フェイスライン ニキビ。 Uゾーン、フェイスラインのニキビの原因は男性ホルモンが原因?!

大きくて目立つ「首ニキビ」の原因と改善方法|フェミークリニック美容皮膚科

フェイスライン ニキビ

まずは繰り返しできやすい大人ニキビの原因を知りましょう!チェック項目から自分の生活習慣を見直してみましょう。 フェイスライン、顎、鼻などできる場所による原因と対処法、白ニキビ・しこりニキビなどタイプ別の治し方、皮膚科で処方される薬をご紹介します。 毎日のスキンケアを見直してニキビとおさらば! 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ ニキビができやすい原因とは 大人ニキビの原因とは 教えてくれたのは…皮膚科医 ウォブクリニック中目黒 総院長 高瀬聡子先生 1995年慈恵会医科大学卒業後、翌年より慈恵会医科大学付属病院皮膚科に入局。 2007年ウォブクリニック中目黒を開業。 ドクターズコスメ『アンプルール』の開発・プロデュースも。 まずはニキビ発生のプロセスをおさらいしましょう。 1皮脂の過剰分泌 ホルモンバランスの乱れや食生活の影響で、皮脂腺の働きが活発になり、通常よりも皮脂が過剰に分泌します。 2毛穴が詰まる 皮脂の出口である毛穴が詰まり、毛穴内部にどんどん皮脂が溜まっていきます。 3ニキビ菌が繁殖する 毛穴にアクネ菌やブドウ球菌などニキビ菌が集まり、皮脂をエサにして繁殖します。 4炎症を起こす ニキビ菌の影響で炎症が発生し、赤みや腫れをともなうニキビとなります。 ニキビが発生する1~4の各段階には、さまざまな要因が関係します。 「たとえば1の皮脂の場合、顔のTゾーンはもともと皮脂腺が多く、鼻ニキビや額にニキビができやすいのはこのためです」 一方で頬からあごにかけてのUゾーンは、男性ホルモンの影響を受けやすいエリア。 「ストレスを感じると男性ホルモンが分泌され、このエリアの皮脂分泌が促されやすくなります。 「2の毛穴づまりの場合、年齢とともに肌の水分量が低下すること。 さらに間違ったスキンケアで乾燥し、毛穴が詰まりやすくなることが考えられます」と、高瀬先生。 3のニキビ菌の繁殖や4の炎症は、不規則な生活習慣やストレスと関係しているそう。 「睡眠不足やストレスで免疫が低下すると、肌の常在菌バランスが乱れたり、炎症が鎮静しにくくなります。 ニキビの色は主に白、赤、黄色に分けられます。 痛みや腫れをともなうことも。 炎症がひどいと膿疱と呼ばれる膿をともなうニキビになる場合も。 繰り返しやすい大人の不安定ニキビの原因 教えてくれたのは…皮膚科医。 津田クリニック副院長。 津田攝子さん 研修医時代、ひどいニキビに悩まされる。 自らの肌を治すためにスキンケア研究をスタート。 外来治療と並行して、オリジナル化粧品の開発や正しい美容法の提唱を積極的に行う。 寝不足、ストレス、ホルモンバランスの乱れなど心身の不調が密接に関わっています。 ストレスや体調変化などで皮脂の分泌が増える 2. 皮脂に存在する菌が紫外線などと反応して、活性酸素を生み出す。 周りの組織にダメージが 3. バリア機能が低下して炎症に 4. 乾燥、血流低下などでターンオーバーが滞り、角質が厚くなる 5. ターンオーバーの低下、乾燥などで毛穴の出口が詰まる \チェック項目/ 【CHECK 1】 こんな生活習慣はニキビ肌を招く ストレスや寝不足など、自律神経を乱すような生活が続くと肌のバリアが低下してしまいます。 おでこ 毛先が触れる摩擦で、弱っている皮膚のバリアがますます低下。 首筋 ケア不足になりがちな首。 乾燥や紫外線ダメージがたまりがち。 口の周り 胃腸の疲れであれやすいといわれる口元。 食べ物による刺激も。 フェースライン 角質が固くなりがちなフェースラインは、ニキビ頻出パーツ。 【CHECK 3】 こんなケアしてない?ありがちNG習慣 ニキビ=脂っぽい、という思い込みから、さっぱりケアに走りがち。 バリアの低下した肌には、適切な潤い補給が必要です。 芯を自分で取ろうとせず、皮膚科に相談を」(片桐先生) 大人のニキビ肌におすすめのアイテム 摩擦をかけない保湿ケアを意識! ニキビ=過剰皮脂ではなく、乾燥状態と考えて。 メイク落ちの良いミルククレンジングや油分少なめの保湿ジェルは必須。 日中はクッションファンデを使用し、肌を乾燥させないように。 【おすすめ保湿ジェル】 a.過剰皮脂を防ぐオイルコントロール機能。 草花木果|マスクジェル 90g ¥3,000 【おすすめクッションファンデ】 a.バームからクリーム、パウダーと2度変化。 ジョルジオ アルマーニ ビューティ|パワーファブリック コンパクト 3. 5 ¥8,700 b.美容液成分を85. 軽い使用感。 ドクターシーラボ|パーフェクトクッションファンデーション NB ¥3,800 フェイスライン・鼻などニキビができる場所別の原因 ニキビができるパーツによって違う原因 教えてくれたのは… 美容皮膚科タカミクリニック 本田えり医師 1日100名前後が来院する『美容皮膚科タカミクリニック』にて、ニキビ治療・毛穴治療をメインに、シミ、しわ、たるみなどのアンチエイジング治療まで一貫して治療を行っている。 現在の肌トラブルの改善はもちろん、将来に向けて、より美しい肌で過ごせるよう治療計画の提案、スキンケア指導を含めた生活面でのアドバイスも好評。 10代の青春ニキビはおでこやTゾーン、大人ニキビはアゴや首にできるイメージがありませんか? 実は、ニキビはできる場所によって原因が違うんです。 その原因をしっかり理解していれば、ニキビ肌改善のヒントになるかも。 鼻の中や鼻の下はニキビじゃない!? 「鼻の中や鼻のすぐ下などにできる痛いふくらみは、ニキビじゃない可能性大。 皮脂が多い10代~20代前半は、Tゾーンや頬にニキビが出やすいですが、ある程度、年齢がいってもおでこや頬などにもできてしまうなら、それは乾燥とスキンケアの油分過剰が原因かもしれません。 年齢的にはもうTゾーンの皮脂などは減っていっていいはずなのにニキビができるのは、バリア機能を低下させるようなスキンケアの仕方に加え、クリームやオイルの塗りすぎや、マッサージが原因になることも。 スキンケアのやり方やアイテムを見直したほうがいいでしょう」 自分がインナードライだと気付かずに、クリームやオイルを多量に使っていると、ニキビができてしまうんですね。 「そうです。 ニキビが出やすい方は、まずは化粧水や美容液の段階でセラミドやアミノ酸といった天然保湿因子、つまり角質層の主成分や細胞の機能を高める成分、炎症を抑える成分をたっぷりと入れて保湿をしっかりしてあげることが大切です。 その上で、最後に軽めに油分で膜を張ってあげるとニキビができなくなりますよ。 クリームやオイルを全体に使うのを避けて、ゲルや乳液で保護をし、ニキビが出ないとこだけに油分をプラスするケア方法を試してみてください」 治るどころか悪化!? ついついやりがちなNGケア ニキビには油分を与えない、というお話でしたが…ここ数年、オイル美容がトレンドです。 ホホバオイルなど、ニキビへの効果を謳ったオイルもたくさんありますが、そういうオイルなら使用しても問題ないのでしょうか? 「私はおすすめしていません。 オイルの種類によっては、炎症を抑える効果のあるものもありますが、それよりも油分で毛穴が詰まるリスクのほうが高いと思いますよ。 植物性のオイルなどは特に、菌のエサになるというリスクまであります。 顎周りのニキビの対処法 Q:あご周りに吹き出物が多いです。 口周りの毛深い人があご周辺の吹き出物に悩む傾向が。 クレンジングにはミルクタイプかジェルタイプを選び、肌に摩擦を与えないようやさしく洗います。 「洗顔後は、ニキビの炎症部位を避け、軽やかなジェルなどで保湿してあげて。 ノンコメドジェニックと記された、ニキビ菌の繁殖を防ぐタイプの化粧品がおすすめです」 ニキビができやすい人にとって、洗顔時に「毛穴がザラついてきたな」と感じたら要注意。 常に2~3種類のクレンジングと洗顔料を用意しておき、肌の調子に合わせて使い分けるのが理想です。 ニキビのタイプによって、必要なお手入れは違ってきます。 ここでは前回ご紹介した、色で見分けるタイプ別ニキビケア法をご紹介。 AHAやBHA配合のピーリングソープやピーリング美容液を取り入れてみましょう。 炎症部位はなるべくメイクを避けるのも大切。 ニキビ跡を残さないために、肌の代謝を促す発酵食品やビタミンB群を摂取するインナーケアを取り入れて。 睡眠もしっかりとりましょう。 ニキビができたら、香辛料などの刺激物や、油脂、甘い物の摂取をなるべく避けること。 そして「肌の代謝を促すビタミンB群や、ビタミンCを豊富に含む食材……野菜やフルーツを積極的にとりましょう。 代謝を促すという意味では、発酵食品もおすすめです」 緑色の濃い葉野菜たっぷりの味噌汁、納豆、ぬか漬け、低脂肪のヨーグルトなど、一見質素でも栄養バランスのよい食事は、肌のみならず健康・体型管理にも役立つはず。 本来は十分な睡眠も大切ですが、「忙しい女性はなかなか難しいはず。 だとしたら、寝室にスマホを持ち込まないなど、できることから始めてみてください」 しこりニキビの治し方 しこりニキビの正しいケアとは 痛いニキビにオロナインは効果的あり? ニキビができても病院に行く時間が取れない人などは、市販薬に頼りたくなると思います。 「オロナインの主な成分は、クロルヘキシジン。 消毒液と同じ成分なので、かなり軽いニキビなら引くこともあるでしょう。 皮膚科では、いざニキビができたときに塗る薬をもらっておくこともできるので、ニキビができやすい人はそういった、皮膚科の塗り薬をストックしておいてはいかがでしょう」(本田先生・以下「」内同) 痛いんだったら、それはかなり炎症が進んでいる状態とのこと。 ひどい場合は市販薬に頼るより、なるだけ早く病院にかかったほうがニキビ跡を残さないためにもおすすめだそうです。 ニキビの炎症が進んだ状態「しこりニキビ(硬結ニキビ)」の正しいケアは 赤く盛り上がったまま、しこりがなかなか消えないニキビ。 これは、どういった原因でできてしまうのでしょうか? 「ケロイドって聞いたことがあると思うんですが、しこりニキビはこれの前段階です。 深い傷などができて炎症が起こったあとに、コラーゲンがその場所に余計に作られ、赤く固くなってしまうんです。 つまり、ニキビの中でも炎症がかなりひどいため、しこりニキビ化してしまうんですね。 フェイスラインやデコルテ、肩などに出やすいですが、ほかの場所の小さなニキビでも、触ったり潰したりしていると、しこりニキビ化することがあるので注意が必要です」 ニキビの中でも悪化が進んだニキビが、しこりニキビだったんですね。 では、どうやって治していけばいいのでしょうか。 「触らなければ、通常は時間とともに落ち着いてくると思います。 しかし、こういったしこりニキビができやすく、また治りにくいケロイド体質の方というのがいらっしゃるので、そういう患者さんは、ピーリング作用のある塗り薬やステロイド注射などを使いながら治療していきます」 ただし、しこりニキビになってしまってからでは、治療にかなりの時間がかかってしまうそう。 皮膚科で処方されるニキビの薬とは 飲み薬の種類と効果 教えてくれたのは… 『青山ヒフ科クリニック』院長、皮膚科専門医、医学博士 亀山孝一郎先生 北里大学医学部卒業。 米国立保健衛生研究所(NIH)に招へいされ、メラニン生成の研究に従事。 帰国後に発表した論文が話題となり、ビタミンC療法の第一人者と呼ばれるようになる。 1999年、『青山ヒフ科クリニック』開業。 2002年にオリジナル化粧品『ドクターケイ』を発表。 肌トラブルから美容まで様々な悩みにトータルケアで応えている。 (1)抗生物質 種類・・・レボフロキサシン、ロキシスロマイシン、ミノマイシン 効果・・・アクネ菌の殺菌効果 飲む期間・・・約2週間 ただし、「抗生物質はすごく効く人と全然効かない人がいます。 薬を2週間飲んでも効かないと思ったら、抗生物質を飲むのをやめて、ピーリングなど他の手段を考えるべきでしょう」(亀山先生・以下「」内同)。 2週間は様子を見て。 「これはビタミン剤や漢方薬にも言えることですが、2~3日ですぐに薬の効果が出ることはありません。 2週間は試してみないと、その薬が自分に合っているかどうかは分からないんです」自己判断で途中でやめたりせず、医師の指示をしっかり守りましょう。 2週間経っても、ニキビが改善しないようなら、いま飲んでいる薬が自分には合っていないということ。 そのまま何ヶ月も飲み続けるなんて最善策ではないので、違う薬に変えるよう医師に相談してみてください」 ニキビの飲み薬に副作用はある? 「ビタミンには副作用はありません。 抗生物質や漢方薬には、場合によっては吐き気やめまいなどの副作用が出ることがあります」 塗り薬の種類と効果 ダラシン 『青山ヒフ科クリニック』で処方することが多い塗り薬。 アクネ菌やブドウ球菌属への殺菌作用があるお薬です。 ゲルタイプとローションタイプがあり。 アクアチムクリーム 『青山ヒフ科クリニック』で処方することが多い塗り薬。 アクネ菌やブドウ球菌属への殺菌作用があるお薬です。 リンデロン 「ニキビ治療で処方するドクターもいるようですが、そもそもニキビの保険適用のお薬ではありません。 ステロイドのお薬なので、炎症は抑えるはたらきはありますが、皮脂分泌を促進、TLRを増強します。 TLRはニキビの炎症のスイッチを押してしまう働きがあります。 つまりニキビを作り、悪化させてしまうという、ニキビの悪循環が始まってしまうのです。 一時的なニキビの炎症は抑えても根本的な解決にはならないため、『青山ヒフ科クリニック』では、ニキビ治療には処方していません。 アトピーや接触性皮膚炎の治療には用いることもあります」(亀山先生・以下「」内同) ゲンタシン 「抗生物質のお薬です。 つまり擦り傷や切り傷、細菌性皮膚炎やおできの治療の際に用いることがあります。 そのためリンデロン同様に『青山ヒフ科クリニック』ではニキビ治療には処方していません。 このやり方で、本当にニキビの治りがスピードアップするのでしょうか? 「本当ですが、注意が必要です。 ニキビができている肌はバリア機能が落ちていることがあります。 バリア機能が低下していると、少しの刺激でも過敏に反応してしまうことがありますので、刺激を感じたら絆創膏を剥がして、そっとしておきましょう。 刺激を感じないようでしたら、絆創膏で保護することで薬が患部にしっかり密着して成分の浸透を後押しします」 ニキビ用の塗り薬を塗るタイミングは? 忙しい現代女性。 ニキビケアは、朝の洗顔後と夜のメイクオフ後などに、スキンケアと同時に行うという女性がほとんどでしょう。 そこでむくむくと湧いてくる疑問が「薬ってどのタイミングで塗るの?」ということ。 さて正解は? 化粧水と塗り薬、どっちが先? 「病院で出される薬には、ローションタイプのものもあれば、クリームのようなものもあるでしょう。 その薬のタイプによって塗る順番は変えてください。 油分が多い塗り薬なら、化粧水の後に。 水分が多いローションタイプのものなら、乳液やクリームを塗る前につけてください」 「1日2回」って書いてあるのに塗り忘れた! どうしたらいい? 「『青山ヒフ科クリニック』で出す薬はだいたい、1日2~3回塗ることを推奨していますが、塗り忘れることで症状が極端に悪化することはありません。 ですので、塗り忘れに気が付いたときに塗ればそれでOK。 朝塗るのを忘れたのに昼ごろ気づいたら、気づいたときに塗ってもう一度夜に塗るもよし、夜まで塗り忘れに気がつかなかったら、その日は夜だけのケアでもOKです」 *価格はすべて税抜きです。

次の

フェイスラインニキビの原因と治す対処方法10個!かゆい・痛い

フェイスライン ニキビ

フェイスライン Uゾーン ニキビの4つの原因 フェイスラインのニキビの原因は以下の4つが考えられます。 保湿不足 乾燥• 雑菌による刺激• 洗顔などのすすぎ残し• 生活習慣の乱れ この中でも特に注目してほしいのが、1番の「 保湿不足 フェイスラインの乾燥 」です。 フェイスラインの保湿が足りていない 乾燥している 実はフェイスラインニキビの 原因の90%が「乾燥」によるもの。 日々私たちの肌を乾燥から守ってくれているのは、肌の中にいる保湿成分。 しかし、 フェイスラインは他の部位に比べて、もともと保湿成分が少ない場所なんですね。 さらに厄介なことに、肌の保湿成分は歳を重ねるごとにどんどん量が減っていきます。 「大人になってからフェイスラインにやたらニキビができるようになった」という人が多いのは、• もともと保湿成分が少ない• 年齢とともに、さらに保湿成分が減る というWパンチによるものです。 フェイスラインニキビのケアや予防では「 いかに保湿ケアをきちんとできるか」にかかっています。 【肌が乾燥していると大人ニキビができてしまう理由】 ニキビの原因となる毛穴づまりを引き起こす皮脂には、肌を外の刺激から守る役割もあります。 なので必要な皮脂もない状態 乾燥 だと、 肌は自分を守ろうとたくさんの皮脂を分泌してしまうんですね。 結果的に皮脂の分泌が多くなって、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。 雑菌による肌の刺激 フェイスラインニキビは、とても炎症を起こしやすい場所です。 というのも、 フェイスラインは外からの刺激を受けやすい場所だから。 サイドの髪の毛がフェイスラインに当たっている• 手で触ったり、頬杖をつくことが多い• 洗ってない枕で寝ている 例えば上記のような行動に心当たりはないですか? また上述したように、フェイスラインは乾燥によって肌のバリア機能も弱っています。 男性はヒゲ剃りも原因 男性はカミソリによって受ける刺激も、フェイスラインニキビの原因です。 何日も同じカミソリを使いまわしていると、雑菌がフェイスラインに付着してしまいます。 その上肌を傷つけたり、すでにできているニキビを刺激して悪化することもあるので要注意です。 洗顔などのすすぎ残し 洗顔などのすすぎ残しにも注意! シャンプーや洗顔などを洗い残していると、汚れとなって毛穴をふさいでしまいます。 さらにその汚れが菌のエサとなって、 菌がたくさん繁殖するんですね。 ニキビの原因でもあるアクネ菌も大量に増えてしまうので、ニキビができやすくなります。 特にフェイスラインでは、洗顔の洗い残しが起こりやすいです。 洗顔のすすぎの際どうしても顔を中心にすすいでしまいがち。 そのためフェイスラインにまで気が向かず、洗顔の泡が残っていたということがよくあります。 生活習慣の乱れ 生活習慣の乱れもフェイスラインができやすくなる原因です。 生活が乱れているとホルモンバランスが崩れてしまい、 皮脂の分泌量がコントロールできなくなってしまうんですね。 偏った食生活• 睡眠不足• 過剰なストレス 特にニキビと関わりがあるのが上記の3点。 どれか1つでも当てはまるものがあるなら、改善していく必要があります。 フェイスライン Uゾーン ニキビのケア・治し方 繰り返しになりますが、フェイスラインニキビの原因は90%が乾燥です。 つまり、きちんと保湿さえしてあげればフェイスラインニキビを改善できるんですね。 またフェイスラインニキビは炎症を起こしがちなので、 炎症も抑えてあげる必要があります。 この2つのポイントを理解した上で、こだわってほしいのが「 スキン ケア に使う商品」。 肌の奥まで浸透する保湿成分が入っていない• 炎症を抑える成分が入っていない 上記のようなスキンケア商品を使っていては、治るものも治りません。 ちゃんとケアしてるのに治らない場合、使っている商品が合っていない場合がほとんどです。 きちんとポイントを押さえた商品選びをしましょう。 保湿成分にこだわってフェイスラインを乾燥から守る! 保湿というのは化粧水をバシャバシャしていればできるものではありません。 肌の奥まで浸透してくれる、保水力の高い保湿成分が入っていないとダメなんです。 保湿成分にも色々ありますが、中でも、• セラミド・・・水分と油分のバランスを保ち、うるおいを逃がさないようする。 ヒアルロン酸・・・1gで6000mlの水分を保水。 コラーゲン・・・水分を逃さない親水性があり、肌の潤いを保つ。 この3つは保湿力が高いので、このいずれかが含まれているものを選ぶのがオススメです。 またフェイスラインは毛穴が小さく少ないので、普通の保湿成分では肌の奥まで届きません。 そのため浸透力にこだわったものを選ぶことも意識してください。 おすすめは成分が 「ナノ化」されているもの。 成分がかなり小さいので、小さな毛穴でも奥まですんなりと浸透してくれます。 肌にやさしい抗炎症成分で炎症を速攻抑える! フェイスラインニキビが炎症を起こしている場合は、必ず抗炎症成分を入っている商品を選びましょう。 炎症を抑えてあげないと、のちのちニキビ跡として残ってしまう恐れがあります。 当サイトおすすめの抗炎症成分は、下の3つ。 グリチルリチン酸ジカリウム 甘草エキス• アラントイン• カモミラエキス どれも植物由来で肌にやさしいうえ、しっかり炎症を抑えてくれます。 特に敏感肌の人は、サリチル酸が入っている商品は避けておきましょう。 スポンサーリンク フェイスラインニキビのケアにおすすめなのが「パルクレールジェル」。 ヒアルロン酸やコラーゲンでフェイスラインに潤いを与える• アラントインがフェイスラインニキビの赤みをしっかりケア 上記のように、フェイスラインニキビのケアで大切な 「保湿」と「炎症ケア」をこれ1つでできる優れものです。 オールインワンなので使い方もとっても簡単。 洗顔後の肌にジェルを塗るだけで、フェイスラインのニキビをしっかりケアできます。 これ1つでパパッとケアできるので、 忙しい人やめんどくさがりな人にピッタリですね。 初回は49%OFFの4,980円でお試しできます。 さらに 永久返金保証つきなので、万が一肌に合わなかったり効果が実感できなかったときでも安心です。 甘草エキス&高濃度ビタミンCでひどくなった炎症をおさえる• 浸透力バツグンで肌の奥の奥までしっかり保湿 成分がものすごく贅沢なので、そのぶん他のニキビケア商品とは全然違います。 特に炎症への実感力は大人ニキビくん編集部内でも折り紙付き…! 今なら365日全額返金保証付きで、トライアルセット 洗顔・化粧水・乳液・美容液 が 1週間 1,800円で試せます。 さらに効果を得るには市販薬の併用がおすすめ もっとスピーディにニキビの炎症を抑えたい場合は、スキンケアと並行して市販薬を使うのもアリです。 ニキビ用の市販薬はニキビの炎症を抑えるためにつくられた医薬品。 即効性もありますので、治りが早くなります。 さらに詳しく市販薬について知りたい方はこちらをチェックしてみてください。 繰り返しできてしまうと、ニキビ跡にもなりやすくなりますし、もっと悲惨なことになりかねません。 大切なのは もう二度とニキビを繰り返さないこと。 以下では、もうフェイスラインニキビをできなくするための6つの対策をお伝えします。 やはりニキビを治す上でも、予防する上でも、スキンケアが1番の基本になってきます。 フェイスラインを意識して丁寧にすすぐ できるだけフェイスラインを意識して洗顔するようにしましょう。 フェイスラインはすすぎ残しやすいので、とにかく丁寧に洗い流すことが大切です。 オススメは すすぎを30回以上すること。 「やりすぎじゃない?」と思われる方もいるでしょうが、これはエステなどでも言われるすすぎの目安です。 すすぎの回数を増やすことで、 細かいところまですすごうという意識になるので、すすぎ残しがなくなります。 髪の毛をまとめてフェイスラインに触れないようにする 髪の毛はずっと空気にさらされているので、雑菌やホコリがいっぱいです。 ズバリ言ってしまうと、髪の毛は汚いんですね。 髪の毛についた雑菌やホコリは、乾燥したフェイスラインには刺激が強すぎます。 できるだけ髪の毛が、 フェイスラインに触れないように束ねておくようにしましょう。 束ねるのが嫌だと言う人も、 せめて家の中で過ごすときだけでも束ねるようにしてください。 それだけでもだいぶ変わってきます。 もしニキビに髪が触れ続けていると、悪化してしまいますし、治りも遅くなってしまいます。 枕などの寝具はこまめに洗う 枕や布団は何日も使い続けていると、寝汗や皮脂などの汚れがたまっています。 いくらフェイスラインのケアをしていても、寝具が不衛生だと意味がありません。 最低でも 枕は3日おき、布団は2週間に1度は洗うように気をつけましょう。 特に枕はフェイスラインと直であたる場所。 枕カバーだけでもできれば毎日取り換えておくようにしてくださいね。 食事はビタミン類の栄養素をしっかりとる 食事では、美肌効果のあるビタミン類を意識して摂るのが大切。 なので 野菜や果物を多く食べていく必要があります。 そういう人には、手軽にニキビに効果的な栄養を摂れる 「ニキビケアサプリ」をおすすめしています。 以下のページでニキビサプリについては詳しく解説しているので参考にしてみてください。 質の良い睡眠をとる 肌の生まれ変わりを促す 「ターンオーバー」は睡眠中に活発におこなわれます。 そのため良質な睡眠をとることが、肌をキレイに保ち続けるコツとなります。 特にターンオーバーが活発になるのが 眠りはじめの3時間。 ここでぐっすりと眠れるように気をつけましょう。 3時間前までに食事をすます• 1時間前までにお風呂に入る• スマホやパソコンなどは見ない これらのことを意識するだけでも、寝付きが良くなるので実践してみてください。 ストレスはため込みすぎず適度に発散 ストレスはホルモンバランスを乱してしまうので、肌をきれいに保つ働きを妨げてしまいます。 そのためにもストレスは、普段の生活で発散できる機会をつくっておきましょう。 軽く運動をする• ストレッチをする• アロマを焚く などと解消法は様々。 特にストレッチは 手軽にできるうえ、体が温まって安眠効果もあるのでとてもおすすめです。 スキンケア商品で炎症をおさえしっかり保湿• 生活習慣の見直しによるターンオーバーの促進 以上の2つでしっかりと改善していくことができます。 厄介なフェイスラインニキビを治すためには、このどちらもすごく大切なことです。 毎日コツコツとケアをしっかり取り入れて、 ニキビのないきれいなフェイスラインを目指していきましょう。 特別企画• 人気ランキング• 注目コンテンツ• 新着記事• カテゴリー•

次の

フェイスラインニキビの治し方・ケア│繰り返すニキビを撃退!

フェイスライン ニキビ

こめかみからアゴにかけてのフェイスラインに沿ってできるニキビは、治ったと思っても繰り返し出来たりして厄介なことが多いですよね。 またニキビ跡にもなりやすく、いつまでたってもニキビやニキビ跡に悩まされてしまいます。 今回はこめかみやフェイスラインのニキビはどうして繰り返しやすいのか、その原因や対策についてまとめました。 正しいケア方法でニキビ跡になる前に、きちんと対策をするようにしましょう。 こめかみやフェイスラインのニキビは大人ニキビの特徴!? こめかみからアゴのフェイスラインにできるニキビは、10代の思春期ニキビよりも、20代~40代の大人ニキビにもできることが多いです。 こめかみや顎といったUゾーンは、乾燥しやすく肌のターンオーバーが乱れがちになるため、大人ニキビの出来やすい部分として挙げられます。 また生活習慣の乱れやストレスからも引き起こされるので、一度治ってもまたニキビが出来るといったように、繰り返すニキビになりやすいのが特徴です。 ニキビ跡にもなりやすい? こめかみからアゴのニキビは、繰り返しやすく赤くなったり、しこりになったりとニキビが悪化しやすい傾向にあります。 ひどいニキビの炎症やニキビが繰り返されることによって、肌の奥までダメージが届いてしまい、赤みや色素沈着といったニキビ跡になりやすいです。 一度ニキビ跡になってしまうと、完全に治すことは難しく時間もかかってしまいます。 治らないフェイスラインのニキビに悩んでいる人は、ニキビ跡になる前にきちんとケアをしてニキビを撃退するようにしましょう。 こめかみ・フェイスラインニキビの原因 繰り返して治りにくいニキビが出来やすい、こめかみやあごのフェイスラインにニキビが出来てしまう原因とはなんなのでしょうか? 見落としがちな意外な原因もありますので、しっかりと理解するようにしましょう。 ホルモンバランスの影響 アゴやフェイスラインのニキビはホルモンバランスの乱れによって起こることがあります。 ホルモンバランスの乱れは、睡眠不足やストレス、偏った食生活などが原因で起こります。 例えば、睡眠不足になると、本来バランスよく作用する交感神経と副交感神経のバランスが崩れます。 そして緊張を司る交感神経の方が優位に働くようになり、これが男性ホルモンを刺激します。 そうすると皮脂が過剰に分泌され、ニキビができやすくなります。 また、ストレスも体を緊張状態にさせます。 そうすると血液の流れが悪くなるので、体は血流をよくしようと、抗ストレスホルモンを分泌します。 ところがそれには皮脂腺を刺激する働きもあるので、皮脂の過剰分泌を起こす原因になります。 スキンケア不足 スキンケアが不十分な場合もニキビはできやすくなります。 洗顔後のスキンケアをするにしても、こめかみやフェイスラインは頬に比べると意識が低くなりがちです。 もともと乾燥しやすい部分でもあるので、しっかりと化粧水や乳液などで保湿をしてあげることが必要になります。 また、紫外線対策をする人は多いと思いますが、アゴからフェイスラインまでしっかり日焼け止めを塗る人は意外と少ないのではないでしょうか。 紫外線も肌トラブルの原因です。 頬や鼻だけでなく、全体くまなく対策するようにしましょう。 シャンプーや洗顔料などのすすぎ残し フェイスラインやこめかみは、意識しないとついつい洗顔が不十分になったり、すすぎ残しをしたりと、ケアがおろそかになりやすいです。 そういったことから古い角質がたまり、毛穴詰まりを引き起こすうとニキビができやすくなります。 また洗顔料だけでなく、シャンプー、コンディショナーのすすぎ残しも起こりやすく、これも洗顔料と同じく毛穴詰まりの原因となります。 刺激を与える行動 アゴやフェイスラインは日常生活の中で、手などが触れやすい場所です。 それもニキビを招く原因となっています。 無意識に触ったり、携帯電話があたったりすることで、肌に知らず知らず肌に刺激を与えています。 特に頬杖をつく人は要注意です。 そうした刺激が加わると肌は毛穴詰まりを起こしたり、防御反応を起こして角質層が厚くなります。 するとニキビができるだけでなく、悪化の原因にもなります。 また髪の毛を洗うときのお湯の温度が熱すぎたり、ドライヤーの温風が直接あたったりすることも肌にダメージを与え、皮脂分泌を増やすきっかけになります。 フェイスラインや顎ニキビの原因は男女で違う!? 実は、男女によってもフェイスラインやあごにニキビが出来る原因は異なっていたのです。 その原因についてみていきましょう。 男性は髭剃りによってニキビが出来る 男性の場合、アゴからフェイスラインにかけて髭が生えるため、髭剃りを使ってお手入れをしますよね。 しかし、それが肌へ刺激となり、毛穴周辺の過角化を起こします。 過角化によって角質が厚くなることで、ニキビのできやすい肌を作ってしまうのです。 また、カミソリの刃を何度も同じところにあてたり、刃に対して逆方向に動かす、強くあてるなどの行為は角質をはがし肌のバリア機能を弱めます。 バリア機能が弱まると、刺激にも弱くなり、雑菌の侵入しやすい状態になります。 さらに髭剃りのあと、保湿をきちんと行わないでいると、それもニキビができやすくなる原因となります。 女性は生理前のホルモンバランスの乱れ 女性は生理周期によりホルモンバランスが変化するので、それに合わせて肌のバランスも崩れやすいです。 このうち生理前2週間から増える黄体ホルモンが、皮脂分泌を増やしたり肌の水分量を低下させる働きを持つため、ニキビを招いたり悪化させたりする影響があります。 さらに黄体ホルモンは男性ホルモンに似た仕組みを持っているため、アゴやフェイスラインに出来やすい傾向があります。 関連記事 こめかみ・フェイスラインのニキビ対策 こめかみやフェイスラインにニキビが出来てしまったときは、どのように対処していけばよいのでしょうか? 男女別のケア方法のポイントも合わせて紹介しますので、参考にしてください。 基本は正しいスキンケア 何よりも大切なことはクレンジングや洗顔、そしてスキンケアを正しい方法でしっかりと行うことです。 ただし大人ニキビの場合は、皮脂をとりすぎても肌トラブルの元となり、ニキビができやすくなります。 それを防ぐために保湿成分の入った洗顔料を使うのも有効です。 また乾燥対策として、化粧水だけでなく乳液やクリームも使って保湿をするようにしましょう。 関連記事 男女別のスキンケアをする 女性は生理周期に合わせて化粧品を変えてみる 女性の場合はホルモンバランスが影響するため、時期によってはいつもの化粧品が肌に合わなくなるときがあります。 そのため「毎日同じ化粧品を使う」と決めつけずに肌の状態に合わせてケアを行うことが大切です。 生理前と生理後で使う化粧品を変えてみるのも、一つのケア方法です。 男性は正しい髭剃りとアフターケアをする 男性の場合はニキビ予防のため、髭剃りのときにひと手間をかけましょう。 剃る前は、温かいタオルで髭を柔らかい状態にしてから、シェービングフォームをつけて剃るようにしてください。 これが肌への負担を減らすことにつながります。 一番効果的なのは、髭剃りという行為を無くすために、クリニックやエステなどでヒゲの永久脱毛をするという方法です。 髭剃りによるダメージが無くなると、毛穴詰まりがしづらくなるので、ニキビ予防にもおすすめです。 また、髭剃り時間の節約にもなり、見た目も若返るという効果もあります。 関連記事 食事からホルモンバランスを整える ニキビを治すためには、体の内側からのケアも大切です。 そのために行いたいのが、睡眠不足の解消とともに、食事バランスを整えることです。 特に豚肉、レバー、イワシ、納豆、キノコ類に含まれるビタミンB群は、ニキビの原因となる皮脂分泌を抑える効果があるため、積極的に摂りたい栄養素の一つです。 また、マグロ、牛レバー、卵、大豆、バナナなどに含まれるビタミンB6には新陳代謝を促進する効果があります。 こちらも同じくたっぷりと摂るよう心がけましょう。 反対に避けたいのは皮脂腺を刺激する、糖分や動物性脂肪、高GI食品、刺激物です。 摂りすぎて皮脂の過剰分泌を招かないよう注意しましょう。 こめかみやフェイスラインのニキビにおすすめのスキンケア 繰り返しできるこめかみからアゴにかけてのフェイスラインのニキビケアにおすすめの化粧品を紹介します。 男女別におすすめの商品と男女共におすすめの商品を集めました。 女性におすすめのスキンケア メルライン あごニキビやフェイスラインニキビにおすすめのニキビケア用保湿ジェルです。 これ一つで化粧水から保湿クリームまでの役割を叶えてくれるので、忙しい人にもおすすめのスキンケア。 しっかりと保湿成分とニキビケア成分が含まれているので、肌の乾燥を防ぎながら、ニキビ予防をしてくれます。 女性に嬉しいリラックス効果のある「ティー・トリー」配合で、スキンケアをするだけで心も体も安らぎます。 またマッサージクリームとしても使えるので、フェイスラインのたるみが気になる人にもおすすめ。 男性におすすめのスキンケア スクリーノ 赤く腫れあがるような男性のフェイスラインやこめかみなどにできるニキビケアにおすすめのジェルクリームです。 男性の皮脂量に合わせて、男性向けに開発された商品なので、皮脂分泌が過剰になりやすい男性のためのニキビケア化粧品といえます。 ニキビケア成分「グリチルリチン酸ジカリウム」と乾燥を防ぐ「プラセンタ」で健やかな肌へ導きます。 またニキビ跡や色素沈着が残りやすいこめかみやフェイスライン、あごニキビのために、シミやそばかすを防ぐ美白成分も配合。 気になるニキビからニキビ跡までトータルケアできる、男性におすすめのスキンケアとなっています。 男女ともにおすすめのスキンケア ファンケルアクネケア ファンケルアクネケアは皮膚科専門医との共同開発によって生まれた、無添加処方のニキビケアシリーズです。 殺菌剤や防腐剤、石油系界面活性剤、香料、合成色素、紫外線吸収剤は一切使用していない、お肌に刺激の少ない商品となっています。 繰り返すニキビの根本からケアをする漢植物エキスが、ニキビの炎症を鎮め、肌本来のバリア機能を高めてくれます。 またニキビ跡をケアするために、色素沈着を予防するアケビアエキスも配合。 こめかみからアゴにかけてのフェイスラインのニキビにおすすめのスキンケアシリーズです。 まとめ こめかみやアゴなどのフェイスラインにできるニキビは、スキンケア不足やホルモンバランスの乱れによって引き起こされます。 男性は髭剃りの仕方、女性の場合はホルモンバランスもニキビの原因に大きく影響しているので、男女別のケアをすることも必要です。 一度できるとなかなか治らず、無意識に触ることも多いため悪化しやすく、ニキビ跡になりやすい厄介な部分です。 普段のスキンケアを正しい方法できちんと行い、食事バランスなど体の内側からのケアも心がけ、ニキビ予防をするようにしましょう。

次の