木酢酢 うどんこ病。 カボチャのうどん粉病には竹酢液。

メロンがうどんこ病になった時の治療方法

木酢酢 うどんこ病

うどん粉病とはどんな病気なのか見極めましょう うどん粉病は葉っぱに白い斑点がぽつぽつ出来始め、そのうち葉全体が白くなるので他の病気と区別はつきやすく初心者でも発見が容易な病気です。 うどん粉病が 発生するのは、4〜10月で発生温度は17〜25度です。 21度が適温で真夏・真冬は自然治癒してしまいます。 うどん粉病をそのまま放っておくと葉っぱの表面がどんどん白くなって、野菜の光合成を妨げてしまう事が原因で生育不良をおこしてします。 最終的には果実がならない、なっても大きく収穫量が減ってしまいます。 うどん粉病はそれぞれの野菜特有の病気で、 キュウリのうどんこ病ならキュウリにしか伝染しません。 また、 枯れた植物には発生しないという特徴もあります。 白色の斑点はカビの一種。 一旦発生するとたちまち株全体に広がっていきます。 対策:窒素分が多い肥料を控える。 株を軟弱化させない。 排水・通気・日照の良い土壌で育てる。 うどん粉病の症状と対策 うどん粉病の治療は比較的簡単ですが、それでも放っておくとどんどん被害が広がってしまいます。 うどん粉病の発生を確認したらあわてずに、発生が初期で症状が軽いの場合はまずは症状が出た葉っぱだけをちぎって様子を見ましょう。 ただし、うどん粉病の原因になるカビは枯れ葉では繁殖出来ませんが、枯れ葉についた胞子が風などで飛んでしまえばやはり広がってしまいますのでちぎった葉っぱ必ず破棄するようにして下さい。 しばらく様子を見てもうどん粉病の症状が広がる場合は、病気が広がらないように出来るだけ早いうちにうどん粉病の市販薬剤を使う方がいいのですが、せっかく家庭菜園で育てるのですから出来るならば使用したくないのが本音だと思います。 軽症のうどん粉病なら1週間おきくらいに木酢液や酢を水で薄めたものや重曹を散布すると症状が消える事がありますので試してみて下さい。 さらに被害がひどくなった場合には薬剤散布をしないとすべての株が来れてしまう結果になってしまいます。 薬剤を使うのは少し気が引けるかもしれませんが、他の株を守るためにも人体に被害の少ない薬材もたくさん市販されていますから利用することも検討してみて下さい。 うどん粉病のおすすめの治療薬(手作り・市販品) うどん粉病を直す薬剤(手作り・市販品)を紹介します。 手作りのうどん粉病の治療薬の作り方を記載してありますので、市販の薬剤を使いたくない場合は試してみて下さい。 初心者の場合は気づかぬうちに被害が拡大する事が良くあります。 近頃では人体への被害の少ない薬剤も販売されていますので、家庭菜園に慣れるまでは市販の薬剤利用も検討してみましょう。 初期段階なら予防効果は高く薬剤に抵抗がある方は利用してみて下さい。 苗を植え付けてから2週間に1回程度、液を吹きかけることで予防効果が期待できます。 お酢を使うため匂いがするので、近隣への配慮を忘れずに。 葉の表側だけでなく裏側まで丁寧にに吹きかけて下さい。 お酢の濃度が濃いと枯れや萎れの原因になるので、適度に薄めて使いましょう。

次の

うどんこ病とは。うどんこ病にかかりやすい野菜や対策、予防法を紹介

木酢酢 うどんこ病

月刊誌『現代農業』で、初めて「木酢」が登場するのは、1986年10月号の「炭」の記事です。 その時、燻炭肥料に含まれる木酢の効果に注目しました。 それ以来、本誌では、何度となく、木酢利用の農家事例を紹介し、特集記事も組んできました。 農家が使い方を工夫して効果をあげ、その工夫を誌面で紹介すると、それをヒントにまた次々にいろんな活かし方が生まれる…農家も編集部も、「おもしろいから、やめられない」のです。 この別冊でもご登場いただいた山口県宇部市・畠田義雄さんは、次のように述べています(本誌2003年4月号「木酢はやっぱりスゴイ…」より)。 「木酢液はいかなる名称で呼ぼうとも『農薬』ではない。 木酢液はあくまでも木酢液で、それ以上でもそれ以下でもない。 木酢液は、植物の生長に触媒的に働くだけです。 虫や菌には、木酢を好きな奴もいれば嫌いな奴もいる」 そんな木酢だから使い方も、葉面散布、土壌施用、ボカシ肥や堆肥つくりへの利用といろいろ。 素材や品質によって、あるいは使う濃度によっても効果はちがってきます。 さらに、身近な植物や資材と組み合わせることで、自分なりの資材をつくれるのも木酢の大きな魅力です。 木酢の「効果」や「安全性」について問題視するむきもありますが、農家は効果的で、作物にも人にも安全な使い方を工夫してきました。 木酢も、竹酢も、モミ酢も、地域資源を活用した自給的な資材であり、農家が自ら磨きをかけることができる、かけがえのない農家の基本資材だからです。 本別冊は、『現代農業』を中心にその他の出版物で蓄積してきた農家の知恵と工夫を総結集して、一冊にしたものです。 「これから先もどんな発見があるか、前途洋々です」と畠田さんは述べていますが、木酢・竹酢・モミ酢を農家の「宝物」として磨きをかけていくことに、本書を役だてていただければ幸いです。 おわりに、本別冊にご登場いただいた皆様に厚くお礼申し上げます。 2004年3月 農文協「現代農業」編集部 (カラー頁) 木酢・竹酢・モミ酢は減農薬の宝物 市販木酢液の選び方 信頼できる炭窯を選ぶ 農業での木酢液活用 木酢液のパワーアップ法 農業での竹酢液利用 農業でのモミ酢利用 畜産での木酢液活用 木酢液の効果のヒミツ はじめに 読み方案内 I 農業利用の基礎知識 木酢液の本当の姿 …… 木嶋利男 木酢液は微生物を増やす 〜三枝敏郎先生(日本炭窯木酢液協会会長)に聞く〜 図解 木酢液の使い方・効果 使い方のポイント(1) 濃度によって生物への作用が大きく変わる …… 木嶋利男 使い方のポイント(2) 資材と混ぜて浸透力・親和性を活かす …… 三枝敏郎 木酢液は堆肥やボカシの発酵促進にもってこい II 事例に学ぶ木酢液活用 (イネ) 適期散布でカメムシ、いもちを寄せつけない …… 中村幸晴 木酢液+玄米酢で倒伏予防、有機質で増収に挑戦 …… 齋藤博 木酢と米ヌカで二八町歩を除草剤なし稲作(福井県・藤本肇さん) (野菜・花) 私の木酢液活用実践記 …… 飯田和子 資材と混用して効果を高める …… 後藤武 木酢液でハウスピーマン、キュウリのセンチュウを抑える …… 塩崎維寿 根こぶ病で全滅していたハクサイが大豊作 …… 矢崎安男 針葉樹木酢の土壌かん注でキュウリの農薬三分の一(福島県・鈴木喜雄さん) キク もう白さび病はこわくない(愛知県・横山光雄さん) ドクダミ、ニンニク、自然資材と組み合わせて無農薬栽培をめざす …… 山口幸男 木酢、炭、落葉をまぜて上質な堆肥を作る …… 編集部 木酢で水分調整、土中で仕上げ発酵の堆肥つくり(長野県・横森正樹さん) 切り返しなしでできる木酢・炭入り堆肥 …… 後藤武 肥料袋でできる炭・木酢入りボカシ肥 …… 後藤武 畑の排水改良は木酢、米ヌカ、土着菌活用で(鹿児島県・窪田隆志さん) 木酢液満タンの植穴に定植したら、センチュウ・青枯れがとまった …… 山下敬徳 木酢と炭酸苦土石灰でネズミ退治 …… 宮崎茂 (果樹) 木酢をきわめて、ブドウを無農薬栽培 …… 畠田義雄 リンゴ 農薬に木酢をまぜて散布回数を半減 …… 水木番平 減農薬でむしろ色、味はよくなっている …… 須郷陸奥雄 木酢のおかげでリンゴの葉摘みにゆとり、着色早く、糖度もアップ(岩手県・下川原重雄さん) 木酢の200倍散布で葉とらずリンゴ(青森県・福田貞一さん) 木酢ボルドーで減農薬リンゴ(群馬県・新井重治さん) ブドウ 木酢と炭で樹の育ちが固くなる(神奈川県・諏訪部明さん) 1000倍液の混用で農薬代半減、栄週栽培で糖度25度のサクランボ …… 編集部 隔年結果なし、味にコク ミカンを変えた魚腸木酢のすごさ(熊本県・中本弘昭さん) ブドウをねらうスズメやムクドリ除けに木酢/木酢でパワーアップ!紙おむつで腐らん病退治 木酢活用でハウスミカンの殺菌剤ゼロ、殺虫剤年四回 …… 野村高志 葉面散布剤+木酢液で天候に左右されないブドウ栽培 …… 塩山房夫(仮名) 葉面散布、堆肥づくり、土壌かん注 木酢の効果で高糖度サクランボ(山形県・土田重治さん) (茶) 木酢で生物環境を改善、茶園の過剰施肥、悪循環から抜け出す(静岡県・天野金二さん) 放任園で無農薬栽培にチャレンジ 減肥減農薬でも品質・収量は現状維持できる …… 佐藤忠 木酢で微生物、天敵が増えるからできるお茶の無農薬栽培(鹿児島県・田中光彰さん) (きのこ) 木酢液添加できのこが増収 …… 新潟大学農学部 早川利郎 (畜産) 木酢・食酢で子豚の下痢を防ぐ …… 玉利泰宏 木酢飼料で豚肉が変わった(高知県・西森畜産) 有機酸の効果で子豚の下痢が減る …… 本薗幸広 木酢液スプレーが牛の皮膚病に効果(北海道・吉江秀子さん) III 事例に学ぶ竹酢液活用 竹酢液を防除に活かす …… 編集部 竹炭・竹酢で草丈が短く倒れないイネ …… 久留須俊彦 竹+海草で木酢液を採取(静岡県・村上国男さん) 竹酢液の健康効果 …… 野村隆哉 IV 事例に学ぶモミ酢活用 モミ酢なら自分で採れる、ふんだんに使える …… 三田村雅人 モミ酢で凍霜害を防ぐナシ、リンゴ、ブドウ、モモの減農薬効果も …… 小林昌平 モミ酢でリンゴの農薬が減る、甘みが増す …… 編集部 私の自給資材 モミ酢の徹底活用術 …… 松沼憲治 モミ酢の流し込みで穂枯れ防止 …… 石井稔 V 採取法・調整法 品質チェック法 炭窯をつくる、炭をやく …… 池嶋庸元 木酢液採取法 …… 岸本定吉 木酢液の精製 …… 谷田貝光克 ドラム缶炭窯で木酢を採ろう …… 編集部 クセのある竹の調整法 …… 池嶋庸元 くん炭・モミ酢が簡単に採取できる …… 佐々木武 農業利用には炭窯木酢液が最適製法、品質の基礎知識 …… 岸本定吉 木酢液 品質の見きわめ方 …… 三枝敏郎 VI 広がる木酢液の世界 木酢液の広がる可能性人畜無害で有益な理想的自然農薬 …… 岸本定吉 竹炭・竹酢液は農家が里山から生み出す自給資材 …… 内村悦三 葉面微生物の視点から木酢液の抗菌効果に迫る …… 篠山浩文 木酢・モミ酢の強力な還元効果 六価クロム汚染を浄化 …… 渡辺紀元 絶対にアブラムシが来ない!木酢液の使い方/ウドの葉木酢とニンニク焼酎でお茶の無農薬栽培 付録 木酢液の規格 〜日本木酢液協会〜 …… 谷田貝光克 木酢液の規格 〜日本炭窯木酢液協会〜 木酢液の発ガン性は? 〜三枝敏郎氏(日本炭窯木酢液協会会長)に聞く〜 農薬取締法での木酢液の位置づけと、有機JAS規格での扱い …… 編集部 有機JAS規格 登録認定機関は木酢液をどうみているか …… 編集部 奥付 表1 作目別掲載頁一覧 普通作 イネ 34、42、46、48、138、144、150、154、158、188 小麦 36、52 ソバ 34 ライムギ 74 野菜 イチゴ 16、36、54、62、188、191 エダマメ 34 カボチャ 79、154 キャベツ 36、52、82、154 キュウリ 13、30、38、52、54、57、62、66、136、154 クロタラリア 5,36 コマツナ 36 サトイモ 79 ジャガイモ 154 シュンギク 36 スイカ 79 ダイコン 34 タマネギ 54、79 トウモロコシ 34、146、153、154 トマト 36、38、54、66、82 ナガイモ 74 ナス 36、52、150 ニンジン 72、79 ネギ 34、38、62 ハクサイ 52、61、72、82 ピーマン 57 ホウレンソウ 52 ミニトマト 66 メロン 54 ユウガオ 36 レタス 36、54、72 ワケギ 38 花 オーニソガラム 83 キク 64 バラ 30 ヒマワリ 36 ユリ 83 果樹 ウメ 135 オウトウ 7、100、112 ナシ 110、146 ブドウ 6、84、98、107、110、146 マンゴー 54 ミカン 8、54、102、108、135 モモ 110、146、179 ヤマブドウ 11 リンゴ 30、86、90、92、94、107、146、150 工芸作物 イグサ 30 茶 54、114、118、120、138、140 きのこ シイタケ 188 ナメコ 121 ヌメリスギタケ 121 ハタケシメジ 121 ヒラタケ 121 マイタケ 121 ヤナギマツタケ 121 山菜 ウド 30 タラノメ 30 ワサビ 54 苗物 花苗 54 野菜苗 54 畜産 牛 132、138 鶏 138 豚 14、15、123、128、130 表2 病害虫別掲載頁一覧 病気 いぼ皮病 181 いもち病 42、46、138、144、150 ウィルス病 30、38、66 うどんこ病 52、63、66、98、137 腐らん病 107 つる割病 36、98 ばか苗病 42 べと病 38、66、84 モニリア病 89 もみ枯細菌病 42 萎ちょう病 36、38 灰色かび病 36、38、54、84、102、108、191 菌核病 66 黒とう病 84、98 黒星病 86 黒斑病 38 根こぶ病 52、61、72 枝膨れ病 84 青枯病 36、82 赤さび病 38、63 雪腐病 52 炭疽病 36、120 白さび病 64 白絹病 36 斑点落葉病 86 晩腐病 84 苗立枯病 36、144 穂枯れ 158 紋枯病 36 害虫 アカダニ 102、114、140 アザミウマ 54、118 アブラムシ 30、52、55、144、150 イナゴ 46 オンシツコナジラミ 54、66 カイガラムシ 30、108、114、118 カメムシ 42、46、110、111、144 センチュウ 30、38、57、62、66、82、83 ハダニ 30、79、86、98、102、108、119、150 ブドウスカシクロハ 84 ミドリヒメヨコバイ 118 モモシンクイガ 86 ヤノネカイガラムシ 84 ヨトウムシ 137 蚊 54 生理障害 ガス障害 69 奇形 69 岐根 69 鳥獣害 イノシシ 153 サル 153 シカ 153 スズメ 107 タヌキ 149 鳥 148 ネズミ 52、63、83、84、150 ヘビ 84 ムクドリ 107 モグラ 63、84 家畜の病気 下痢 123、128、130、138 ヘモフィルス病 128 皮膚真菌症 132 雑草 ウリカワ 48 オモダカ 48 クログワイ 48 コナギ 48 ハコベ 37 ヒエ 48 ホタルイ 48 表3 混合資材別一覧 混合資材から アミノ酸 54 落葉 69、72、76 海草 137,140 カキガラ 38、102、136、154 カルシウム 54 キトサン 38、102、108 くん炭 61 酵素 84 米酢 46 米ヌカ 48 魚腸 30、79、102、137 サンショウ 62 ストチュー 54 大豆 30 卵殻 137 ツクシ 98 トウガラシ 38、84、102、108、137 豆乳 30 糖蜜 120、137 ドクダミ 62、66、84、98、137、150 ニーム 46 尿素 30 ニンニク 9,38、62、66、79、84、98、102、108、137 農薬 38、54、57、86、90、92、94、100、102、108、110、112、114、138、146、150、154 微生物資材 82 ブドウ糖 54、137 ボカシ肥料 78、79、114、120 ヨーグルト 120 ヨモギ 84、150 ワカメ 84 樹木エキス 118 焼酎 54 堆肥 40、57、61、62、64、69、72、76、112 炭 54、69、72、76、81、138 炭酸苦土石灰 83 微量要素 84 葉面散布剤 54、108、110、120 木酢液の原料(広葉樹以外) 針葉樹 62、111 竹 10,134〜140、172、188 モミガラ 12,144〜158、174 その他 179 「現代農業」誌が木酢に注目しはじめてから20年近い歳月が経ちました。 これまでに多くの事例が積み重ねられ、木酢液は安心して使える資材として、地域資源(木、竹、モミガラ)を活かした農家の自給資材として、活用されるようになりました。 木酢液の成分には、植物の生育を促進する物質もあれば、抑制する物質もあります。 また、木酢液の濃度によっては微生物の増殖を促したり、抑えたりします。 このように、相反する二面性を二重に備えているところが、木酢液の面白いところです。 例えば、木酢液中の成長促進物質だけが働けば植物を軟弱な育ちにしてしまいますが、同時に成長抑制物質が働くことで育ちをしめることができる……。 このように木酢液の二面性を農家的な観察と経験、そして直感でもって上手に引き出してきたのが、今回、集録させていただいた各地の実践です。 「無登録農薬問題」で木酢液活用にブレーキをかけられた面がありますが、あくまで「木酢液は、農家が自分の判断と責任で、防除目的も含めて使うことができるものであり、「安全性」についても、問題がおきるとは思えない」(204頁)農家の自給資材です。 この別冊のタイトルに「減農薬の宝物」とつけたのも、農家が育てた木酢液活用技術を将来にわたる「宝物」として活かしていただきたいと思ったからです。 いまも各地でさまざまな木酢液活用の実践、試行錯誤が続けられています。 その意味では、この別冊は現時点での「とことん活用読本」であります。 今後も、新たな活用事例が積み重ねられ、より確かな技術として育っていくことと思います。 ぜひそのような実践を編集部までお寄せください。 (本田耕士).

次の

バラの大敵「うどん粉病」予防と治療

木酢酢 うどんこ病

ベト病とはどんな病気なのか見極めましょう ベト病は葉に褐色の病班ができて放っておくと茶色くなってカサついた感じで枯れてしまう病気です。 見た目は写真のように太陽で葉っぱが焼けてしまったような感じになります。 ベト病は糸状菌というカビの一種が原因起こる病気で、昼夜の温度格差が大きい3月〜4月と10月〜11月頃の夜間の湿度が高い(85%以上)で、気温が15〜20度の頃に発生しやすくなる病気です。 菌は風などで飛んできて葉の裏面の気孔から感染します。 発生しやすい春と秋の日没前の水やりが多い時に発生しやすくなります。 病原菌は、糸状菌(かび)の一種で、胞子が風などで飛散して一気に伝染します。 対策:排水を良くして密植を避ける。 同科の野菜の連作をしない。 窒素分が多い肥料を控える。 ベト病の治療法 ベト病の治療は比較的簡単ですが、それでも放っておくとどんどん被害が広がってしまいます。 ベト病の発生を確認したらあわてずに、発生が初期で症状が軽い場合はまずは症状が出た葉っぱだけをちぎって様子をみて下さい。 ただし、ベト病の原因になるカビの胞子が風などで飛んでしまえば広がってしまいますので少しでも枯れ始めた葉っぱも必ず除去するようにしましょう。 除去する葉っぱが多くなるほど治療は困難 になっていきます。 手に負えなくなったときは、次のステップに進んで被害を最小限に食い止めることを検討しましょう。 発病した葉を処分したあと、しばらく様子を見てもベト病の症状が株全体に広がり続けるときは、ベト病の市販薬剤を使うことを検討しましょう。 せっかく家庭菜園で育てるならば出来る限りは使用したくないのが本音だと思います。 そこでおすすめなのは手作りの治療薬を使ってみる方法です。 軽症のベト病なら1週間おきくらいに木酢液や酢を水で薄めたものマシン油とニンニクを混ぜた液を散布すると症状が消える事がありますので試してみて下さい。 さらに被害がひどくなった場合には薬剤散布をしないとすべての株が来れてしまう結果になってしまいます。 薬剤を使うのは少し気が引けるかもしれませんが、他の株を守るためにも人体に被害の少ない薬材もたくさん市販されていますから利用することも検討してみて下さい。 ベト病にかかった時は薬は葉裏を中心に散布する事が大切です。 ベト病の対策(治療)と予防方法は? ベト病にならない為のまとめ• 水はけ・通風・採光をよくすることでベト病を予防できます。 土壌の排水性は出来る限り良くして、根が健全に育つようにすることがベト病の対策になります。 狭い場所にたくさん植えすぎないこと。 株・葉の間を開けて風通しをよくする事がベト病の対策になります。 湿度が高いと蔓延しやすいので風通りの良い場所で育てることがベト病の対策になります。 芽が出始めた時からうどん粉病にならないよう希釈酢などを吹きかけるとうどん粉病の対策になります。 肥料不足に気をつけるとベト病の対策予防になります。 春と秋の日没直前の水やりは、通常より少なめか出来るなら避ける方がベト病が発生しにくい.

次の