鬼 滅 の 刃 171。 【ネタバレ注意】鬼滅の刃171話「変ずる」【ジャンプ39号2ch感想まとめ】

【鬼滅の刃】171話ネタバレ確定感想&考察、悲鳴嶼・実弥の連携GOOD![→172話]

鬼 滅 の 刃 171

『鬼滅の刃』著:吾峠呼世晴 『鬼滅の刃』レビューリンク• 第171話「変ずる」感想 『鬼滅の刃』第171話「変ずる」感想です。 上弦の壱・黒死牟と岩柱・悲鳴嶼行冥、風柱・不死川実弥の戦いが盛り上がっていますね!! 痣を表出させさらに連携によって悲鳴嶼と不死川がどんどんと調子を上げて、黒死牟を追い詰めていきます。 しかし、黒死牟にはまだまだ奥の手があって…。 では『鬼滅の刃』第171話「変ずる」ネタばれ感想です。 未読の方はご注意ください。 黒死牟の髪を食べた玄哉 最終決戦に皆、命を捨てる覚悟で臨んでいます。 胴を切断された玄弥は、黒死牟の髪を食べて回復を試みます。 そのあまりの血の濃さに玄弥の体は鬼化が進み、傷が治っただけでなく気分も高揚していき…。 さらに黒死牟の折れた刀を欲します。 ついに、玄弥は黒死牟に語りかける鬼舞辻無惨の声まで聞こえるようになります。 黒死牟の髪を食べた玄哉の身に… 上弦の鬼の血を取り込んでも理性を保っているとは玄弥も相当のものですが…。 これは、ちょっとマズイのではないか。 黒死牟に個人的に直接語りかける無惨の声が聞こえるということは、つまり黒死牟と同化しかけているとも考えられるわけですよね。。 これがうまく働けば、黒死牟に一矢報いる決定機をも作りうるかもしれませんが…。 吉と出るか凶と出るか…。 ちなみに、かなり時間が経っているような感じがあり、無惨が形成を逆転してしまっているのではないかと危惧していたのですが、ま大丈夫そうですね。 ちなみに、果たして髪に血が通っているのか、などの疑問はありますが…一応中医学では髪は血の延長だとも考えられていますのでセーフ 笑 岩と風の猛攻!黒死牟を追い詰める!!? 岩柱・悲鳴嶼行冥と風柱・不死川実弥の連携によって、圧倒的な力を誇る上弦の壱・黒死牟に互角以上に渡り合います。 とはいえ黒死牟にまだまだ余裕があり、冷静に戦況を分析し続けます。 黒死牟は悲鳴嶼を特に評価しています。 黒死牟曰く、悲鳴嶼は鎖を振り下ろす音の反響で空間や動きを把握しているのだそうです。 悲鳴嶼の卓越した能力に、黒死牟はまず不死川の武器破壊を狙いますが…。 不死川は黒死牟が驚くほどの反応速度と精度で、それに対応します。 黒死牟の斬撃を受ける悲鳴嶼と不死川 ざっと見ても黒死牟の斬撃の間合いは10m以上程!! 悲鳴嶼の鎖の間合いよりもさらに広いのではないか?? これまでの黒死牟の技の間合いから考えても劇的な変化です。 ここに来て、黒死牟がはじめて積極的意志を持って柱を殺しにかかってきたように思えます。 そして、この圧倒的に広い間合いの正体は… 凶々しき刀。 黒死牟の明確な殺意!!? 圧倒的間合いの理由は凶々しく巨大に変形した黒死牟の刀です。 刀身に3つの穂身を持ち、その長さは普通の刀の2倍ほどもある長刀となっています。 これまではどこか相手の実力を図りつつ、試すかのような戦い方をしていた黒死牟でしたが… 悲鳴嶼と不死川を柱の上位の実力者と見定めた黒死牟は二人に明確な殺意を持って対峙します。 そういえば、戦闘中に刀を変形させていくキャラって初めてかも…。 それにしても、黒死牟さんの圧倒的強者感とラスボス感よ。 無惨は果たして黒死牟より強いのだろうか…。 個人的には戦闘力で無惨が黒死牟に勝るとは思えないのですよね。 実際、無惨は不意打ちとはいえ産屋敷と珠世に致命的なダメージを与えられているわけですし…。 そもそも武芸を修練したこともない無惨が、歴戦の戦士が鬼化した上弦たちよりも戦闘力が高いというのは…。 「日輪の耳飾りをした剣士」には一度敗れているようですし。 鬼にとっては絶対的な存在であるものの、戦闘力自体は上弦の上位よりは下なんじゃないかな…。 黒死牟をここまで圧倒的に描いて、実は無惨はもっと圧倒的でした…というのはちょっと嫌な展開かもしれません 笑 注目されている記事 過去24H•

次の

【鬼滅の刃】最新話「第171話」ネタバレと感想【変する】

鬼 滅 の 刃 171

脳内で誰かの声が聞こえたようです。 一方で体の方はどんどん回復しています。 上弦の壱の一部は効果絶大のようです。 玄弥: (血の巡る速度上がる 気分がいい…) (もう一つあるあの上弦の折れた刀の刃先) (あれを喰えればもっと…) そこで再び何者かの声が聞こえてきます。 「黒死牟 柱を何人倒した?まだ此方へは来させるな」 玄弥: (こ…れ…)(無惨…か…?無惨の声…) 鬼の一部を喰らったことで無惨の声が聞こえるようになった玄弥は一体どうなるのか。 その頃一方悲鳴嶼たちは… 黒死牟: (成る程) (恐らくはこの二人が…柱の中でも実力上位…) (特にこの男…屈指の肉体を持つ剣士だ…) と悲鳴嶼を分析しています。 まず実弥の刀を破壊しようとする黒死牟ですが、実弥も上手く対応。 なんとか刀を折られずに済みます。 黒死牟: (痣を出したからと言って通常ならば戦闘不可能な致命傷を負わされた者が さらに動きの速さ精度を上げてくるとは) と実弥の動きに驚いています。 実弥: 「風の呼吸 漆ノ型 頸 けい 風 ふう・ 天 てん 狗 ぐ 風 かぜ」 悲鳴嶼: 「岩の呼吸 壱ノ型 蛇 じゃ 紋 もん 岩 がん・ 双 そう 極 きょく」 この攻撃により黒死牟の着ていた着物が破れます。 悲鳴嶼: 「まだだっ!!」「畳み掛けろ!!」 「頸を!!頸を斬るまでは!!」「頸を!!」 実弥に呼びかける悲鳴嶼。 黒死牟: 「そうだ その通りだ」 次の瞬間、実弥と悲鳴嶼の体から血しぶきが上がります。 (馬鹿なっ…何をされた!?この間合いで攻撃が届くだと!?) と悲鳴嶼。 たしかに敵との距離は十分あります。 悲鳴嶼: (何をした奴は)(何を) ヒュオ と砂埃を払う黒死牟。 黒死牟: 「着物を裂かれた程度では…」「赤子でも死なぬ……」 「貴様ら二人をうち撃ち果たしてしまえば…残りは容易く済みそうだ…」 黒死牟の刀は以前とは違う形になり、刃先が3つに分かれています。

次の

【鬼滅の刃】171話ネタバレ!あらすじ振り返り&感想やポイント!

鬼 滅 の 刃 171

さてと。 『鬼滅の刃』171 話の感想です。 上弦の壱を喰う 扉絵は黒死牟の髪を食べる玄弥の姿。 この辺りあっさりと髪を食べさせてくれたというか,柱2人を相手にしているから流石に無一郎まで気を回せなかったか。 あるいは,玄弥が回復したところですぐに倒せる「雑魚」認定しているのか。 そのいずれもかもしれませんね。 むしろ無一郎の方の表情がかなり苦しそうではある。 そりゃそうだ。 体躯も小さいのに胸は刺され腕は切られている。 止血したとは言えあまり長くは保たなさそう。 鬼は簡単に回復できるけれど人間は怪我をすれば呼吸でなんとかなるのは限界がある。 限られた命の中で鬼と向かい合う人間,永遠の命の中で人間と向かい合う鬼舞辻ら。 その 対比がこんなところにも描かれている。 「鬼喰い」の効果とリスク さてその玄弥です。 鬼食いという特殊な技を駆使する玄弥ですが,そんな便利なものではないということが今回発覚。 鬼を食うことで「鬼の不死性」を得つつも「人間で在り続ける」ことを可能としているわけですが,鬼化するということは 限りなく鬼の属性を得るというリスクが有るわけね。 鬼となるリスク そのリスクとは 「鬼舞辻無惨による支配」である。 自分で呪いを外した珠世や禰豆子,珠世が作り出した兪史郎はともかく,玄弥が食べているのは無惨の支配下にある鬼たちです。 これまでは無惨から距離があったり,無惨の血が薄い者を食らっていたから気が付かなかったようですが,やはり鬼舞辻無惨との「リンク」はある。 それが今回明らかになった リスク。 なるほど。 上弦の壱とならば最初に鬼化した,ないし最も鬼舞辻無惨の血を頂戴している鬼である。 その血の濃さ,よほどのものですね。 髪の毛を食っただけで回復するばかりでなく,体力の向上。 謎の高揚感。 だが逆にかなりのリスクである。 今はかすかに声が聞こえる程度ですが,これ以上黒死牟の肉体を食べたら... 黒死牟が自らの肉から生み出した剣先を食べたりしたら,圧倒的な力を持つに至るにせよ同時に 「無惨の支配下」に陥る可能性が高い。 玄弥にせまる暗雲 考えてみれば当然のことですね。 黒死牟は無惨から大量の血を受領している。 その肉は当然その血液を含んでいる。 それを食べるということは, 事実上無惨から血を分け与えられているに近しい。 これまで玄弥が無事だったのは,単に食らった鬼に与えられた無惨の血が少量だったからに過ぎない。 そうなるとあれですね。 「かつて鬼喰いをしていた者」が胴切りで絶命したと黒死牟が言っていましたが,案外それは 黒死牟自身だった可能性もあるのかもしれないな。 無惨の肉体かなにかを食べた結果,鬼化が急速に進む。 もともとあった「永遠の命に対するあこがれ」と鬼化が組み合わさって鬼となってしまったのかもしれない。 結果,日の呼吸の剣士(兄弟?)がやむを得ず継国厳勝を胴から真っ二つに切り 絶命。 それを 無惨が血を与えて黒死牟として復活。 そんな可能性が微レ存...? とか思ったり。 鬼殺隊が「鬼」と戦うということ さてそんな玄弥たちの行動は他所に緊迫する 黒死牟 VS 岩柱&風柱。 痣者2名,それも柱の中でも最強クラスの二人が連携して迫るわけですが,そこは冷静に相手を分析する余裕がある黒死牟さん。 そりゃそうか。 まだ一太刀も浴びているわけでもないですし,太刀を浴びたところで首を来られない限りすぐに復活できる。 剣士としての勝負以上に, 鬼と人間の差が圧倒的に在りすぎて絶望感がパない。 冷静にして隙無き最強の鬼,黒死牟 ふむ。 より上位と見る行冥ではなく,先に実弥を倒そうとするあたり冷静である。 昔ワールドトリガーのガロプラ戦でもボーダーがやってましたね。 倒せる方から倒し,トータルの戦力を削りに行く。 実に冷静な判断です。 それに対して即座に対応し,通常以上の反応速度で攻撃に転じるあたり,さすが柱上位の風柱さんである。 再び髪を切り落とす程度には刀は近づきつつあるわけです。 そして 柱最強の男,岩柱さんの斧撃! ついに一太刀浴びせる 切った.. ! 柱三人+玄弥の攻撃を通して初めて 刃が肉体を捉えた瞬間である。 無論,耳たぶを切ったところで次の瞬間黒死牟の耳は復活している。 限りなき不死性を持つ鬼の中でも最上位,鬼舞辻無惨に次ぐNo. 2の鬼である。 単純に戦局という意味ではあまり意味がない。 ですが鬼殺隊の攻撃がその肉体を捉えたということ,首さえ切れれば倒すことも可能であるということを示せたことが大きいわけです。 更に畳みこむように風の呼吸・漆ノ型と岩の呼吸・壱ノ型を叩きこみ,その着物を履いだものの.. 戦闘力が違いすぎる...! 圧倒的に強い。 首を切れれば倒しうるにせよ,まずその刃が肉体を捉えるところまで行かない。 これまでも上弦とは格の違う強さ。 元・鬼殺の剣士だからこそ理解できる,鬼殺しの特性を読み切った戦いぶりというべきか。 「首を斬る」「太陽の陽を浴びせる」以外に勝ち筋のない鬼殺の剣士は「必ず首を狙ってくる」。 であるならば, その太刀筋の途中に刃をおけばいい(これもガロプラがやッていたなぁ)。 日輪刀ではなく,自らの肉で生み出した刀を振るう黒死牟だからこそ可能な変幻自在の太刀。 これはキツイ。 確かに強い... そして圧巻の この表情。 余裕としか言いようがない。 鬼殺隊が最大戦力を同時投入してくるのなら,ならばその最高戦力を削ってしまえば相手は瓦解する。 そんな諸刃の剣な作戦が上弦の壱・黒死牟優位の戦局では鬼殺隊にとって裏目に出る。 なんだか勝ち筋が見えてこないですね。 まだ二人は戦えるのでしょうが,今ひとつ決め手に欠ける。 ここで 玄弥がジョーカーとなるのか,炭治郎たちが駆けつけるのか。 この勝負,まだまだ長引きそうである。 ということろで まる。 今回の鬼舞辻無惨 玄弥の頭の中で響く, 無惨の声。 いまこちらに来させるなという言い方からして,まだ珠世の拘束は続いているということですかね。 しかし 「まだ」という言い方からして,どこかで克服できてしまう可能性があるように思える。 微妙な印象を抱く鬼の棟梁 そんな強者感と裏腹に,言っているセリフは 柱を何人殺した? まだ此方へは来させるな とまあ,他力本願というか,あまり威厳がないね。 ぶっちゃけ小物臭すらある。 こんなんでいいんでしょうか。 実際に戦ったら黒死牟より強いのか...? しかしアレですね。 こうして黒死牟の髪を食べ,黒死牟と 「意識共有」したことに意味があるのかもしれないね。 玄弥はこれ以上鬼化するとやべぇでしょうからもう食えないでしょう。 かといって,胴がつながった程度では黒死牟に勝てるはずもない。 となると,むしろこの「意識共有」が意味を持つのかな。 次に黒死牟が何をするか読める。 あるいはその「過去の記憶」さえも...? 黒死牟こと 継国厳勝に起きた出来事を玄弥が知ることで戦局を動かすのかもしれないなあ。 とか思ったりして, 再度まる。

次の