新宿区 婦人科。 《電話受付可》 女性ライフクリニック新宿(新宿区

新宿区にある産婦人科33選。女性の体の事なら、オススメ人気の医院などもまとめてチェック。

新宿区 婦人科

新型コロナウイルス流行に伴うお願い 当クリニックはコロナウィルスによる緊急事態宣言発令後も、細心の注意を払いながら診療を行っております。 当クリニックでは感染予防及び感染防止のため下記の対策をおこなっております。 ・消毒液で手の消毒をお願いいたします。 ・ご来院前に必ず熱を測っていただき、万一熱があった場合(37. 5度が目安)には、ご来院をお控えいただきますようお願いいたします。 また、ご来院いただいた際にも、医師の判断により診察・処置をお断りさせていただくことがございます。 (熱が下がり平熱で2週間以上経過すればご来院いただけます。 ・予約、来院時にすべての患者様に検温と体調が良好であるご確認のご署名をお願いしております。 ・海外渡航歴がある方は、入国後2週間以上経過し、体調に異常がないことを確認してからご来院いただきますようお願いいたします。 また当クリニックスタッフも下記の対応を徹底しております。 ・マスクの着用• ・アルコール消毒の習慣化• ・出勤時に必ず検温し、発熱等の症状があった場合、労務の禁止 患者様ならびにスタッフの健康と安全のため、ご理解とご協力をお願いいたします。 診察予約は必要ですか? A. 新宿駅前婦人科クリニックは基本的には予約制とさせていただいておりますが、お急ぎの場合などは予約されていなくても診察可能です。 しっかりと患者様のお話を伺って、分かりやすくご説明することと、ご納得いただいてから診察・手術等行うことを大切にしておりますため、状況によってはお待ちいただく時間が発生してしまいますことをご了承ください。 クリニックはどこにありますか? A. 当クリニックは、東京都新宿区新宿3-1-16京王新宿追分第2ビル4階にございます。 最寄り駅は、東京メトロ丸ノ内線・副都心線「新宿三丁目駅」A2出口より徒歩1分、JR線「新宿駅」東南口より徒歩4分、都営新宿線「新宿三丁目駅」C1出口徒歩2分となっております。 来院される際に場所がご不明な場合は、お電話いただけましたらご案内いたします。 低用量ピルはどのような薬ですか? A. 低用量ピルは女性ホルモンの成分が含まれた薬のことで、毎日決まった時間に1回内服することで排卵を抑制し、正しく服用すればほぼ確実に避妊をすることができます。 また低用量ピルには避妊の効果以外にも副効用があり、つらい生理痛や月経前症候群(PMS)の改善・生理周期を整える・生理の期間をずらす「月経移動」も可能で、女性の生活の質の向上に役立ちます。 くわしくはをご覧ください。 避妊に失敗したらアフターピルを飲んだ方がいいですか? A. 何かしらの事情により避妊に失敗されて、妊娠を望まない場合は、モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)を服用することで避妊成功率を高める事が可能です。 モーニングアフターピル(緊急避妊ピル)は、避妊に失敗したあと72時間以内(約3日以内)に服用する必要があります。 くわしくはをご覧ください。 予想外の妊娠をしてしまい、中絶するか迷っています。 新宿駅前婦人科クリニックは、無理に中絶手術をすすめることはいたしません。 出産について迷われている方へ、ご希望に応じて産科への紹介状をご用意することも可能です。 中絶は妊娠週数が経つにつれて、必然的にお身体への負担も多くなります。 中絶手術と出産について迷われている患者様は、お早めに受診することをおすすめいたします。 また妊娠週数を正確に把握することや、いつまでに決断すると最も安全に手術ができるのか、出産する場合はどうしたら良いか等お悩みの方は、ぜひお気軽に当クリニックまでご相談ください。 電話で検査結果を聞くことはできますか? A. 新宿駅前婦人科クリニックでは個人情報保護のため、お電話にて診療内容・検査結果等はお伝えいたしかねます。 必ずご本人様にご来院いただき、直接お話をさせていただきます。 またパートナー(第三者)の方からのお問合せにつきましても、お答えできかねます。 恐れ入りますが、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

次の

産婦人科、産科、内科なら新宿区西新宿にあるふるかわレディースクリニックへ

新宿区 婦人科

婦人科 婦人科とは、女性特有の病気全般をあつかう科です。 思春期から年輩までの女性を対象としています。 婦人科では、 月経痛や 月経不順、 不正出血、 おりものの異常、 子宮内膜症、 子宮筋腫などを治療します。 その他、 避妊相談、 ピル処方 低用量ピル・アフターピル による生理日変更、 更年期障害、あるいは 中絶手術や 性感染症などにも対応することがあります。 また、 子宮頸がん、 子宮がん、 卵巣がん、 避妊相談(ピルなど)、 性感染症、 骨粗鬆症の治療などを行っています。 最近では、子宮脱などの性器脱の手術や 更年期障害に対する ホルモン補充療法なども行われています。 産婦人科でもこのような症状疾患に対応していますが、 産科もあるため、出産を控える妊婦さんがいらっしゃることから 婦人科のみのクリニックの方が治療を受けやすいことがあります。 乳がん検診や授乳期の乳房のトラブルは、産婦人科でも担当していますが、おっぱい 乳腺 に関する診断と治療は、一般外科が行っています。 乳腺外科・ 乳腺科という乳腺疾患に特化した診療科も増えてきており、おっぱいに何らかの症状がある場合は、一般外科でも乳腺を専門としている医療機関を受診することをお勧めします。 新宿三丁目駅から徒歩約1分。 男性・女性の薄毛のお悩みに寄り添い診療を行うクリニックです「ベアAGAクリニック」は新宿区新宿にあり、薄毛治療専門のクリニックです。 AGAと呼ばれる男性型脱毛症(薄毛)や、女性の男性型脱毛症であるFAGAの診療に力をいれていることが特徴です。 また、AGA・FAGA無料カウンセリングを行っているほか、ED治療薬やピルの処方も行っています。 院長は東京医科大学病院に勤務した後、AGAの診療を行う医療機関で研さんを積み、2020年2月に当クリニックを開設しました。 男性・女性を問わず、薄毛でお悩みの方のお気持ちに寄り添った診療の提供に努めておりますので、どうぞお気軽にお越しください。 当クリニックは、都営地下鉄新宿線および東京メトロ丸ノ内線・副都心線の3路線が乗り入れる「新宿三丁目駅」のB3出口から徒歩約1分のビル内にあります。 JR「新宿駅」や東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」からも徒歩圏であり、複数の路線を利用できる立地です。

次の

新宿区にある産婦人科33選。女性の体の事なら、オススメ人気の医院などもまとめてチェック。

新宿区 婦人科

婦人科 婦人科とは、女性特有の病気全般をあつかう科です。 思春期から年輩までの女性を対象としています。 婦人科では、 月経痛や 月経不順、 不正出血、 おりものの異常、 子宮内膜症、 子宮筋腫などを治療します。 その他、 避妊相談、 ピル処方 低用量ピル・アフターピル による生理日変更、 更年期障害、あるいは 中絶手術や 性感染症などにも対応することがあります。 また、 子宮頸がん、 子宮がん、 卵巣がん、 避妊相談(ピルなど)、 性感染症、 骨粗鬆症の治療などを行っています。 最近では、子宮脱などの性器脱の手術や 更年期障害に対する ホルモン補充療法なども行われています。 産婦人科でもこのような症状疾患に対応していますが、 産科もあるため、出産を控える妊婦さんがいらっしゃることから 婦人科のみのクリニックの方が治療を受けやすいことがあります。 乳がん検診や授乳期の乳房のトラブルは、産婦人科でも担当していますが、おっぱい 乳腺 に関する診断と治療は、一般外科が行っています。 乳腺外科・ 乳腺科という乳腺疾患に特化した診療科も増えてきており、おっぱいに何らかの症状がある場合は、一般外科でも乳腺を専門としている医療機関を受診することをお勧めします。 新宿三丁目駅から徒歩約1分。 男性・女性の薄毛のお悩みに寄り添い診療を行うクリニックです「ベアAGAクリニック」は新宿区新宿にあり、薄毛治療専門のクリニックです。 AGAと呼ばれる男性型脱毛症(薄毛)や、女性の男性型脱毛症であるFAGAの診療に力をいれていることが特徴です。 また、AGA・FAGA無料カウンセリングを行っているほか、ED治療薬やピルの処方も行っています。 院長は東京医科大学病院に勤務した後、AGAの診療を行う医療機関で研さんを積み、2020年2月に当クリニックを開設しました。 男性・女性を問わず、薄毛でお悩みの方のお気持ちに寄り添った診療の提供に努めておりますので、どうぞお気軽にお越しください。 当クリニックは、都営地下鉄新宿線および東京メトロ丸ノ内線・副都心線の3路線が乗り入れる「新宿三丁目駅」のB3出口から徒歩約1分のビル内にあります。 JR「新宿駅」や東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前駅」からも徒歩圏であり、複数の路線を利用できる立地です。

次の