サザエ さん コロナ。 アベノマスク面白画像30枚!サザエさん・ポケモン・コラ画が大喜利

「サザエさん」新作放送を休止、再放送対応に 新型コロナウイルス感染拡大の影響(アニメ!アニメ!)

サザエ さん コロナ

フジテレビの長寿アニメ「」(日曜後6・30)が17日放送され、今年3月21日に直腸がんのため亡くなったの増岡弘さん(享年83)がマスオ役で出演し、ネット上で反響を呼んでいる。 感染拡大の影響を受けて新作の制作が困難となり、この日の放送は1975年以来、45年ぶりとなる再放送対応に。 「このお話は2018年5月27日に放送したものです。 」とのテロップが表示され、「夫婦は以心伝心」「宿題ちゃん、こんにちは」「父さん危機一髪」の3作が放送された。 増岡さんは1978年6月11日から2019年8月18日までマスオの声を担当していたことから、お茶の間に再びその声が流された。 酒を飲みほろ酔い気分のマスオは妻・サザエに「いや〜、今日は一段と美しいよ」。 サザエのペースに引き込まれ「以心伝心も楽じゃないなぁ」と本音をポロリ。 おなじみの、一家でちゃぶ台を囲み団らんする様子も展開された。 エンディングで声の出演を紹介する場面では「マスオ 増岡弘」と表示された。 41年間マスオ役を担当していた増岡さんの声は、ネット上で話題に。 午後7時10分時点で「Yahoo! リアルタイム検索」の13位に「マスオ」がランクインした。 懐かしむ声が多く寄せられ、「マスオさんおかえり!」「今日のマスオさんは、増岡さんだ。 ちょっと懐かしい。 嬉しい」「増岡弘さんの声がもう、、、最高だなぁ、、、」「マスオさんの声が増岡弘さんでとても懐かしい気分に浸ってる」などの声が。 「マスオさんの声で泣きそうになった」と感動した様子や、「なんかしっくりくると思ったら、やっぱり増岡さんだった〜!再放送のいいとこだね!」との意見もつぶやかれていた。 マスオ役は現在、声優の田中秀幸(69)が後任を担当している。 新作放送のタイミングについて、番組HPでは「日程が決定し次第、番組公式HPなどにてお知らせいたします」としている。

次の

「マスク2枚」皮肉ったサザエさんパロディー 海外の大手メディアで紹介相次ぐ: J

サザエ さん コロナ

放送は「姉さんを見学する会」「G. のBプラン」「お父さんのいない動物園」の3本立てだ。 言わずもがな、いずれも新型コロナウイルスの感染が広がる現実社会との関係はない。 特に話題となっているのは、後半の2本だ。 のBプラン」は、ゴールデンウィークの予定を大人と交渉するために、カツオが泊まりがけの旅行に連れていってもらえる「Aプラン」と、遊園地や植物園に日帰りで行く「Bプラン」を考えるという内容だ。 大人たちも旅行の計画を立てるが、結局は「乗り物が混む」「観光地はゴミだらけ」などの理由で、自宅で過ごすことを決める。 しかし、最後の「オチ」は、「出かけないと気が済まない」と家族みんなで家を出て行く場面で終わった。 「お父さんのいない動物園」は、仕事がある波平抜きで、家族で動物園に出かけるという内容。 最初は楽しんでいた子どもたちが、だんだん波平がいないことを寂しがり始めるというストーリーだ。 時期の設定は分からないが、園内は家族連れで混雑している。 「姉さんを見学する会」は、マスオの勤め先の女性たちが「将来のいい奥さん」になるために、「サザエの見学」をするため磯野家に遊びにくるという内容だった。 ネットの声「密です」 GWに家族で出かけたり、混雑する動物園で遊んだりする場面があったため、Twitter上では「外出自粛も3密も高齢者へのウイルス感染リスクもお構いなしの凄い回」「StayHomeしなさい」「このご時世、このオチはあかんやろ」「密です」などの投稿が相次いだ。 ただし、批判ととれる内容もあるが、現実社会と比べて楽しみながら突っ込んでいる投稿が多いようだ。 また、「サザエさん一家が私たちとは違う時間軸で生活していて、とっても羨ましく思った。

次の

「サザエさん」コロナ禍で45年ぶりの再放送対応

サザエ さん コロナ

放送は「姉さんを見学する会」「G. のBプラン」「お父さんのいない動物園」の3本立てだ。 言わずもがな、いずれも新型コロナウイルスの感染が広がる現実社会との関係はない。 特に話題となっているのは、後半の2本だ。 のBプラン」は、ゴールデンウィークの予定を大人と交渉するために、カツオが泊まりがけの旅行に連れていってもらえる「Aプラン」と、遊園地や植物園に日帰りで行く「Bプラン」を考えるという内容だ。 大人たちも旅行の計画を立てるが、結局は「乗り物が混む」「観光地はゴミだらけ」などの理由で、自宅で過ごすことを決める。 しかし、最後の「オチ」は、「出かけないと気が済まない」と家族みんなで家を出て行く場面で終わった。 「お父さんのいない動物園」は、仕事がある波平抜きで、家族で動物園に出かけるという内容。 最初は楽しんでいた子どもたちが、だんだん波平がいないことを寂しがり始めるというストーリーだ。 時期の設定は分からないが、園内は家族連れで混雑している。 「姉さんを見学する会」は、マスオの勤め先の女性たちが「将来のいい奥さん」になるために、「サザエの見学」をするため磯野家に遊びにくるという内容だった。 ネットの声「密です」 GWに家族で出かけたり、混雑する動物園で遊んだりする場面があったため、Twitter上では「外出自粛も3密も高齢者へのウイルス感染リスクもお構いなしの凄い回」「StayHomeしなさい」「このご時世、このオチはあかんやろ」「密です」などの投稿が相次いだ。 ただし、批判ととれる内容もあるが、現実社会と比べて楽しみながら突っ込んでいる投稿が多いようだ。 また、「サザエさん一家が私たちとは違う時間軸で生活していて、とっても羨ましく思った。

次の