エボラ ブル アジア 株価。 エアトリ

エアトリ(6191)の株価 買いサイン分析

エボラ ブル アジア 株価

3 特色 航空券予約サイト『エアトリ』運営。 18年5月DeNAトラベル買収。 成長企業への投資事業も 連結事業 オンライン旅行 ITオフショア開発 投資 業種名 サービス業 解説記事 【拡 大】 稼ぎ頭の投資事業は市況逆風で軟調。 が、旧DeNAトラベル買収が通期化。 柱のエアトリは取扱高増。 宣伝費を下期中心に前期比倍増の60億円投入も、連続営業増益。 20年9月期もツアー商品強化でエアトリ成長続く。 費用圧縮で大幅増益。 【出 張】 法人向け出張予約システムは顧客数が3000社突破。 利用者に改善要望募り、賞品提供する企画でサービス向上。 従業員 連1,367名 単101名 32. 銘柄についての寸評・ひとことなど 財務面などについて スポーツなど頑張っている人を応援していきたい。 そういうおもいで、伝えていける発信者になろうと、ブログをはじめました。 訪問してくださる人に、少しでも何らかのかたちでプラスになればと思っています。 スポーツ関連(駅伝やマラソン・サッカーなど)や地元岡山のこと、旅や資格についても発信していけたらと思っています。 株などの資産運用についても発信していきます。 投資は日本株の 時価総額が安い 上場して浅い レシオ割安な高成長銘柄を中長期で現物保有・ピラミッディング投資(ナンピンはしない損切対応) 経済学部卒。 仕事・設計。 土木1級などの国家資格所有。 サラリーマンでも安心できる グロース割負け銘柄・中長期・現物投資を応援しています。

次の

エアトリ(6191)の株価 買いサイン分析

エボラ ブル アジア 株価

2016年3月31日上場 略称 エアトリ 本社所在地 〒105-6219 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズ MORIタワー19F 設立 2007年5月11日 代表者 代表取締役社長 兼 CFO 柴田 裕亮 資本金 2,923,746,400円(払込資本7,401,163,745円) 発行済株式総数 19,804,000株 売上高 連結:24,306百万円 営業利益 連結:680百万円 純利益 連結:733百万円 総資産 連結:31,216百万円 従業員数 連結:1637名 決算期 9月 会計監査人 三優監査法人 主要子会社 株式会社エアトリインターナショナル 外部リンク 株式会社エアトリ(英語: AirTrip Corp. )は、に本社を置き、「One Asia」のビジョンをかかげ、アジアを舞台に、エアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業の5事業を展開するに上場する企業である。 創業以来のコア事業である「エアトリ旅行事業」では、総合旅行プラットフォーム「」の運営を中心に旅行商材の販売を行う。 概要 [ ] 株式会社エアトリは、オンラインによる旅行事業を行う事業 OTA: Online Travel Agent として2007年に創業される。 2011年に法人向け出張サービス(BTM)販売開始、2012年には「EVOLABLE ASIA CO. , LTD. 」(現連結子会社)を に設立し、事業を開始する。 2016年3月にに上場し、一年後の2017年3月にに市場変更。 2018年5月には株式会社DeNAトラベル(現)を完全子会社化。 現在はエアトリ旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業、ライフイノベーション事業と投資事業の5つの事業を柱にビジネスを展開。 創業以来のコア事業である「エアトリ旅行事業」では、総合旅行プラットフォーム「」の運営を中心に旅行商材の販売を行う。 沿革 [ ]• 2007年 5月 - 東京都渋谷区道玄坂一丁目19番12号に株式会社旅キャピタルを設立• 2007年 8月 - 株式会社DTSを子会社として設立• 2007年10月 - 株式会社Valcomを子会社化• 2007年11月 - 本社を東京都港区芝三丁目5番5号に移転• 2008年 1月 - 東京都知事登録旅行業第3-5991号で第三種旅行業務登録、に正会員として入会• 2009年 6月 - 第一種旅行業務登録• 2009年 9月 - 株式会社アイ・ブイ・ティを子会社化• 2009年10月 - 株式会社Valcom及び株式会社DTSを吸収合併• 2011年 8月 - 「TRIP STAR」のサービス開始• 2011年10月 - 株式会社アイ・ブイ・ティを吸収合併、法人向け出張サービス(BTM)販売開始• 2012年 3月 - 「EVOLABLE ASIA CO. , LTD. 」(現連結子会社)を に設立、ITオフショア開発事業を開始、の認証取得• 2013年10月 - 社名を株式会社エボラブルアジアに変更• 2014年 5月 - EVOLABLE ASIA CO. , LTD. のハノイ拠点 を に開設• 2015年 7月 - EVOLABLE ASIA CO. , LTD. のダナン拠点を に開設• 2016年 1月 - 拠点を に開設• 2016年3月31日 - 市場に上場• 2016年10月1日 - 本社を東京都港区愛宕二丁目5番1号に移転• 2016年11月 - AirTrip(通称エアトリ)のサービス開始• 2017年3月31日 - に市場変更• 2018年5月31日 - 株式会社DeNAトラベル(現)を子会社化• 2020年1月 - 社名を株式会社エアトリに変更 主なサービス [ ]• エアトリ旅行事業(Web直販、旅行コンテンツOEM提供、卸売、BTM)• 訪日旅行事業(Wi-Fiレンタル、訪日メディア運営)• ITオフショア開発事業(ラボ型オフショア開発、ゲーム開発、BPOサービスの提供)• ライフイノベーション事業(メルマガ、メディア、スーツケースレンタル)• 投資事業 主な運営サイト [ ]• 関係子会社 [ ]• 脚注 [ ].

次の

エアトリ(6191)の株価 買いサイン分析

エボラ ブル アジア 株価

アップデートレポート |• フルレポート |• 基本情報 特色 ベトナムでのITオフショア開発も手掛ける国内航空券のオンライン販売最大手 市場名 東証一部 事業内容(レポートより抜粋) エボラブルアジア(以下、同社)は、オンライン旅行事業を中核事業としている。 現会長と現社長がそれぞれ、国内航空券をオンラインで販売する企業を創業して経営していたが、規模の拡大を目指して合流し、同社が設立された。 国内の全航空会社との代理店契約を持つ仕入力、複数の販路による販売力、サイト構築やシステム連携を行う自社保有のIT開発力という3つの競争力の源泉を活かして取扱高を増やし、国内航空券のオンライン販売の最大手となった。 オンライン旅行事業の競争力の源泉のひとつであるIT開発力は、ベトナムの子会社がベースとなっている。 この開発体制をもとに、ITオフショア開発事業を展開している。 日系のクライアントの要望に基づいて人員を雇用し、専属チームを組成してクライアントの指揮下で開発を行う方式(ラボ型開発)に特化している。 一般の受託開発に比べて、赤字になるリスクは低く、第二の収益の柱となっている。 国内航空券の販売、ベトナムでのITオフショア開発に続き、外国人の訪日旅行に関する需要に対応する事業の開拓に注力し始めている。 海外向けの国内航空券の販売のほか、民泊プラットフォームの構築やキャンピングカーレンタル等に着手した。 注力中の訪日旅行事業はオンライン旅行事業に含まれる。 (2018年4月27日時点) 沿革(レポートより抜粋) 取締役会長の大石祟徳氏は、大学在学中の95年に、大学生の団体旅行の手配業務を行う株式会社アイ・ブイ・ティを創業した。 また、代表取締役社長の吉村英毅氏は、大学在学中の03年に株式会社Valcomを創業し、オンライン旅行事業を開始した。 当時、国内航空券のオンライン旅行業ではガリバーと言える企業はなく、格安航空券のウェブ販売を行う会社が100社近く存在していた時期もあったようである。 なお、Valcomでは05年頃から旅行コンテンツの他社へのOEM供給を開始しており、後の成長の礎を築いた。 両社とも単独で取扱高は10億円程度まで成長したが、競合するよりは一緒になって拡大することを志向し、07年に吉村氏と大石氏が共同で、旅キャピタル(同社)を設立した。 航空券の仕入は大石氏が、販売は吉村氏が主に担当し、お互いの強みを活かした役割分担で事業拡大を進めていった。 旅キャピタル設立後、アイ・ブイ・ティが運営していた「e航空券. com」を事業取得するとともに、Valcomを子会社化して、Valcomが運営していた「エアーズゲート」のサービスを承継した。 なお、アイ・ブイ・ティは09年に同社に吸収されている。 その後、同社は国内航空券の取扱高を増やすべく、販路の拡大を続けていった。 09年には、パラダイムシフト(東京都中央区)より「CAS Tour」の事業を取得した。 11年にはワンストップで複数の商材を提供できる統一ブランドの「TRIP STAR」のサービスを開始するとともに、同年、法人向け出張サービスを開始した。 14年には株式会社空旅. comから「空旅. com」の営業権を譲り受け、サービスラインナップに加えた。 オンライン旅行事業の競争力を支えるのはシステム開発力である。 同社では、11年に東京での自社開発からベトナムでの開発に体制を移していった。 その翌12年、ベトナムの開発チームの活用を志向し、ソルテックグループとの合弁により、EVOLABLE ASIA Co. , LTD. をベトナムに設立し、ITオフショア開発事業を立ち上げた。 事業がオンライン旅行事業とITオフショア開発事業の二本柱となったことに伴い、13年に、旅キャピタルから、エボラブルアジアに社名を変更した。 また、訪日旅行事業、民泊事業、シェアリングエコノミービジネスの展開を強化している。 同社は17年3月31日に東証一部に市場変更した。 (2018年4月27日時点).

次の