坂本冬美 身長。 2018年05月 : 芸能人・有名人の身長研究所

【画像】坂本冬美の若い頃はかわいくない?整形疑惑!水着姿を公開!

坂本冬美 身長

スポンサードリンク 1986年のNHK「勝ち抜き歌謡天国」で名人となり、審査委員だった猪俣公章さんにスカウトされ「あばれ太鼓」でデビューし80万枚を超えるヒット曲になった坂本冬美さんをリサーチしてみました。 坂本冬美と大親友の藤あや子の関係は! 坂本冬美さんは、親友の藤あや子さんとは仲がよく、姉妹のようですね。 朝ごはんは、ほとんど毎日のように藤あや子さんの家に朝食を食べに行くそうで、藤あや子さん宅の「合鍵」を持っているとか・・・・仲がいいはずだ!! 徒歩1分のところに住んでいて、お互いに合鍵を持っているお二人。 坂本冬美さんの家には何もなく、食材とかもらったら、すぐに藤あや子さん宅に送って、料理してもらうそうです。 藤あや子さんは本名が「真奈美」のため、「まあちゃん」と呼び、一方の坂本冬美さんは「まめちゃん」。 なぜ、まめちゃんか?そのわけは几帳面でマメな性格からきていますが、坂本冬美さんいわく「藤あや子さんが大ざっぱすぎる」とか。 同じ、猪俣公章さんを師事する弟子時代を送ったふたり、20年以上のお付き合いになるが、喧嘩をしたのはたったの2回だったそうです。 坂本冬美はの結婚はあるのか、ないのか? テレビ番組の「行列ができる法律相談所」の番組内で、我が家の坪倉さんが「結婚を前提にお付き合いしてほしい」と告白しましたが、これは番組内の話しでは、ないでしょうか? 以前、安住紳一郎アナウンサーの番組で坂本冬美さんが「私、安住さんのファンです」と言われていて、お似合いと思いますが、いかがでしょうか? これは社交辞令かな? スポンサードリンク それとも、気楽な独身生活を満喫している今の生活がいいのか?、一生、独身を貫き通す覚悟はできているのか??? 坂本冬美の出身と本名と年齢は! 坂本冬美さんは、芸名ではなく本名です。 「冬美」という名前は、生まれたときに肌が雪の様に白かったことから、叔父がつけたそうです。 1967年3月30日生まれの、和歌山県西牟婁郡上富田町出身の演歌歌手です。 坂本冬美の最愛なる父とは! 坂本冬美さんのお父さんの坂本正夫さんは、1997年10月4日に和歌山県田辺市の内の浦港の海中から、乗用車に乗った正夫さんの遺体が発見され、事故か、自殺かは正確にはわかりませんが、亡くなられています。 泣 そんな、お父さんにささげる歌が「おとうさんへ」です。 作詞・作曲した「さくらなな」は、坂本冬美さんのペンネームです。 歌詞の中に「 心配かけた娘でごめんね もう会いたくても会えないのですね」 「 もう声を聞くくこともないのですね せめて「ありがとう」の言葉いいたかった」と・・ 突然の死、切ないね! 人生いろいろありますね。 「のぼりざかもあれば、くだりざかも」そして「まさかのさか」もあるのが人生です。 ガンバレ!!演歌界のトップ歌手の一人として、活躍続ける坂本冬美さんを応援していま~す。 頑張ってくださ~い!。 スポンサードリンク.

次の

坂本冬美の子供は何歳?父親は五木ひろし?休業の理由や期間は?

坂本冬美 身長

プロフィール 名前:坂本 冬美(さかもと ふゆみ) 本名:坂本 冬美(さかもと ふゆみ) 誕生日:1967年3月30日(50歳) 出身地:和歌山県 身長:160cm 血液型:O型 所属:ティアンドケイミュージック ・1987年:「あばれ太鼓」で歌手デビューする。 ・1988年:第36回紅白歌合戦に出場する。 ・1991年:HISを結成する。 ・2002年:すい臓炎で芸能活動を休止する。 ・2003年:芸能活動を再開させる。 ・2016年:毎日芸術賞特別賞を受賞する。 坂本冬美の若い頃の活躍と昔の顔や整形がヤバイ!? 坂本冬美さんは演歌歌手として自身のヒット曲はもちろんカバー曲などが大人気になっていますよね。 坂本さんは現在も演歌歌手として様々な活動をしています。 そんな坂本さんなのですが、若い頃の活躍と昔の顔や整形が話題になっているそうです。 では、坂本さんの若い頃の活躍と昔の顔や整形とは、一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、坂本さんは20代の頃から歌手として活躍し、整形などが噂されているのだそうです。 坂本さんはNHKの「勝ち抜き歌謡天国」で名人となってそこから歌手としてデビューするようになったのだとか。 そして、坂本さんは1987年に「あばれ太鼓」でデビューし、80万枚もの大ヒットを記録したのだそうです。 そのようにデビュー曲がいきなり大ヒットを記録した坂本さんは第20回日本有線歌唱大賞最優秀新人賞を受賞し、この他にも「祝い酒」や「雨上がり」などの曲をリリースし、さらに1988年には第39回紅白歌合戦に出場しているのだとか。 さらに、その後も毎年のように紅白対抗歌合戦に出場して紅白歌合戦の常連となったのだそうです。 また、坂本さんは1991年には「火の国の女」で日本レコード大賞最優秀歌唱賞を受賞しているのだとか。 デビュー数年にもかかわらず紅白歌合戦の常連になり、レコード大賞まで受賞してしまうというのは凄いですよね。 ちなみに、下の画像が若い頃の坂本さんになるのですが、今とかなり顔が違うように感じますよね。 坂本さんは昔と現在とで顔が違うのでかなり驚いてしまう人もいるそうなのですが、実は坂本さんはデビュー前にかなり太っていたのだそうです。 なので、デビューするにあたって10kgは痩せたと言われているのだとか。 しかし、それでもデビュー当時の顔はパンパンで今の坂本さんとはかなり顔が違っていたのだそうです。 また、そうしたこともあって坂本さんは整形をしたということが噂されているのだとか。 確かに現在とかなり顔の雰囲気が違っているように見えるので、整形などが言われてしまうのも納得してしまいますよね。 スポンサーリンク ただ、坂本さんは昔と現在とで顔が違うことについて、すい臓炎の影響で顔が変化したことを明かしているそうです。 坂本さんは2002年にすい臓炎を患って歌手活動を1年ほど休止し、その後に活動を再開させているのですが、その時にすい臓炎の影響で左目だけ目が二重になったことを明かしているのだそうです。 すい臓炎でかなり痩せてしまい、その影響で左目だけ二重になってしまったそうなのですが、そうしたこともあって昔と顔が違うのだとか。 これについては本当のことだという声も多いものの、やはり整形疑惑は未だに消えていないのだそうです。 坂本さん自身は今も整形を否定しているのですが、実際のところがどうなのか気になるところですよね。 また、そのように演歌歌手としてデビューし活躍していた坂本さんは、1991年に細野晴臣さんや忌野清志郎さんとHISというユニットを結成して「日本人」というアルバムをリリースしているのだとか。 演歌歌手がユニットを結成して演歌以外の曲を歌うというのも珍しいのですが、後にポップスなどをカバーして大ヒットした坂本さんなので、当時から演歌以外の音楽にも興味があったようです。 このように歌手としてデビュー時から大活躍し、音楽以外のことでも話題になった坂本さんなのですが、坂本さんの若い頃の活躍と昔の顔や整形がヤバイですよね。 坂本さんは若い頃から歌手として成功をして現在も活躍しているのですが、今後も様々なことで注目されていきそうですね。 スポンサーリンク 坂本冬美と星野仙一の破局の衝撃の真相とは!? 歌手は恋愛などについても報道されることがありますよね。 坂本冬美さんはまだ独身なのですが、坂本さんと星野仙一さんの破局の真相に注目が集まっているそうです。 では、坂本さんと星野さんの破局の真相とは一体、どのようなものなのでしょうか。 そこで調べてみると、坂本さんは星野さんと交際していて子供を産んだとも言われているそうです。 坂本さんは2003年に星野さんと交際しているという報道が出たことがあるのだとか。 星野さんは1997年に奥さんを亡くされているので、当時は独身で坂本さんも独身ということで不倫じゃなくて普通に交際をしていたと報道されたのだそうです。 さらに、報道によると二人は再婚もありえると報道されたのだとか。 また、そのように交際報道が出たのと同時に坂本さんは星野さんのお子さんを出産したという噂も出てしまったのだとか。 熱愛報道ならまだわかるのですが、同時に星野さんのお子さんを出産するというのは驚きですよね。 ただ、この熱愛報道についてはどこから出たのかはわかっておらず、星野さんは事実無根だとして法的措置を取ることまで明かしていたそうです。 星野さんは坂本さんとは会ったこともないと言っているのでデマの可能性が高いのですが、いきなりこうした交際報道が出るのは驚きですよね。 また、2003年というとちょうど坂本さんはすい臓炎のために芸能活動を休止した時期で、すべての芸能活動を休止して実家にいたのだそうです。 なので、そうしたことから坂本さんは星野さんの子供を極秘に出産していたということが言われるようになったのだとか。 坂本さんが休養していたのは約1年なので妊娠してちょうど出産が出来るくらいの期間ですよね。 なので、そうしたこともあって坂本さんが星野さんの子供を産んだというのも信ぴょう性があると言われていたそうです。 また、坂本さんが星野さんのお子さんを出産したという話は2010年頃にもささやかれるようになっていて、星野さんの子供を身ごもった坂本さんはどうしてもお子さんを産みたくて極秘に星野さんのお子さんを産んで、その子供は親族の養子にして三重県の実家にあずけて、小学校に通わせているということが言われるようになったのだとか。 これが本当ならかなりの大スキャンダルと言えますよね。 スポンサーリンク ただ、これについてはネット上で言われるようになった話でガセネタと言われているそうです。 そもそも坂本さんがお子さんを三重県の実家の親族に預けていると言われているものの、坂本さんの実家は三重県じゃなくて和歌山県で情報が大きく間違っているのだとか。 なので、この話自体が作り話という説や星野さんの娘さんが三重県に嫁いだので、その話と熱愛疑惑のあった坂本さんとの情報がごちゃ混ぜになってしまったとも言われているそうです。 このように坂本さんは星野さんとの関係について様々なことが言われてしまっているのですが、坂本さんと星野さんの破局の衝撃の真相ですよね。 坂本さんと星野さんの関係についてお子さんの事はもちろん、交際そのものが全くのガセネタということが言われているのですが、今後何かしら坂本さんと星野さんの関係が明らかになることがあるかもしれません。 20代でデビューしていて、若い頃の活躍と昔の顔や整形が話題になった坂本さんなのですが、星野さんと交際して無理やり子供を産んだと言われるなど、その破局の真相も注目されていて、今後もそんな坂本さんに注目していきたいですね。 スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

坂本冬美オフィシャルサイト / TOPページ

坂本冬美 身長

来歴 [ ] 生い立ち [ ] 1967年3月30日 、に生まれる。 3月生まれで、生まれた季節は春であるのに、「冬美」という名前をつけたのは、生まれた時に肌が冬雪のように白かった事から、叔父がつけた。 、上富田町立朝来(あっそ)小学校を卒業する。 中学生時代の作文で、将来の夢は演歌歌手であることを記していた。 当時はのファンだった。 中学・高校時代はソフトボール部に所属。 ポジションはキャッチャーで、チームのキャプテンも務めた。 この時、よく野次る選手だったという。 ソフトで県大会に出場した時には1回戦負けを喫したこともあった。 に上富田町立上富田(かみとんだ)中学校を卒業する。 高校生時代に和歌山(パンダ飼育数国内トップ)でバイトをしていた。 会社員時代 [ ] にを卒業する。 高校卒業後は内のあるレストランのオーナー会社で経理担当として勤務するも約4か月で退社して和歌山へ戻り、のディレクターの紹介で梅干し会社「株式会社ウメタ」に入社。 同社で勤務する傍ら、演歌歌手を目指して歌の練習のためカラオケ教室へ通っていた。 教養学部入学。 演歌歌手デビュー [ ] 、の『』(和歌山大会) で名人となり、「関西演歌大賞カラオケコンクール」でも優勝。 『勝ち抜き歌謡天国』で歌唱指導を担当していたの勧めで上京し、同年4月から11月まで猪俣の内弟子を務める。 本名が芸名になり、デビュー直前になったところで、師匠の猪俣は冬美の「冬」の字を寒い、寂れたようなイメージだと嫌って「冬美を『ふゆみ』と平仮名の芸名にして欲しい」と主張したが、その時既各種印刷物など準備が進んでおり、それらを全部刷り直すのに資金も手間もかかるなどの理由からスタッフは猪俣を説得し直して、ようやく折れて「坂本冬美」としてデビューすることとなった。 に「」でデビュー。 同曲は80万枚を超える売上を記録し、『』などで数々の新人賞を獲得する。 初期は同曲の他、「」「」「男惚れ」など男歌が中心だった。 本人は猪俣に「この歌は売れませんね」と言ってしまい、大目玉をくらった。 に・とを結成。 アルバム『日本の人』発売。 忌野とはそれ以前にものアルバム『』に参加するなど、接点があった。 に発売された、NHKラジオ第1『』のテーマ曲「Oh, My Love」も、当初HISのユニットで発売予定だったが、坂本冬美個人名での発売となった。 大衆芸能舞踊部門を受賞。 のに出場した際、アニメ『』の主題歌「」を、と共に、のコスプレをして歌った。 火ざくら伝説/大下英治・著【1996年4月6日発刊】 内容は坂本冬美の誕生からデビュー、10周年を迎えるまでの軌跡を辿ったものである。 芸能活動一時休業 [ ] 、最愛の実父が交通事故死するというショッキングな出来事に、それ以降「父の死を受け入れられず、人生の応援歌を歌うのが精神的に辛くなった」と、それ以降歌への情熱が薄れてしまったという。 その上で急遽入院したり、持病のの悪化など体調が優れない中で、過密スケジュールをこなし続けていた。 しかし、歌手活動15周年を迎えた3月に、歌手業を含めた一切の芸能活動を休止する。 休業前に自宅を猪俣の妻へ売却して、その後一年間は膵炎の治療専念や、和歌山の実家へ休養を兼ねて戻っていた。 実家から全国各地へ旅行や温泉へ行ったりしてのんびりと休養できて、旅行先などでは全く気づかれなかったと復帰直後に出演した『』で語っていた。 なお、坂本の活動休止期間中には都内の自宅売却などの身辺整理を行ってから故郷の和歌山へ戻ったために重病説や死亡説、さらに隠し子を産んだ説まで、根拠の無い様々な噂話がマスコミの間で飛び交っていた。 活動再開 [ ] 歌手復帰のきっかけとなったのは、実家のテレビで視たの65周年リサイタルで「」を聴いた時に、坂本自身大変感銘を受けた事からだった。 その時に坂本は「私が縋れるのは二葉先生だけ。 先生のような強い喉と精神力を作れば又歌えるかも」と思い、事前に手紙を送った上で直接二葉の自宅を訪ねた。 坂本は「歌に対しての自信を完全に失い、人前で歌うのが怖くなってしまったのです。 引退しようとも本気で考えていました」と述べた後、二葉は「あなたも『歌の壁』にぶつかったのね。 その歌の壁に気づいたというのは、あなたが成長している証拠で、とても素晴らしいことなの。 私だって今迄何回も歌の壁にぶつかって、その度に乗り越えて来たからこそ今があるのよ。 壁に気付かない人もいるんだから」等と、温かい励ましの言葉を掛けて貰ったという。 その後2002年11月から二葉の元でレッスンを始め、完全復活へとつなげた。 休業から丁度1年後の、『』へ生出演を果たし、芸能活動の再開を宣言。 同年、紅白歌合戦にも返り咲きを決め、デビュー曲「あばれ太鼓」を歌唱するが、曲の終盤で思わず涙声となる場面があった。 第3回ザ・ビューティー・ウィーク・アワード「着物、アップ髪が最も似合う人」受賞。 10月、「和歌山県ふるさと大使」の第一号となった。 、特別賞受賞。 人物 [ ] 家族 [ ] 家族構成は母、姉、弟で父は故人である。 現在も私生活では独身を通す。 交友関係 [ ] 坂本と同じ女性演歌歌手の、と公私共に大変仲が良いとの事。 門下生の藤あや子、、、とは「二葉組」を結成しており、互いをあだ名で呼び合う仲であるという。 彼女らとはゴルフ仲間でもあり、藤、石原、坂本の3人でを借りて合宿をしたこともある。 梅干し [ ] 高校卒業後、地元の会社株式会社ウメタに就職し、梅干しの塩分等の検査に従事していた。 また、梅干の味に関しては非常にうるさいという。 本人曰く「(工場に勤務していたからでは無く)生まれ育った紀州の風土によるもの」と説明している。 本人は紀州しか食べず、それ以外の梅干は一切食べないと公言している。 この様に、故郷和歌山に対する郷土愛は非常に強く、和歌山県にもそれが認められた。 コンサートグッズでも、薄塩、しそ、はちみつの3種類を当日和歌山より直送でコンサート会場に送ってもらい販売している。 その他 [ ]• 好きな食べ物は寿司、イチゴ、みかん、パパイヤ。 ・である。 アルバム [ ] オリジナル・アルバム [ ] No. タ イ ト ル 発 売 日 1 あばれ太鼓 1987. 22 2 あばれ太鼓〜無法一代入り〜 1987. 25 3 祝い酒 1988. 29 4 男の情話 1989. 12 5 能登はいらんかいね 1990. 23 6 火の国の女 1991. 31 7 男惚れ 1992. 24 8 夜桜お七〜冬美・いい歌やま盛り〜 1994. 21 9 冬美十艶 1996. 22 10 ふたり咲き 1998. 29 11 冬美ルネッサンス 2001. 25 12 浮世草紙 2005. 26 13 名作歌つづり 2008. 28 14 愛してる…Love Songs III 2012. 30 カバー・アルバム [ ] No. タ イ ト ル 発 売 日 備 考 1 坂本冬美 演歌全集 女の駅〜舟唄 1988. 06 演歌のヒット曲をカバー 2 坂本冬美ナツメロ名曲集 1990. 27 「すみだ川」「船頭小唄」などのナツメロをカバー 3 坂本冬美選曲集 1990. 05 既発売シングル曲2曲、新曲4曲に加え 「」「小樽運河」などの演歌・歌謡曲のヒット曲をカバー 4 冬美・いい歌みぃつけた! 〜阿久悠と黄金の'70年代〜 1995. 13 1970年代の作品をカバー 5 追伸 〜冬美こころの猪俣メロディー〜 1999. 09 作品をカバー 6 坂本冬美ヒットカバー名曲集 2002. 16 デビュー当時からのカバー曲集(新録なし) 7 星に祈りを 〜猪俣公章作品集〜 2006. 19 2007. 03 猪俣公章作品のセルフカバー 未発表曲1曲収録 8 好きです日本 2006. 22 ご当地ソング集 カバー7曲、セルフカバー8曲、既発曲1曲 9 2009. 07 1970年代、1980年代のラブソングをカバー フォーク、ポップス、ニューミュージックでまとめた13曲 10 Love Songs II 〜ずっとあなたが好きでした〜 2010. 27 1960年代、1970年代の日本の女性歌手が歌った歌謡曲をカバー 全12曲収録 12 Love Songs V 〜心もよう〜 2014. 26 歌謡曲が最も輝いていた時代の12のラヴ・ソング 全12曲のカバー 13 Love Songs VI 〜あなたしか見えない〜 2015. 25 「Love Songs」シリーズの最終章にあたる。 1960年代に日本で和製ポップスとして流行した洋楽曲をカバー ライブ・アルバム [ ] No. タ イ ト ル 発 売 日 1 坂本冬美 いい女になりたいコンサート 1990. 07 2 坂本冬美8周記念リサイタル〜歌づくし〜 1994. 27 ベスト・アルバム [ ] No. タ イ ト ル 発 売 日 1 坂本冬美全曲集 1988. 26 2 坂本冬美ニュー・ベスト 1988. 26 3 ベスト・ナウ 坂本冬美 1989. 01 4 坂本冬美全曲集 1990. 24 5 坂本冬美全曲集 1991. 23 6 坂本冬美全曲集 1992. 22 7 歌カラベスト4「男惚れ」 1992. 05 8 坂本冬美リクエストベスト16 1993. 09 9 猪俣公章メモリアルベスト 1993. 29 10 坂本冬美 歌カラリクエスト4(バラード編) 1993. 17 11 坂本冬美ベストアルバム 1994. 25 12 坂本冬美全曲集 1995. 25 13 坂本冬美全曲集 1996. 23 14 坂本冬美全曲集 1997. 22 15 坂本冬美・おとこ歌全曲集 1998. 25 16 坂本冬美全曲集 1998. 21 17 歌カラベスト4/坂本冬美 1998. 09 18 坂本冬美全曲集 1999. 20 19 坂本冬美全曲集2001 2000. 12 20 坂本冬美全集 2001. 29 21 坂本冬美全曲集2002 2001. 06 22 男侠〜ミニベストアルバム 2002. 30 23 坂本冬美2003全曲集 Vol. 1 2002. 09 24 坂本冬美2003全曲集 Vol. 2 2002. 09 25 冬美カップリングベスト 2003. 14 26 坂本冬美2004全曲集 2003. 10 27 坂本冬美全曲集 2004. 29 28 坂本冬美全曲集 カラオケ付限定盤 2005. 07 29 坂本冬美全曲集 2005. 28 30 坂本冬美2007全曲集 2006. 27 31 坂本冬美2008全曲集 2007. 26 32 坂本冬美全曲集 2008. 26 33 坂本冬美ベスト 凛 2009. 02 34 坂本冬美 SUPER BEST 2011. 28 35 桜〜リクエスト・ベスト〜 2012. 28 企画アルバム [ ] タ イ ト ル 発 売 日 備 考 1991. 19 、と共にとして発売 タイアップ曲 [ ] 年 楽曲 タイアップ 1990年 雨あがり 系テレビドラマ「」主題歌 1991年 夜空の誓い ・CMソング 日本の人 系バラエティ番組「」エンディングテーマ 1995年 心の糸 ・チャリティーソング 1996年 「コスメティック ルネッサンス」CMソング 2003年 忍冬 のテレビドラマ「」主題歌 2009年 「いいちこ日田全麹」CMソング 2010年 三和酒類「いいちこ日田全麹」CMソング 2012年 こころが テレビ東京系「」エンディングテーマ 2013年 花はただ咲く ・系情報番組「」エンディングテーマ 2015年 明日へと 及び・イメージソング 映像作品 [ ] No. タ イ ト ル 発 売 日 1 熱唱! 坂本冬美 いい女になりたいコンサート 1990. 12 2 いま、わたしは炎です。 1991. 27 2006. 22 3 演歌の花道 1993. 07 4 リサイタル'94 ずっと、あなたの冬美です。 1994. 27 2006. 22 5 10周年記念リサイタル 1996. 21 1997. 01 6 演歌の花道2 1997. 07 7 ビデオ・クリップ集 凛として 2001. 19 8 坂本冬美DVDベストアルバム 2005. 21 9 Clips〜ずっとあなたが好きでした〜 2010. 08 10 〜歌の夢 歌の旅〜 MY FAVORITE SONGS FUYUMI SAKAMOTO 2011. 21 出演 [ ] ドラマ [ ]• 、系『女無法松 小夏の恋』にドラマ初出演で主演。 、『』に()の妻・貴梨役で出演(同ドラマのイメージソングとして「恋は火の舞 剣の舞」をリリース)。 、『』()に出演。 、開局15周年特別番組として放送された『がんばりや! 〜平成どてらい女(やつ)〜』に主演した。 これは(アート引越しセンター)創業者・をモデルにして、引越し業に携わる女性の生き様を描いたものである。 、TBSテレビ特番『』に出演。 坂本はのオーナーママの役で、主演する(とホストクラブのオーナーママを兼業)との熾烈な関係を描いている。 、TBSドラマ『』に出演。 2006年5月27日、テレビ朝日系『夜桜お七殺人事件』に主演。 10月29日、TBS系ドラマ『』に駒子(寺内美幸)役で出演。 、TBS系ドラマ『』最終話ラストに出演。 主題歌「女は抱かれて鮎になる」も担当。 テレビ番組 [ ]• () : 参照。 (NHK総合)• (NHK総合)• (NHK総合)準レギュラー• あなたが聴きたい! 歌の4時間スペシャル(TBS)• 300回記念コンサート()• Presents「風がはこんできたもの〜音楽の原風景〜」第2夜(2月1日、TBS)• (フジテレビ)• 「女性演歌歌手」(2011年5月9日、NHK総合)• その後は()まで、14年連続での出場を重ねていたが、歌手活動を1年間休止中だった()は紅白不出場に。 しかし、()に2年ぶりの紅白カムバックを果たす。 以降も現時点では、()まで17年連続して出場継続中。 その内、()では坂本自身唯一の紅組トリを、()では初めて紅組トップバッターを務めた。 坂本の紅白出場数・通算31回は、紅組歌手として歴代最多記録者の(42回・2019年現在)、2位・(39回 )、3位・(35回)、4位・(33回 )に次いで、第5位である。 対戦相手の歌手名の 内の数字はその歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある はトリ等を務めた回数を表す。 前半トリとは1990年以降の紅白において、前半戦(ニュース中断まで)で両軍の締めくくりを務めたことを指す。 出演順は「(出演順)/(出場者数)」で表す。 ラジオ [ ]• 坂本冬美の初恋演歌• 坂本冬美 演歌で恋して CM・企業イメージソング [ ]• 「のどにスッキリ」(2011年10月 - )• イメージソング「白いかおりの島へ」• 作詞:池田充男・作曲:浜口庫之助。 中島への定期船を運航するでは現在も各港への入出港時にこの曲を流しており、坂本にとって最も多く再生されている曲である。 書籍 [ ] 漫画 [ ]• 炎歌(えんか)(2006年) - 坂本冬美をモデルに漫画化、』に連載 脚注 [ ] []• ・著『坂本冬美火ざくら伝説』51ページ• 2014年12月29日放送. 『坂本冬美火ざくら伝説』81ページ• 『』 2011年3月26日号 82 - 84ページ「私の地図」• 『坂本冬美火ざくら伝説』122ページ• 『坂本冬美火ざくら伝説』15ページ• 『』1988年9月28日付東京夕刊、15頁。 2011年5月15日. 2015年2月12日閲覧。 【ヒューマン】サンスポ 2016年5月28日掲載• 日刊ゲンダイDIGITAL 2019年9月8日掲載• 『週刊ポスト』 2003年1月1日・8日号 245ページ など• 日刊ゲンダイDIGITAL 2019年9月8日掲載• 【ヒューマン】サンスポ 2016年5月28日掲載• 日刊ゲンダイDIGITAL 2019年9月8日掲載• 日刊ゲンダイDIGITAL 2019年9月8日掲載• 2014年9月15日. 2015年2月12日閲覧。 『』 2010年10月22日 54 - 58ページ「のゲストコレクション」• ニュース和歌山 2013年1月3日. 2015年2月12日閲覧。 番組公式サイト 2010年5月4日. 2015年2月12日閲覧。 の同名曲のカバー。 の同名曲のカバー。 坂本のペンネーム。 とのデュエット。 の同名曲のカバー。 の同名曲のカバー。 の同名曲のカバー。 の同名曲のカバー。 坂本と、、の計3人によるユニット。 坂本と、、の計3人によるユニット。 とのデュエット。 音楽ナタリー 2015年10月30日. 2015年10月30日閲覧。 サンケイスポーツ. 2016年6月16日. 2016年6月27日閲覧。 但し()の和田は、とのコラボによる白組出場が1回有り、厳密に言えば和田の紅組歌手としての出場は38回となる。 但し()の小林は「特別ゲスト」扱いでの出演であり、正式な紅白出場回数には数えない。 関連項目 [ ]• プロレスラー - 入場テーマ曲に「夜桜お七」を使用 外部リンク [ ]• - チャンネル• 第9回:• 第13回:• 第15回:• 第27回:• 第33回:•

次の