ある店でシングルcdの売上枚数を集計したところ。 スノストのCD売上はずるい?ミリオン達成は合算だから?比較できない理由も |Siru toku blog

オリコン至上主義?CD複数形態販売と売上チャートの現状を考える

ある店でシングルcdの売上枚数を集計したところ

かつて、オリコン年間ランキングからは「その年のヒット曲」を振り返ることができた。 しかし、複数枚購入する「AKB商法」が広まったことで、「本当の流行歌」が見えなくなった。 実際、2010年代に入ってからのオリコン年間ランキングはすべて、AKB48の楽曲が1位を獲得している。 では、そもそも、なぜCDを売るのか? なぜその売り上げ枚数を競うのか? なぜ勝ち負けがそこに生じるのか? ロングセラー『』より特別公開。 オリコンはなぜ権威となり得たか 10年代に入り、AKB48関連のグループがオリコンランキングを独占するようになった。 そのCDには、メンバーとの「握手会」に参加できる握手券や、選抜メンバーを決める「シングル選抜総選挙」の投票券が封入されている。 それを求めてファンは複数枚のCDを購入し、そのことがセールスを押し上げる。 コアなファンは何枚、何十枚、時には何百枚ものCDを買うようになった。 こうした状況を揶揄する「AKB商法」という言葉も広まった。 なぜAKB48は握手会の参加券や投票券「そのもの」を販売するのではなく、それをCDに封入して出荷するのか。 一つの答えとして、「オリコンランキングが今もなお権威を持っているから」ということが言える。 オリコンが毎週発表するCDの売り上げ枚数やランキングの数字が、いまだにメディアに対してのプロモーション効果を持っていると業界全体にみなされているからだろう。 では、そもそもなぜオリコンは権威となり得たのか? そして、オリコン側はこの10年代の状況をどう捉えているのか? オリコン株式会社の編集主幹、垂石克哉に取材した。 「オリコンがシングルランキングをスタートしたのは1968年の1月でした。 その当時、僕は中学生でしたが、初めてラジオ番組でオリコンランキングを知った時の衝撃は大きかった。 ものすごく画期的なランキングだったんです」 垂石はこう語る。 オリコンの登場以前もレコード売り上げランキングはあった。 ただ、それは山野楽器などのレコード店が独自に集計していた、その店の売り上げ枚数のランキングでしかなかった。 しかも売り上げ枚数は企業秘密なので、当然公表されなかった。 ラジオ局が放送していたリクエスト番組のリクエスト数を集計したベスト10も発表されていたが、「本当に売れている曲」を知るためには、そういうバラバラな情報を組み合わせて推測するしかなかった。 そんな時代において、オリコンは、初めて全国各地のレコード店の売り上げを集計したランキングを作成した。 そのことが日本のポピュラー音楽の歴史において、大きな意味を持った。 「それまで、売り上げ枚数という統一基準で、徹底して正確な尺度で作られたランキングというものはなかったんです。 そこが一番画期的なところでしたね。 僕がこの会社に入ったのが1975年頃なんですけれど、最初に入ったのが集計部という、まさにランキングの制作を担当している部署でした。 その当時はパソコンなんて当然ない。 ファックスもない。 毎週月曜日に日本各地のレコード店に電話して、そのお店の売り上げ枚数を手書きでメモしていくんです。 それを電卓で手作業で計算する。 そこから全国の売り上げ枚数の推定値を出していくという作業でした」 当初は売り上げ情報を教えることに抵抗を示すレコード店もあったそうだが、開始してまもなく、オリコンの発表するランキング自体にプロモーション効果があることが実証される。 1位になった楽曲は話題を呼び、それを歌った歌手の知名度も向上し、レコードの売り上げも増した。 その相乗効果でオリコン自体のブランド力も上がっていった。 オリコンランキングの大きな特徴は、それが「指数」ではなく「枚数」だったことにある、と垂石は言う。 そのことがオリコンランキングの価値担保につながった。 「当時、うちの他にレコード売り上げのランキングを作っていた会社が2社あったんです。 ミュージック・リサーチとミュージック・ラボというその後発2社と違って、うちは毎週の『推定売り上げ枚数』を出していた。 他の会社は『指数』だったんです。 指数って、結局のところ何を表しているのかわからない数字ですよね。 でも、売り上げ枚数は出荷しているレコード会社側も把握している。 市場に出荷したうちの何割かが売れたと推定して、その数字と比較すれば、オリコンの正確さがわかる。 実は、毎週毎週のチャートは、レコード会社やプロダクションにとっての検証の場でもあったんですね。 一般のリスナーからは見えない部分ですが、それを積み重ねてオリコンは信頼を得ていったんです」.

次の

(修正あり) Official髭男dism『Traveler』はなぜロングヒットしているか、ビルボードジャパンアルバムチャートから紐解いてみる

ある店でシングルcdの売上枚数を集計したところ

まずは。 あぁあ…良かったよぅー。 ジャニーズなら1位当たり前みたいなところがあって、JUMPもデビューシングル以来、連続1位記録を更新し続けている訳です。 でも、今回はヒヤッとさせられましたよね。 まず、初日 日 デイリーが、「マエヲムケ」を約1万下回っての約13万枚。 前作も、DVD付きが初回1のみ、とJストさんの商売っ気の無さに涙出そうだったんですけども。 さらにそれを下回ってしまった。 そして、もっとハラハラしたのが、デイリーの順位の推移です。 日曜 2位 で言うところのフィジカル指標 CD売上 に強いはずのジャニーズなのに、フィジカル指標のみのデイリーで、初週で1位から落ちている。 その上、4位というのはワタシ多分初めて見ました。 一応、デイリーの数字が出ると推定枚数をメモしていくようにしているのですが、4位になるとその数字すら出ない。 初めて、手元表の枚数記入する枠に、数字でなく「4位のため枚数不明」と書き入れました。 しかも、3位までの枚数も4桁だったりして、これを下回ったか、とハラハラすることに。 日々追いHUMAN してはみるものの、一個人がちょっと買い足したからって何とかなる気がしない。 そんな頃、上で動きがありました。 「ツイートやで順位を支えよう!」という動きです。 あんなに、小うるさくこの一オタクが「アーティスト名」と「曲名 出来れば正式名称 」をセットで呟いてくれ、などと言ったところで全然浸透しないどころか、「ファンタ」「ギミラ」「OT」「リンラリンラ」「ホワラ またはWL」等の略称のみで呟かれることが多く 略称が浸透しているということは、それだけ愛されている印でもあるが 、のツイート指標は全然振るわないのが常だったというのに。 今回は、タグ付けもちゃんとしている。 #HeySayJUMP #COSMICHUMAN そうなんだ、JUMPのアーティスト名って「!」が入っている時点で、のタグ付けに向かないところがあります。 記号が入ることで、区切られてしまい、 Hey! Say! JUMPと正式名称を入れると、 Heyっていうタグになってしまうかなしさ。 だから、「! 」は除かなくてはいけない。 なのに、今回は曲名にもトラップが。 COSMIC とHUMAN の間を空けてもダメなんですが、そこもちゃんとクリア出来ていて良かったな、などと考えていられたうちは良かった。 あれ?なんだか、おかしな方向に事が向かっているぞ? 「100RTで、35枚買ったことになるから、RT頑張ろう」「買わなくても、こんな形でJUMP に貢献出来る」「RTして、1位頑張ろう」 ちゃうよーー!とが混ざってるし。 買わなくていい訳あるかいなー! 上でも、丁寧に違いを説明している方たちはいたのですが、そのツイートこそ大してRTされていないかなしさよ。 ただ曲名とJUMPの名前だけを羅列したツイートはRTしまくられているというのに…。 こりゃあかん、今後の事を考えてもあかん、ということで、とのランキングの違いを自分なりにまとめてみました。 これが、今回の本題と言ってもいいです。 対象は各CDショップのレジを通ったもの、ネットショップで購入されたもの。 ただし、集計協力店から上がってきた数字をまとめるので、協力店以外で購入したものは残念ながらカウントされない。 については言及されていないので、ディスクとして形あるものの購入だけがカウントされていると思われる。 参照: デイリー 日の販売数から確認出来る。 翌日の夜 19時ごろ に前日推定販売枚数を表示。 つまり、発売初日の夜に、日の売上枚数を見られる。 ただし、有料の会員以外が枚数まで閲覧できるのは上位3位のみ。 推定枚数が1の位まで表示されているために、「昨日私が買った分がここに反映しているわ、うふふふ」という自己満足を味わえる乙なサービスである。 週間ランキング 発売翌週の火曜朝? 少なくとも今回はこの時間 にニュースとして、まずは発表される。 「1位連続23作目」、などというのはここから。 確かにこういった記録にこだわりそうな事務所ではあるので、ファンが連続記録を止めたくない、それもよりによってメンバー主演ドラマの主題歌で、と思うのは良く分かる。 サイト上で週間シングルランキングが反映するのは、のサイトでは更新は毎週火曜17時ごろとあるが、実際確認出来るのは水曜17時ごろ。 もしかしたら有料会員は火曜、それ以外は翌日、と会員優先の仕組なのかもしれない。 「『所有』と『接触』を組み合わせた総合チャート、共感性の高い『楽しいヒットチャート』」と公式サイトにあり、分かるような分からんような。 月曜から水曜の3日間の数字を集計、とあるが、さすがに発売2日前に、レジを通るCDは少ないと思われるので、実質2日分。 デイリーの2日分の数字より少し上回るのが常 データ提供元が異なるのと、あくまで「推定」売上枚数なので。 もも、それぞれ集計協力店以外の数字は流石に把握出来ない 週間セールスチャート速報 発売翌週の月曜に出る。 ここで、出る数字はあくまでもセールスチャートなので、ツイート数などは加算されていない。 初週累計販売数が確認出来る。 JAPAN HOT100 の週間ランキングに相当。 ただし、上記のようにセールス以外の指標も加味した総合ポイントによるランキング。 めざましエンタメコーナーで発表されるランキングは、ここのところの「U. 」が何位か、ということを取り上げているので、週間セールスチャートではなく、こちらの複合的チャートであるHOT100を取り上げていると思われる。 だから、Billboard1位取れた!と月曜のセールスチャート速報を見て喜ぶのはまだ早い。 以前は、セールス指標が何位、ツイート指標が何位、総合で何位、というのがわかり、グラフ化もされ、並べ替えも出来る楽しいランキングサイトであったが、現在は独自に計算された総合ポイントによるランキングになっている 残念である。 グラフを見て、アーティストごとの傾向をふむふむと考えるのは面白かったのに。 ツイートの集計データを提供しているのは、社であることだけは公表している。 そう、ツイート情報は、一応匿名化された上で商品になっています。 そんなデータを誰が買うかと言うと、その良い例の一つがな訳です。 ビジネスとしてのデータ利活用成功例。 が、ただで利用出来るのは何故か。 発売前の楽曲もツイートによりランクインすること。 この2つから、無関係と考えています。 発売前楽曲がツイート指標でランクインすることについては、以前何故発売前なのにランクインしているんだろう?と調べてみたところ、アイドル卒業に伴って、最後のシングルが彼女がセンターであること、歌詞の内容が彼女の卒業に沿ったものでは、というファンの様々な歌詞解釈がたくさん出たことが理由なんだなぁ、なるほど、と思ったことがあります。 最後に 「ランキング」と「のヒットチャート」の違い、拙いまとめでしたが、伝わっていれば幸いです。 一個ずつ確認していたら、だいぶ時間かかってしまい、遅くなりました。 順位にハラハラしたり、ワクワクしたりするのは、ファンだからこそかと思います。 今後も、ドキドキしながら、ランキングを追っていくのだろうなぁ。 ちなみに、本記事はあくまでも一個人が個人的に確認した内容です。 また、がこの2年の間にガラリと順位表示形式を変えていたりと、常に変化する可能性がありますので、その辺りは何卒ご了承よろしくお願いします。 ingIgni.

次の

音楽配信は成長続くが音楽ソフトは縮小…音楽CD・有料音楽配信の売上動向(最新)

ある店でシングルcdの売上枚数を集計したところ

対象店が増加したことにより、これまでには見られなかった作品のランクインも確認されている。 ここでは、「補正」に絡んだ全国推定売上の精度と、集計作品の変化についてを分析していく。 ・集計作品の変化 最新の週間チャートで28位に入ったのは、人気AV女優の結城リナと現役派遣社員のねーさんによる女性ユニット・美女木ジャンクションの「ポリバケツ」。 売上は4000枚以上を数えた。 実はこの作品は、コンビニチェーンの「ローソン」のみで販売されたという「ローソン限定盤」。 以前はこうしたコンビニチェーンでの売上そのものが週間チャートに反映されていなかった Amazonなどのコンビニ払いは、Amazonなどの売上になるため集計対象。 今週のチャートでは、今までにはなかったこの種の作品のランクインが確認された。 ・売上補正の変化 これまでのデイリーチャートで発表されていた指数は、オリコン公式の記述から考えると、デイリー集計店のみの売上で弾き出されてきたと考えられる。 そのためなのか、週間チャートとの誤差が非常に大きかった。 例えば7日間の指数の合計が10000だと、実際の売上は約17500枚となっていた。 このような誤差を考慮して売上を推定するために、当サイトでは指数公開開始直後に補正係数という数値を設定し、計算を行ってきた。 75ということで、基本の係数は1. その他、アニメ作品や演歌作品など、デイリーでカバーできていない店に売上が偏る場合は、係数が上昇する。 また、逆にデイリー集計店に偏る場合は、係数が減少していた。 またこの「1. 今回の分析にはこれを使うため、覚えておきたい。 また、単位は「枚」と明示された。 そこで、誤差のほうはどうなったのだろうか。 実際にデイリートップ3に入り続けた作品の例をもとに検証すると、以下のようになった。 なお分析の都合上、この記事のみ週間売上枚数を1ケタまで掲載する。 デイリーの数字の合計は、これまでに比べて週間に近いものとなっている。 この新制度では、恐らく次のようなことを行っている。 ・毎日「売上枚数の推定」を実施 オリコン側が集計できているのは、全国のCDショップの約6割という。 この数字から、全国でどれだけ売れているかを推定して発表するのが、「週間推定売上枚数」と呼ばれるこれまでの週間枚数だった。 この「推定」を行うのは、これまでは週間集計時のみだったと見られる。 そこで、「推定」を行わないまま発表されていたのが、デイリーの指数ではないかという仮説を立てたい。 その仮説のもとで、推定売上がウイークリー単位ではなく、デイリー単位で毎日推定されて発表されるようになったとすれば、前の記事で述べた次の仮説の内容と合ってくる。 仮説 従来補正係数を掛けて得ていた売上値に近い数字が発表されている。 つまり、オリコン側で新しくデイリー集計時に「推定」を行う工程が増えたと考えればいい。 これが正しければ、全国推定売上の合計が週間推定売上に近いという現象が説明できる。 また、週間集計時には改めて「推定」を行っているのは間違いない。 これまでオリコンがデイリー単位で全国規模を推定していなかったため、その分を余分にかける必要があった。 その数値が1. 新制度のもとではオリコン側が推定を行ってから発表するようになったため、かける数値が1. 01まで減ったのでは? ということ。 あくまでも仮説のもとでの話。 具体的な工程はこうだろう。 ・暫定順位コーナーの変化 今のところ誤差の平均が1. 01と改めた。 また、演歌補正やアニメイト効果などについては、これよりも高い補正がついている可能性が高いという分析結果を得ている。 集計の変化における暫定的な仮説とまとめは以上となる。 今後も何か変化が生じたら、その都度対応していきたい。 関連記事 ・ ・ 先週まで採用、文中引用の当初の仮説掲載 ・ オリコン・エンタテインメント 2009-02-19 売り上げランキング : 26831.

次の