江戸に戻って咲さんや野風 仁友堂の面々との絡みが見たかったなぁ。 完結はしたけど ラストカットの中谷さんの橘未来が手術されるところから 続編を作ろうとすればできそうだね。 でも役者やスタッフは完結編ということで完全燃焼したから現実的には厳しいかな。 ですが、いくらなんでもCMが多すぎて、感情移入するよゆうがありません。 さすがにあきれます。 5分もしないでCM。 ですが、最終話直前まの話はよかったと思います。

次の