かくしごと 完結。 かくしごとアニメ(未来編結末最終回ネタバレ)父の可久士は死亡?(記憶喪失・事故)母の死因・考察

久米田康治「かくしごとは僕の最後のアニメ化になると思います」 : あにまんch

かくしごと 完結

しかも見るのは週に1回。 できればアニメを見ていた時と同じ状況にすることです。 アニメは終わってしまいましたが、録画やVODを使えばいつでもみることができます。 毎週木曜日の24時に見ていた人は、同じように1話ずつ見ていきます。 再度アニメを見ることで、心の平安は多少保たれますし、新しい発見もあるかと思います。 リラックスして、楽しみながらみましょう。 アニメを見ることができない人は、漫画を毎日1話ずつ読み直していくといいと思います。 また「かくしごと」のOPだったflumpoolの「小さな日々」、EPだった大滝詠一の「君は天然色」を繰り返し聴くのもいいでしょう。 特に、姫の声が好きだった人は、を聴くといいと思います。 注意点としては、このアルバムには千田奈留の歌も入っていることです。 「かくしごと」に感情移入が激しかった人は、千田奈留のことを嫌いになったと思いますが、千田に悪意はなかったので、少しずつ許していきましょう。 まして、千田奈留の声優をやっていた逢田梨香子さんに、悪い印象を抱くのはもってのほかです。 無理にとは言いませんが、歌を聴いてあげてもいいと思います。 ご存知かと思いますが、神谷さんは後藤可久士役、佐倉さんは筧亜美役をやっていた声優です。 「かくしごとーく」は現在youtubeでも聴くことができますので、「かくしごと」に飢えている人には、本当にありがたいです。 「かくしごと」の裏話が面白く、純粋にうれしい番組です。 第2回目には、姫役の高橋李依さんが登場しているようです。 おそらく姫の声は、あまり出してくれなく普段の高橋さんの声となると思いますが、「かくしごと」が味わえる少ない機会ですので、聴いてみましょう。 「かくしごとーく」は、もうアニメも終わってしまってますので、2回しかないかもしれませんが、youtubeの再生回数によっては、第3回も実現するかもしれませんので、「かくしごと」ファンはぜひぜひチェックしてください。 残念ながら「かくしごと」のようなアニメは見当たりません。 夏アニメで話題となっている中に「彼女、お借りします」があります。 その中のキャラクターに桜沢墨(さくらさわ すみ)という女の子が出てきますが、それを演じるのが高橋李依さんです。 そう、姫ちゃんの声優さんです。 純粋無垢な小学生の姫ちゃんの声が、レンタル彼女になるので、見ることができない人もいるかもしれません。 そういう人は、あまり無理をしないようにしましょう。 姫ちゃんのイメージを大切にしたいのなら、「からかい上手の高木さん」を見るのもいいかもしれません。 こちらの高木さんも高橋李依さんが演じてます。 題名からも分かる通り、高木さんは、ちょっとイタズラ好きで積極的な女の子です。 キャラ設定としては、まだコチラの方が許容できると思います。 また、少なからずいるかと思うのですが、姫ちゃんのおでこが好だった人は、高木さんのおでこも気に入ると思いますので、ぜひアニメをチェックしてみてください。 姫ちゃんのいとこが、高木さんくらいのイメージで見るといいと思います。 まとめ さわやかな夏のイメージとともに、アニメ放送を終えた「かくしごと」 アニメ「かくしごと」があまりによかったため、「かくしごと」が終わって、呆然自失になった人も多いと思います。 この記事は、そんな人に向けた記事ですが、少しでもお役に立てれば幸いです。 漫画「かくしごと」は、7月6日発売の「月刊マガジン」で最終回を迎えます。 そして、その後コミックスの第12巻が出たら、本当におしまいです。 秘かに熱望しているのが、漫画「かくしごと」の第12巻で、後日談の書きおろしが加わること。 コミックスの値段が高くなってもいいので、後日談を追加で描いてくれたらいいなあと思ってます。 可久士と姫の最高の笑顔を見せてほしいです! 後日談が加筆されれば、漫画の売上も上がること間違いなしなので、久米田先生が何かやってくれることを心より祈ってます。

次の

『かくしごと』11巻感想!最終巻へ向けた布石がすごすぎる件!

かくしごと 完結

「三人きりの誕生日会、毎年やっていこうな」と可久士は言った。 何者かから「鍵と地図」を手に入れた姫は、江ノ電に乗って鎌倉にある家を目指していた。 父と、母と、姫が住むはずだったその家で、姫は可久士が漫画家であったことを知る。 「……なんでお父さんは、かくしごとをやめちゃったのかな……」ひとりつぶやく姫を、見知らぬ少年が見つめていた。 海外の反応 ジャンプに殺された後藤先生 2. 海外の反応 自分の予想は当たっていたけど、なんで部屋の中なのに雨が降っているんだ…? いやーとても美しい最終回だったね 最後に後藤先生の漫画への愛が、記憶を取り戻すきっかけになったのが良かった、本当に心が温まる作品だったなぁ ちなみに漫画も来月で最終回を迎えるよ!興味のある方はぜひ 4. 海外の反応 ちょっと待って、結局この子は必要だったの? 7. 海外の反応 1話のエピソードでこれだけの浮き沈みを経験したのは初めてだ 最後はハッピエンドでアホみたいに笑ってしまったよ 何の前情報もなく見たんだけど、この作品に出会えて本当に良かった! かくしごとかかぐや様2期…どっちをAOTS(Anime Of The Season)にするか迷うな 10. 海外の反応 少し駆け足気味だったのが個人的に残念かな(いとこは登場した意味あったのか?)、2クールあればもっといい作品になってた気がする でも最後のシーンは素晴らしかったわ 12. 海外の反応 10年間この髪型ってやばいな 13. 海外の反応 ナディラさんはどうなったんだろう 15. 海外の反応 JKちゃん美人になったね 17. 海外の反応 2期は姫ちゃんが父に漫画家(ラブコメ)であることを隠すストーリーで頼むよ! 20. 海外の反応 羅砂ちゃん売れっ子漫画家になったのね 21. 海外の反応 続編は姫ちゃんが羅砂のアシスタントをしながら(父親には内緒で)、漫画家を目指すストーリーでお願いします 31. 海外の反応 登場人物が良かった、終わってしまうのは寂しい クソ、こんな気持ちになるのはあそびあそばせ以来だよ myanimelist. 35% Great:2. 33% Good:2. 61点 3話:7. 66点 4話:7. 70点 5話:7. 73点 6話:7. 75点 7話:7. 76点 8話:7. 77点 9話:7. 78点 10話:7. 78点 11話:7. 78点 12話:7. 91点.

次の

アニメ「かくしごと」村野佑太監督が語る制作裏話「一番念頭に置いたのは”雑味をなくす”こと」

かくしごと 完結

「かくしごと」ラストや結末はどうなるのか? 18歳と小学4年生の2つのストーリーを同時進行しているのがめっちゃ好き😆🎺 — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp マンガ「かくしごと」では冒頭と末端のカラーページが18才になった姫が登場しています。 なのでマンガ「かくしごと」は ・小学4年生の姫 ・18才の姫 の同時進行で物語が進んでいる作品になります。 小学4年生の姫は中目黒に住んでいますが、18才になった姫は七里ヶ浜にいます。 なぜかそこには中目黒と同じ間取りの家があります。 そこに後藤のアシスタントの墨田羅砂(すみたもすな)と十丸院五月(とまるいんさつき)が案内しています。 なぜかそこを案内しているのは後藤ではなくアシスタントです。 またアシスタントの墨田羅砂は意味しげな発言をしています。 墨田「ついに知っちゃったか」 十丸院「鍵渡したの?羅砂ちゃん?」 墨田「まさか、わたしにそんな権利あるわけないでしょう」 このやり取りからして ・姫は可久士が漫画家だということに気づくことになる ・アシスタントの墨田羅砂は可久士から頼まれて姫を七里ヶ浜につれてきた ・可久士は自ら連れていっていない ということがわかります。 中学生になった姫は可久士の職業に気づくことになる バレたとしても隠してきたことに意味はあるよね! — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp Sponsored Link 中学生の姫は七里ヶ浜の可久士の家を訪れています。 その家はなんと中目黒の家とまるで同じ間取りだったのです。 そして その家には大量の漫画がありました。 姫はその時、父は漫画家だったということを知ったのです。 zuJzOooivPJBuwp 可久士の娘の姫は可久士のアシスタントの墨田に連れられて七里ヶ浜の家を訪ねています。 普通なら、可久士がみずから連れて行くはずですが、 可久士の姿はありません。 これは可久士に頼まれていたのではないかと考えれます。 ここで疑問が浮かびます。 それは アシスタントに可久士が頼んだのはいつなのか? ということです。 墨田は可久士からいつ頼まれていたのか? 七里ヶ浜の家には年齢の書かれた箱がありました。 これは中目黒の家にもありました。 中目黒の家の箱は姫の母が、姫がその年になったら開けるように用意してくれていたものです。 それが七里ヶ浜にもありました。 しかし姫はそれが開ける前から、今までの箱と違うことを見抜いているようでした。 そして開けてみるとそこには漫画が入っていました。 なのでこれは可久士が作ったと考えれます。 出典:かくしごと(作者:久米田康治) しかも年齢は17歳~20歳までの箱です。 姫が七里ヶ浜の家を訪ねたのは18歳です。 つまり、 可久士は姫が17歳の時点で本来七里ヶ浜の家に行かせる手はずを組んでいた と考えれます。 なので可久士はアシスタントの墨田に少なくとも1年以上前に姫を七里ヶ浜の家につれていくように頼んでいたと考えられます。 ではそんなことをする必要があったのでしょうか? 可久士は自分の手で渡せなかった可能性があります。 可久士はすでに死亡しているのか? 死亡フラッグたってるよね・・・ — もっちゅ。 zuJzOooivPJBuwp 可久士は墨田に少なくとも1年以上も前に姫を七里ヶ浜の家に連れていくように頼んでいたと考えられます。 なぜそんな前もって頼んでいたのでしょうか? おそらく病気ではなく、漫画が書けなくなったか、何かしらの事情があって失踪したからだと予測しています。 引用元:「かくしごと」10巻より 可久士は記憶喪失になってい ました。 可久士は何かしらの理由があって漫画家を引退したと考えられます。 そのあと肉体労働をしていました。 しかし ある日工場で高く積まれていたマンガが倒れてきて事故にあいます。 そして病院に運ばれますが、意識は回復しませんでした。 しかしある時可久士は目覚めます。 ただ 姫を見てもそれが誰だか分からないという状態になっていました。 姫はその時もう高校生にです。 がしかし可久士は 「姫はまだ10才だ」 引用元:「かくしごと」10巻より と言い出しました。 昏睡状態は1年近くということが判明しているので 事故に会ったのは姫が高校生の時だと推測できます。 なので 可久士は最近の記憶は失って1番楽しかったころの記憶に戻ってしまったのでしょう。 「かくしごと」ラストのその後は? 可久士の記憶は戻るかどうかはわかりません。 しかしここからは ・記憶は戻らず、全てを誰かから聞き理解して生きていく ・記憶は戻り、隠していたことを白状して生きていく のどちらかになるでしょう。 この 「かくしごと」は漫画家が漫画家の苦労を作品(かくしごと)に込めた物語だと感じられます。 なので 作者はヒロインの姫にそういった漫画家としての可久士の苦労や葛藤をすべて受け止めて生きていく姿を書いていくのではないでしょうか。 まとめ ついに「かくしごと」スタートしたーーーーー! — ジェラード将軍 3WWsSEzqeu9MBZH ・可久士の娘の姫は父が漫画家だったということに気づきます。 またそれを中目黒の家と同じ間取りをした七里ヶ浜の家で知ります。 ・姫は可久士が隠していた嘘などを見抜き、すべて受け止めて立派に生きていくと考えられます。

次の